野沢温泉・麻釜

 

 

 

 

 

 

 

 


野沢温泉と言えば
スキーと野沢菜をすぐに連想する位有名です
 
熊の後をつけた猟師が見つけたという説があります
 
野沢温泉村が「湯山村」として歴史に現れてくるのは、
鎌倉時代中期の文永9年(1272)が最初であり、
江戸時代初期にはすでに24軒もの宿屋があったといわれ、
明治3〜5年には24,863人の湯治客が訪れていたと記録に記されています。
と公式ページに書いてありました

首都圏に近いし
あまりにも有名な温泉なので

連休とかに行くのはちょっと敬遠していたのですが
一度は行ってみたいと空いていそうな時期をみて
行ってきました

さすが野沢温泉
外湯が13個もあるのですね

30ほど有る源泉の一つの麻釜(おがま)は100度近いお湯が湧き出て
大釜・丸釜・ゆで釜・竹のし釜・下釜のゆだまりがあって
地元の方が野菜をつけてました

野沢温泉」野菜をゆでている「野沢温泉」下釜


 

 

 

麻釜とは、かつて伐り取った麻(あさ・お)をこの湯だまりにひたし、
後で皮をむいたことからつけられた名前だそうです

ここでは井戸端会議でなくって湯だまり会議を
今でもしているのでしょう

温泉が沸くゆげの中では
会話も優しくて暖かいのでしょうね

麻釜の近くには、ミニ温泉「ゆらり」もあり
温泉客が足をつけたり休憩をしています

「野沢温泉」ゆらり

「野沢温泉」清水で冷やす


 

 

 

「野沢温泉」湧き出る清水

「野沢温泉」野沢菜をつけている

 

 

 

 

 

 

 

店先では流水を溜めて飲み物を冷やしているし
どこを歩いても、きれいな水が流れています


野沢温泉を訪れた時が11月
冬のスキーシーズンを控えて
温泉の隣にある洗い場で野沢菜を洗っていたり
樽に付け込んでいたりと、お客様を迎える準備を整えている最中で

共同浴場の一つ新田の湯は野沢菜を洗うための場になっていて
入浴は不可でした

「野沢温泉」野沢菜

「野沢温泉」大根

 

 

 

 

「野沢温泉」豆?

 


1日で全部は入りきれない
それでも何とか5つのお湯に入り
野沢菜になった気分でした

 

「大湯」

野沢温泉・大湯

 

 

 

 

 

 

 


 


平成8年「大湯」に薬師三尊をお奉りしたところ、
入浴客から大変な尊崇を集めた為
野沢組惣代で相談をして、残りる十二湯に各々十二神将をお奉りし、
外湯のさらなる発展と安全を祈願する事として
1998年6月19日に開眼供養・御遷座式を行ったと書かれています

地元では惣湯と呼ぶそうで
惣とは中世以来の農民による村落共同体のことで、
湯を中心として、村民たちが一致団結したという
うらやましい話です

商店街に面してあるので
中は人が多いのかと覗いてみると、さほどでもなかったので一安心
やっぱり此処は入ってみたいと思いました

「野沢温泉」大湯の高い天井

 

「大湯」野沢温泉のシンボル的存在だけあって
立派な建物で、天井が高い!
その為に湯気が籠らなくなっています

脱衣所と浴槽との仕切りがないので
広々としています

浴槽はあつ湯とぬる湯とに分かれていますが
ぬる湯も結構熱かった

「野沢温泉」大湯の浴槽

「野沢温泉」あつゆ

 

 

 



中に入っていた方が、モデルになってあげるって言ってくださった
おかげさまで良い感じの写真になりました

あつ湯の奥には「熱湯注意」の張り紙がしてある源泉が流れるところ
温泉!!という味がします

「あくと」

「野沢温泉」あくと

 

 

大湯の前に足湯があります
あくとはかかとの意味だそうです

 

泉質・・・・・・・・単純硫黄泉
源泉温度・・・・・66.4度
効用・・・・・・・・・胃腸病 リウマチ 婦人病 中風
          あたたまるお湯で飲用にも良い

 

「松葉の湯」

「野沢温泉」・松葉の湯

 

 

 

 

 

 

 

 

宮毘羅大将
弥勒菩薩(みろくぼさつ)
お守方位&干支・・・・子

松葉民宿の中心部にあり、昔矢場があったところで
的場がなまって松葉になったと言われています。

下は石造りになっていて下は洗濯場になっていて
覗いてみると、野沢菜を洗っていました

「野沢温泉」野沢菜洗い

「野沢温泉」松葉の湯の浴槽

 

 

 

 

「野沢温泉」お湯がたまっている

 

浴室は階段を上った所で、脱衣所と浴槽とは硝子戸の仕切りがしてあります
浴槽も石で出来た静かな雰囲気で
お湯はちょっと熱めです

 


泉質・・・・・・・含石膏・食塩・硫黄泉(源泉は大釜)
温度・・・・・・・83.2度
効能・・・・・・痔核、糖尿病・リウマチ・中風・神経痛など

 

「秋葉の湯」

「秋葉の湯」

 

 

 

 

 

 

 


 
伐折羅大将
勢至菩薩
お守方位&干支・・・・・・丑
 
中心街から少し離れた
唱歌が奏でられるのどかな公園、
おぼろ月夜の館-斑山文庫の上にある古めの建物
奥が洗濯になっていて、ここでも野沢菜を洗っていました

「野沢温泉」野沢菜洗い「野沢温泉」秋葉の湯の浴槽 
 

 

 

 

泉質・・・・・・・含芒硝-石膏・硫黄泉(源泉は大釜)
温度・・・・・・・83.2度
効能・・・・・・・痔核、糖尿病・リウマチ・中風・神経痛など

 

「十王堂の湯」

「野沢温泉」十王堂の湯

 

 

 

 

 

 

 

 

あに羅大将
如意輪観音
方位・・・・・・辰

「野沢温泉」焔魔堂「野沢温泉」十王堂の湯の浴槽

 

 

 

 


「野沢温泉」十王堂の湯入口焔魔堂の前に建っていて
1階が女性用、2階が男性用となっています。

ちょっとゆったり出来そうな雰囲気があります

 


 

泉源・・・・・含石膏・食塩・硫黄泉(麻釜と湯ノ宮から引湯
効能・・・・・はほぼ大湯と同じ

 

「熊の手洗湯」

「野沢温泉」熊の手洗場

 

 

 

 

 

 

 

 

因達羅大将
地蔵菩薩
お守方位&干支・・・・・・午

熊が発見したという古い湯。昔は伝説に因で手洗湯、
後に照湯、寺湯ともよばれていました。

いくら私でも、13か所は一度に入れない
上寺湯と熊の手洗湯は近くにあって、どっちにしようかと上寺湯も覗いてみて
熊の手洗湯に決めました

「野沢温泉」熊の手洗湯・浴槽

 

ここも脱衣所は浴槽よりも少し高めになっていて
仕切はありません

浴槽は熱めとぬるめの二つありますが
泉元も違うらしく、
ひとつは前にある薬師堂裏から引いています

他のお湯よりも温度が低くて入りやすいお湯です
熊の手温泉が一番混んでいたのはお湯がぬるめだったからかと思っていましたが
やはり一番人気のお湯だそうです

いかにも地元のお風呂って感じがする温かさがあって
私も野沢温泉の中での一番のお気に入りになりました

お湯の肌ざわりもよく、湯の花も舞っています
地元の方が、なれた手つきで熱いお湯から出るパイプをの量を調整してくれました

野沢温泉にまた来たらここには絶対入ろう!

「野沢温泉」熊の手洗湯・泉源「野沢温泉」熊の手洗湯・薬師堂

 

 

 


熊の手洗湯の前にある薬師堂
の裏と書いてあるので行ってみた。麻釜のように自噴泉のようでした。 
              

泉質・・・・・・・・含石膏-食塩・硫黄泉
効能・・・・・・・・火傷・切傷に効果

 

「中尾の湯」

「野沢温泉」「中尾の湯」

 

 

 

 

 

 

 

 

迷企羅大将
阿弥陀如来
お守方位&干支・・・・・・寅

共同浴場にはたっぷり入ったから
もう帰るつもりで車を走らせていたら、
また一つ見つ共同浴場の案内を見つけてしまったので
どんな所か道路に車を止めて見に行ったら

ここは車が止められる様になっていたので
またまた入ってしまいました

周りが畑で他の共同浴場とは立地が少し変わっていて
建物も一番おおきい
それでも野沢温泉らしい建物になっていました


地元の方らしい入浴客が途切れず
中の写真は撮れませんでした

お湯はかなり熱めでした


源泉は、麻釜でそこから引湯されています。
泉質・・・・・・・・・・・含石膏-食塩・硫黄泉
泉温・・・・・・・・・・60.1度
効能・・・・・・・・・・・皮膚病・リュウマチ・婦人病・鉛・水銀中毒効果

 

「河原湯」

「野沢温泉」「河原湯」

 

 

 

 

 

 

 

 

真達羅大将
普賢菩薩
お守方位&干支・・・・・・酉

「野沢温泉」「河原湯」脱衣棚

 

大湯から少し下がったところにあり、
昔は渓流に沿った凹地河原にあったところからなずけられたそうです
温度は高い

 

泉質・・・・・含石膏-食塩・硫黄泉
温度・・・・・60.1度
効能・・・・・皮膚病に効果あり

 

「新田の湯」

「野沢温泉」「新田の湯」

 

 

 

 

 

 

 

 

安底羅大将
観音菩薩
お守方位&干支・・・・・・卯

「野沢温泉」「「新田の湯」のざわな

 

行った日、こお新田の湯は野沢菜様の貸し切りで
人間様は入浴は出来なかったので、写真のみです

幕末に開拓されたころで、西ノ神宮の裏手にある比較的新しい湯とされています


泉質・・・・含芒硝-石膏・硫黄泉
効能・・・・痔核、糖尿病、リウマチ

 

「洗濯場」

「野沢温泉」「洗濯場」

 

 

 

 

 

 

 

 

「野沢温泉」「洗濯場」洗い場

 

熊の手洗湯近くにあります
「洗濯場」と書いてなかったら、十分に温泉として通用します

野沢温泉ならではの贅沢ですね
雪の降る寒い時に、温かいお湯で洗えるのは幸せです
しかも温泉で。。。。

    (2006年11月5日日帰り)

   http://www.vill.nozawaonsen.nagano.jp/index.htm 野沢温泉公式HP

         http://nozawa.jp/index.htm 野沢温泉旅館組合