越後長野温泉「嵐渓荘」












若い頃は、お湯が良ければどんな所でも泊まったのですが
最近は、温泉に入るだけなら珍しいお湯に入りたいけど
泊まるとなれば有形文化財の宿とか文人墨客の宿を選ぶようになってきました


新潟県の北部にある温泉に行く為に2泊することになり
中間地にある宿を探して見つけたのが越後長野温泉「嵐渓荘」

ホームページで部屋の写真を丹念にチェックして
昭和初期の料亭を移築した建物「緑風館」2階の『千草』を予約しました

「緑風館が国の登録有形文化財に指定されたのは平成24年
燕駅前にあった料亭旅館「小川屋旅館」を955年に移築したという昭和初期の建物で
建物頂部に見晴らしのやぐら「望楼(ぼうろう)」を載せているのが特徴で
客室も部屋ごとに異なる座敷飾りの意匠を凝らしており、
国土の歴史的景観を引き立てることに寄与した点が評価されました

とHPに書いてあります


以前は吊り橋が架かっていたそうですが、2011年7月に水害で流されて、旅館も大きな被害を受けたとか
そういう訳で、本来なら裏側になる所から建物に向かいます

越後長野温泉「嵐渓荘」・入り口越後長野温泉「嵐渓荘」・日帰り案内






高架の道路を下り、道路の橋げたを潜った所が駐車場で
正面玄関までは歩きです
日帰りで貸切風呂もはいれる

後長野温泉「嵐渓荘」・建物の説明越後長野温泉「嵐渓荘」・入り口の井戸







入り口左手には登録有形文化財に指定された建物の説明
この看板に写真が出ている2階の千草に今晩泊まるの〜〜楽しみ

中に入って行くと井戸があった
現役で使われているのかしら

越後長野温泉「嵐渓荘」・先に進む越後長野温泉「嵐渓荘」・プロムナードの花








水路に沿って道が付いていて、周りには手入れが行き届いた色んな山野草が植えてあり、ほっこりします  (*'-'*) 
福島の二岐温泉 大丸あすなろ荘の庭を思い出しました

越後長野温泉「嵐渓荘」・先に進む越後長野温泉「嵐渓荘」・振り返ってみると







左右に建物があり、渡り廊下でつながっている
どうなっているのかしらと振り返ってみる
玄関はまだ先の様子
越後長野温泉「嵐渓荘」・その先に水車が見える越後長野温泉「嵐渓荘」・水車







建物を抜けると水車が出現
その横にあるのは屋根付の卓球台

そういえば古い旅館には卓球台が有るよなぁ

水車って、回っているだけで働いていない?
ま 景色になるからそんな事どうでも良いけどね

越後長野温泉「嵐渓荘」・建物正面越後長野温泉「嵐渓荘」・玄関前のラムネ







やっと玄関に辿り着きました
つり橋があった時は、正面に玄関があったのですね

玄関前には清水にラムネが冷やしてあります

             お水おいしい!!
越後長野温泉「嵐渓荘」・玄関の上 越後長野温泉「嵐渓荘」・玄関







玄関扉の上に洒落た看板
扉を開けて中に入ると黒光りした床が目に入ります
越後長野温泉「嵐渓荘」・玄関3越後長野温泉「嵐渓荘」・受付売店






       これ、これ、これなの
      懐かしさ溢れる空間!
      こうゆう処に泊まりたかったの


玄関に入った瞬間
ほっとします

越後長野温泉「嵐渓荘」・玄関の花越後長野温泉「嵐渓荘」・ロビー






玄関にも山野草が置いてあります
ロビーにめぐらされた窓からの眺めも素晴らしい

チェックインの時に、貸切風呂の予約を勧められたので「石湯」を予約して
部屋に案内してもらいます


緑風館の部屋は玄関前の階段を上がれば行けるのですが
エレベーターが無いので、こちらからと新館を通って案内してくれました

越後長野温泉「嵐渓荘」・コーナーの花越後長野温泉「嵐渓荘」・女性トイレ入り口






途中のコーナーに活けてある花に心が和みます

私も長年生け花を習っているので、ちょっと・・・・
と思える花の生け方は凄く気になるのです

ここの花はほっこりしました

越後長野温泉「嵐渓荘」・結界のような門越後長野温泉「嵐渓荘」・この先が緑風館







2階に上がり廊下を行くと結界のような、屋根付の門があり
その先が緑風館です

私達の部屋「千草」は右側の扉     

越後長野温泉「嵐渓荘」・女性トイレ越後長野温泉「嵐渓荘」・洗面






トイレと洗面は門の直ぐ側で
ここにもさり気なく花が活けてあります

越後長野温泉「嵐渓荘」・回り廊下越後長野温泉「嵐渓荘」・千草入り口








越後長野温泉「嵐渓荘」・廊下越後長野温泉「嵐渓荘」・ふた間庭側








越後長野温泉「嵐渓荘」・大きい方の部屋越後長野温泉「嵐渓荘」・ふた間正面お布団







部屋に入った時に次の間にお布団が敷いてありました
ほったらかしにしてくれる方が好きな私達にとって、有難い事です

この角部屋は人気のお部屋ですって

越後長野温泉「嵐渓荘」・ムササビ









壁にムササビの写真が貼ってあって、
お聞きしたら、屋根裏を走り回る事があるとか・・・・

今は建物の隙間を塞いでいるから居ないとは思いますがって

宿の方にとっては困った存在でしょうが
動物大好き人間にとっては、ムササビ見てみたい

飛んでる所なんか見れたら最高

日が暮れてムササビ ムササビと探したけど居なかった

越後長野温泉「嵐渓荘」・広縁からの眺め越後長野温泉「嵐渓荘」・部屋からの景色1







越後長野温泉「嵐渓荘」・部屋からの景色2越後長野温泉「嵐渓荘」・部屋からの景色3








宿のHPの部屋の写真を見比べて選んだ部屋だけあって
ここは大正解です

部屋から見える左側の建物が貸切風呂
川沿いの散策路には鳥の餌場も有るし
山野草を楽しめるようにしてあります

宿の外観、館内、部屋全て満足でした
次はお風呂の紹介です

先ず新館にある男女別の大浴場

浴室前の廊下に昔の写真、郡司さんの記事と
大正12年湧出したと言う昔の分析表が掛けてあります

越後長野温泉「嵐渓荘」・大浴場前 越後長野温泉「嵐渓荘」・昔の写真








越後長野温泉「嵐渓荘」・郡司さん越後長野温泉「嵐渓荘」・昔の温泉分析表









越後長野温泉「嵐渓荘」・内湯入り口越後長野温泉「嵐渓荘」・真木の清水








大浴場前には真木の清水が置いてあります
真木とはその土地で一番上等という意味で、館内全てこの天然水を使っているそうな

越後長野温泉「嵐渓荘」・花






女湯の入り口にも花が活けてあります
脱衣所は洗面と脱衣かごと分かれています

越後長野温泉「嵐渓荘」・女湯洗面越後長野温泉「嵐渓荘」・脱衣籠








そして浴室です
ガラス張りになって向こうが露天
脱衣所側の洗い場は上がガラスになっています

越後長野温泉「嵐渓荘」・女湯浴槽越後長野温泉「嵐渓荘」・女湯洗い場









越後長野温泉「嵐渓荘」・向こうが脱衣所








こじんまりとした露天ですが、石に堆積物が張り付いています

越後長野温泉「嵐渓荘」・堆積物越後長野温泉「嵐渓荘」・女湯露天








お湯に入った瞬間効く〜〜と肌で感じます


”1リットルあたり食塩を15グラム以上含む泉水を強食塩泉(ゾール泉)と分類します。
食塩を16グラム含む「嵐渓荘」は強食塩冷鉱泉となります。


食塩泉は高温で湧出することが多く、有馬温泉(兵庫)なども100度以上の高温泉として有名です。
「嵐渓荘」のように食塩冷鉱泉は数少なく、日本一の食塩量(39グラム)を誇る越の湯鉱泉(新潟)や鹿塩温泉(長野)があるくらいです。  


「嵐渓荘」の湯は他の成分をほとんど含まない純粋な食塩泉で、湯上がり後も持続する保温効果が特長です。皮膚に塩分が付着すると、汗の蒸発を防ぐのでポカポカするといわれています。 温泉通の間では「熱の湯」として親しまれています。”


と、正に郡司さんが書いておられるようなお湯で
昔は薬として利用されていたのですって
越後長野温泉「嵐渓荘」・薬として販売







山で怪我をしたお年寄りが二人の一人は町の病院へ行き、一人はこの塩化物泉に通ったそうで
温泉を選んだ怪我人の方が回復がはやかったという

切り傷なども、化膿せずに傷の周辺の肉がもり上がって、乾くんですって
塩分が濃い分殺菌力が強いのですね。


2つの源泉から取っているらしく
オーバーフロー分だけ新湯を供給しているそうで
完全な源泉掛け流しではないけど、そんな事は全然気にならない

湯上り後は肌が吸い付く程のしっとり感で
保温力も素晴らしく良いお湯です

男湯も女湯と似ていますが、露天風呂に囲いが無い所が違っています
「嵐渓荘」の大浴場は何で男女の入れ替えをしないのかな?と思っていましたが
川に沿って庭を歩いて行くと、男湯の露天に出くわしたので
なるほどと納得しました

越後長野温泉「嵐渓荘」・脱衣所越後長野温泉「嵐渓荘」・浴槽








越後長野温泉「嵐渓荘」・露天越後長野温泉「嵐渓荘」・洗い場






次は「山の湯」にある2つの貸切湯です

越後長野温泉「嵐渓荘」・お風呂の見取り図越後長野温泉「嵐渓荘」・山の湯








貸しきりの「石湯」と「深湯」は宿泊ならば本館2階から道の上に架けられた廊下を通り
日帰りなら玄関横の扉から外に出て屋根つきの渡って行く事になります

越後長野温泉「嵐渓荘」・2階のの通路越後長野温泉「嵐渓荘」・山の湯への渡り廊下







入り口横の階段を上り、廊下の窓から見える景色がとても印象的で
新潟の十日町市にある越後松之山温泉「凌雲閣」のお風呂に行く廊下の窓から建物を眺めた時の事を思い出します

「嵐渓荘」も「凌雲閣」同様に”振り返れば昭和”というキャッチコピーがぴったりです

越後長野温泉「嵐渓荘」・山の湯からの眺め






階段先の踊り場には坪庭があって、こちらにも休憩所が用意されています
休憩所にはマッサージチェアやCD、本 飲み物まで置いてありました

越後長野温泉「嵐渓荘」・踊り場越後長野温泉「嵐渓荘」・山の湯入り口







越後長野温泉「嵐渓荘」・坪庭越後長野温泉「嵐渓荘」・山の湯休憩所








到着した時にフロントで予約した石湯は正面

越後長野温泉「嵐渓荘」・貸切入り口







11時〜15時半までは時間別で男湯と女湯とに分かれていますが
16時〜22時までは予約貸切

22時より朝の10時までは空いていれば貸切の札をかければ入れます

越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯脱衣所越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯洗面






中に入ると洒落た感じの脱衣所

越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯中越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯洗い場








       お風呂場を開けると・・・・わ!!

何としっとりした浴槽と洗い場の内湯で
窓から見える緑が美しくてうっとりです〜〜


越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯向うが露天越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯露天







越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯越後長野温泉「嵐渓荘」・石湯露天眺め






ガラスの扉を開けた所が露天の石湯です
石を積み上げた分だけ段を登る仕組み

女将さんがお風呂場にアブが居ると話しておられた様に
大浴場にも、此処にもハエ叩きならぬアブ叩きが直ぐに目に入り
本当にアブ叩きが大活躍

アブ叩きを握り締めての入浴で
3匹ほどをノックアウトしたかな

アブさえ居なければ川も眺められてゆっくりできます

手前の深湯は次の日の朝に入りました

越後長野温泉「嵐渓荘」・深湯脱衣所1越後長野温泉「嵐渓荘」・深湯脱衣所2







越後長野温泉「嵐渓荘」・深湯洗い場越後長野温泉「嵐渓荘」・深湯内風呂







越後長野温泉「嵐渓荘」・深湯外湯







脱衣所は石湯と似た感じ
内湯も同じく感じの良い四角の浴槽で
露天の方は石湯とは逆に床から下がった深みのある浴槽
こちらもなかなかのものです

建物が良くって、庭も風情があり、川が流れる景色もグッド
部屋も感じ良いし外の眺めも抜群


お湯はかけ流しでは無いけど、お湯の質が良い
宿の方も付かず離れずの絶妙の間合いを取ったサービス

となれば残るのは食事の味ですね

さてどんなのでしょうか
千草では食事を部屋まで運んでくれます

越後長野温泉「嵐渓荘」・前菜越後長野温泉「嵐渓荘」・キンキ・冬瓜







越後長野温泉「嵐渓荘」・パンプキンスープ越後長野温泉「嵐渓荘」・天然鮎・またたび







越後長野温泉「嵐渓荘」・鯉の洗い越後長野温泉「嵐渓荘」・新潟和牛







越後長野温泉「嵐渓荘」・オマール海老のフリッター越後長野温泉「嵐渓荘」・杏仁豆腐・自家製塩羊羹








越後長野温泉「嵐渓荘」・献立








前菜ってのは、大して美味しくないのが多いのですが
最初の前菜から、いやその前の食前酒から美味しい

食前酒は下田地区の野草でつくったもの
鮎せんべいも良かった と言うか
全部美味しいのでした

出来過ぎです

越後長野温泉「嵐渓荘」・朝食








朝食も部屋でいただきます

温泉で炊いたお粥が抜群に美味しい

これと漬物だけでも十分です

お豆腐とヨーグルトも自家製

帰りにここの清水を持ち帰りました

泊まったのが8月でしたが、また違う季節に泊まろうねと
帰りながら話ました

冬は庭にかまくらを作るらしい
部屋の窓から眺める雪景色はどんなのでしょうか
紅葉の季節も良さそうだし・・・

悩んでしまう

幸せなひと時をありがとうございました
お世話になりました

    (2017年8月宿泊)

「嵐渓荘」のHPは良く出来ていて、眺めるだけでも楽しいものです

     HP   http://www.rankei.com/


 
<越後長野温泉「嵐渓荘」>

新潟県三条市長野1450  
TEL:0256-47-2211 


泉質・・・・ナトリウム-塩化物冷鉱泉
泉温・・・・16.5℃ 湧出量21L/分  pH7.6
湧出量・・・各源泉が21L/分と27L/分で合計48L/分
適応症・・・切り傷、やけど、冷え症、婦人病、神経痛、肩こり、あせも 病後回復期
時間・・・・11:00-14:30 
料金・・・・大人1000円、子供700円。タオルは貸してもらえる。
定休日・・・なし
設備・・・・男女別露天付き内湯 露天風呂付貸切2
備品・・・・石鹸 シャンプー、ドライヤー
交通・・・・車)北陸自動車道三条燕IC〜国道289号経由45分
      JR)燕三条駅からタクシー・バスで約45分
駐車場・・・あり

    上越新幹線燕三条駅・JR信越本線・弥彦線東三条駅より無料送迎バス(1日1本要予約)
     行き:燕三条駅(燕側出口)14:45発 東三条駅15:05発 嵐渓荘15:35頃着
     帰り:嵐渓荘 10:00発 東三条駅 15:00着 燕三条駅 10:30着

新潟県の温泉地図  https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&mid=105owcP8ULMkYevdOrdIZRfuYBfM&ll=37.46539779764449%2C138.8708630000001&z=8