December 21, 2008

今日の骨董市

2bd3a4fb.jpg大江戸骨董市の様子。こんな感じです。あまり寒くなく、ラッキー。


muntkidy at 11:59|│Comments(0)

今日の骨董市

5f996217.jpg大江戸骨董市の様子。こんな感じです。あまり寒くなく、ラッキー。


muntkidy at 10:39|│Comments(0)

January 16, 2007

ブログのお引っ越し

今日から、muntkidy を新しいアドレスに変更いたしました。

下記をクリックの上、そちらからご覧下さいませ。
ちょっと見た目はよくなったかと。

http://muntkidy.exblog.jp/

どうぞ、新しいアドレスもお気に入りにご登録下さい。

これからも UNTIDY & Munkidy をよろしくお願いします。

muntkidy at 13:42|│Comments(1)

January 14, 2007

9713e4b4.JPG昨日見たドラッグクイーンのパフォーマンスに
見合うような品を捜そうとしたんだけど、
やっぱりない。
女装した男性が、美輪明宏の歌を、
クチパクで唄うというパフォーマンス。
(というか、音声は美輪明宏本人の舞台のものなので、
 実際は唄ってはいないのだけど)
いやいや、けっこう引き込まれてしまいましたよ。

女装、おかまネタからいこうか、
最近の美輪明宏、オーラの泉ネタからいこうか、
といろいろ考えましたが、結局断念。


ジャンボリーで買った椅子の紹介です。

久しぶりにプリミティブなものを買っちゃいました。
今時、流行らないプリミチブですが、
シンプルで、綺麗なデザインだなと思って。
2枚の木の板を組んでいるだけです。
多分、フィリピンかインドネシア産かと思われます。

muntkidy at 13:50|│Comments(2)

January 13, 2007

作家もの

76fcf552.JPG昨日のジャンボリーで買った、初めての作家もの。
物故の作家さんです。
前衛陶芸で有名な八木一夫のお父さん、
八木一艸 作と言われましたが、
ふ〜む、その真贋はともかく、
かなり惹かれてしまいました。

白磁の香合。斬新なデザインはもちろんですが、
薄さや、エッジの決め方など、キリっとした出来は言うことなし。
小さな建築物です。

蓋の裏に薄く、"艸"の刻印があります。

どういう作品を焼かれた方かよくわかりませんが、
いや、なかなかやられた作品でした。


muntkidy at 13:45|│Comments(0)

January 12, 2007

骨董ジャンボリー

ジャンボリーでの仕入のため、更新できませんでした。明日をお楽しみに。


muntkidy at 17:59|│Comments(0)

January 11, 2007

ヨガ初め

7793c24f.JPG朝から、3週間ぶりのヨガのクラスでした。
吉祥寺まで通うのが、メンドーなんだけど、
なんといっても、気持ちいい。
昨日の背中の重さを一遍に解消した感じです。

かねてから難点の前屈と左肩甲骨の部分に
早く変化があらわれないかしら。
毎日続けないとダメなようなのですが。

写真のるつぼのように、
柔らかい丸みのある美しいラインでもって、
都会の街を歩きたいもんです。
(ゴムリな一縷の望み??)

ローゼンタール製の実験用具、白磁のるつぼです。
19世紀末に築窯のドイツのブランド。

華麗なヨーロピアンテイストの食器類には、興味はないのだけど、
はざまで作られているこのような実験用具なら
アンタイディーテイストでございましょう。
う〜ん、グッドデザイン。ぐい呑みにいかが。






muntkidy at 13:51|│Comments(0)

January 10, 2007

飾り台

f03a3ae8.JPG今年は、酒を控えめにしようと
決心したばかりなのに、もうアウト。
弱小同業者が集った新年会の昨夜、
やっぱり、飲まないわけにはなるめいなと
いうことで、ついつい遅くなってしまいました。

ちょっと、鉛が背中に重〜く
のっかかっているような感じ。
背中が地面に落ちていきそうです。

写真のように、きれいな姿の見目カタチで
立っていたいのですが、どよ〜んとなっとります。
(いけまへんな)

綺麗な脚のデザイン。花台として作られたのでしょうか。



muntkidy at 14:09|│Comments(4)

January 09, 2007

オテントサマ

ca0b63b9.JPG10年も経た店をかたづけてみると
それはそれは、ゴミがすごかった。

売ってるものもゴミみたいなもんじゃん?
というような見えない人の声は無視して、
先を続けましょう。


いろいろと忘れているものが出てくるもんです。これもソレ。
売れたわけでなく、函の奥そこから出てきました。
こんなのもあったか〜。

6、7年ほど前、インドで買った絵。
3白眼をしたオテントサマの絵、びびっと来た作品でした。
小さな縁日みたいなところで、知的障害者らしき親子(だと思う)
が売ってました。書き手は10数才の男の子。
今で言う、アールブリュットの1枚でしょう。
すごいですよ。紙面1面、ドットでうめつくされています。
グレーに見えるのは、小さなドットのため。

下に、全体像をアップしています。

muntkidy at 14:02|│Comments(0)

全体図

18b22ac7.JPGこれが全体。
35cm x 28cm の厚紙に書かれています。
これが一番シンプルだった。

もっと買っておけばよかったけど、
もう1枚あります。
その子の頭の中に出てくる神話??
えぐいのだけど、なんかユーモラス。

見たい人は来店を。

muntkidy at 14:00|│Comments(0)

January 07, 2007

おふけ

7af2280e.JPG福岡の店の片付けなどで、
長い九州滞在となったのですが、
もちろん、仕入は忘れていません。
骨董と言えるものから、家具や、ガラクタまで
いろいろ入荷してるところです。

まずは、コレ。御深井のぐい呑み。
つい最近まで、"おふけ"と読むのすら
知らなかったというエセ骨董屋。(実は、骨董屋とは思っていませんのだが)

おふけという単語は聞いてても、この字でこう読むとか、
どういう類いのものかすら、知らなんだっだ。
先日の名古屋出張にて、あるマダムから
教えを乞い、やっとかじったという程度。(いや、舐めた程度か)

という私が、九州にて、その御深井を買い求めてしまいました。
ちょいと、可憐なかわいさを感じて買うことにしたのですが、
しかと、ここで、眺めてみると、
やはり、ちょい、何かが足りないような気がしまする。

まあ、私が買える程度の骨董ならば、そんなものなのでしょう。

骨董、骨董した、まみれた味に飽きた方や、
何か足りない可憐さゆえに、いいというところで、
使ってみようと思われる方々、いかがでございましょう。
(写真の感じより、少し大きいです。)


muntkidy at 14:07|│Comments(2)

January 06, 2007

謹賀新年

e5e0abe0.JPGあけまして、おめでとうございます。
2007年、年初めのMuntkidy です。

いやぁ〜、年頭から、まずはおあやまりを。
昨年12月は26日、27日まで、開いていると、
ここでも、お知らせしておきながら、
なんと閉まってましたね。もし、お店まで、
足を運んでいただいたお客さまいらしたら、
もうもう、平身低頭。申し訳ありませんでした。
いやぁ〜、アルバイトの人がうっかり忘れていたらしいのですわ。
なんという、お笑い。くっくっくっ!
(前日に、確認しておかなかった私が悪いのですがね。)

そんでもって、留守電にするのを忘れていて、電話はつながらない。
すでに、私は九州の空の下。どうすることもできやせん。
帰京した昨日まで、いつから開店かもわからなかったのです。
さらに、悪いことには、福岡の店も25日までで、
移転のために電話が止まっていた。これまた、
NTTの手違いで、この電話番号は使われておりませんとのアナウンス。

あらららら! もしや、夜逃げでもしたかと、
思われたのではないかと、心配していたのですわ。
年末年始からブログネタに恰好の出来事勃発なのでした。

ということで、どんな1年になりますやら。
いろんな楽しいもの、いいものに出会える、発見できる年になりますように、
写真の仏さまにもお祈りです。
(お守りみたいに身につけておく仏さま、from ミャンマーです。)
カミサマ、ホトケサマとお祈りし、
オヒサマにもお祈りしようと思ったけど、あいにく、東京は大雨。

ということですが、今年もよろしくお願いします。



muntkidy at 14:33|│Comments(4)

December 24, 2006

Merry X mas

さっきは今年の〆と書いておきながら、またもや、投稿です。
順番が逆だったな。

youtube で見つけた Happy Xmas (war is over) if you want it

muntkidy at 14:32|│Comments(2)

今年の〆

32d815b2.JPG明日25日は、福岡のお店で一日お店番。
福岡店の最終日です。
近所に移転して、2月にオープン予定なので、
おかたづけをしに行くというわけです。

なんとか乗り切れますようにという、
なんとも単純な年頭の思いを遂げるべく、
最後のお仕事となります。

例年になく、酒呑みの1年だったようだけど、
ヨガを始め、健康的になったようにも思えますな。

さてさて、思いは次の1年です。亥(イノシシ)年。
猪突猛進まではいきませんが、常に動いている年にいたしましょう。
Everything is moving.

そういえば、今回年賀状を作っていません。
来年の年賀状はナシですが、皆さま、よいお年をお迎え下さいませ。

(東京のお店は26,27日まで、開いています。年始は6日から。
 muntkidy は4日までお休みです。)

どうぞ、よろしくお願いします。

muntkidy at 13:23|│Comments(2)

December 23, 2006

写真

1beb3e7a.JPG日光写真用のフレームです。

裏の木の部分がいい感じなので、
こうやって、展示しています。

なぜかヨーロッパ産の木の場合、
虫食いの穴も雰囲気がよろしいようで、、
軽めの色といい、
乾いた感じがうまくマッチするのでしょうか。

もう23日。今年もわずかですね。

明日はクリスマスイブでっか?
Xマス気分なんて、あまり関係ない日々を過ごしてきてますな。
毎年、毎年。
明日もあんまり関係ないような。25日の早朝に福岡出張だし、
はめもはずせず、静かにしておきますか。





muntkidy at 16:07|│Comments(0)

December 22, 2006

平仄

77080e9f.JPGタイトルの漢字、何と読むかわからないと
思いますが、「ひょうそく」と読むらしい。
オイルランプのことです。
油を入れ、綿の芯を浸し、火を灯す。

写真のひょうそくは、
蝋燭の形を模した比較的、珍しいもの。
底には、蝋燭立て(スタンド)の針がはいるように
作られている。なかなかおもしろい。
焼物+油より、蝋燭のほうが貴重だったってことなのかな。

昨夜はちょいと夜遊び、というか、忘年会でした。
新宿からタクシーがつかまらず、
歩いて帰ってきた。明治通りを避け、
御苑横の道、千駄ヶ谷駅側など、独り歩き。
こわいこわい、酔っぱらいはこわいね。
どれぐらいかかるか、計ろうと思っていたのに、
忘れてしまってたよ。

さて、今日は横浜へ、パフォーマンス見物です。


muntkidy at 13:25|│Comments(0)

December 21, 2006

つまらん

0c15cb36.JPGチェッ、実につまらん試合やった。
パンチのスピードとか、力の差は感じますし、
勝ちは認めるのですが、
それにしても、なんなんだ。
ランダエタもつったったまんまで。

もぉう、盛り上がりに欠けた試合でした。ざ〜んねん。

それより後の、「親父が盾になって守ってくれた〜」号泣発言。
あ〜あ、と気持ちが悪くなる私。
そんなことは人前では、さらさんといて、、よね。

これで、きっと亀田人気ちょいとは復活ですかな。チッ!。
私は、亀田興毅の筋肉感にはファン(あらら)なのですが、
あの親子の絆を売り物にした感じは嫌いなのです。

文句ナシに強かったら認めるんだけどなぁ。
なんだか、そうじゃないところで、
人気をとるための戦略ありきって感じですもんな。


ぬるい試合内容でしたので、
チョイスの甘めなぬるい品を選びました。
ミャンマーの発掘土器です。







muntkidy at 12:34|│Comments(0)

December 20, 2006

なんじゃ、これは

4d0ede83.JPGなんなのでしょう?
泥と青カビまみれの鏡餅。
に、しちゃぁ、上の取っ手みたいなものは
いったい何かと??

ま、緑青のふいたブロンズの器を逆にして
重ねて置いてみただけ、
ということなのでございました。(タハハ)

一番小さいボールには取っ手がついていますので、
ちょうど、嘴みたくも見え、
デブの鳥のオブジェとして、飾らせていただいています。
使用させていただいたブツは、クメールの発掘のブロンズ器。
大きいものは、建水として使えます。


さて、今夜は、亀田vsランダエタ戦を見たいので、
誰も、誘わないでね。
ぶざまに負ける姿を見たいのだけど、
勝つんだろうねぇ。
どっちがか?って、そりゃ、決まってますがな。



muntkidy at 14:09|│Comments(2)

December 19, 2006

オリジナルフレームの感じ

37c8cc03.JPG以前から扱っているオリジナルフレーム。
薄さを見てもらおうと、
斜から撮ってみました。

ステンドグラスの製法から、
このシンプルな形が生まれたのだけど、
作ってもらっている友人は
彫金などのアクセサリー制作が専門。

だから、これはいつでも作ってくれるわけではなく、
今回の展示会で、オーダーを受け付けるまでで、一旦休止。

次は、新たな、展示会を企画したりした時に、
時間を割いて作ってくれるというわけです。

この薄さが最大の魅力。
胴線、ハンダ付けの細さの技術、
バック面の紙ものを取り付ける部分の工夫など
秀逸なフレームだと思っています。

あまり大きいものは作れないのがちょっと残念なのだけど、
マンションの部屋の廊下などに
小さなものを並べて飾るのに、ちょうどいいのであります。




muntkidy at 13:24|│Comments(2)

December 18, 2006

椅子

1a79fdeb.JPG今日はお休みのはずですが、
フレーム展開催中で開店しています。

久しぶりに椅子が入荷。

鉄フレームに、ブルー ペンキ。
座面は紙のファイバー製。

ちょっと変わったバランスの子供椅子です。
植木を置く台にしても、よろしいようです。

今日は、このあたりで。。

muntkidy at 14:36|│Comments(0)