弱肉強食

dc092806
昔、家の灯に来る虫を食べに来た蛙が居ました。(ここに居ると虫が食べ放題)

しかしその蛙は過って足を滑らせこの足洗い場の底に落ちてしまったのです、それからここから出ることも出来ずここで冬を越し数年が経ったのでした。

何年もこんな汚れた環境に適して生きていたのです。

家の人はそれを見てはいたのでしたが、毎年その蛙がそこで生きているのを確認するのが楽しみにもなっていたのです。

ある日家の人はふと思いました。「井の中の蛙、大海を知らず。」

「このままここに居たらこの蛙もかわいそうだ、大地に返してあげよう。」

dc092802
早速足洗い場から救出し大地に返してあげました、すると蛙は嬉しそうにぴょんぴょんと跳ねて田んぼに向かって行った様な気がしました。

「無事に田んぼに帰るんだよ。」と見守って居ると空からすっと白い様な茶色いような陰が!!!!!。

その陰は蛙を空中キャッチして空に消えて行きました。

「あっ・・・・・・・・・・!。」


自然の営みを見た気がします。

秋の雰囲気が

暑いと思っていた夏が過ぎると。

dc092602
夕暮れになるとこんな風景が見られる様になって来ました。


夏だと絶対に見ることの出来ない岩手山とその風景。

「もうそろそろ秋だな、また冬がやって来る。」

ザナドゥをやっと終えた。

約30年ぶりに出して来たゲームが懐かしくて始めた冒険

dc092605
新たに今の機種に合うソフトを手に入れ始めた冒険だったがちょっとづつやってきたため約7ヶ月も掛かってしまった。

エンディングなのだが約30年前にクリヤしたときの画像が思い出せない、検証しようにも昔のゲームがPC-9801VM2で無ければ動かないのでどうにもならない。


一週間の最後の土日の時間の合間を見てやったザナドゥ、充分に楽しめましたよ。

置物かと思った。

信号待ちをしていた月曜日。

dc092101
ふと右側を見ると「店の玄関に犬の置物が?」よく見ると本物でしたが全然動きません。

「今日はお客さんが来ないな。」と思って外を見ているのでしょうね。


なんてことの無い話。

Palpet.CAD

なんかすごいCADを見つけた。

普通無料CADと言うと建築専用機能は持たず、あくまでも汎用で何にでも使えるけどいまいち使いにくいのが普通。

でもこのPalpet.CADは下記の説明書にもあるけど約3000種類の部材を持っている。CADWe'll 建築とほぼ同じ機能を持ちながら無料なのです。

CAD

手書きの感覚とWindowsの機能を調和させた使い易いCADです。汎用作図機能の多彩さに加えて、約3000種の豊富な建築設計用パラメトリック部材が用意された建築設計製図用機能が大きな特長です。
Ver5.0新機能→Palpet.CADの図面をWMF形式でコピーできます。従来の「PrintScreen」を貼り付ける方法よりも格段に鮮明でプレゼンテーション等にご活用頂けます。


ちょっとだけ説明文をパクってしまいましたがごめんなさい。

一応ウインドウズ10で試して見ましたが普通に動く様です、2013年からバージョンアップはなされていないみたいですがJWWより数段上の機能を持っています。

CADWe'll 建築とほぼ同じ機能を持っているので普通に買えば35万円はするはずのCAD、一度お試しあれ。


http://www.paltio.co.jp/architecture/software/kakunin-man.html パルティオソフト株式会社


ブログの使い方
・ページトップに戻るには、ブログタイトル(田舎の少年)をクリックしてください。

・カテゴリ別にみる場合、記事の脇にあるフォルダをクリックするとそのカテゴリのみに行けます


・調べたい機種がある場合は記事の検索に形式を入れて下さい。(例:ICF−5500)その記事が検索できるか不明ですが????
記事検索
カウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

自己紹介
お知らせ
↑ 自己紹介の欄にメールのマークがありますので、ご意見ご希望、問い合わせ等ある方は書き込みして下さい。

最低限のマナーを持って書き込みしてください。
気になったらポチッと。
livedoor 天気