2013年03月23日

どこへ向かうか わが日本・・・

朝方の気温も、どうやらプラスに転じたようだ・・

最近の政治の流れを見ると、危機感を感じる。

安倍内閣ができたからというもの、やりたい放題・・・

このことは、民主党政権への期待感が失望と転じ、その反動

として、現れているように思う。

政治に対しての失望感、将来の生活に対しての不安、これらを

引き起こしている原因を、見極めることなく、自己解決しているようで

非常に、危険な状況だといえる。

憲法9条を変えるため、その布石として96条の改悪の動き、

TPPの交渉参加、

沖縄普天間基地を撤去することなく、辺野古へ

新たな基地建設の動き、オスプレイの本土配備、

原発再稼動に向けて骨抜きの安全基準の策定など

数えればきりがないほど・・

その危険な動きを、大きなマスコミは一切報道しないという

態度をとっている。

 それは、戦前のような状況と非常に似通っている。

それらの、ツケが若者、子供達に残されるということが

その当事者に実感がないことが何より現れている。


こんな時代でも、植物は季節がくると花を咲かす・・

ポレモ二ウム レプタンス
Polemonium reptans (1)

ハナシノブ科の植物は花の愛らしさだけでなく、葉の
美しさはこの科に共通している。

ポレモ二ウム エゾエンセ‘パープルレイン’
Polemonium yezoense`Purple Rain Strain' (1)


ポレモ二ウム エゾエンセ‘パープルレイン’
Polemonium yezoense`Purple Rain Strain' (3)






mura5674 at 01:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政治ネタ | 植物と日常のできごと

2013年03月10日

黄砂じゃなくて煙霧だそう・・・

妙に暖かい朝でプラス5℃

朝から、空はどんよりとして、黄砂かと思っていたら

煙霧(エンム)というそうだ、日中は不気味なほど、視界が悪い

昼前からは、寒冷前線の通過と思われる、急激な気温の低下、

そして台風以上の強風と、なんだかことしは、どうも変な気候が続きます。


お奨め植物の紹介の続き

リシマキアという植物はさまざまな品種がある
地を這う、リシマキア ヌンムラリアがあるかと
思えば、草丈の伸び上がるこれらの品種もリシマキアの
仲間です。

リシマキア ユンナネンシス
種小名のユンナネンシスは(雲南のという意味)
葉は肉厚で穂状に花を咲き上げる
根の勢いが旺盛なので15cmのポットで育てています
Lysimachia yunnanensis


リシマキア エフェメルム
種小名の意味は(短生命の)となっているが
意外に、生命力は旺盛で、去年の株も大きく
育っている。伸びやかに咲き上げる姿は迫力を
感じる。
Lysimachia ephemerum


ゲラニウム X カンタブリギエンセ‘ビオコヴォ’
園芸を長くやられている方にとってはは定番の植物
ゲラニウムはさまざまな品種が導入されているが
高温多湿の日本の気候では、一部の冷涼地を除いて
なかなか、定着しないようだ。これは、そういう意味では
「名花」というにふさわしい品種
Geranium X cantabriense`Biokovo'


リクニス カルケドニカ‘アルバ’
カルケドニカは小アジアの意味
調べてみると、小アジアはトルコの東部分
トルコには、魅力ある植物が色々ありそう。
Lychnis chalcedonica`Alba'


あすの朝は、零下の予報、しばらくは
気温の波は激しく変化しそう。


mura5674 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年03月08日

花粉症ではなかった・・

最低気温がプラスになり、少しずつ春が近づいた気がする。

先日、鼻水がたれるほど(ややオーバー)でクシャミを

連発・・

とうとう花粉症かと、耳鼻科へ行き、血液検査の結果、

何もなし・・

おまけに、医者いわく「その年齢から花粉症になることは

ごくまれで、まず花粉症になるなら、もっと若いうちに症状が

出ているはず」なんてことを言われた・・そうかもしれないが

失礼な医者だ、もっと言いようがあるだろう。と心の中で言いながら

帰ってきた。

確かに、花粉が非常に多いという日でも特に症状が出ないところを

みると、花粉症ではないようだ。


これから、たのしみな花(鼻ではない)をいくつか


オンファロデス ニティダ
わすれなぐさと同じムラサキ科の植物
魅力ある花色です
DSC_0020


アンティリス ブルネラリア‘コッキネア’
マメ科の植物らしく、花をよく見ると豆の花であることが分かる
花茎が伸びて玉状に花をつける。
ユニークな草姿です
Anthylis vulneraria`Coccinea'


ジギタリス パルビフロラ‘ミルクチョコレート’
ジギタリスの多くは、2年草が多く秋播きでは翌春
咲かないことが多いので、前年の初夏に種を蒔きました
今は、15cmの大きなポットで育てています。
力強い花が期待できそう。
Digitalis parviflora`Milk Chocolate' (7)



mura5674 at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年02月13日

春告げの植物・・

最低気温−5℃ 晴れ

昨夜から降った雪が10センチほど積る。

ハウスの周辺を雪かき・・・

ことしは何回目だろうか。

いささか、飽きてきた・・


きのうは、H.atrorubensの画像

今日は、Helleborus dumetorum
葉の優しい感じが好きです
早春の庭では、プリムラ ヴェリスと同時期に咲き
春の訪れを教えてくれる植物の一つ・・
11のHelleborus (28)


Helleborus bocconei
性質は、かなり強いように思う。
香りのある固体と無臭のものがあるが。どうしてかは分からない
11のHelleborus (49)


Hellebors bocconei
ガク片(花弁)の切れ込んだ固体11のHelleborus (38)


mura5674 at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年02月12日

季節の植物・・

最低気温−10℃

けさは久しぶりに冷え込んだ。

このところ、咲きはじめたヘレボルスをあまり見てあげられなかったので

きのう、まとめ撮り・・

昔のクローズアップレンズを使ったため画質が劣っています。

Helleborus atrorubens 個体差があって表情も豊か
まとめてアップ
11のHelleborus (1)
11のHelleborus (3)
11のHelleborus (11)
11のHelleborus (14)
11のHelleborus (15)
11のHelleborus (20)
11のHelleborus (25)


実生から丸5年経った株、結構暑い夏を、何回も乗り越え
この地の気候に順化したようです。

今でも、原生地へ入っては、泥棒して、ぜい弱な状態の株を
売ったりする不心得者はいるのでしょうか・・・


mura5674 at 21:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年01月20日

植物の種子や苗には無限の夢があるのに・・・

最低気温−7℃

ここ数日、低温が続いています。

最近の傾向と言うか、日本の経済の低迷の反映とでも

いうのか、小売店の買い物の仕方が非常に細かくなって

います。当然、生産者も同様ですが・・・

 
園芸は、他の芸術や、さまざまの文化と比較しても決して

劣る事のない、奥の深い文化だと常々思っていますが、

現実には、小売の現場ではその自覚が失われているのか

自信がないのか、目先の利益だけしか見えないのか、

本来の園芸専門店としての役割を捨てたような流れを見受けます。

 即、売れるようなもの、花が咲いていて誰もがすぐに飛びつくことを

狙った植物ばかり、さもなければ、珍しさばかりを売りにする。

そういった、勘違いをした小売が多くなってきたような気がしてならない。

 
手間ひまを掛けて育てる楽しさを伝える、本来の仕事を

放棄したのではと疑うような動きを感じます。

 
この、二つの植物は共に、とても育てやすく、美しく、おそらく誰もが

認めるであろう宿根草です。

植え付けには、理想的な状態の苗です。
フロックス ストロニフェラ


開花時期にはこのような姿になります
Phlox stolonifera(ツルハナシノブ)


植物には、冬には冬の姿があり、春の訪れを向かえるために
地下でゆっくりと準備をしています。
ラナンキュラス‘ゴールドコイン’


早春には輝くばかりの笑顔で人々を感動させます。
Ranunculus`Gold Coin'


 おしゃれな園芸店を目指すのは、ごく一部の店でよい・・

泥臭くて、知識が豊富で、植物が大好きな店こそ、残したい。

長いこと、小売や、生産の仕事をしてきて、つくづく感じる・・・








mura5674 at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年01月18日

咲きはじめたヘレボルス・・・

最低気温−9℃

日中風強く「ダイヤモンドダスト」のように飛ばされた雪がキラキラと美しい

無加温ハウスは外気とさほど夜温は変わらない
違いは霜が降りないことくらい
その辺で売っているヘレボルスの姿とは大分違い、草丈低く
張り付いているよう・・
けなげな姿がいとおしいです。


今年も咲きはじめたヘレボルス
原種のほうが若干早く咲き始めた感がある
H.atrorubens
atrorubens


原生地の種子から育てた
H.torquatus Montenegroですが自然交雑がおきて
花色や花型も少しづつ違うのが楽しい・・
torquatus Montenegro




mura5674 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと 

2013年01月17日

大雪の後も大変・・


1月14日に降った久しぶりの大雪に参った!

喜んでいるのはこいつだけ・・
15大雪の翌日 (4)



15大雪の翌日2


スタッドレスにチェーンと完全装備のおかげで
無事故でした・・
15大雪の翌日 (1)


ハウスの北側は今でもこんな感じ
15大雪の翌日 (2)


mura5674 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)我が家の愛犬 | 植物と日常のできごと

2013年01月01日

初日の出・・・

謹賀新年

ありきたりですが今年もよろしくお願いしますと
近所の八ヶ嶽(ヤツガタケ)神社へ初詣しました。

噴火が近いと噂されている富士山
何事もなく新年を迎えることができました
1初日の出・朝の散歩 (16)



昨年末からの積雪が八ヶ岳を化粧しています
1初日の出・朝の散歩 (21)



威風堂々の言葉が似合う南アルプス
1初日の出・朝の散歩 (19)


私の地域では初日の出は、この茅ガ岳(カヤ)に顔を出します
数十万年前に噴火した古い火山だそうです。
1初日の出・朝の散歩 (18)



こんな感じで、今年も日常の出来事を少しづつ
書いていこうと思います・・

せっかく、撮ったので・・
我が家の愛犬のピンボケ写真です
ウンチを(運)を拾ってから、正月暴走です!
1初日の出・朝の散歩 (4)


1初日の出・朝の散歩 (5)



mura5674 at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと | 我が家の愛犬

2012年09月09日

オスプレイの配備は許さない!


時々


沖縄へ行ってきました。(気持ちは・・)

きょうは、沖縄ではアメリカ海兵隊によるオスプレイ配備に

反対する県民集会がありました。10万人の人が参加したと

いわれています。過去最大の規模とのことです。

本土でも国会を取り囲むようにオスプレイ配備反対のデモが

行なわれました。

アメリカ本土でもオスプレイ配備に対して反対の声が上がり

中止になった事例がいくつもあります。

日本で、これほどの反対の声が上がっても日米安保がある限り

「どうにもできない」「日本からは配備に対しては何もいえない」という

態度の政府です。日本はアメリカの植民地かと思うようなことを

平然と言ってのける、日本政府、野田首相、森本防衛大臣、を許せません!
 


mura5674 at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)植物と日常のできごと