居酒屋むらさき・別館

「別館」だったけどコチラを本館にする予定。  後、リンク・アンリンク。コメント・トラバはフリー。

「コロぱた」、それは!幼女とピタゴラスイッチを組み合わせた全く新しいパズルゲームである!

「コロぱた」(DSiウェア版)やっとります。2009年にDSで出たソフトのウェア版。そのデキの良さの割りに販売数が少なくプレミアが付いてた(一時期、4〜5万だったらしい)ソフトがこういうカタチでよみがえるのは嬉しいところ。

 本作を簡単に言えば、フリーダム少女・ひまわりの進む道にアイテムで色々介入して目的を達成させるというレミングスとピタゴラスイッチを組み合わせたような感じのもの。ただ、リアルタイムなアクションは全然要求されないと言うか、アイテム置いたら後は見るだけ。一見ヒマに見える回答シーンであるが、ひまわりの動きが実に細やかで見ていて楽しい。今となっては新鮮にも写る渾身のドット芸はそれだけで見る価値はあるかと。個人的には蝶を追っかけてる時のアヘ顔が素晴らしい(←アヘ顔言うな)

 ゲーム的に面白いのは自由度の高さ。物理演算を用いている上に、ドット単位での細かな配置も可能なので、かなり動きを細かく設定できる。故に、結構適当にやっても繋がり、後でWiki見て「こういうのが正解なのかー」と感心することもあったり。無論、細かいだけに解法がシビアだったり、アイテムの微調整が面倒くさい時もあるが。

 また、3ステージ毎にひまわりとご近所さんとの幕間デモがある。中々一癖あるキャラの掛け合いとドット芸がパズルで疲れた頭を癒してくれる。どーでもいいが、ひまわりの性格や周りの人などかなり「よつばと!」に近いものがあるな。

 そんなわけで、名前は知っていたが内容までは・・・・という人は1000円とそこそこに手軽なお値段なのでプレイしてはいかがかと思われる。渾身のドット芸とピタゴラスイッチをテーマにしてるところなどはゴーストトリックに似てるので、そのファンにもオススメできる(ストーリーはコロぱたには無いに等しいが)。ただ、結構難易度はガチなので「2面に一回はWiki見ていい」くらいの心構え(?)でやった方が精神衛生上はいいかもしれん。


 で、ここからはコロぱたとはあまり関係ない話になる。
 e-shopで落とした時に驚いたのが容量。確か80ブロック未満。いやシアトリズムCCの体験版より少ないやん。それでいて、動きなどは今見ても遜色ないくらいである。いや、個人的にドットの荒さを気にしないからというのもあろうが。

 それはともかく、最近のゲームの容量ってのはゲーム機の性能引き出すために結構な量が使われてるんだなーとか感じたわけです。FC時代から知ってるだけに、容量の多さがゲームのクオリティに繋がるのは体感してきましたが、今のゲームはゲーム機の性能に見合ったグラと、昔以上のゲームとしてのボリュームが求められるわけで、そのリソース分けるだけで開発の人の苦労してるんだろうなとか。
 別に、昔のゲームが〜とか、グラが〜という話はしたくないのでここで終わる。

アニメ感想
1話より優れた2話など存在し・・・する・・・だと・・・

 いやま、1話がかなり完成度高かったから2話以降の展開が正直不安なところもあったが、そんな心配など杞憂でありました。やはり主人公が精神的イケメンだと見ていて安心感があるわ。ヒロインの藤宮さんの可愛さも1話以上でありましたし。というか、カラオケでのシャシャカは反則であろう。

思わずこんな動画作ってしまう人がいても攻められはすまい。

その内、シャイニングフィンガーやパルマフィオキーナも指ビームとか言われてしまうんだろうか・・・

 やってることは、敵に敗北したので修行でパワーアップして勝利というスーパーロボットお約束の展開なのだが、振りかけられたエッセンスがヤバい、というかアホい。ここまで突き抜けてれば安心して頭空っぽで楽しめるなと確信した2話でございました。
 ただ、何気に展開の丁寧さやロボット戦闘の作画の良さ、そして(歌詞はともかく)ノリのいいOPとノリの良すぎる声優陣と、根本部分はしっかりしてるんだよなぁ。そういうマジメにバカやってますな部分も個人的には好感が持てる。でも、日笠さんがノッリノリで「ティンポ」とか言う(しかも2回)のを見てると、もうちょっと自分を大切にしてと言いたくなる。

30秒で分かる!極黒のブリュンヒルデ2話!

・・・いえ、2話が早々と有料になっていたので。でも、2話で一番印象に残ったシーンであることは間違いない。黒羽さんポンコツ可愛い。


ついで(?)に。ここまで原作に拘って作られたらファンとしては何も言うことはない。


前回のきらら枠である「未確認で進行形」があまりにラブコメとして完成されていたので、その方面からすると落ちる(というか男がオッサンしかいない。オッサン嫌いじゃないが)けれど、きんいろモザイクの後継者としてみるなら文句ないデキだなと。まあ、きんモザは2期決定だそうですが。
 しかしリゼさん、外見も中の人もまるっきりあややですな。ちなみに、きんいろモザイクのあややであり、はつゆきさくらの方ではない。というか、はつゆきの方はあやyだしな(マテ)

気が付けば4月も半ばを過ぎ、税別の価格に慣れはしたが、だからと言って支払う金の多さに納得がいくわけではない

 ちょっと間が開きましたが、別にCLOVER'DAYSばかりやってたとかそういうことでもあるがー! んむ、実に完成度が高いエロゲでした。後で語りたいところ。

 コンシューマーは、牧場物語をやりながら消費税上がる前に落としたダウンロードソフトをボチボチと。今週はコロぱたも買っておこうかねぇ。コロぱたと同じくプレミアソフトと化してる「くまたんち」もiウェアで復活しないかなと思うが、これは開発潰れてるから難しいかなぁ。

 最近、花粉症と消費税の値上がりもあって買い物に行く気が起きないことがしばしば。いや、金は使わないなら使わない方がいいんだが、オタ消費が生活の活力と化してるところがある自分にとっては、気力面でマイナスではなかろうかと思わないでもない。ネット通販は性に合わんしなぁ。

 ハルアニメ色々始まる〜・・・が今期はかなり視聴を絞って見る予定。具体的には、地上波で、ジョジョと劣等生とノイタミナの2本とデートアライブ2とブレイド&ソウルとキングダム2期とディスクウォーズ・アヴェンジャーズマジンボーンとヒーローバンクと妖怪ウォッチあたりを・・・ウン、そんなに数を絞ってなかったね! 冬からの継続でニセコイや弱虫ペダルもあるし。
 ジョジョのクオリティの高さは予想通りで文句なかったですが、マジンボーンが案外と面白かったなという印象。

 で、ニコニコですが
スパロボ参戦が楽しみだなー(棒)

 のダイミダラーのインパクトが良くも悪くも強すぎて他を圧倒する勢い。いや、展開自体は丁寧にロボットアニメ第1話で、アクションその他もかなり頑張っているんだが、ふりかけられたエッセンスが実にアホい。平成も四半世紀過ぎたこの世の中でこんな昭和ノリを見ることが出来るとはおもいませんでいした。いや、キルラキルも結構な昭和ノリだったが、あっちが石川賢ならこっちは永井豪というか。主人公とか、顔だけなら地獄公務員の親戚と言っても通じるしな。中身は神ジーグの剣児だが。スパロボ参戦するときは神無月の巫女と一緒でいいんじゃないですかね?(適当)

健全!こっちは健全だから!

 ダイミダラーの後だとどの作品も上げづらくなるが、これは予想外に面白かったので上げずに入られない。いやま、設定聞いたとき「どこのエロゲだ」とか思ってしまったエロゲ脳ですが。まあ、何にせよ藤宮さんいい子で可愛いので、主人公頑張れと素直に応援したくなる作品でございました。ただ、1話の完成度が高いだけに、それを乗り越えられるかなーという不安もあったりしますが。

 後、主人公が知性的な脇フェチという極黒のブリュンヒルデは色々と興味深かった

いいともが終わり、消費税が上がる

 つーことで4月ですよ奥さん(←誰だ)。税金は上がるのに給料は据え置きなんで、これからの生活は3%苦しくなるわけですが、まあ何とかしてやっていくしかないかなと。幸い、環境的には今までどおりだから、それほど日常に影響ないですが。

 そーいや、いい加減カードの一つでも作ろうとVisaに申し込んだら断られた。うぉい! 40で独身ってそんなに罪なんかい・・・いやそれ以外の部分ではじかれたのは分かってるんだ。でも給料少なめでも借金とかないんですがねー。

 これから新アニメの時期ですが、とりあえず1話だけは見てそれから決めようかと。まあ、ジョジョは確実に全部見るでしょうが。ニコニコではラブライブ2期とブリュンヒルデあたりかなぁ。

 ゲームは牧場物語をボチボチと。そろそろ1年過ぎる。しかし、最近日々の行動がルーチンワークになってますが、それが楽しくなってるから困る。RPGのレベル上げ作業にも似た、他から見るとどこが楽しいのか分からんけど、やってる本人は楽しい状態。
 4月のコンシューマーは逆転裁判123とシアトリズムカーテンコールを買うかねー。Z3はおそらく1年間隔で後編(やはり天国編?)発売、その間にエーアイスパロボが挟まると思うのでそろそろ情報も来ると思うんだが果たして。

アニメ感想

星矢Ω
ハービンジャー大勝利!  希望の教皇へレディーゴー!
 や、前半の光牙とサターンの殴り合い宇宙(そら)は見ごたえあったし、展開も良かったけど(ペガサスローリングスタークラッシュは吹いたが)、エピローグのハービンジャーが教皇というネタに吹っ飛ばされた感が。まあ、星矢は沙織の傍にいたいだけだから不適なのは分かるが、天秤になった紫龍でよくね?と思わないでも。とはいえ、割と面白そうなんでハービン教皇時代は見てみたい気はする。
 まあ、何だかんだで2年間見てきて面白かったです。いや、1期は旧作キャラ不遇、2期は1期キャラ不遇とバランス悪かったのが問題だが、通してみればバランスは取れてたのかなぁと思うくらいには。唯一、旧作キャラで全く出番なかった魔鈴さんが出てくる3期作られないかなぁ。



 展開の速さと、圧倒的な作画、そしてあふれ出る昭和臭さで毎週楽しみであったキルラキルも最終回。ウム、実に最後までキルラキルでした。流子の言う所の「訳の分からない」感動というところか。まあ、最後までちょくちょくギャグ挟むのはどーかと思わないでもなかったが。何にせよ、このスタッフは実に自分と魂が近いところにある感じがするので、次の作品も楽しみにしておこう。


 俺たちの戦いはこれからだ!と言う感じで実にのうりんらしい終わり方。主人公はジョウさんだったかー(違)。しかし、ベッキーの中の人・千和さんの頑張りっぷりは「もういい、こんなバカなことに付き合うことはないんだ!ガンダムの力は!」とか言いたくなるレベル(ガンダム関係なし)。全力投球すぎるだろう、そりゃアフレコの時に拍手で迎えられるわ。
 ところで、原作ストックも充分あるので2期をやってくれんかなぁ。おっぱいさんの話とか、双子の話とか好きなんだが。修学旅行は・・・バイオ・・・う、頭が。


 うん、知ってた。とか返したくなる予想通り過ぎる終わり方はともかく、あらすじ前に変な断り入れなくてはいけないくらいアレだった本作もついに終了。や、正直美月の中の人にお疲れ様と言いたくなる。新人らしいけど、新人らしくない演技というか、この作品でムダに声優スキルが上がったんではなかろうか。ちょっといらん方向のスキルばかり上がった気はしなくもないが。この人も、ポっと出の頃ビーストウォーズメタルスなんかに出てしまってベテランのアドリブに悩まされるどころか負けないくらいの勢いで返していた柚ねぇみたいに芸人魂が・・・つかないといいなぁ。


 実に良いラブコメ作品であり、感想言うのも野暮とさえ思える完成度。全話通した満足度という意味では、最近見たアニメでも一番でございました。原作のストックがないようだが、このスタッフならオリジナル話でも任せられるんじゃなかろうかと言うことで2期を切望してならない。続きを読む

荒削りな魅力と粗野な露悪趣味は紙一重

 KAKERU先生の「ゆけっ!! 悪の組織ダークドリーム!!」を今更ながらに読んだ。プリキュアの悪の組織側をまっとうな組織(?)として描くと言う実にケレン味の利いた先生らしい面白い作品である。が、何だろうね、プリティベルのときもそうだが「こんな絵とか話し描いてるけど、俺はこの絵でこういう展開も出来てしまうんだぜ! 俺は只のオタクじゃねーんだ、すげぇだろ」的な自意識を感じてしまう。いや、そう感じるお前が自意識過剰だと言われると返す言葉もないが。
 誤解して欲しくないが、そういう自意識が悪いと言ってるわけではない。というか、それくらいの自負とか自信があってこそ表現者として作品を世に出せるんじゃないかと思う。ただ、読み手に底を見られるような描き方はプロじゃねぇなぁと思うだけである。偉そう過ぎる物言いで申し訳ない。
 ちなみに、うみねこのなく頃にの終盤やらNHKにようこそ(漫画版)にも同じようなことを感じたのを付記しておく。

アニメ感想
星矢Ω
わかるぞ!アテナがみんなの小宇宙を・・・みんなの小宇宙がガンダもといペガサスに!
 つーことで最終決戦。アバンでいきなり退場する星矢にツッコミ入れたくなる。いや、丸投げがサジタリアスの基本とはいえ、もうちょっと頑張って欲しかったと。
 で、青銅組がなにやらやっちゃってるわけだが、イマイチ盛り上がれないのはやはりこれまでの描写の薄さゆえか。旧キャラや新キャラでも玄武やハービンジャーの扱いは良かっただけに、主人公周りが疎かになってるのがΩの欠点かと。
 そんな中普通に復活してるA!の3人に吹いた。アレか、「ガレキがなければ即死だった」とかか。いや、死んでるとは微塵も思わなかったが、あの登場の仕方だとお前ら青銅たちと一緒にハイペリオンと戦えただろ。
 そして、兄さんも当然のことながら復活。アイガイオンさんはいい人でしたな。手助けなくても兄さん復活できたんじゃね?とか言ってやるな。というか、四天王は最初出たときはどうかと思ったが、結果的には中々いいキャラしてた、ガリア以外。
 そして、最終決戦らしく元気玉というかイデオン的な展開を見せてみんなの力を集めてる時に、兄さんだけ異常に強そうな小宇宙はなってて笑った。もう兄さん一人でいいんじゃないかな。

流子と皐月、お前たちは一人では只の刃だが、二人が心を合わせれば忍となる。ニンジャは色々と無敵だ

 つまり、アイェェニンジャナンデ!?・・・というのは冗談だが、拳を重ねた分だけ心が繋がっている二人の共闘劇は見ていて心地よい。更に銃後を守るはマコと四天王。それぞれに見せ場があり、最期は協力してラスボスのたくらみを粉砕するとか、王道すぎて最高だろう。後、帽子かぶせて去るガマさんにマコは惚れてもいいのよ?
 そして、ラスボスは・・・すごく・・・幸子です・・・

ぽっちゃりヒロインは、家族を使い、情に訴え、地域すら味方にして外堀を埋めた。一方スレンダーは歌を歌った

 今回の舞台とか登場キャラの血縁の多さとか、どう見ても農がヒロインの話になるはずなのに、最後のアレだけでヒロイン力を奪ってしまうゆかたんマジお姫様。そりゃ宇宙一可愛いわ。幼馴染なんて所詮外から現れるメインヒロインに勝てないんだよ、手前ぇ幼馴染スキーな私にケンカ売ってんのかとか脳内逃走が始まるレベル。
 しかし、今回の話は結構重い部分もあって考えさせられるものが。理想と効率、愛情と金銭とかはどんな仕事でもままある話だが、農業はそれプラス地域の人間関係とかも大事そうだし。
 

恋人通り越して家族だコレ

 もう12話で倦怠期が描かれてBD最終巻のオマケで浮気話が流れてもおかしいですねそうですね。それはともかく、小紅と白夜のベストカップルぷりがあまりに様になりすぎているので、ラストの展開にも全く危機感を覚えられないのはいいんだか悪いんだか。

さがれ!道をあけろ〜!!胸帝様のご入浴だ〜っ!! 貧乳は消毒だ〜!

 つまり「雪那姉さんには温泉を司る新たなお色気キャラをやってくれ!」「そんなことを言ってラブコメライバルから脱落させるつもりか!」「そうry」とかいう話・・ではない。まあ、妹と言うだけで一定の信頼と愛情を得られる美月と違って、雪那さんは自分から攻めるしかないわな。肝心の主人公はラブコメ的鈍感野郎ですが。ところで、話が進んだ感じが殆どしないのに次が最終回って早くね? 明らかにペース配分間違えた感じで、思い出すのはエロコメ部分ばかりという展開だったが、そんな妹ちょの構成は嫌いじゃないぜ(マテ)

終わりがなければ締りがないが、終わった創作物(モノ)から得られるものは、同じくらいの満足感と寂寥感

 つーことで、まだ読み終わってませんがニャル子さん完結。万太先生お疲れ様。正直一発ネタだと思ってたこの作品がここまで続いて4回もアニメになるとは思ってませんでした。前2回は知らないとかいうな。まあ、ニャル子の中の人も結婚されたし、いいタイミングではあったのではないかと。つまりアレか、クー子主人公のスピンオフなら終わらない物語を果てしなく続けることが(マテ)。

 ゲームは牧場物語をボチボチと。このゲームやってると、荒川先生が子供産みながら連載抱えるのとか余裕なのも分かってしまうと言うか、農奴ってすげーと言いたくなる。いや、一人で家を建てたり、真冬でも川に入って素もぐりしたり、あまつさえ川底から化石をもぎ取ってくるような人物は最早人間と言う枠を超えてる気がしますが。

アニメ感想

星矢Ω
星矢さんのインナーの変わらなさは田丸漫画のソレのようだ
 つーことで、前半はサータン戦。相変わらず突撃しかできないΩ青銅陣に呆れを通り越したものを感じる。お前らΩに目覚めるより戦術学んで来い。アレか、ギリメカテにもオートで戦っちゃう類か、IMPACT1面もクリアできない部類か。
 続く星矢も似たような感じではあるんだが、最後に見せてくれたのとそれまでの過程の描き方、そして古谷さんの演技でよく見えてしまう。ウーム、やはりΩは旧キャラ優遇されすぎだなぁ、いいけど。

 んで、ミラーさんとエウロパさんですがアッサリ敗北。いや尺がないにしても短すぎだ。前回のエーギルさんのほうがまだ印象に残る戦いだったぞ。瞬が兄さん呼び出さないで終わるとか存在意義にも関わるだろ(←そこまでか)。後、エウロパさんの最後を見て思ったこと。ロリコンを怒らせてはいけない(戒め)

姉と妹二人の糸が、編んで交わる戦道。昨日の敵と運命を断ち、明日への暗幕は刻んでみせる。姉妹合体キルラキル!ヤツラを誰だと思ってやがる!

 つーことで、待ちに待った流子と皐月様の共闘回。そして和解を経て最終決戦で最後にマコ登場と、流れの一つ一つは予想通りだが、その勢いと熱さに圧倒される。やはりこの作品の作り手が好きにやってる感は、付いていける者にとっては素晴らしいな。
 後、丸くなった皐月様はいい上司過ぎる。まあ頭下げても威光を失わない(文字通り)ところは相変わらずだが。そして、姉さん呼ばわりに照れる流子と涙ぐむ鮮血にほっこり。鮮血の意識は親父さんのものなんかね。

主人公とヒロインが最終回で結ばれるアニメは名作

 何か色々と間違ってる気がするが気にするな、おっぱいは正義(マテ)。というか、今回のおっぱもとい胡蝶さんは可愛さ3割り増しである。ネタとシリアスの塩梅とか、それまでのキャラがオールスターとかマジでコレで最終回でもいい気はする。まだ、話のストックはあるので2期あるといいなぁ。

このデレが3話続いたら即死だった

私のハート様が。それはともかく、小紅のデレがハンパないのは勿論だが、競争から外れた途端に、このはが可愛く見えてくる不思議。まあ、みんな可愛いと言うことで無問題。ただ、シリアスブレイカーのときはいい仕事してた紅緒姐さんがイチャ期になるとウザくなるのは困ったところか。
メアド
cge000410450★cap.bbiq.jp
↑の★を@にしてください。

最近やってるモノ
●ゲーム
牧場物語 つながる新天地
(マーベラス)


●エロゲ
Clover Days
(Alcot)

●ラノベ
やはり俺の青春ラブコメは間違っている 9
殺戮のマトリクスエッジ 2
4月のエロゲバナー

ランス9 ヘルマン革命
一時期よりは落ち着いた4月末エロゲ戦線ですが、結局プレイするのはコレがメインになりそう。楽しみにしております。しかし、バナーの半分以上が漢キャラってエロゲ的にはどーなんよ(笑)
月別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ