KAKERU先生の「ゆけっ!! 悪の組織ダークドリーム!!」を今更ながらに読んだ。プリキュアの悪の組織側をまっとうな組織(?)として描くと言う実にケレン味の利いた先生らしい面白い作品である。が、何だろうね、プリティベルのときもそうだが「こんな絵とか話し描いてるけど、俺はこの絵でこういう展開も出来てしまうんだぜ! 俺は只のオタクじゃねーんだ、すげぇだろ」的な自意識を感じてしまう。いや、そう感じるお前が自意識過剰だと言われると返す言葉もないが。
 誤解して欲しくないが、そういう自意識が悪いと言ってるわけではない。というか、それくらいの自負とか自信があってこそ表現者として作品を世に出せるんじゃないかと思う。ただ、読み手に底を見られるような描き方はプロじゃねぇなぁと思うだけである。偉そう過ぎる物言いで申し訳ない。
 ちなみに、うみねこのなく頃にの終盤やらNHKにようこそ(漫画版)にも同じようなことを感じたのを付記しておく。

アニメ感想
星矢Ω
わかるぞ!アテナがみんなの小宇宙を・・・みんなの小宇宙がガンダもといペガサスに!
 つーことで最終決戦。アバンでいきなり退場する星矢にツッコミ入れたくなる。いや、丸投げがサジタリアスの基本とはいえ、もうちょっと頑張って欲しかったと。
 で、青銅組がなにやらやっちゃってるわけだが、イマイチ盛り上がれないのはやはりこれまでの描写の薄さゆえか。旧キャラや新キャラでも玄武やハービンジャーの扱いは良かっただけに、主人公周りが疎かになってるのがΩの欠点かと。
 そんな中普通に復活してるA!の3人に吹いた。アレか、「ガレキがなければ即死だった」とかか。いや、死んでるとは微塵も思わなかったが、あの登場の仕方だとお前ら青銅たちと一緒にハイペリオンと戦えただろ。
 そして、兄さんも当然のことながら復活。アイガイオンさんはいい人でしたな。手助けなくても兄さん復活できたんじゃね?とか言ってやるな。というか、四天王は最初出たときはどうかと思ったが、結果的には中々いいキャラしてた、ガリア以外。
 そして、最終決戦らしく元気玉というかイデオン的な展開を見せてみんなの力を集めてる時に、兄さんだけ異常に強そうな小宇宙はなってて笑った。もう兄さん一人でいいんじゃないかな。

流子と皐月、お前たちは一人では只の刃だが、二人が心を合わせれば忍となる。ニンジャは色々と無敵だ

 つまり、アイェェニンジャナンデ!?・・・というのは冗談だが、拳を重ねた分だけ心が繋がっている二人の共闘劇は見ていて心地よい。更に銃後を守るはマコと四天王。それぞれに見せ場があり、最期は協力してラスボスのたくらみを粉砕するとか、王道すぎて最高だろう。後、帽子かぶせて去るガマさんにマコは惚れてもいいのよ?
 そして、ラスボスは・・・すごく・・・幸子です・・・

ぽっちゃりヒロインは、家族を使い、情に訴え、地域すら味方にして外堀を埋めた。一方スレンダーは歌を歌った

 今回の舞台とか登場キャラの血縁の多さとか、どう見ても農がヒロインの話になるはずなのに、最後のアレだけでヒロイン力を奪ってしまうゆかたんマジお姫様。そりゃ宇宙一可愛いわ。幼馴染なんて所詮外から現れるメインヒロインに勝てないんだよ、手前ぇ幼馴染スキーな私にケンカ売ってんのかとか脳内逃走が始まるレベル。
 しかし、今回の話は結構重い部分もあって考えさせられるものが。理想と効率、愛情と金銭とかはどんな仕事でもままある話だが、農業はそれプラス地域の人間関係とかも大事そうだし。
 

恋人通り越して家族だコレ

 もう12話で倦怠期が描かれてBD最終巻のオマケで浮気話が流れてもおかしいですねそうですね。それはともかく、小紅と白夜のベストカップルぷりがあまりに様になりすぎているので、ラストの展開にも全く危機感を覚えられないのはいいんだか悪いんだか。

さがれ!道をあけろ〜!!胸帝様のご入浴だ〜っ!! 貧乳は消毒だ〜!

 つまり「雪那姉さんには温泉を司る新たなお色気キャラをやってくれ!」「そんなことを言ってラブコメライバルから脱落させるつもりか!」「そうry」とかいう話・・ではない。まあ、妹と言うだけで一定の信頼と愛情を得られる美月と違って、雪那さんは自分から攻めるしかないわな。肝心の主人公はラブコメ的鈍感野郎ですが。ところで、話が進んだ感じが殆どしないのに次が最終回って早くね? 明らかにペース配分間違えた感じで、思い出すのはエロコメ部分ばかりという展開だったが、そんな妹ちょの構成は嫌いじゃないぜ(マテ)