2021年09月16日

全く戦力外(ウタセ釣行記)

今年も ウタセエビを使った釣りが開幕です。長い間イシダイ釣りに明け暮れていた『直栄丸』も本格参戦です。
今でこそ皆さんロッドで釣行しますが 本来 漁師の伝統一本手釣りの釣法です。

むらチャンは 30代前半からこの手釣りにハマって 30数年。なんとか本職の船頭に近づきたく努力をしてきましたが いつまでたっても下手クソです。

今でも 直栄丸の直くん、素栄丸の素くん、海王丸の海人くんは若くしてこの釣法をします。
むらチャンなんか 海人くんが生まれる前からこの釣りをしてるのに いっつか抜かれてます(爆)

さて、年に一回の仕事の会の元副会長 元会長とその甥っ子のお世話をする釣行です。
去年は むらチャンの親父の様態が悪く 無理を言ってA氏にその役目をお願いしたのですが 今年はむらチャンです。

念力で 台風を停滞させ、雨予報も曇りのち晴れにまでしたのですが 南東の風は強いまま、一番良くなかったのが魚の活性(大泣)

昨日の釣果がよくなかったが 今日はもっとダメ。

毎週のように何処かで釣りをしているむらチャン、きょうはなんとかして1年一回組のお土産確保の戦力にならねば・・・(ウソ!久しぶりの手釣りが楽しみで)と昨晩は寝れませんでした。

6時前 出船。
深い下波の中、南東の風の風裏になる 神島の西まで航行します。
直くんは 伊良湖沖のポイントも考えたようですが 年に一回組の事も考えてのポイント選定です。

魚の活性は低く たまぁ〜にポツリのアタリでおみやげは貯まりません。

定時までで船中
R0011985s

むらチャン ハマチ3本、小鯛、半分リリースを含めて10枚ほど。
完全に戦力外。

毎年 よく釣る 元会長
DSCF5320
今日も頭です。

AN氏はトンカチと格闘
DSCF5323

甥っ子さんは 小鯛釣りを楽しんでました。
DSCF5324

直くんの力を借りて なんとかなりましたが 今までにない貧果で申し訳なし。
自腹での大アサリがおみやげになりました。


murachanroom at 19:37|PermalinkComments(0)

2021年09月11日

9/9 シマアジはお留守(メイチダイ釣行記)

9/9 三重県賢島神明港 『むさし丸』にて シマアジ狙いで出撃です。
00b08c67-s

船長から 「シマアジはお留守です」の情報が入り 2,3日前の天気予報は釣行時間が全て豪雨だったので 船長も行く気がない様子だったが 前日になって予報が9時には雨が止む予報になったので出撃決定。

同行者は 前日は会務で深夜までお仕事だったA氏と 恵那から馳せ参じたtosichanさん、との3人。
3人共2回めのワクチンが済んでます。

3時15分、我が家を出発して湾岸から東名阪、伊勢道、伊勢道路の山道を抜けて鵜方を経由するルート。
湾岸から豪雨で見通しが全く聞かない状況で大型トラックに挟まれド緊張の運転。まして、四日市から鈴鹿の東名阪は路面に水がたまり 四輪駆動 全長5M超 重量2.8tの我が車(どんな車に乗っとるんじゃ の声が聞こえるw)が数回ハンドルが取られる・・・
手のひらにシッカリ汗をかいて 今度は伊勢道路の山道へ 白木を抜けるルートと迷ったが10Km大回りになるので強行。「大雨は通行止めになるよ」の看板を横目で見ながら峠を超えて・・・・下りきったところでプリウスミサイルがスピンして道路の真ん中で横向いて おまわりさん豪雨の中カッパ着て自己処理中(ご苦労さまです)。
鵜方でコンビニに入って食料の調達、車と店の往復でビショ濡れ。
神明港に5時30分。ドシャ降りで「え〜 この状態で着替えるの〜 ホントに行くの〜」状態。

船長到着。カッパを着るまでにベタベタ(大泣)。
船長も出船に手間取り 6時15分 出船。

入りたくなかったキャビンに入ってホット一息。
ところが 御座岬を周る前に 雨が止み 薄日が・・・ 皆さん大喜び。

ここから 抜群の釣り日和になったのである。 一時間出港を遅らせてくれたらねぇ(笑)

釣り座は むらチャンが左にコマセ桶を置きたかったので 無理を言って左舷オオドモに
DSCF5306

右舷オオドモにA氏、
DSCF5303

tosichanさんに胴の間(最初は左舷 途中で右舷)
DSCF5304

むらチャン 一投目にイサキ、tosichanさんにもイサキ
直後に A氏にハマチ

ポツポツだが誰かにアタリがあって 賑やか。何より天候の回復が一番嬉しい。

やっぱり シマアジはお留守。
A氏は終始 呪文のように「シマアジ、シマアジ」と呟いてました(大笑)。

むらチャンとしては 最初からメイチダイ釣りと決めてましたから 大満足です。

だって 三河一色の市場では 活メイチダイは
20210904082919d80
です。

おまけに むらチャンには 同じく市場で
blog_import_5c80594acc435
の オオモンハタも釣れました。

船中
DSCF5310
むらちゃんの釣果は イサキ1,ハマチ2,メイチダイ5,オオモンハタ1 でした。

さすがに疲れまして 魚を捌き メイチダイの刺し身で一杯やって即爆睡、なんと12時間寝ました(爆)


murachanroom at 21:30|PermalinkComments(0)

9/2 脇差と正宗(タチウオ釣行記)


それでは 9/2の釣行記です。

緊急事態宣言中ですが 自粛しつつ 優誠丸 で タチウオ(太刀魚ではありません)釣りに行ってきました。
DSCF5296

船長 香川くん には申し訳ありませんが シッカリ ソーシャルディスタンスが取れます。
DSCF5298
右舷はむらチャンだけ

5時集合 5時半出船です。

伊良湖沖 と言っても
DSCF5299
内湾です。

伊良湖航路は たまに ドラゴン級が釣れるらしいですが 群れが少な過ぎ とのことで マヅはおみやげ釣り。

一投目から 釣れます。
DSCF5300
が 精々 日本刀クラス、正宗です。

朝 ジアイがあって 10投で10匹。
小指と薬指の2F も混じります。情けないですがリリースしても生きないですから 何とかして食します。

ツ抜けと同時に 食い渋り、タマポツに サイズが上がりません。

よほど 航路の状況が悪いのでしょう。師崎船団もみんなこのポイントで動こうとしません。

しかし 香川くん 残り1時間半、航路へ船を進めます。
ここまでになんとか30ほどは釣りました。
DSCF5302

航路へ到着して 期待はしたのですが 全くアタリなし。
師崎船団がここに来ないわけです。

残り 30分で アタリが出だしましたが むらチャンには F3.5が3本
同船者には 伊良湖ではドラゴンと呼べるサイズが2本

雨が振り カッパを着ると蒸し暑い天気でしたが 久しぶりの優誠丸で楽しませていただきました。


murachanroom at 20:29|PermalinkComments(0)

緊急事態宣言中で休載中でしたが・・・・

緊急事態宣言中での釣行は自粛せねば と思いながら、ブレイクスルーがあるとはいえワクチンは6月中旬には2回めを打ち終え、手指の消毒は1日に100回は楽に越える仕事で消毒だけは一般人より多いし、 釣行以外は完全自粛しているので ”まぁええか” の甘い考えで・・・・

ただ ブログのアップだけはちょっと控えてみようかな と思った次第。

もう 釣行の記録だけになったこの『MURACHAN'S ROOM』 アップしていかないと 寄る年波で忘れてしまうので、宣言も今月いっぱいの延長が決定したので ご批判を覚悟の上(とはいってもコメントの返信もしていない)アップすることにしました。


murachanroom at 20:26|PermalinkComments(0)

2021年08月22日

初挑戦はスミイチ(シマアジ釣行記)

梅雨になった様なお盆休みを 経験したことがない退屈な日々で送り 超老夫婦のお守りもあって 久しぶりの釣行です。

シマアジというモノを寿司屋でしか食べたことがなくて(おそらく養殖)、あまり魚好きでないかみさんが寿司屋でよろこんで食べるので それならばコイツをターゲットにしようと TEAM『まぁええか』のKN氏に相談したところ 今日の企画(ホントは木曜日予定だったが悪天候でたまたまキャンセルがあった今日に)を作ってくださいました。

例のごとく 送迎の運転から仕掛け作りまで全てお世話になりました。

賢島神明の『むさし丸』 一回イサキでおじゃましましたので2回めです。

悪天候で10日ぶりの出船ということで 出航前に船長から「釣れんかったらゴメンな」の発言。
ただでさえ 釣技がないむらチャンですので 何とか顔が見たいと・・・・
DSCF5290
5時半出港

同行者はKN氏
DSCF5288

HG氏
DSCF5289

との3名。

1時間弱でポイント到着。

最初から 捨てたる、もとい リリースする極痩せサバは入れ食いに・・・
コイツが邪魔して タナまで仕掛けがいきません。

それでも まず HG氏がシマアジを その後 幸運にもむらチャンにも
顔が見えたし このままポツポツ釣れれば ・・・

がいつものように むらチャンのシマアジは これで終わり スミイチです。

まぁ とにかく 納竿まで サバに邪魔されて 指は痛いしで怒れてくるし(爆)

結果 竿頭はHG氏。

船中
DSCF5293

o0640048014990401514
シマアジ6本 ハマチ8本 メイチダイ6枚 その他

むらチャンの釣果
シマアジ1本 ハマチ2本 メイチダイ3枚 捨てたったサバ多数。
DSCF5295

こんな小型でも釣り味は最高ですので(未だ食べていないので・・・きっと美味しいはず) きっと返り討ちですがリベンジ決定です。(笑)


murachanroom at 17:39|PermalinkComments(0)

2021年08月05日

コレがホントの太刀魚(浜名湖発プチ遠征釣行記)

A氏企画で 浜名湖発の『哲遊丸』をチャーター、A氏、春日井からI氏、むらチャンとの同業者軍団(笑)、TEAM『まぁええか』からKN氏、SA氏、HU氏との6名で出撃。

むらちゃん、、家族で小アジ釣りに言っても悲惨な釣果の浜名湖。相性が・・・・・・
不安な気持ちを持ったまま 3時半、A氏とともに自宅を出発。1時間半で現着! 思ったより近い。

死ぬぐらい暑い と天気予報に脅され 飲み物等をしこたま入れたクーラーBOXを余分に持ち込んだので すごい荷物。散々皆さんにいじられて・・・・
DSCF5277

ブリッジよりトモに 餌釣りメンバー 『まぁええか』メンバーとむらちゃん
DSCF5278
DSCF5279

ミヨシにルアー担当のA氏とI氏

6時出港、タチウオのポイント”天竜沖”が10時からしか遊漁船が釣りができないので それまではアジ五目。

40分ほどで最初のポイント
水平線が外洋を意識させます。
DSCF5280
大アジが釣れます。国崎に引けをとりません。
DSCF5283
軽くツ抜けをして

次のポイントへ
今度はアジ混じりで 良型イサキが顔を見せます。
DSCF5285
婚活は終わっていますが かなりデカイ。
210805-8
もう十分お土産はできてます。

10時までに他のポイントを2ヵ所回りましたが ここは全く。時間調整の感(笑)

10時、いよいよタチウオ釣りです。
いきなり むらチャンに
210805-4
ダブル。
ドラゴンではありませんが しばらく釣ったことがないほんまモンの太刀魚です。
このところ 指3なら満足していたタチウオつりでしたが 間違いなくホントの太刀魚です。

そして直後に KN氏に 
210805-2
なんじゃこれ! の特大太刀魚!
この大きさは圧巻! 一番興奮していたのは 船長(爆)

210805-1
お化けです(笑)。2kgオーバーです。

これから みなさん良型を釣りますが 霞んでしまって・・・・(笑)

1時 納竿。
DSCF5286
オマケの大型イシモチも釣れて 無事ツ抜け。

一時間半で行けて 16時には帰宅できれば ジジイでも何とかなりそうです。
申し訳ございませんが 伊勢湾でタチウオを釣る気がなくなりました(笑)
ただし 今切口を出るのに風があると無理のようで A氏曰く 「簡単に休船になる」と。
季節風が吹くようになると釣行は限られるようだが また新しい船宿が見つかった気がする。


murachanroom at 20:03|PermalinkComments(0)

2021年07月29日

シーズンラストは十分堪能(イシダイ釣行記)

今シーズンラストのイシダイ釣りに行ってきました。
前回2回とも まぁまぁと言うか むらチャンにしては上出来だったのですが 今日はまたどうしたことか・・・・
今までにない釣果に恵まれました。

もちろん ホーム『直栄丸』で出撃です。
DSCF5259

メンバーはA氏、マッキーさん、R氏との4人
DSCF5262
DSCF5261

乗船前のくじ引きで むらチャンが右舷オオドモ、
DSCF5263
A氏が左舷オオドモ、むらチャンの背中にマッキーさん、A氏の背中にR氏

ポイントにアンカーが入り 『直くん』から「どうぞ」の合図。
ま、上り潮も効いているし 80号でやってみましょうか で 着底と同時にアタリ!  
DSCF5267
はい! ボウズ回避。
ホッとすることはいいけれど このパターンは”スミイチ?”

案の定、アッと言う間に皆さんに抜かれて・・・結果上り潮で2枚。

いつになくボヤキまくりながら 海底の岩起こしも忘れて A氏が飛ばします。ここまで5枚。どうした!?

7時半に早くも下げ潮の渦が来て完全な2枚潮。

9時頃潮変わりのはずが 船が横を向いて 早くも潮待ちの雰囲気。
そうなると A氏は この体制に(爆)
Unknown

しかし ダメ元で竿を入れていたR氏にアタリ。
A氏、飛び起きて・・(大爆)
R氏が連チャン。

潮は船が横を向いているので左舷側に流れます。それで むらちゃんR氏のミヨシ側に。
そこで 2枚。

下り潮が効き始めを待ちながら ポイントを変更。

右舷オオドモに戻って 20号のオモリまで使って 潮待ち。
潮が効き始めると 必然的に(大笑) A氏とのバトルの展開。
DSCF5269

むらチャン必死にA氏を追いかけるが 今日のA氏はひと味違います。
彼がツ抜けした時 むらチャン7匹。

潮が80号になった時に ジアイ! 一気に差を詰めて 11匹で並ぶ。
だが抜けない(笑)
13匹で並んだ時に ピタッとアタリが止まる。

船は座っているし 潮も申し分なし だが餌が残って来る状態。

12時過ぎに むらチャンにサンバソウ。そして 終了10分前にマッキーさんとのオマツリを処理している時に 手に持ったむらチャンの糸にアタリ、で15枚。さすが手釣りが好きなだけある?(笑)

15枚って!  釣りに釣ったり!
A氏も13枚って 前回2回分を取り返してますなぁ

マッキーさんも 軽くツ抜け
DSCF5272

R氏は釣り座に恵まれずツ抜けはしていないけれど充分な釣果。

船中
イシダイ山です。
R0011683s

暑くて干物になりそう
DSCF5275
冷却(笑)

R0011685s
43匹。 キスではありません、イシダイですから恐ろしい。

シーズンラストのイシダイ釣り、十分堪能しました。

これも 仕掛けを提供してくださった『TEAMまぁええか』のK氏のお陰です。
来年の仕掛けもおねがいしまーす。

さて 来週は そのK氏たちと プチ遠征です。もちろんA氏も。
君呼ばわりされないよう頑張ります(謎)




murachanroom at 19:34|PermalinkComments(0)

2021年07月22日

海の日は夕涼み(夜マダカ釣行記)

クソ暑い日が続きます。こんな日に日中の乗合船は体調不良になった時にリタイヤが難しいし 祭日で”密”も間違いない。
ソレよりもターゲットが・・・、タコ釣り嫌いだし(外洋まで行くらしいし)、イサキは終盤でイマイチらしいし、キスは先週釣ったし、で決まらず。

祭日なのでまさか空いているとは思わず電話した『素栄丸』が予約が取れ、涼しい夜にマダカ釣りに。
DSCF5251

DSCF5250

DSCF5252


結果から プロの船長が釣れなんだから ”魚が居ない日”の大当たり!
自然のいい風が吹いた海上で海の日を過ごしました。

でもね むらチャン釣ったよ! ナナマルオーバー1本とイシモチ2匹。
DSCF5258
エライでしょ!

開始早々 まだ明るいうちにオオタロウを掛けて エラ洗いで6号のハリスをぶち切られ、『素くん』からキツイお叱りを受け(笑)、すぐにもう一本はオマツリでさようなら・・・・・

明るい内からコレなら・・・今日はえらい日?・・・・が逆のえらい日(爆)。
とんとアタリがありません。その中で一本 キセキです!!。

涼しいからやってられたけど・・・・ 


murachanroom at 23:59|PermalinkComments(0)

2021年07月15日

A氏とキッス(シロギス釣行記)

65歳にもなるとキッスにはとんと縁がなく、 しばらくぶりで・・・・違うか(爆)

A氏が 15時から会務、よって 13時には港につきたい。ならば 今年は豊漁と聞くシロギス釣りに付き合うことに。

お世話になったのは『石川丸』。
仕立船オンリーだったむらチャンが 乗合船デビューした船宿です。

会務の幹事でチャーター船にしてキス釣り大会も2回ほどお世話になるほど利用させて頂いていましたが、
この処 片名港・大井港がホームになったので ホントに久しぶり、何年ぶりでしょうか?

今年のシロギスは 竿頭は100以上の釣果らしく、自分の技量を棚に上げ鼻息荒く出撃です。

7人の乗り合い
A氏に竿頭をと イサキ釣りでは連続竿頭の釣り座をむらチャンがキープして
IMGP0024
ところが 結果から正解は背中の左舷、終始船底へ糸が入り・・・むらチャンのミスです。

はい エサは石ゴカイ
IMGP0025
ウネウネヌルヌルのこいつを小さな針に付けねばなりません。

ダイソーで こんなのを
IMGP0026
買ってみましたが・・・ダメです。 やっぱり石粉が一番みたいです。

明後日 娘の友達夫婦が お食事に来るので かみさんが「キスの天ぷらをやるから 30は釣ってきてね」と。
連日の石川丸のHPによれば 楽勝 と思ってましたが

いつものことです。HP写真に騙された?(笑) 技が無いことを棚に上げ なんちゅうことを言っとるんだ。

ツ抜けしたのが
IMGP0027
必死に頑張って この時間(大汗)

それでも 30匹完了のLINEを9時38分にかみさんに

IMGP0029
こんな奴も2杯釣れて

af78b0af3dd3dc84f71f1a2b118e1297
3回ほどW

a4b5443d559c37565bf23bc4bd158f93
56匹

こんなもんでしょう。
頑張って背開にしましたので 美味しいはず! 
あ、あぁ 面倒くせぇ(大爆)


murachanroom at 16:40|PermalinkComments(0)

2021年07月08日

三番叟じゃないぜ!!(イシダイ釣行記)

今シーズン2回めのイシダイ釣りです。
梅雨の終盤、アチラコチラに線状降水帯が発生し各地に災害が発生しています。大雨洪水注意報が発令されていて 風こそ凪予報でしたが 大潮の激流、水潮、ドシャ降りの雨を覚悟しての出撃です。

同行は
DSCF5222
前回同様にA氏、SI氏 そしてマッキーさん

釣り座抽選の結果は 前回同様、R氏の代わりにマッキーさんが入った状態。
DSCF5223
むらちゃんは A氏の背中を見ての竿入れです。

開始早々、イシダイ釣りを得意とする?SI氏が顔を見る
DSCF5226
しかし、前回とはかなり違ってアタリが出ません。アタリが出ないエサ取りに悩まされます。

次にマッキーさん、
DSCF5244
そして ボヤキまくっていたA氏にも
DSCF5228

最後に取り残されたむらチャンにやっと釣れたのは1時間後

思ったより潮も速くなく80号でイケる。雨も全然気にならない程度。
なのに アタリが遠い。
連日、船中40枚も釣っていたので そろそろ・・・・・だわなぁ
あまりにアタリが遠いので お疲れのA氏は爆睡モード
DSCF5229

9時半頃 潮が少し緩んだジアイに SI氏にゴウマル級
DSCF5231

むらチャンにも 何年かぶりの 56Cm
DSCF5237

しばらくして SI氏 と むらチャンに もう一枚
DSCF5236
無事に直くんのネットに

10時半 潮が止まって 潮待ち。
上り潮に船が座らねば 万事休すだが 12時に船が座った。

さぁ と 皆で気合を入れたが タマぽつのアタリで一枚づつ拾っただけ。
バリバリと喰えば延長もありだが 気配薄で定時撤収。

船中
DSCF5248
むらチャン ゴーマルオーバー2枚を筆頭に7枚(一枚は台船水族館へ) 小鯛 カサゴ ガンゾウビラメ フグ2

大判イシダイを久しぶりに召し捕ったので大満足でした。


murachanroom at 20:34|PermalinkComments(0)

2021年07月01日

たまには師匠、ちょっと冷や汗(コアユ釣行記)

予定はイサキ釣りだったのですが 予報天候が悪すぎ。早々に諦めて TEAM海人の(未だ生きてるTEAM?(大笑))S氏親子が同行を希望していた小鮎釣りを。
2週連続は食べることも・・・なぁと思うのだが 不味いものではないしというか コアユと言っても鮎 結構美味いので かみさんも反対はしない。

全ての釣りの師匠、マッキーさんも鮎の友釣りはされても 小鮎釣りはしたことがないと。ならば たまには師匠になってもいいかも(爆)で・・・・・ 4人で出撃です。

先週かみさんと行った 『宇曽川』が むらチャンのホームグランドだが 違った川も行ってみたかったし イシグロ等もおすすめの河川として紹介している『塩津大川』へ 水質もいいらしいので 足を伸ばしてみた。

よく考えれば 自分の実績のない初の場所へ 初体験のマッキーさんを含め数年前に宇曽川で爆釣を経験しているS氏親子と共に足を運んだのが間違いだった。

朝 6時に出発して 現着は7時半。小雨の中 釣り始めたのだが・・・・
DSCF5210
時速6匹 オマケに大きなニゴイが邪魔をする。

連れてきたむらチャンとしては この一時間に悩んで悩んで悩みまくって 撤退を決心。
50分ほどの時間を掛けて高速をぶっ飛ばして転進。

実績のある『宇曽川』へ
ところが 水位は先週より高いし ただでも濁りが強い水質がかなりひどい。
ましてや 釣ってる人が少なすぎ・・・(やちゃったかと冷や汗が・・・)

もう 転進はできません、ここで心中です。
9時半頃到着して 10時頃釣り始めです。

すぐに むらチャンにヒット、ぼちぼちアタリが出て
DSCF5212
マッキーさんにも笑顔

S氏親子も 苦戦しながら 楽しんでいただきました。
DSCF5215

むらチャンも 絶好釣で 12匹/10分 のジアイもあって 12時半までに150匹ほど。

かみさんからたくさん釣ってきてはダメということで 南蛮漬けの分(お裾分けの分を含めて)70匹を自宅へいただき、後は マッキーさんとS氏親子に貰っていただきました。

マッキーさん
DSCF5220
100匹はあると思います。

S氏親子
DSCF5217
195匹 だそうです。

どえりゃぁ ヒア汗かきましたが 何とか釣れて ・・・・ ホッとしてます。
なによりも マッキーさんから 「楽しかったぁ」と言われたことで 肩の荷が下りました。

なんとか 師匠になれたかな(大爆)。

PS. 浮気はイカン(爆笑)



murachanroom at 19:57|PermalinkComments(0)

2021年06月24日

あゆ〜?(小鮎釣行記)

コロナ禍の中、元気なのにお袋がおやじの面倒を見るのがイヤ と駄々をこねるので 高級老人ホームに入ってもらっていた親父が コロナの影響でホームで面接ももちろんできず、少クラスターの発生で部屋から一切出ることを禁止され、まるで牢屋に居るのと同じ(本人曰く)、「我慢ならぬ出してくれ」との要望。

はなっから 自立してるし ホームなんかと思っていたが どえらい薄情なむらチャン、ホームに入ってもらっていたほうが安心だし・・・ もっと薄情なのはお袋、米寿になるがバリバリの元気、「あの人がいたら何もできん」と。

しかし、さすがにオフクロも気の毒に思ったのか? 2度めのワクチンが終わったら 帰らすか と。

そんなこんなで午前中所要があって イサキ釣りに行くつもりだったのをぐっと我慢。

ため息ばっかりついていた一昨日、かみさんが 「そういやぁ 今 コアユの季節じゃないの。天ぷら美味しいじゃん」と。
と言われても 情報は全くなし。一人で行くのもなぁ・・・・
「私に釣らせてよ」・・・ えっ! 面倒くせぇ〜(爆)

昼から出て行って 釣りの時間はないし・・・ 問題は釣れるんかあ?

「帰りに 日野の例のとこで 蕎麦定食たべて」・・・と頼まれれば 愛するかみさんへの奉公(笑)、行ってみることに。

と言っても 仕掛けは大昔のもの エサもどう見ても半分腐ってる(爆)

13時半 現着。 滋賀県の某河川。
昔、来た時には 2,3時間で楽勝束釣りだったけど、そんなもん午後からなんか・・・釣れんだろうぅ
DSCF5204
たくさん釣れんでもいいらしい。 もちろん 出した竿は1本。 むらチャンは世話係。

タマポツで釣れます。(こんなもんコアユ釣りじゃない。バラバラバラと釣れにゃ とむらチャン)
DSCF5205

立派な鮎です(大笑)
DSCF5206
天ぷらには大きすぎない?!

3時半 ゴロゴロと雷鳴。 降ってくる前に撤収 って 何匹釣った?
DSCF5208
19匹

皆さん普通 夜明け前に来て 午前中には帰るんです。まぁ よく釣れましたなぁ(笑)
まあ 明晩のお惣菜ができたし かみさんは満足らしいし メデタシメデタシ。

え!? 日野の蕎麦屋ですか? 『守貞』です。 名古屋の植田にある店の2号店です。
すばらしい造りの日本家屋、趣きのある店! お勧めです。


murachanroom at 22:32|PermalinkComments(0)

2021年06月17日

三ちゃん7枚(イシダイ釣行記)

伊良湖沖イシダイ釣り、むらチャンの今シーズン開幕です。

例年より伊良湖沖へのイシダイの乗っ込みが遅れていたようで やっと今週になって顔を見せ始めました。

先週 あまりに釣れて居なかったのでターゲットの変更も考えていましたが イシダイの型には不満が残るものの無事開幕できたことに安堵です。

朝 5時集合 
同行メンバーは
DSCF5189
SI氏 と 先週 夜マダカ釣りに同行したA氏とR氏です。

くじ引きで 左舷オオドモにSI氏 トモにR氏。右舷オオドモにA氏、トモにむらチャンです。

10時前に満潮のヤマ潮を迎える小潮。
運良く 西風でも上りの上潮が早くて完璧に船が座りました。
一時間もすればブラブラになると予想された潮でしたが 結果 潮止まりまで船が座ってくれて 全員が型は別にして顔を見ました。

むらチャンも2投目で四番叟(三番叟より少し大きい)を召し捕り ボウズ回避。
SI氏とR氏は絶好調で イシダイと呼べるサイズを含めて数を稼ぎます。

今回の好釣は何を言っても 仕掛けを提供して頂いた
DSCF5197
TEAM『まぁええか』のKN氏のおかげ

8時半頃 KN氏から『直くん』に電話があって 状況報告。
その時に むらちゃんすでに5枚(三番叟クラスばかりだけどね)

いい気になって報告したらそれからピッタリ沈黙。
「限りある資源だからたくさん釣ったらアカン」と言われたからか・・・・・

潮止まりから下げ潮は R氏の一人舞台。おそらくツ抜けしてます。
むらチャンは2枚追加しただけ

それでも 三ちゃん7枚なら 上出来? 
7月に2回 挑戦しますので その時は イシダイを呼べるやつを!

船中
DSCF5202

そういえば A氏の話があまり出てきませんでしたね。
むらチャンと同じく 三ちゃんに遊んでもらってました。伊良湖沖の岩礁海底ともたくさん綱引きしてました。



murachanroom at 19:08|PermalinkComments(0)

2021年06月11日

マダカは洋食?(夜マダカ釣行記)

昨晩は帰宅後 道具の清掃を後回しにして 大マダカ2本を捌き、あとは”猫ちゃん”用に。早朝に取りに来るそうなのでシッカリ氷を効かせて・・ 終わったのが1時。

風呂に入ってマッキーさんが富山のお店で釣って(笑)届けて頂いた『鱒寿司』で一杯。
速報をアップして爆睡。

朝、カッパと道具を洗って 仕事。滅多に無い大物とのやりとりで指が痛い(笑)。
誰がなんと言おうと やっぱりむらチャンは手釣りが好き・・・なんとの言えない満足感ですが 寄る年波 疲労は隠せません(大汗)。

で、今晩の夕食。まずはカルパッチョ。オニオンと黒胡椒のきいたソースでメチャ旨。
そして  メインはムニエル! どんだけでも食べれる! フワフワで絶品。
マダカは洋食むきかも。

よく 「シーバスなんか食べるのぉ」という人いますが きっと汚ない工業地帯産のを食べて懲りてるんだよねきっと。
夏のスズキ 産地を間違えなければ抜群に美味いと思うんだけど。

大マダカ 2本もあれば3日は食せます(笑)。ねこちゃんなんか 贅沢にも南蛮漬けのすると・・・バチが当たる。


さて、思い出しながらの 釣行記です。

プロローグは昨日アップしましたが お世話になったのは『素栄丸』 船長は完璧な一本釣り漁師『素くん』。
35年前からのお世話になってます。

プロなんで 釣ってなんぼ です。のでお客さんにも厳しい(笑)。

今回もですが 厳しい言葉でも指導があります。でも ちょっとでも釣らせようとの指導ですので勉強にはなります。

同行は R氏
IMGP0020
若いのに 手釣りをたしなみます。勿論 仕掛けも自作です。
ナナマルオーバーに6号のハリスをぶち切られた時には 素くんの厳しい指導が・・(汗)

と 突然の参戦 A氏
IMGP0019
一番最後の参戦表明なので 申し訳ないですが一番不利なミヨシ。
皆にアタリがない明るい内に カサゴを釣りまして、そして素くんから「そんなもんが釣れるんはタナが違っとる3m底を切らにゃ」と厳しい指導(笑)

明るい内はアタリがなくてあたりまえと 余裕をぶっこいていましたが 暗くなってもアタリが出ません。
「やっちゃった」と言う雰囲気が・・・・
「前日から急に水温が下がって ヤバい雰囲気はある」と素くんも不安を口にするのでますます・・・・

底潮が通り始めて むらチャンにマダカ独特の パッチンと弾くアタリ! 先週の朝も同じ釣りをしてるので抜かりはありません(笑)。 バッチリ合わせも決まって無事に素くんのタモへ

それからは タマポツでバリバリのジアイとはいえないまでも 全員が顔を見る。

21時半 底潮が緩くなって 釣れる雰囲気も無くなって22時過ぎ 少々早めに撤収。

船中 こんだけなら大漁でしょう
IMGP0023

美味いのは 丁寧な神経ジメの効果かも
IMGP0021

さて 来週は いよいよイシダイです。が 今年はいい結果の話がありません。どうなりますでしょうか・・・



murachanroom at 21:09|PermalinkComments(0)

3人で夜遊び(夜マダカ釣り速報)

あえて 解禁日を避けて 大井前”トンビ漁礁”の夜マダカ釣りに出撃です。

トンビ漁礁は下り潮 と言うのは30何年もここで釣りをしていれば あたりまえの事。
なので あえて上り潮の解禁日を避けて今日(6月10日)

若いのに手釣りをたしなむR氏と計画を立てていたのですが 船宿を竿頭で荒らしまくっている(笑)A氏も急遽参戦。

とりあえず 速報
船中
20210610232623639s
14本

どうしたことだろう?
むらちゃん 6本 ナナマルも

R氏 ナナマル超に 6号のハリスをぶち切られて(若気の至り)2本。

A氏 不利なミヨシに座って むらチャンからするとアタリを取るのが難しそうなロッドを駆使して2本
1本は ナナマルなんで・・・ さすが竿頭侍(爆)

メタボ ナナマル2本
202106102326226aes

太郎君(オオタロウ=80オーバーのマダカ)は今度召し捕ることに

釣行記は後日


murachanroom at 01:29|PermalinkComments(2)