2022年09月29日

戦力になりました(ウタセ真鯛釣行記)

年に一回の会の役員OBの『直栄丸』での釣行です。
雨男のむらチャン企画なんで 大雨は覚悟してましたが 一滴も降りませんでした、なによりこれが最大の良かったことです(大爆)。

参加者は
年の一回の釣行なのに何時も大物賞の 元会長NR氏
IMG_0629
で、今日もやらかしました。

その甥っ子KS氏
IMG_0630

元副会長AN氏
IMG_0631

むらチャンとしては なんとかお土産を・・・とプレッシャーです(笑)。

まだエサのウタセエビが小さくて 老眼には堪えます。

小鯛ばかりだとの情報でしたが アタリがたくさんあって楽しめれば と 直くんと相談して湾内に決めました。
が 小鯛と言っても限度があります。リリースサイズが多すぎです(大笑)。

それでもなんとか2年生を選んで・・・山潮を我慢しましたが あまりにひどいので 直くん決心、ポイントを少しずらして やや深めに
しばらくは全く餌も取られませんでしたが 我慢すると ポツポツと3年生が顔を見せました。
ここぞと むらチャン頑張りました、去年と違って戦力になりましたよ〜

大物賞は 今年もNR氏。
むらチャン仕込みの手釣りです。
第一声は 「どうしたらいいんだぁ」
IMG_0633
ですわねぇ(笑)

格闘後 タモにうまく入らず ジャンプ
IMG_0635
よく切れなかったなぁ

IMG_0638
ワラサでした。

甥っ子さんも ハマチと鯛のダボー
IMG_0639

魚は小さいのが多かったですが楽しんでいただけたようです。
IMG_0641

R0013456s
むらチャンも3年生がたくさん釣れたので満足でした。

解散時には「来年も」のお言葉をいただきましたので 頑張らねば(笑)


murachanroom at 19:43|PermalinkComments(0)

2022年09月15日

やっと晴れたぜぇ(ウタセ真鯛釣り)

年に数回釣行のゲストを招待して ウタセ真鯛釣りに出撃です。

天気予報は降水確率0%と むらチャンの出撃ではありえない予報。ただし 東風がやや強いとの予報で全く安心しての出撃ではなかった。
というのも 約一名酔うんです。 なので好調の湾口の石鯛釣りを避けて湾内のウタセエビ釣りを希望したのですが
ウタセエビが十分取れず 昨日までターゲット決まらずでした。

お世話になったのは ホーム『直栄丸』
DSCF5728
船長 直くんの努力で なんとかウタセエビの確保ができ

めでたく 出撃です。
DSCF5731

湾内は凪 太陽が顔を見せます。毎週雨だったので幸せです(爆)
DSCF5729

餌の確保ができたのですが コマセを敷くほどはなく さし餌のみです。
なので 大釣りは期待できず 楽しめればいいかな 状態です。

中の島〜沖島〜遠の島 と巡って一日楽しんできました。

コマセを敷かないのでか? 小鯛ばかりですがポツポツと上がります。
DSCF5733

DSCF5735

DSCF5737

例のごとく むらチャン以外は(爆)

そして 例のごとく 11時前後から むらチャン絶好調で 皆さんに追いつき追い越し 安堵。

これぐらいのサイズが揃うと申し分ないですが・・・
DSCF5738

そして 惜しくも60に3Cm届かず の良型を
DSCF5741
ビギナーが
R0013417s

気持よく晴天の中 帰港です。 久しくない気分です。

船中
R0013416s
遠の島 で 作戦通り シオの顔が見れました。

むらチャン シオ1  ハマチ4  小鯛ツ抜け でした。

エサのウタセエビも2Cmぐらいの新子エビが多く ちょうど1ヶ月遅れているような感じ。
もう少しエビが大きくなって コマセが敷ける様になれば 青物の足も止まるし 3,4年生の真鯛も顔を見せるんではないかな

さて 来週は次々にやってくる台風の動向次第。 23日の祝日に遠州タチウオ予定ですが また 悪天候?!



murachanroom at 23:22|PermalinkComments(0)

2022年09月08日

今日も漁師カッパ(カットウフグ釣行記)

今シーズン最初のフグ釣りです。

少々早いのですが もうすでに島周りのフグ釣りには毎日のように 乗合船『◯栄丸』も出撃しています。このままでは枯渇する(大笑)のが早いと見て A氏と出撃した次第
DSCF5724
仕立船だけなら船の数も釣り人の数もしれてるので心配はさほどいらないのだか・・・

天気予報はお決まりの”雨”(爆)、それでも風波が無いだけマシ。
3週連続で漁師カッパを着ての出撃です(爆)。

お世話になったのは 直也船長の
DSCF5722

小雨なので気になりませんが さすがに蒸し暑い
DSCF5725

情報では今年はボチボチで いい人で20匹 と。
爆釣ではないものの 1つのポイントで船中4.5.匹 、10ヵ所も周れば・・・という話。

だが 今日は違いました。よくある「昨日までは良かったんだけどなぁ」って言う奴(大笑)

6時前に出船して 最初にA氏が釣ったのが6時45分。立て続けに2匹目を釣ったのですが、これからどこのポイントでも全くアタリ無し。
むらチャンなんか 最初のエサで1時間以上。さすがに早くもボウズを覚悟。

8時過ぎ やっと 今シーズン初のフグ
DSCF5726
ヒガンじゃなくてコモンなのがむらチャンらしい(笑)

その後もエサも取られない状態が続き 9時過ぎ 2匹目。
名人A氏が苦戦しているのだから むらチャンが釣れ無いのは当たり前

10時過ぎから 二人共 たま〜に釣れる状態に。
ただし A氏はまぁまぁの大きさ、むらチャンは小さい。

12時 納竿。

DSCF5727
船長曰く 「一人でこれぐらいの予定だったのに」と。 16匹

むらチャン コモン1,ヒガン8

こんなもんですかねぇ。
今回は 先シーズン終了したまんまの仕掛け。 準備不足もいいとこ。
仕掛けの予備が少なく ロストが多かったら・・・とドキドキ釣行でした。
こんな心構えだから こんな日に当たる。

完全に”烏賊人(いかんちゅ)”のなっているA氏、もう フグ釣りに楽しみを見いだせないと 半ば終了宣言?
在庫の針を消費したら・・・・かな? だそうです(笑)


murachanroom at 15:29|PermalinkComments(0)

2022年09月01日

今度は嵐まで(五ヶ所湾釣行記)

ホントは桃太郎になるはず(笑)
台風の影響? なにやら変な天気が続きます。
とにかく ”鬼ヶ島”は沖合の中深海なので 悪天候をモロに受けます。

で、火曜日辺りから船長と連絡を取り合って 沖の出れなければ湾内でカマス、湾口でタテ釣り もと。
昨日  お休みだったのに前もって沖に様子を見に行ってくれたようで 「カマスも群れが小さいし タテ釣りもベイト次第なので 鬼退治に行きましょう」との連絡をいただきました。

むらチャンも『海天気jp』で 確認。釣りの時間の志摩沖、降水量Max0.8mm 風Max4.8m 波1.6m。
同行者にLINEして 鬼退治の用意のみ持参。

朝 3時半。むらチャンちに集合して 出発。雨は降っていません。が 現地は降ってます。
それよりも 予報がガラッと変わってます。 雨、風8m、波2.5m・・・何じゃそれ!

南伊勢町まで順調に車を走られましたが 食料調達のコンビニは豪雨。店に入るだけでびしょぬれ。

港で小雨を選んで合羽を着て・・・・ 船長も天気の急変を感じながら とりあえず 出港してみた。
が やはり 40分ほど走ったところで ギブアップ、Uターン。

湾内では釣りが出来るのだが タックルは150号を背負えるロッドだし カマス仕掛けもタテ釣り仕掛けもない。

船長が持ち合わせていた仕掛けを借りて 再出発。
せっかく五ヶ所まで来たんだから 遊ばせてもらうことに

遅ればせながら お世話になったのは 『海晴丸』
同行は SK氏
DSCF5718

FK氏
DSCF5719

全員が未経験のカマス釣り
DSCF5721
の仕掛けに 30号程度のオモリ(これも借りて)

重いオニカサゴ用のロッドを振り回して(爆)
決していい喰いがあるわけでな無いけれど 
20220901_3369004
一応釣れました。

10時半 少し凪いだとはいえ ゴロンゴロンの湾口へ向かい タテ釣り。
ベイトの記録はあるのだが カマス用のサビキを流用しているためか? ベイトが付きません。

一瞬 付いたジアイで  シオが釣れました。キセキのような1尾です。
20220901_3369009
何故か 魚を持った手が変です(爆)

12時、ベイトの付きが好転しないので撤収。
カマス釣りもタテ釣りもタックルと仕掛けをしっかり準備して挑めば結構楽しめると思うのですが・・・・

20220901_3369011
釣果写真 こんなのしかありません。
シオ1、小アジ2、小ムツ4、カマス16

先週は 線状降水帯を引き寄せ、今日は嵐まで・・・・ 雨男もここまで来ると さすがに同行者に申し訳なくて・・・・

来週も予報は悪いし 自宅謹慎しましょうか


murachanroom at 20:22|PermalinkComments(0)

2022年08月25日

線状降水帯まで呼んでしまうw(ウタセ真鯛釣行記)

ホントは遠州へタチウオ釣りにと考えていたのだけど 変則的に日曜日に出かけてしまったので・・・
どうするべぇ と
我が家では続けて同じターゲットで釣行することが禁止されてます(笑)
同じ魚を持って帰るな ッて言うことです。

で、ちょっと時期的には早いけど ウタセ真鯛釣りの手釣りをしようと。
ホーム『直栄丸』は年間予約しか入る隙間はないしw 大井の『素栄丸』は新船への移行が済んでいないし でHPを漁っていると なんと ”海人君”の『海王丸』が空いているではないか
早速 電話してウタセ真鯛がやりたいとの旨を伝えると 快く承諾してくれて 尚且つ 「ウタセエビが整わなければ キャンセルでいいよ」と。
どこかの船長に聞かせてあげたいお言葉(大笑)

そして 無事 出撃できました。
サービス精神旺盛な”海人君”は 真鯛釣りには少々時期が早いので 多めのウタセエビを持って 瀬木寄瀬、タイノシマ方面まで出っ張り あわよくばカンパチを仕留めようと計画してくれた。

ところが予定していた答志島のエビの配当がなく 篠島産のエビしかないので 湾内のポイントでやらざるを得なくなった。それでも少しでもウタセエビが手に入っただけOK。”海人君”に感謝です。

5時半 『海王丸』出船
”海人君”パパに成りました。
DSCF5709
そして自宅ももうすぐ完成引き渡しです。

旧直栄丸からこの海王丸になって
DSCF5703
むらチャンのウタセ真鯛つり(手釣り)は この船に育ててもらった と言っても過言ではありません。

しばらく ご無沙汰してましたので 走行時のこの景色がなつかしい。
DSCF5707

さて 天気予報は 南東の風少々 曇り時々小雨 凪 でした。
ポイントに”沖島”にイカリが入ります。

が、すでに天気予報が嘘をつき始めました。
南風が強いのです。11時干潮の下げ潮なので 船が座りません。
頑張って頑張って”海人君”が船を座らせましたが 風と波が逆らうので結構ゴロンゴロン。

それでも すぐに 手のひら小鯛が喰って ボウズ回避。
時期が早いウタセの釣りで湾内となると このサイズの数釣りは覚悟していたので とりあえず顔を見て安堵。

そして 3年生が喰って もう一枚小鯛が釣れて 期待していなかった50オーバーが引っ張っていって、海人君”が大物にハリスを切られて・・・・・
これならいい釣りができそうと思っていたら・・・

突然 来たのです。豪雨です。雨男を自覚しているむらチャンですので 少々の大雨は慣れていますが
これはすごかったです。
DSCF5710

DSCF5711
雷を伴って 息ができないぐらいの 俗にいう ”バケツをひっくり返したような雨” です。
8時半。(近鉄鳥羽線が運休になったみたい)

スマホで雨雲レーダーを確認すると 線状降水帯! それも沖島上空を11時まで通過?
ついに 単純な雨だけでなく 嵐も そして線状降水帯までも呼び寄せる恐ろしいむらチャンの力(大爆)

通過を待つ根性はありません。我が家のお土産はあるし 撤収です。

そして 家の前まで来ると 雨や小止み。で 一イカリやりましょうか ってことで 期待できないけど折角エサもあるし・・・・
DSCF5713

欲がないとこういう展開になるのでしょうか
3年生が喰いました。
そして 小鯛に大きなカサゴ

上り潮に向けてイカリを打ちなおした直後に ビュー で 60大鯛。

12時半 帰り支度の海人君の放置仕掛けに 4年生。

どうしたことか むらチャン絶好調w 小鯛入れて7枚とカサゴ。
DSCF5715

DSCF5716
楽しかったぁ 

これも苦労してエサを整えてくれた 海人君 に感謝です。

さて 来週は 桃太郎! 大雨予報です(爆)


murachanroom at 20:03|PermalinkComments(0)

2022年08月21日

ジグの方はたくさん釣ってました(タチウオ釣行記)

浜名湖の寸座から出ている『釣華丸』のHPに 日曜日なのにお客さん募集が・・・
凪予報だし 気になっていたのですが 自分としては25日に天候を見て 遠州灘のタチウオ釣りを考えていた。

が、TEAMまぁええか のKN氏が 海洋調査と称して単独で行かれると知り その記録係としてお供することにした。

先シーズンいい思いをした タチウオテンヤをしたくて・・・
と言うか 変な自信をつけていたので きっとたくさん釣れるだろうの算段。
結果から言うと 見事に返り討ち。やっぱり先シーズンの爆釣はたまたまだったということ、見事に鼻をへし折られました。

そんな釣行記です。

ポイントが10時から解禁なので 寸座 出港は8時半です。
乗合船で釣りに出るという雰囲気ではありません(笑)
DSCF5689

DSCF5690

左手に 舘山寺パルパル を見ながら
DSCF5692

1時間20分 でポイント到着。

10時まで待機して
DSCF5693
いい凪です。暑くもありません。

右舷ミヨシに KN氏 
DSCF5694
胴の間にむらチャンです。

早々に ホールで 顔を見ました。
DSCF5697

DSCF5699

しかし これがイケマセンでした。ヒットパターンの巻上げスピードが分からず迷路に
先シーズンは高速巻きで1091だったのに 今回は全く反応なし。

同乗のジグで釣っておられる方々は 爆釣でないがコンスタントに釣れてます。

いろいろパターンを探りましたが むらチャンの技量ではなんともなりません。

KN氏も同様で 出るのは諦めの言葉だけ(笑)

疲れと開き直りでw 置き竿釣法に変えて スロータダ巻き(大笑)
それで タマポツにアタリがでるので・・・そのまま納竿まで

タチウオのサイズは F4かF5なので
DSCF5702
クーラーボックスの絵はまぁまぁ 下は氷の塊(爆)

8本。 船べりバラシが1本と水面間近バラシ1本、コレを捕っていたらツ抜けか(大笑)
竿頭は多分30本ぐらいジグ釣っていました。

ってことで ジグでたくさん釣れたのを見に行ったという海洋調査でした。


murachanroom at 22:26|PermalinkComments(0)

2022年08月11日

結局 キス かよ (キス釣行記)

先週 イシダイ釣り終了時点では今日は 素栄丸で夜マダカ釣り と密かに計画をしていたのだが 残念ながら新船へ移行するようで 出船不能とのこと。夜釣最後のいい潮回りだったのだが残念。

さて、そうなるとどうするか? ネットサーフィン(古w) です。

見つかったのは 国崎のアジ。 今の時期、美味しいのだろうか・・・ブツブツ独り言を言ってたら 、刺し身じゃなくてフライとか天ぷらで美味しいものを・・の リクエスト。
アジフライ ピッタシじゃん。

早速 LINEを駆使して情報を集めるも あまりいい返事がない。
行くにしても単独釣行が決まったし プチ遠征なので躊躇。

そうこうしていると 浜名湖出船の2船がキャンセルのため アジ・タチウオのリレーで募集。
気持ちが揺らいだが、来週タチウオだし・・・1日と考えている内に満船。

直栄丸の夜釣が toshichan の仕立てで誘っていただいたのですが 大潮で4人の仕立てに割り込むのは ちょっとなぁ と思案中・・・・  かみさんから夕方から予定入れたよ〜 と駄目だし。

そんなら キス釣り にしよ〜 フライも天ぷらも食べれるし・・・
で 師崎”すずえい丸” に予約を入れた。

その直後 イシダイ釣りの出かけていたTEAMまぁええかのLINEで 直栄丸の午前便のキャンセルを知る。
イシダイ釣りは まぁええ けど 他の釣りで何とかと頭を巡らすが・・・
超人気の直栄丸 きっと誰かが・・・ と
すずえい丸の予約を取ってすぐキャンセルもなぁ・・・と

結局 直栄丸の予約は入らなかったと 前夜に知って・・・まぁ しゃ〜ないか・・・

で、 4時半 基地を出て すずえい丸へ向かう。
DSCF5677
祭日なのに片舷4人の8名。それも左舷オオドモが空いていた。

各乗合船 夏休み・お盆休みですね〜 船宿のオレンジライフジャケットの方々はいっぱいです。

いつもと違った雰囲気の中 5時半出港
DSCF5678

DSCF5679
朝は涼しかったぁ

前回の石川丸のキス釣り出エサ付けに苦労した(石ゴカイがヌルヌルで)ので ネットでこんなもんを
DSCF5683
買ってみました。投げ釣り用の石粉です。

すこぶる調子が良かったです
DSCF5680

すずえい丸のエサは アオムシ
DSCF5681
だったので それも良かった。今日の餌付けのストレスはかなりなかったです。

6時前には釣り開始でしたが 早々は アタリはあるけど掛からない状況。
見渡しても 釣ってないのはむらチャンだけ。いつものことだけど(大汗)

船宿配布の仕掛けは 針7号、むらチャンは8号。
原因はこれ? で仕掛けを変えれば コンスタントに釣れ始めました。
はい! キスが小さいのです。ピンキスも混じります。 しゃ〜ない 南蛮漬けか(笑)
7時5分
IMG_0615
W ツ抜け

9時
IMG_0618
ジャスト 50匹
まぁええのLINE報告を終え 一休み・・・してる内にアタリが遠のきます。

ならば 良型ネライに変えて見ようと あえて 9号針の仕掛けに

するとやはりアタリはあるけど 針がかりせず 状態に
が 掛かってくるキスは モロポチャまではいかないにしても まぁまぁの型に絞られるので このまま終了まで

DSCF5688
84匹。
7号の針のままなら 束 行ってたか(大笑)

相変わらず コイツが邪魔します。
DSCF5686
コイツ このまま大きくなって 美味しいチダイになるんか?

84匹もどうなるかと思ったけど 早々に 配布。 キスは需要が多いですなぁ。

フカフカで美味しいもんねぇ  って 10匹ほどたいらげてからのアップ中です(爆)




murachanroom at 19:43|PermalinkComments(0)

2022年08月04日

ラストなんとか50(イシダイ釣行記)

今シーズン最後のイシダイ釣行です。

天気予報では 降水確率70% って必ず雨が降るってこと?

糞暑い晴天が続いていて むらチャンの釣行日は雨って さすがやねぇ(大汗)

でも 結果的には 一滴も降らず じゃなかった 港へ帰ってから数滴降った(笑)
なので 上出来の天気でした。

さて 5時集合して 5時半 出船。

同行者は A氏とKT氏
DSCF5672

そして マッキーさん
DSCF5673

くじ引きで 左舷オオドモA氏、胴の間KT氏。右舷オオドモマッキーさん、残りくじはオオドモむらチャン。

ポイント到着。上り潮で西風 ってことは 良い位置に船は座りません。
DSCF5674

トモは伊良湖の灯台へ向いて 潮はミヨシのアンカーロープへ。
最悪状態なので 撃沈覚悟

でも 全員がミヨシよりに座りなおして しばらくして KT氏に そしてしばらくしてA氏にも 小さいながら本命が・・・・
完全あきらめモードのむらチャンにも 少しやる気が・・・で アタッた・・・・・・でカサゴ(ガックシ)

かなり時間を置いて マッキーさん カサゴ そして本命 そしてクロダイ。

そして むらチャンにも 待望の1枚
C10D444F9CC9F104D4C0212A3ED2A4BBCEEF3FDC
なおくんに持ってもらいました。

9時過ぎ 早くも潮が止まり 直くん ポイント移動。
むらチャンは初めてのポイント(秋に忠栄丸が五目釣りをやるポイントかな)

ここはエサ取りもいません。
あきらめモードのむらチャンの置き竿に アタリ、びっくり合わせで

なんと 絶滅危惧種wの 40オーバーのアイナメ。
ひょっとするとイシダイ以上の価値がw

そして 本日最高のアタリが A氏の置き竿に(爆)
ガンガン の後 ジジーとのドラク音と共に糸が出てきます。
A氏 頑張るも 青物のように走ります。
むらチャンは トビエイ?と思ったのですが 直くんが60オーバーの石鯛だと太鼓判を押します。

かなり上がったところで プッツ と

どうやら掛かりが浅かったようです。残念!!

10時半前 下げ潮を狙って 瀬木寄瀬 へ向かいます。
前々日から 良型が顔を見せるからと

11時過ぎ 潮がきて A氏に一枚

そして むらチャンに 立て続けに2枚。
その一枚が 50オーバー
やっと満足な一枚が釣れました。

そして 直後 KT氏に 60チョイ切れのクチグロ

で 短いジアイ終了。
以後 エサ取りもなし。

そして 雨は降りませんが ゴロゴロさんの気配
で12時半過ぎ 撤収です。

船中
R0013203s

むらチャン イシダイ3枚 アイナメ1,カサゴ1

今シーズンのイシダイ釣り 終了です。 しばらく50は釣ってないような気がする。


murachanroom at 20:15|PermalinkComments(0)

2022年07月28日

良型に満足(オニカサゴ釣行記)

桃太郎になりました。今回は良型揃い、そして船中33匹/4人と 大漁と言っていい釣果で皆さん満足?wでした。

出撃予定だったKN氏に代わり TEAMまぁええかの会長 TN氏が桃太郎初挑戦です。

3時にむらチャンっ家を出発して オニカサゴ釣りホーム『海晴丸』へ。
DSCF5653
5時 到着。 即出船。

FK氏
DSCF5654
前回 初桃太郎で竿頭、なんと9匹も召し捕った強者。

TN氏 桃太郎 初挑戦
DSCF5656

SK氏 なにやら ロッドを間違えて持ってきたと・・・ むらチャンのサブロッドを使うはめにw
DSCF5655

1時間半かけてポイントへ 途中小雨 そして
20220728_3357975
レインボウ

開始早々 アタリが出ます。
船中初は SK氏
そして すぐ むらチャン
16506317200492
早くも記念撮影w

今回も 好調なのはFK氏
20220728_3357979
ダボーを2回もやらかして
20220728_3357988
結果は 13匹の竿頭
桃太郎の大将です。

SK氏も好調。良型ダボー
20220728_3357987

初桃太郎の会長TN氏。みなさん好釣なのに 一人蚊帳の外。
船長も心配して むらチャンに「少し見てあげて」と。
むらチャンだって桃太郎と大手を振って言えないのに(大汗)
正しいかどうかわからないけど ちょっとアドバイス。
そしたら 釣れました。
20220728_3357982

最後は 大鬼を仕留めましたよ〜
20220728_3357989

ほんでもって むらチャンは 最初はアベレージサイズでしたが 後は良型が揃いました。
20220728_3357978

20220728_3357980

10時半で 真っ赤っ赤
DSCF5666

海外を思わせるブルーの海色
DSCF5667
気持ちよかったです。

リリース1匹で本命9匹
DSCF5670

外道が レンコダイ フサカサゴ アヤメカサゴ ウッカリカサゴ ゴマサバ
DSCF5669

久しぶりに 
20220728_3357990
満足桃太郎になりました。



murachanroom at 20:44|PermalinkComments(0)

2022年07月21日

ぽっちゃりさんは1匹(キス釣り釣行記)

モロポチャキスと言われている崎沖のぽっちゃキスが今年は当たり年との情報で 早く行かなきゃ と焦りつつ、他の釣りも忙しいのでw 今日になりました。

調子のいい日は 束釣りの方が何人か出るとの噂で 無い腕を棚に上げ、束まで行かなくてもモロポチャキスを2,30なんて 密かに期待しての出撃です。

小鮎釣りの時に 旧TEAM海人のS氏にその話をした処 「んなら行こうかな」ということで参戦です。
DSCF5639

お世話になったのは 大昔 チャーターで会の厚生行事でキス釣り大会でお世話になった『石川丸』です。
師崎名物 「よーいドン」 今日は5時半です。
DSCF5643

ポイントは ホントの家の前 と思ったのですが 西へ10分ほど走りました。中の島までは来ていないと思います。
開始から バリバリ喰うのかと思いきゃ タマポツ。遠投してさびいている人はコンスタントに釣ります・
どうやら 束釣りをする人は かなり投げて探る人のようです。

むらちゃんは 省エネ釣りなので 船下を探ります。さすがに水深10m前後なので電動リールは使いませんが 置き竿もできるようにロッドキーパーはセット済みです(爆)

今日も 潮は小潮の「腐れ潮」 キスならいいかなと思ったけど これだけ潮が動かないと船は流れないし アタリがあっても喰い込みが悪い。
船下でもシッカリ大きく誘わないと掛かりは悪い。

そして 問題は コイツ!
激しくアタってエサだけ取っていく。20匹は釣ったかなぁ、困ったもんです。

マダイの子かなと思ったけど 
DSCF5652
背びれから見て チダイ?!
湾内で繁殖? その内 湾内でイサキが釣れるようになりそうですね(大笑)

たまに こんな ダボーもあったりして
DSCF5646

10時で30匹をオーバー
IMG_0604

しかし モロポチャ と呼べるほど 大きいのはいません。もう 終盤ですから大きいのは釣られてしまったのでしょうか? むらチャンは潮だと思うんですけどね〜

結局 モロポチャは
DSCF5647
1匹・・・ かな(笑)

S氏も終始 楽しんでいたようです。
DSCF5651

77ec814b6ddf34a396a77c40e91c06ad

むらチャン 50匹ぐらい? と
7af1b46c9c4abf7ef59c698bbadde36c
記念撮影しましたが 63匹もいました。
小さいのが多いので 嵩がありませんねぇ〜

小鮎釣りと一緒で 年に1回の行事です(大笑)



murachanroom at 17:02|PermalinkComments(0)

2022年07月07日

為す術なし(イシダイ釣行記)

上り潮一本の長潮前の小潮 俗にいう『腐れ潮』
なんでこんな日に年間予約で取ったんだろう。

上り潮の方がポイントが多いと聞いていたのと激流の大潮の方が釣りやすいし・・だけを気にして年間予約、失敗でした。

同行者は
DSCF5636
A氏、KT氏、SI氏。

心配した台風も無事過ぎ去り ベタ凪の伊良湖沖
DSCF5634

途中 にわか雨もあって わりと楽な状況。
先週の 熱中症のトラウマで飲み物や凍らせた濡れタオル等々 準備は万端。

朝 上り潮で無風、西からの変な潮が来て ポイントへ座らず イシダイからのシグナルは全く不通。
たまぁ〜に サバフグとショウサイフグが釣れるだけ。

9時頃  のろしを上げたのは KT氏、続いてSI氏、しばらくしてむらチャン。
KT氏が2枚目を上げた後に A氏

退屈な時間が過ぎ 11時過ぎ 早めに下り潮が来て いい流れだったので 期待したが むらチャンの1枚のみ

船中 6枚
DSCF5638

イシダイ釣りで  飲み物用の10Lクーラーボックス 済んだのは初めて
DSCF5637
それも スカスカ(爆)

来週は猛暑だったら 止めよかなぁ


murachanroom at 16:35|PermalinkComments(0)

2022年06月30日

熱中症だわな(コアユ釣行記)

今年遅れていた滋賀県の河川のコアユ遡上。
6月に入ってやっと情報が・・・・・
ところが 大して雨もふらない内に梅雨明けして 湖東の河川はほとんど渇水。
芹川も犬上川も瀬切れ状態。
幸い むらチャンのホーム河川『宇曽川』の水量は十分。

ってことで TEAM海人(未だあるんか?)のS氏親子と行ってきました。
朝6時過ぎに出発して のんびり 現着は8時前。

すでにメチャンコ暑い(爆)。
もう川から帰宅する人もいる。(そうだわなぁ 9時までが限界の気温w)

DSCF5633

今回はじめて ミャク釣り でやりましたが これが正解。
ほぼ入れ食い

ですが 今年はコアユが小さい。やっぱり遡上が遅いからか?
それと ポロリが多すぎ(大笑)
小アジ釣りでもですが この手の釣りに付き物ですが 今日はビクに入れるまでに外れて転がって自然リリース。
30匹はやったような・・・・

10時半。撤収を決め 後片付けを始めたのだが ここで熱中症症状が・・・
目眩が襲い フラフラ・・・なんとか駐車場に辿り着いたのだが 今度は吐き気が・・・・・

幸い 今日は運転ではなく 後部座席のVIP待遇だったので パンツ一丁ではべらせてもらいコンビニで購入の氷ペットボトルを脇と股間に(爆)

30分ほどで回復したが・・・ 来週からの釣行には相当の準備が必要ですね〜。

結果は 152匹。
IMG_0600
自分では200は釣ったと思ったんですが・・・
『まぁええか』のLINEに過大報告してしまいました。

このコアユの南蛮漬け、むらチャン大好きなんで 明日からが楽しみです。



murachanroom at 19:17|PermalinkComments(0)

2022年06月23日

でたぁ〜 11時の男(イシダイ釣行記)

しばらくご無沙汰していたむらチャンの こりゃまた十八番・・・『11時からの男』(爆)

皆さんが好釣なのに 一人残され あわや剃髪 とおもいきや 11時ごろ坊主を回避してなんとかカタチにするむらチャンの悪い癖?

このところ鳴りを潜めていましたが ホーム『直栄丸』では出るんですよね〜(笑)

5時 港集合。

釣り座はくじ引き。
そんなに離れる釣り座ではないけれど 必ずと言って釣り座での差は避けれれない。
予約主のむらチャンが釣り座を決めた場合、気まずい思いをしたことが多々あったので 特に高価なイシダイ釣りはこの方法を取っている。

で 釣り座と同行者は

左舷胴の間にKN氏
DSCF5627

左舷オオドモにKT氏、右舷にマッキーさん
DSCF5626

右舷胴の間にむらチャン。

5時半出船 釣り開始が6時半
DSCF4503

まだ下り潮が残っていて 結構いい潮。
しかし、音信不通。
潮が緩んで オオドモで顔を見るも 胴の間は沈黙。

抜群の凪で
DSCF5625
むらチャンらしくない好天気(笑)

ねじりの潮もそんなに待たなくとも トモが北を向いて いかにも釣れそうな状況。

左舷胴の間のKN氏も ボヤきながらも50オーバーの良型を含めてポツリポツリ。
オオドモのお二人も ポツリポツリ。

こういうポツリポツリは 魚が貯まります。

DSCF5629

ところが 右舷胴の間のむらチャンは アタリのないエサとりだけで 11時まで完全ボウズ。
無い引き出しを出してひっくり返して(笑) オモリも20〜80号を駆使して・・・・
それでも むき身のエサにしても無傷で戻って来た時には さすがに完全試合を覚悟しました。

11時に小さいながらも片目が開き 12時からアタリが出始めて・・・13時の納竿直前に
DSCF5628
ダボー
で5枚。竿尻ながらなんとかカタチに(笑)

船中
DSCF5630
33枚 (➕水族館行き2枚)

11時までボウズでヒヤヒヤする釣りはいくら十八番とはいえもう勘弁してもらいたい。
船長『直くん』が一番心配してたんじゃないかなぁ(大爆) 申し訳なぁ〜い。


murachanroom at 22:28|PermalinkComments(0)

2022年06月17日

狂気のダブルヘッダー 釣行記

昨日の『狂気のダブルヘッダー 』の釣行記です。

一周り近く若いA氏はこのところ日本海でイカ釣りの『狂気のダブルヘッダー』をやってまして 「よぉ〜そんなコトするわぁ」と いじっていたのですが・・・・
そんなA氏に唆されて、(ホントは むらチャンは夜マダカ釣りだけ。A氏は朝のイサキ釣りだけ。を予定)、人生初の船釣り狂気のダブルヘッダーをすることに。

前日、A氏は会務の理事会。専務理事なので23時までは拘束。
イサキ釣りは 釣り座がモノを言うw と基地に前泊するむらチャンに釣り座の確保の任務が託された。

A氏が予約を入れたのは 大昔に一度乗ったきりの『忠栄丸』。
HPを見る限り 船長が出勤する前へ 船に入って釣り座が取れそう。で、
前日の20時半に 港に行ったのはいいのでけれど 桟橋に鍵がかかっていて船に乗れません。
A氏にLINEすると 何かと とんでもないひと(謎)に迷惑をかけて 開け方を聞いてくれて 船に乗ったはいいのだけれど 船にはセンサーライトがたくさんついていて 煌々とライトアップ(爆)。
まるで 泥棒を照らされているようで 最悪ドキドキ(大笑)

何かと大山沖でイサキの大釣りwをしているA氏 の指示で 左舷。
オオドモから3席は すでに確保済みだったので A氏にLINEで了解を得てその並びの胴の間を確保。
風向きを考えての指示なのだが 潮流は満ち干きが関係のない大山沖なので行ってみなければ分からない。
なので 「間違ったらゴメン」の了解済みなのだ。

むらチャンとしては ダブルヘッダー だし のんびりと胴の間がよかったので これ幸い(笑)

第一試合 『忠栄丸』 大山沖です

3時過ぎ 港へ到着。
もうすでに 船長が船上で準備中。

片舷8人なので いい感じ。むらちゃんはこれ以上の混雑はイヤです(笑)

5時出船の予定ですが 4時36分、迷惑をかけた尾崎船長の操船おざき丸(謎)と共に 出港。
DSCF5613

DSCF5611
むらチャンの私見ですが これは嬉しい。イサキ釣りはこの2船に限るな。
6時には竿入れできるので 釣り時間がまるっと6時間ある。

天候は イサキ日和
DSCF5614

バリバリという喰いではないけれど ポツポツ。
でも どうしたことか 左舷ではむらチャンだけ。
DSCF5615

その後天気は良くなって日差しが出てくると タマポツ。
それでも タマポツで釣れるだけいいほうで A氏はボヤキが・・・ むらチャンの右の方はスマホで遊んでるw。

潮は 船底後方に流れる。
結果を見ると 右舷トモが竿頭。潮上のむらチャンは2番竿になったのは奇跡に近い。
DSCF5616

20220616_1212132978135864193494450-980x735

20220616_121231742596032920251478-980x735

12時沖あがり、第一試合は 出来過ぎでした。

14時過ぎ A氏と共に基地入り。
我が家で消費する イサキを捌いて冷蔵庫に そして お昼寝。

17時過ぎ 基地を出て コンビニで夕食の調達。

港で TEAM”まぁええか”のToshichanとKN氏と合流。

第二試合 『直栄丸』 沖島

強力助っ人 よっちゃん と ヨッシー 乗船。
DSCF5619

新米パパ 海人君の『海王丸』には 同業のI氏とIK氏が
DSCF5622

探見丸には良い反応
DSCF5621

暗くなる前に むらチャンヒット

20時半までの上り潮 潮止まりまでに2本!
で・・・・・終了。
いや メバル1釣ったわ それと デッカイのを船べりバラシ(大笑)

第二試合は いつものむらチャンでした。

下り潮は右舷 でしたねぇ。 KN氏後半 爆釣でした。

助っ人入れて 6名で
R0012859s
19本 大漁ですね。

無事 狂気のダブルヘッダーを成し遂げましたが こんなアホなことしたらあきまへんなぁ。
今日の仕事 しんどかったぁ(笑)





murachanroom at 21:50|PermalinkComments(0)

狂気のダブルヘッダー 速報

齢 66才、釣りのダブルヘッダーを考えるだけでなく実施するとは・・・・
誰もが宣う「歳を考えなさい、歳を」と

とりあえず 速報

第一試合 忠栄丸の乗り合いイサキ釣り
20220616_1212188857354615143570245-980x735
19匹。 竿頭は逃すも2番竿。
ま! 奇跡に近い(笑)

第二試合 直栄丸の仕立て夜マダカ釣り
16274868097750
むらチャン マダカ2本 メバル1匹
ま! 実力通り(笑)

釣行記は後日。


murachanroom at 01:17|PermalinkComments(0)