2018年12月13日

お主なかなかやるな!(ヒラメ釣行記)

冬ですね〜。西高東低の気圧配置で風がピューピューです。
暖冬とはいえ 寒かったです。

今シーズン 初のヒラメ釣りは 『海王丸』にお願いしました。

天候が良ければ ジアイをみて青物狙いの電動ジギング(基本のウェポンは一度も使わずお蔵に入っていましたw)のご指導を受けるべくA氏にお伺いを立てたら 快く参加をしてくださいました。
IMGP0025
が 残念ながら こんな天候になってしまい、無理やり餌釣りをさせることに(爆)。

6時 港集合。
寒いです(笑)。
6時半 出港して 大井港で餌のイワシを船に積み込みます。

さぁ ここから 船長『海人くん』のポイント選択です。
風の中、伊良湖へ向けた船が多かったようですが 湾内のポイントへ船を向けました。

むらちゃんが ジジイであることを考慮しての判断かな とも思いましたが・・・・・・

湾内のポイントでも 天気はいいのですがかなりの強風です。
IMGP0023

海王丸 (旧直栄丸) 船中きれいに整頓されています。仕事場がきれいな人は仕事ができます。

2流し目に アタリが出ました。
むらちゃんは 例のごとく 擦過傷だけでしたが
IMGP0026

A氏には ヒラメが
IMGP0027

そして むらちゃんにも
IMGP0028
ソゲ(大爆)

強風で ボウズも覚悟していましたが 若き船長『海人くん』、お主なかなかやるな!

そして A氏、(ジギングが専門、出航前に船上で むらちゃんのシステムを作ってくれました。今回は使わなかったですがいつか使う機会が・・・・・・あるかなぁ(爆))
最近は フグ釣り師になっているが 今日は連続ヒラメのゲット、
最長寸も
fc2blog_20181213160042c90s
ジギングで遊んでもソゲ釣るし、当然竿頭。
お主なかなかやるな!

むらちゃんは 3枚 と 餌のイワシより小さいカサゴ(爆)2匹だったのに
IMGP0029

A氏の力 絶大なり
IMGP0033

ま、とにかく 開幕戦としては上出来です、なかなかやる船長『海人くん』に感謝!。

来週は A氏が パラダイスに連れて行ってくれるらしいので もうウキウキです。

相当前(約10年前)になりますが こんなこともありまして これに準じるのかと、それも遠征ではないということで、 早くもドエライ期待しています(大爆)。



murachanroom at 21:02|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

大風と大風の合間に(ウタセマダイ釣り)

6時半には ウタセエビを ふんだんに詰め込んで出港。
IMGP0015

ポイントは風波共に 申し分なし。が 下波(うねり)が大きい、ときより座っているおしりが浮くほど(笑)。
IMGP0016

釣り始めて 2投目に 小鯛が釣れて 坊主は回避。ポツポツ喰うのか と思いきや 約1時間 音沙汰なし。

潮が速いからだと 決め込んで ジアイを待つ。 
3匹ほど釣ったところで 俗に言う『いい潮』になって 肩に力が入るが・・・・

直くんが ワラサを釣って さぁ〜・・・・・ あかん

そうこうしているうちに 潮が止まり 上り潮。 なんとか7匹目を上げて。
IMGP0021

あまりにも 餌を取られないので 捨て糸を短くしてみれば カサゴばかり。

とんでもない 速潮が来て 定時撤収。

今年は 4年生がいません。ここ数年 出る言葉は「海が変」です。

来年もこの釣りができるのでしょうか? 心配になりますわ(爆)。

ホーム『直栄丸』はこの釣りで 今年はおしまい。
おせわになりました。 来年のよろしく です。

murachanroom at 19:00|PermalinkComments(4)

2018年12月06日

ラストウタセ真鯛(速報)

いい潮があったのに マダイにはそっぽを向かれました。
 ここぞと思ったジアイに ほとんどアタリがなく 終始 ポツポツ。
今シーズンラストのウタセ真鯛釣りでしたが やや不完全燃焼で終了です。

1年 お世話になった伊勢湾に感謝。もちろん ポイントへ連れて行った下さった『直栄丸』 、『素栄丸』、『海王丸』にも当然感謝です。

釣果は
IMGP9897s
やっぱり船長の1/3しか釣れません。
むらちゃん マダイ7枚 とカサゴ3匹・・・・ もうちょっと頑張らなきゃねぇ(泣笑)

もうこの歳になると 上達は難しいですが 大好きなこの釣り、体力と金力(笑)が続く限りやっていきます。

今日も 船長『直くん』との会話は 著名な海の変化の話ばかり・・・・・・
エサのウタセエビも 9割がオニエビ・・・ どうなっちゃうんですかねぇ・・・

ソフトバンク通信障害の前に マッキーさんと連絡が取れ 美味しい(と思う)マダイと かえって恐縮してしまった(もう食べて美味しかった)長野の『蜜入りふじ』のりんごの ”わらしべ交換” ができ、目的は完全遂行です(爆)。

釣行記と言っても


大したことはありませんが 明日にでも 更新します。


murachanroom at 20:17|PermalinkComments(2)

2018年11月28日

いつのまにか

いつのまにか 終わったみたい
CIMG0865
なので お片づけ

いつのまにか 始まったようで
CIMG0866
出してきましたが・・・・・

皆が釣り尽くしたところで 始めます。

まだ ウタセ真鯛がやりたいですから・・・・

明日は かみさん孝行・・・紅葉狩りと近江牛。



murachanroom at 20:30|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

再確認!この釣りが好き(ウタセ真鯛釣行記)

天気予報は 10時から雨 午後から北西風強し。
ならば 大潮でも下げ潮は問題ないはず。上り潮の速潮が来る前に撤収すれば航行も問題なし・・・のはず。
(実際は朝から強風、早帰りになりました。)

新造船になって初めての単独釣行。それなりの贅沢ですが 船長『直くん』と オオドモに座って 長い世間話もできるし、プロの手さばきを再確認できる良いチャンス。
「ヒラメ釣りなら参加するよ」とA氏からお声がけがありましたが あえて・・・

結果は 型にはやや不満が残るものの メタボの魚体が揃った食べごろのマダイが揃いました。
IMGP9845s
むらちゃんも 10時で当然ツ抜け。プロ直くんの釣果にはかないませんので 半分とはいえませんが  1/3以上は釣ったと思います。
再確認!この釣りが好き!(爆)


6時に集合して 6時半前に出港。

風はまだ のはずなのに 明神様を超えると 早くも西風が強く 波頭は白い、ウサギが飛んでる状態。

ポイントへ着くと 雨も降リ始めた。
IMGP0002

左舷オオドモに むらちゃん。
コマセ投入の電動リールを挟んで
IMGP0003
直くん。

手釣り一本釣りの理想型 で釣り始めです。

いきなり 下り潮の速潮でしたが 80号で対応でき問題なし。

アタリは多いのですが マダイが小さいのか、喰い込みが悪いのか、なかなか針がかりせず、かかっても途中でハズレてしまう状態。
それでも ポツポツと取り込めるので カンコはすぐに賑やかになる。
IMGP0008

釣れて来るマダイも 落ち鯛のはずなのに 例年より数は多いが 小ぶりで2,3年生ばかり。
4,5年生を主体に釣りたいのだが 今年はこんな状況らしい。

ひょっとすると12月がいいのか? 次回の釣行が楽しみ。

潮の緩みのジアイを楽しみにしたが 今日は終始ボツボツ。
底潮が上り始めると 波がより深くなってきて
IMGP0010
 帰りの航行のことも考え12時 沖あがり。
アタリはず〜っと出ていたので ちょっと残念ではあったが 安全第一。

今 食しましたが 3年生でもメタボになってきているので 刺し身も塩焼きも 美味しかったです。

直栄丸の年間予約も 再来週の一回だけ。SN氏の要望でヒラメ予定でしたが 残念ながらSN氏が欠席。
どうせ 年明けはヒラメ釣りかフグ釣りになるので(カサゴを忘れとったw)、もう一度 この釣りをやろうかな。



murachanroom at 23:00|PermalinkComments(0)

2018年11月09日

不覚にも台湾あたりまで(大山沖釣行記)

天気予報は季節外れの高気温でベタ凪を予報。
しかし、先週のフグ釣りでメチャンコ寒い思いをさせられたので 少々着込んで 5時半過ぎに基地を出ました。

6時集合 と言うことで 夏のイカ釣りの4時集合に比べればはるかに朝寝ができるので 釣りビジョンを深夜まで観てしまって 寝不足状態。

このところ 船酔いには全く縁がなく もちろん薬は服用していない。それでも大山沖の下波(うねり)は結構堪えるので 予報の悪い日は服用していた。

6時15分、 出港。
同行者は 珍しくウタセエビの釣りをするA氏、KT氏、とそのお友達。

出港早々にキャビンへ潜り込む。

ウトウトしながら 揺れの感じで船の位置を頭の中で想像。この揺れは伊良湖、もう少しで揺れなくなるはず・・・・
が 帰って揺れが大きくなる。
窓から外を覗くと どえらい下波。 思ったより東風が強い。それに向かって船は東進するので ドッタンバッタン。
薬を飲まなかったのを後悔。

着膨れを脱ごうと思うのだが 思うようにならずポイントまで我慢。
1時間20分。ポイント到着でキャビンから出て 服を脱ぐ。
潮回りでも拗じられるような揺れで 不覚にも 気持ちが悪い(笑)

8時過ぎ 船が座って 釣り開始。

IMGP0053
KT氏とそのお友達。 むらちゃんの息子ぐらいの年齢。
なのに KT氏は 手釣りの面白さにはまってます。

A氏は早くもライトジギングとやらで サバフグ釣ってます。
さすが フグ釣りにハマっているだけあります。釣法が変わってもフグを釣ります(笑)

むらちゃんの釣座は 右舷おおトモ。

腰を据えたら ますます気分が・・・
シンガポールまでは行ってませんが 台湾あたりまでは来ています。

すぐに 良型チダイのダブル と含め ハマチを3本ほど ポツポツと釣れます。
なのに なかなか台湾から帰れません。がシンガポールへ向かう気配もありません。

背後(左舷おおトモ)のKT氏は ハマチをポンポンと。上手です。

ミヨシのA氏と 直くんに 「静かに釣ってる」と 冷やかしが入りますが 実は いっぱいいっぱい(爆)。

このまま釣れれば どえらい大漁だったのですが 釣りというのはそうはいかない。
アタリがなくなると ポイント替えを直くんがしてくれるのだが それがまた辛くて(大笑)

11時頃やっと 凪いできて 台湾から帰国(爆)。ホット一息。

12時 最後のポイント変更。 しかし 相変わらず ポツポツ 誰かが釣る程度。

終了の13時間近。いい潮になってきて 若干糸がなびく。

この潮なら喰ってもいい・・と
10号のオモリに変え ふかしていく。 仕立船ならではの釣法なのだが これが面白い。
5ジンダチ後、更に3ヒロ 糸を伸ばし、 少し誘いながら手繰ってくると

来ました! カンと当りがあったあと いきなり ビュ〜とどえらい勢いで引っ張っていきます。
あっという間に 人間ドラグの右手を滑って5ヒロ程糸が出ていきます。
思わず「アツッ、アツッ・・・・・・」と嬉しい。

直くん や A氏から 「絶対バラしちゃいかん」とプレッシャーが!
3ヒロ手繰っては またピュー と走られ また 「アツッ、アツッ・・・・・・」
IMGP0056

十分楽しんだあと なおくんのタモに収まったのは
IMGP0058
大鯛でした。

終了時間間近でこんな事するもんで A氏から延長要請 「朝までやる 」とか

14時 撤収。 さすが言い出しっぺだけあって A氏が良型真鯛を釣った。が それより増して どえらい数のサバフグ釣ってましたから 完全にフグバージョンになってますなぁ というか さすがフグ師!(大爆)。

全体釣果は
IMGP0064
直くんの加勢でこの釣果なので 爆釣とは言えませんが 満足でした。
むらちゃん ハマチ6本 チダイ3枚 シオ1本 73Cm真鯛 サバフグ3匹 でした。

IMGP0062
久しぶりの大鯛です。

年賀状の写真も取れたし 『直栄丸』に感謝です。





murachanroom at 17:09|PermalinkComments(0)

2018年11月08日

久しぶりに大鯛 釣っちゃった(大山沖釣行速報)

前回 大山沖に残してきた ”赤いやつ”を まとめて大きくして仕留めてきました。

久しぶりの『大鯛』です。
IMGP0058
ナナマル超 です。

釣行記は 明日。


murachanroom at 18:25|PermalinkComments(0)

2018年11月06日

海底奉納品

自覚症状がありませんので そろそろ本物の認知症になったようです。

マウスを握ると 人差し指が意思に反して勝手にクリックするようです。

こんな物が相次いで宅配されました。
CIMG0860
一部は代引きです。

むらちゃん妻に見つからないように 仕事場への宅配です。

中身は
CIMG0864

う〜ん! 海底奉納品(爆)!
 総額で”諭吉”が・・・・・

今のところ 奉納日は決まっていません。
変なものに 火を付けてくれたA氏を恨むことにします。


murachanroom at 21:19|PermalinkComments(2)

2018年11月01日

3人笑顔で記念撮影(フグ釣行記)

乗合船といえども 仲間が一緒なら 尚楽しい はずと A氏の暗黙のお誘いメールに乗っかって(笑)、『出向くん』との3人で フグ釣りに出撃してきました。

20人近くのお客さんの中での  無事 3人共記念撮影に成りました。
29d85ddeaceb96c130f14f6f99a16efad350f5d3

6384e9d93114d9204329165a691908fb42704e9e

850abbe453cd02a665c255cd1d88c25d38e4bd75

3人共 ツ抜けなので 笑顔です。

例のごとく 15時から A氏は名古屋の中心部で会務なので 
「釣り過ぎて 捌き待ち がヤバイ」と のたまわっていましたが (そんなら釣らなきゃいいのに)ちょこっと融通を利かせてもらい、ギリセーフ?(だったと思う)。

むらちゃん ちょうど1ダース
6c2bf86f784694ab39ab03a64afa0fdfdb03efc3
カワハギも1枚

釣行記です。
今日から11月。
出航時間が1時間遅くなって 6時半。 終了時間は同じなので釣り時間は1時間短い。

お世話になったのは 『おざき丸』
IMGP0034
今年中に 新しい船に変わるので おそらく この船に乗るのは最後。

A氏に予約を頼んだので 指定釣り座は 前回と同じ右舷胴の間
IMGP0038

出航時間が1時間遅くなると 十分明るくなってからの出船です。
IMGP0040

今日も 全て カットウ仕掛けで通すつもりで ロッド2本ともカットウ仕様w
自作と
IMGP0043

DAIWA製
IMGP0042

使用感想
オモリは DAIWA製、掛け針は自作 がいいかな!

最初のポイントは ”水道管” ここで9時半まで
IMGP0045
6匹
ロスト仕掛け 6個(爆)。
まぁまぁ 釣りますが 仕掛けのロストが多すぎ。下手クソすぎます。というか 皆さん、根がかりしても上手に外しますが むらちゃんはほとんど プッツン(泣)。

ポイント移動 ”中電”
ここで A氏が目覚めます。 むらちゃんも頑張りますが倍釣ります。

2流しほど どえらい楽しい時間を過ごしました。
潮なのか ポイントなのか よくわかりませんが 「コレなら簡単」と言えるほどでした。
要するに たくさん魚がいれば下手クソでも釣れるということらしいです。

北西風が強く 湾内でもかなりの波。そして寒かったぁ〜
もう完全防寒着が必要です。 暑ければ脱げばいいから 来週から着込むこととします(大笑)。

最後30分 ”水道管”へ戻りましたが A氏が1匹掛けただけ。(この1匹で負けましたw)

まぁまぁの大きさだったので 結構重量がありました。
IMGP0047
今年は ヒガンフグばかりです。
美味しいからいいのですが まったくコモンフグを見かけません。
これも海の変化なのでしょうか・・・・?

しばらく フグ釣りはお休みのつもりです。
今月はあと2回 ウタセ真鯛釣りの予定。 2回は『紅葉狩り』(大爆)。


murachanroom at 16:53|PermalinkComments(0)

2018年10月30日

ターゲット変更

朝晩が寒くなってきましたね。
釣行日の木曜日も 最低気温が10℃を切るようです。
そうなると タチウオ消滅X-Dayも近いので タチウオ釣行に心をキメていたのですが・・・・

仕事中に A氏から なんとも言えぬメールが届き 心が動いて フグ釣りに行くことに。

乗合船とはいえ 一人よりは仲間がいたほうが楽しいことに違いない。

準備万端だったけど
DSC_0001

今から 一生懸命"内職”をして
DSC_0003
準備のやり直しです。

とにかく  仕掛けをたくさん準備せねばならんターゲットです。夜なべです(爆)。


murachanroom at 20:09|PermalinkComments(0)

2018年10月26日

赤いの、赤いの、なぜ喰わん?(大山釣行記)

絶好調を継続中と言ってもいいむらちゃんです。
ハマチを13本も釣れば満足なんですが ウタセエビを使っているのに 赤い魚がむらちゃんだけに喰わないのは なぜでしょう。

去年の今頃も同じことがあったので なにか原因があると思うのだけど 深く考えないようにします(笑)。

さて 釣行記です。

今の時期、例年だと"家の前"でメタボの美味い小鯛がたくさん釣れるので 年間予約でおさえていたのだが 今年は 釣れることは釣れるのだが ポイントが限られているのと 数もいまいち、そして 同行メンバーの状況もあって 沖合への釣行となった。

昨日紹介したメンバー での出撃。本格的なウタセエビの釣りの初心者ばかり・・・考えただけで憂鬱になりそうな釣行だが そこは 『直栄丸』、万全なサポートでむらちゃんも釣りに専念出来ました。

5時半集合。なんやかんや 準備をして(おなごは準備に時間がかかるんですw) 6時前に出船。

まずは 沖合で エビ漁船から エサのウタセエビを仕入れます。
IMGP0012

ここで作戦会議。
マダイをターゲットにして 湾口を目指すか、ハマチも欲しければ大山沖か。
ここでも波は結構高く 湾口へ行けば潮も速いので 100号オモリは必須。 大山沖へ行けば少なくとも 潮が緩いので40号で充分、しかし このところ 『直くん』は3連敗。

難しい選択になったが 子猫ちゃんの決断で 『直栄丸』は東へ進路へ進路をとった。
ここから1時間。 7時半過ぎ 大山沖30ヒロへ到着。

風波は結構強く、時折 波が船縁を超えてくる。
むらちゃんの心配は 彼女たちがシンガポールへ行ってしまわないか だけ。
IMGP0019

一度 イサキ釣りでシンガポールへ行ってマーライオンになった 猫1号が特に気になったが どうやら全く平気のようだ。

オオドモには Yくん。
IMGP0015
若者にはめずらしく 手釣りの感覚がいい! と言って 今回も手釣りです。

直くんに コマセを打ちながら 二人の猫ちゃんのお世話を任せてしまったので
IMGP0017
二人の準備を終えたら 自分の釣りに専念できた。

直ぐに Yくんにハマチ、子猫に小鯛。
むらちゃんが仕掛けを入れるまでに Yくんのハマチダブルを見せつけられ、そして 子猫に ハマチ
IMGP0021
写真は撮ってやらないかんし 結構忙しい。

どっかり座って すぐさま ハマチ良い喰いに当たって Yくんに追いつく。

Yくんには 良型マダイも
IMGP0023
喰ってくるし

子猫にも 小鯛やチダイがハマチの合間に喰ってくる。
まぁ 大した大きさのタイではないから 悔しくはないが どうして? の感はある。

むらちゃんも 捨て糸を5mとっても アッと言う間に下バリの餌は取られる。残ったエサの状況からして小鯛系。
小鯛くらい喰っても良さそうなのに。

さて、子猫。こやつ、なかなか筋の良い釣りガールです。糸捌きもなかなか様になってきましたし、なぜかよく釣ります。
今回も イシダイを2枚、良型マダイも釣ってます。
そして 何より 座っているのを見ません。ず〜っと立って一生懸命です。 どうやらすごく釣りが好きなようです。

ところで ミヨシの猫1号、黄土色の声がちっとも聞こえません。どうやら苦戦しているようです。
潮はほとんど流れないので コマセが効いていないわけではなさそう。どちらかと言えば 最もコマセから遠いのはむらちゃん。不思議なことだ。

むらちゃんが ハマチのツ抜けを果たしても ミヨシでは変わらぬ状況
IMGP0025
ボウズ回避は かわいそうな小鯛。
一度の座らず 腐ることもなく 黙々とガンバっている。
IMGP0024
よくある 蚊帳の外状態。

釣り座を代わる提案をするも 本人拒否。

実際 それが良かったのだが 11時を過ぎたあたりから ハマチで片目が開き
IMGP0030

そこから 今度は ミヨシに爆釣劇。
IMGP9742s
黄土色の声(本人はオレンジ色の声と言っている)がやっと出てきました。

オオドモも二人は 沈黙状態。釣り座を変わらなくてよかった。
変わっていたら・・・・恐ろしい(笑)

そうなると Yくんに異変が 顔面蒼白、会話は元気だが 刻々とシンガポールへ
そして 軽くマーライオン。
30分ほど 寝転ぶが また復活。ほんとに釣りが好きなようです。
だが トモにはジアイが来ず、ミヨシの一人が憂さ晴らしをして
13時 ストップフィッシング。
1時間20分かけて帰港。

船中
IMGP9746s
とにかく みんなが「楽しかった」 と言ってくれれば ホストは満足なのです。

直くんには ほんとにお世話になりました。鯛釣りが一番好きな人なので ホントは釣りをしたかったと思うのですが完全にお世話係をさせてしまいました。
感謝! 感謝! 来月の終わりは 単独釣行も考えていますので 一緒に釣りましょうね。

来週は チト寒い予報。
寒いのが嫌いなむらちゃんにはつらい季節が近づいています。
タチウオ釣りを予定していますが 突然消え去るX-Dayが恐ろしい。


murachanroom at 21:50|PermalinkComments(0)

2018年10月25日

しっかりお世話になりました(大山沖釣行速報)

我が仕事場のスタッフ 俗にいう猫ちゃん のなかで しっかり釣りにはまってしまった猫1号とその娘子猫。
ちょっと難しいけど ウタセエビを使った釣りに 接待釣行。

夏に小鯛釣りに行ったのだけど その時は ウタセ五目のエダスの短い仕掛けで エビも尾ガケ で。
その時も しこたま釣ったので、 じゃぁ本格的なヤツをやってみる? で出撃。

天気はいいけど 風が強く、波が高そう。おまけに大潮で 湾口部は激流 120号オモリはチトキツイ。ハマチが釣りたい希望もあって、船上の作戦会議での末、大山沖まで行くことに。
IMGP0014
S氏の息子 Yくんも参加です。

左舷の 猫ちゃんの間に 直くん に入ってもらい、
IMGP0019
今回は むらちゃんノータッチ、中乗りは一切してません。

直くんにしっかりお世話になって 猫ちゃん、特に 今回も子猫が大奮闘。というか 仕掛けの釣り扱いも全てが上手い! よって よ〜けい釣りました。
むらちゃんを抜くのも時間の問題。のような気がして 変な汗がでる(爆)。

大波の 大山沖でしたが 猫ちゃん 二人共元気。Yくんが後半 シンガポールへ軽く行きましたが 元気。

で、船中
IMGP0033
大漁。
直くんが一切釣らずに(ホントはきっと釣りたかったんだと思う) これだけなら上出来でしょう。

ちなみに むらちゃんは ハマチ13本でした。
え!? 赤いのは? ですか? ほっといてくれ!

釣行記は 後日。


murachanroom at 18:51|PermalinkComments(0)

2018年10月18日

上出来 七ふぐ(フグ釣行記)

今年は事情で 三重県プチ遠征を控えているので 何年ぶりかのフグ釣り。2回めです。

A氏が今シーズンは おもいっきり嵌って 激会務なのに 毎週出撃。
今週も 15時から スーツを着ての名古屋中心部での会議があるのに 出撃です。

仕掛けの工夫や特エサを持ってきたり 知らぬ間にNEWロッドになっていたりして 入れ混み具合が半端ない。

目標は 『大箱』釣果。一度は達成したらしく、ならば 『教えてもらいましょう!』の釣行です。

むらちゃんがもっとも不得意とする(たくさんありますがw)釣りだし、A氏の情報では 「明らかに魚は少なくなってきている」とのことなので 目標は5匹&仕掛けの喪失5個まで(爆)。

お世話になったのは『おざき丸』。4時半、真っ暗な港へ。
すぐさま A氏が到着。いつもなら重役出勤なのに やはり入れ混み具合が・・・(爆)

そして 出向くん と呼ばれるA氏の釣り弟子の同業若者も参加です。
彼は カットウ釣りが初めてなんですが、 なんと上手で煽られっぱなしでした。
結果7匹も釣ったんで 凄いです。

A氏に予約をお願いしたので 釣り座は船長指定の 面舵胴の間
ミヨシから
出向くん
IMGP0003

A氏
IMGP0002

むらちゃんの順

ポイントへ着いて 一流し目、
IMGP0007
 出向くん、 散々根がかりの恐怖を吹きこまれていたにも関わらず 果敢にせめまくって  ヒガンフグゲット。 いとも簡単に釣られて 経験者の我々は ぐうの音も出ない(大爆)。

しばらくして むらちゃんにも
IMGP0008
嬉しい1匹です。

今日の潮は 長潮。そして凪。 最も根がかりがしにくいはず。 
だから カットウ仕掛けで通す予定
IMGP0005
それでも 結果 4個の仕掛けを奉納してきました。
3人の中では一番なのでw やっぱり下手クソです。

芳醇な香りのするエサのアオヤギ
IMGP0006
たくさん取られるとのことで 4パック買ったんだけど 今日は全然消費しません。
つまり フグがおらんのと違う?!

たまたま同船した 有名なN名人を ちらっと見える釣り座だったので釣技を勉強しようと やらしいぐらい見ていましたが その名人も苦戦する状況。

船長も 転々とポイントを変えるが 右舷ではパッとしない。長く流していた時は(左舷では釣れていたようだ)
最後の記念撮影は 皆 左舷の人だったもんね。

A氏とともに ボヤいたボヤいた(爆)。
なんせ 餌も取られないんだもの。

タマポツで 拾って 終了までに
IMGP0011
7フグ と ヘダイ1。

N名人も 大箱でなかった状況で 七フグなら上出来!
HPの 釣果写真でも フレームアウトせず
a088e7902304f21e670a1e849714e74f4f5a0dfc
上段の真ん中 2番の番号札 でした。

ところで A氏。
たくさん釣ると 捌いてもらう時間で(たくさん釣った人ほど順番は後) 会議に間に合わない。
上手に釣られて 一番に捌いてもらって らくらく間に合う、いや余ってしまう時間だったようです。
朝、心配して 出向くんに頼んでいたのにねぇ

しかし 難しい釣りです。明日は我が身 クワバラクワバラ。

餌が残ったし、仕掛けのストックはまだ十分あるし、フグ釣りのシーズンはまだ続くし、また挑戦しますかねぇ・・・


murachanroom at 16:42|PermalinkComments(0)

2018年10月11日

ストレスフリー(タチウオ釣行記)

最近 カットウフグ釣りに嵌って毎週出撃しているA氏に ご教授を受けるつもりで同行を予定していたのだが、実家で野暮用ができ、もし万が一(あり得んけど)フグがたくさん釣れちゃうと 捌いて貰う時間がないので 『かごや丸』で タチウオ釣りに出かけた。

結果から言うと フグ釣と違って 全く ストレスフリー(爆)。

出港時に 船長の「難しくなってきて 上手な人とそれなりの人との差がでてきた」のお言葉に 少々ビビったのですが 問題なく釣れました。

5時 真っ暗な大井港へ到着。
暗くて 準備がしづらくなってきました。
IMGP0081

タチウオは本来夜行性のはず? ところが "家の前"のポイントも"伊良湖"も明るくならないと活性が上がらない。

なので ガスって暗い内は
IMGP0083
ちょっと食い渋り。

それでも うまく誘えば
IMGP0084
大目に見て 指3から 

確実指3
IMGP0085
までが 竿を絞り込みます。

7時で
IMGP0087

9時には
IMGP0089
25本

ここから ジアイ到来で
IMGP0090

もうすでに 満腹状態だけど もう少し・・と、流し直しの時間に 傷だらけの仕掛けを変えて
しはらくして 北西風が吹き出すと

ありゃ・・・・アタらん!?

今までの活性はどこに?

 1時間 迷路に入りました。

突然、こういうことが起こるのは どんな釣りでもありますが あまりにも突然・・・・・・

ミヨシのベテラン?氏のみが ポツポツ釣りますが むらちゃんには先程の釣法が合いません。
全くあたりが取れない時間が・・・・・・・ 土産がありますのでストレスはないのですが。
これが 朝、船長の言ってた・・・むらちゃんはやっぱり それなりの人です(大笑)。

そんな 激渋の時間帯に ビギナーらしき4人のお客さんを乗せた『海王丸』が戻って来ましたが 大丈夫だったんだろうか? 近くにいたので 海人くんの指導の声が聞こえてましたが・・・・?

残り45分で アタリパターン(アタリが出た同じタナで 誘って誘って喰わせる)を再び掴んで 12時半の納竿時には

ピッタシ
IMGP0092
気分もよく ゴーゴー (笑)です。

43657228_1557476791053705_8511368653629816832_n

来週は フグ釣りです。 きっと帰港時には ストレスで気が狂っています(笑)。


murachanroom at 20:13|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

半分以上、青い (ウタセ釣行記)

先週、マダイの爆釣で ”全部、赤い”を経験しましたので、今度は”青い”のを狙う作戦。

『直栄丸』でマダイを爆釣した先週、帰港した港へ 僚船の大井『素栄丸』の船長が顔を出した。
直くんが魚を〆ている間に 今回の予約を(笑)

15時に実家で用事があるので 早帰りと青いのを狙いたいの希望を伝えて・・・・
いつもなら マダイ釣りに適度にハマチが混じるのだが 今年は今のところ良型のハマチが混じらない。

贅沢にも マダイにちょっと飽きたし、むらちゃんは脂の乗っていないハマチwが結構好き。
意外と このハマチ、お裾分けには好評で 「ハマチは釣れんの?」との問い合わせが・・・(爆)。

できれば シオが釣りたいが 湾内での時期は 通常8月の終わり。なので望み薄。

潮も最悪(長潮)、博打を打つようなターゲットに 『素栄丸』の船長の素くんも 「厳しいかも?」の返事だったのだが
無理難題を言う むらちゃんのために作戦を考えて望んでくれた。
素くん、 むらちゃんが利用する仕立船では一番経験が深い船長だし、遊漁船の船長というより 一本釣り漁師といったほうがピッタリ。腕は勿論、ポイントへの勘も優れている。

さて、雨予報の大井港へ 5時15分到着。すでに船はスタンバイ、乗船と同時に岸離れ。
手際の良さ! 感心します。

下がり潮が残っているので シオの㊙ポイントへ直行。
IMGP0065
1時間弱、二錨するも 反応がないので移動。

とにかく決断が早い!
素くんが考えた2番めのポイントは うねりが強く断念。
そして 伊良湖水道のポイントへ。

で、来ました! 今までどこに居たの? 丸々と太ったハマチが入れ食いになりました。
IMGP0066
フワフワとアタって グイ〜ンと引っ張っていきます。
ダブルもあり〜の トリプルも

天候の方も 辛いほどの雨ではなく ウネリは厳しかったですが風も大丈夫。

8時半 までに 20本超。 どえらい面白かった。
ここまで ”全部、青い”

潮止まりになって 喰いが止まる。しかし もうカンコは賑やかなんで 余裕!
しかし 素くんには感心します。
このハマチ釣りに悪い潮の条件で むらちゃんの要望に完璧に応えます。

上り潮は来て 風は北。要するに糸はミヨシに流れ釣りにくい。
もう終わりかな と思ったところで
IMGP0068
一時間ほど雨が強くなる。
気持ちは・・・・ 用事があるし もう帰ってもいい(大笑)

10時前 雨と風が止み、船が上り潮に立った。
ポイントを移動して(喰いが止まってから もう錨を4度も入れなおしている、決断の早さは素くんの特徴)

タイが食い始めた
IMGP0070
今年の伊良湖のタイはメタボです。良い厚みをしています。

ここからは 凄まじい喰い。短くないむらちゃんの経験でも度肝を抜かれる喰いです。
30号のオモリが着底、即、ガリガリ・・・クイン。しばらく待っていると さらに グングン・・・・・
で マダイとハマチのダブル。 マダイのトリプル。 さらに ハマチのトリプル なんてこともあって 時を忘れる。
ここでは "半分、青い"
12時 まだアタリは続いていましたが 強制終了。

3釣行分を釣りました。
当然 一本釣り漁師の素くんにはかないませんが むらちゃんの今回は よ〜釣りました(爆)

船中総釣果がわかりませんが とにかく "半分以上、青い"(爆)

なんせ 
IMGP0075

〆た魚が
IMGP0079
こんだけ!

まだカンコに
IMGP0076
こんだけ!


クーラーBoxに入るだけ頂いて
素くんに無理をお願いして、船釣りで初めて カンコの中に本命を残して帰りました(爆)。

素晴らしい経験をしました。素くんの完璧な作戦に脱帽! 感謝!。

今のところ 好釣 継続中!(大爆)。


murachanroom at 18:43|PermalinkComments(0)