2020年07月09日

線状降水帯下イサキ釣り速報

KN氏にお骨折りをして頂き 初同行のSK氏のお車で 自宅までの送迎、まさに重役釣行で 最近ハマってしまった三重県国崎へイサキ釣りです。

お世話になったのは 『勝丸』の午後便。 12時出港の18時まで。

帰宅は22時前。

なので 速報です。

14時から 15時半まで
線状
線状降水帯の下で バケツがひっくり返って落ちてくる状況の中

IMGP0023
28匹

国崎は裏切りませんでした!。

murachanroom at 23:39|PermalinkComments(0)

2020年07月02日

そんなに甘くない(イシダイ釣行記)

前日の夜まで雨、明日も雨予報、完全に梅雨の合間。一滴も雨が振りませんでした。

が、予想もしなかった強い北西風。 朝からドッシャンドッシャン。

豪雨が続いたので水潮も心配でしたが それよりも予定外であったのが北西風。
年間予約時は 前回同様 朝の下り潮で顔を見て 上り潮と南風が合体して すんなりと船が座って大爆釣。
んなわけがありません、甘くないのです(笑)。

今回のメンバーは
IMGP0001
マッキーさんと ST氏。
今回も 釣り座をくじ引きにしました。
両氏が1,2番くじです。

そして A氏の参戦
IMGP0004
4番くじ。

どうしちゃった状態だった前回が ”単なる釣り座のせい”を痛感することになるむらちゃんの4人釣行です。

下り潮は 予定通りに船が座り 予定外であったのは波の深さ。
沖からのウネリと北西風の風波、錘が弾んじゃいます。

それでも 船中初漁は むらちゃん。
直くんから「前回を引き続けているんねぇ」と言われはしたが なんとなくしっくりこない。
糸が船底へクロスで入り オオドモとオマツリ必至。
いつも オオドモで”殿様”をやっていたバツです。反省するのみ。

前回 苦汁をなめたST氏。前回のリベンジを誓って参戦し くじも前回同様に2番を引き 気合が入っていた。
おそらく相当不安だったであろうが 無事に リベンジ
IMGP0006
底潮が止まるまでに むらちゃんは4枚。
 一時 オオドモのお二人の釣りを眺めるだけの時間も合ったが 全員イシダイの顔をみて 問題の上り潮を待つ。

むらちゃんの頭ではどう考えても船は座らない。そうなると 「もう帰港してもいいんじゃないかい」状態。

9時半から11時半まで 2時間の潮待ち。

意外と 強い上り潮と北西風がやや凪いだので  船が座った。

さぁ 喰うのか と思いきや。全く餌を取らない。いうかエサ取りもいない。

12時過ぎに 速潮がきて アッと言う間に120号が浮き上がる。
その直前に ST氏に良型のイシダイが一枚、そして圧巻だったのが マッキーさんに来たコブダイ!。
8Kg弱、70強の恐ろしい面構えの巨体。

しかしその後はドラマもなく 定時撤収。

船中 
IMGP0007

19枚
IMGP0009

前回 ツ抜けをしていい気になっていましたが イシダイ釣り、そんなに甘いモノではありません。

今シーズンは 今月末に後一回。

A氏には 是非リベンジをしてもらいたいものだ(謎)。


murachanroom at 20:10|PermalinkComments(0)

2020年06月25日

名港中央ICでUターン

プチ遠征して KN氏紹介同行で英虞湾神明漁港発 『むさし丸』でイサギ釣りの大漁を目論んでいましたが 海況悪く 船長から電話があって 急遽中止。

9時出船ということで むらちゃんちに総勢4名集合して 6時に出発。
伊勢湾岸道 途中で電話を受け 名港中央ICでUターン。

喫茶店でモーニング会議をして 今帰宅しました。

さぁ 今日は何をしましょう!


murachanroom at 08:18|PermalinkComments(0)

2020年06月19日

どうしちゃった石鯛釣行記

石鯛船釣り”先駆者”『直栄丸』w、HP作成者が勝手に作って恥ずかしいと言う『直くん』だけど、ポイントを試行錯誤をして見つけ出し 仕掛けについてもエサについてもお客さんの協力のもと 完成にたどり着いたわけだから、
”先駆者”でしょう。
名称未設定

人気も相当なもので 年間予約も1月で満員御礼。石鯛釣りから埋まっていく。
むらちゃんも なんとか3日 確保済み。今回と次回は思った潮の予約が捕れたのだが 思った通りの天気、特に風はわからない。

今回の予定は 10時半までの下り潮は 北寄りの風 後半の上り潮は南寄りの風。そして曇で暑くもなく寒くもなく雨がふらない。

でもそんなにうまくいくはずがない。

5時 港 集合
参加者は マッキーさん KTさん SIさん、との4人。皆さん同業者です。
IMGP0039
IMGP0040

仕立船で気心の知れた仲間だけど くじ引きで釣座を決めました。
これからの直栄丸はこうします。気持ちよく釣りできますもんね。
むらちゃんの作ったくじですが チョンボをしたわけではなく 残りくじは 1番。
左舷オオドモに座りました。
後々 くじ引きしてよかった と思うことに。

ポイントに船が座ったのが 6時20分過ぎ。東風が結構吹いて雨が近そう。
予定と違った風向きだが 船はしっかり座った。

イサキ釣りに向かう師崎船団が高速で通過していきます。

下げ潮 当日の最速潮流。しかし80号から100号でしっかり底立ちがとれます。
むらちゃんは 錘を流したくないので100号で。

しばらくして 3番くじのKT氏に 小型の石鯛の初漁。

そしてむらちゃんにも ガツガツグイン で石鯛。
IMGP0042

10時ごろ潮が流れなくなるまでに 5枚。
それもダントツにむらちゃんへのアタリが多い。

9時頃 雨が振り始め キャビンでカッパを着てる間の置き竿にヒットしてしまう、どうしちゃった状態

くじ引きで決めた釣座でなければ 申し訳なくてお尻がもっとムズムズしたでしょう(笑)

潮が止まって 船が東を向き 俗にいう「潮待ち」
毎年が不安。 この潮待ちで 潮が来ず 一日が終わったことも(笑)

でも昨日は違いました。10時半過ぎ 潮が来ました。
まだ 船が回る前に むらちゃんにまた 小イシダイ。
「サンバソウだ」と言ってしまうと どなたからから「むらちゃんは それがサンバソウ?」と。
もうイカン。何を言ってもヒンシュクを買います(爆)。

船のおしりがきちんと師崎を向くと マッキーさんも良型2枚が連続に。
イカン それ以上にむらちゃんのアタリが・・・・・・・・
『直くん』にも 「入れれば釣っとる」と言われるぐらい。
どうしちゃった状態。

そんな状態なので 雨はドシャ降り。寒くなってきました。

13時 定時 撤収。

釣果は てんこ盛り
IMGP1321s

南知多分配法則で均等に分けて よっちゃんの ”出来たてシラス”も購入して 解散しました。
滅多にないことで おみやげに貢献できて 良かったです。

な〜んか こんどは ”蚊帳の外”になりそうな気がする(爆)。


murachanroom at 20:38|PermalinkComments(0)

2020年06月18日

豪雨はボクのせい?!(イシダイ釣り速報)

今シーズン初のイシダイ釣りに行ってきました。
勿論 イシダイ船釣り”先駆者”の『直栄丸』で。

夕方から雨 の予報が大ハズレ 9時前から結構な雨量で 帰港時には ドシャ降り。

その原因は どうやらむらちゃんにあるようです。

今日の釣行は4人の仕立て。こういうパターンは 誰かが ”蚊帳の外”状態になって 涙をこらえる人になるものです。
そして かなりの確率で それがむらちゃんになって 一日中ボヤくことになるのです。

が、今日は違いました。船中初漁は譲ったものの 大爆釣!

船中釣果
image0
の 半分強を釣りました。
イシダイを ツ抜け!? そんなことある?

そりゃ〜 ドシャ降りになるわなぁ〜

釣行記は明日。


murachanroom at 17:04|PermalinkComments(0)

2020年06月15日

お礼の電話が凄い(アジ・イサギ釣行記)

昨日のアジとイサギ、物が良いだけに おすそ分けをしっかりできました。

昨日帰宅したのが21時過ぎなので 自分で目一杯処理できる分を確保して あとは猫ちゃんに。
この猫は 深夜でも取りに来てくれます。もちろん クーラーボックスごと(笑)。そして洗って返却。
こんなありがたい猫はず〜っと飼っておかねばなりません(爆)。

結構 型揃いのアジ。終盤なのでと思いきあ、まだ抱卵状態で脂たっぷり、不思議とメスばっかり、オスが皆無。
良型ばかりを選んだのでか?(爆)

昨晩 22時半までかかって 捌きました。 自分ちの刺し身、南蛮漬け、塩焼き用、アラその他の煮付け用。

そして 今日 かみさんが配りました。
両実家、娘夫婦、義理姉んち・・・・

むらちゃんも 今 食べましたよー 。 そして 酩酊です(大笑)

まず 刺し身、アジ イサギ 甲乙つけがたく共に 絶品! 脂が品が良い!
塩焼き、少しだけイサギに軍配! これから う〜んと釣りましょう。
チダイの塩焼き 美味いけど 大山産には負けるかな。

これだけ大きな切身の南蛮漬け、不味い訳がありません。

アラの煮付けは明日です。 白子がないのが残念です。

いい心持ちでゆっくりしていると お礼の電話がひっきりなしに・・・・・
どこも同じ 「こんなに美味しいアジを食べたの 初めて」と

そうでしょう、そうでしょう(爆)。 たくさん捌いたんで むらちゃんの手垢も付いてますから(大爆)。

さて、前置きが長くなりましたが 釣行記です。

予約をとったのは 三重県国崎港『勝丸』

自宅 9時出発で十分ですが、もじもじ落ち着かず 8時 出発。
ドシャ降りの湾岸から東名阪、亀山付近は霧で視界不良。幸い交通量は少なく順調に。
10時前に 松尾駅近くのコンビニへ到着。
昼ごはんを調達して30分ほどコーヒーブレイク休憩。

11時に港へ到着。女将から11時半集合と言われていたので ここでいいのかな?の場所で待つ。
すでに たくさんの方が車の中で待っている。
『朝日丸』も同じ乗り場らしく、どうしたらいいのかよく分からず 静かに待機(笑)

11時半過ぎ 軽トラが到着。『勝丸』の女将さんかどうか分からず お伺いを立てる。
気持ちが良いお返事を頂いて まずは安心。

12時前、午前便が帰港。
慌ただしく 午後便出港準備。
くじは3番。
1番くじ2名、2番くじ5名、空いている釣り座を希望できるのかと思ったら 左舷ミヨシ2番を指定される。
自分なりに 潮と風をよんで 左舷がいいんではないじゃろか と思っていたのでまぁヨシとしましょう。
そして 大漁だった 自粛6 の功成丸の時と同じ釣り座だし と。
IMGP0026

IMGP0027

ここまでの道中の天気はウソのように 晴れ間も覗く好天。釣り座の準備が整う前に出港。
国崎港、港を出れば外洋w、いきなり南風に押された強烈なウネリに翻弄される。
昔なら 即 シンガポールでマーライオン(爆)

岸にそって石鏡方面に20分ほど走ってアンカーが入る。

「水深35m、底から5mで80号でやってみて」とアナウンス。

むらちゃんのリール 36mで着底、33mでコマセを降って ジリ巻。
29mまでアタリ無し、もう一度33mでコマセを降って ジリ巻・・・31.7mでアタリが出ました。

巻スピード13で慎重に・・・結構突っ込みます。
で 無事ゲット
IMGP0028
まだ Myカンコに水も入っていない内にボーズ回避です。

もう それからは 31.7m固定
連続 3匹。 皆良型。
IMGP0029

不思議なことに5匹釣った時に 左舷の皆さん0です。両隣にタナを聞かれ 正直にお答えするも どえりゃー長い仕掛けにオキアミなんぞをつけているもんだから・・・
散々 付け餌無い方がいいよと言っても 信用されんし(笑)

2時前  Myカンコは 密に
IMGP0030
横たわるアジが気になって 〆てクーラーに

釣りながらこんなことをやってるもんだから ガクンとアタリが遠くなる

2時半 絞めたアジが15匹、
それから 3匹を釣った頃 全くアタリがなくなり 3時前 20分ほどポイント移動。
かなり沖へ走って 「水深50m タナは底から10m」とアナウンス。

アタリはトンと出ません。
ひょっとするとイサギのポイントかな と思っていると あたりが出ました。
掛かってからのツッコミが違います。
案の定 イサギでした。
IMGP0032

5時過ぎまでここで粘りましたが ほんとにタマポツ。
5匹とチダイ1匹。
まだ 乗っ込みイサギはまだかな〜

でも むらちゃんにどえらいイサギが喰ってくれました。
3
40軽くオーバー
中乗りくんが 写真撮りましょう−と すっ飛んできてくれました。

あまりのアタリのなさに 残りの時間が少ないのに船長決断移動。
朝のポイントへ
そこで アジを2匹追加して ジャスト20匹 で終了。

IMGP0035

自宅から2.5時間、午後便なら日常生活と何ら変わらない活動時間。
夕飯を取らずにすっ飛んで帰って21時。

帰ってからの捌く時間が少々厳しいのと その日に獲物で一杯の気分にならないのが欠点かな。

2回連続でいい気分にさせられると 国崎通いがクセになりそうです。

おっと、 そういえば 猫からの感想が帰ってこんなぁ



murachanroom at 21:39|PermalinkComments(4)

2020年06月14日

突然釣行(アジ・イサギ釣行速報)

森町までとうもろこしを買いに行く計画だったのだが HPで直売延期を知って・・・・

ならば 木曜日に行けなかった 国崎のアジ釣りへ と 昨日の昼休みに電話を入れる。

午前便は満員だったが 午後便はOKとのこと。

小心者のむらちゃん 初船宿で寝れないほど緊張しましたが 木曜日の前に常連のKN氏から電話を入れてもらってましたので スムーズに(感謝)

出だし好調で また 自粛6の時と同じぐらい・・・と思いましたが
やっぱり終盤 そんな甘いものではありませんでした。

が、左舷の竿頭! むらちゃんらしくない状況で
IMGP0035
大アジを含めて アジ20匹 イサギ(関西なのでイサキではありませんw)5匹 チダイ1匹

イサギの良型も
3
 大満足釣行でした。

釣行記は明日。


murachanroom at 23:23|PermalinkComments(0)

2020年06月11日

なんとも残念(プチ遠征中止)

アジからイサキへの移行時期。美味しいアジがもう一回食べたいとの家族の要望もあって 今年のイサキは少し遅れているようでまだチャンスありと 数日前から色々検討していたのだった。

単独釣行が決まっていたので プチ遠征をしようか、豊浜からの出撃にしようか、迷っていたのだ。
どちらも アジ釣りの終盤で釣果には”日むら”が激しいようなので ある程度の運も覚悟の上だった。

そして 最大の問題が 梅雨入り。予報によるとなんとも ビンゴ! 前線の通過速度によっては 南風の爆風と豪雨。

前回、ST氏やK氏に導かれてお世話になった 国崎の『功成丸』は午後便がアジ釣り。港までの運転を考えると午後便が嬉しい。
ところが 天気予報は午後からがもっとも厳しい。

雨予報や予想レーダー等 考えられるあらゆるネット情報を調べると 国崎付近では朝5時から11時までは雨も少なく 何とかなりそう。
で、初船宿になるが午前便のアジ釣りが予定の 『勝丸』に予約を入れたのが 昨日の朝8時。

その後の昨日の仕事は かなりテンションハイで(爆) テキパキと。

昼の休みには道具を車載して 20時には風呂に入って21時には寝床に、の予定。
なにしろ午前2時には 出発せねばならぬから。

仕事が終わって 携帯を見ると 着信の嵐。おまけに留守電で返信の依頼。
嫌な予感がして 返信すると 「悪天候のため休船」

あ〜残念! しばしボー然。
去年 ST氏にご苦労を掛けて『勝丸』挑戦の予定も 悪天候で中止。
縁がないのかなぁ。

本日 朝9時 このブログを書いていますが 一滴の雨も降っていません。
雨雲予報の通り 午前中はこんなもんでしょう。

安乗岬の天気が
名称未設定

海上のウネリ 風はこの陸地では想像がつかぬものですが いっその事ドシャ降りであってほしかった(大笑)

いやドシャ降りでしょう
名称未設定
まぁ 現地まで行って”港解散”の悲劇でなかったことに 船宿の判断に感謝でしょう。

さて、今から イシグロ病院で 骨折したロッドと半身不随の電動リール の診察を受けてきます。

こんばんは 回転すし でアジを思いっきり食べます。
でも 国崎のブランドアジ 食べたかったなぁ〜
アジの味が違いすぎ(爆)


murachanroom at 09:30|PermalinkComments(0)

2020年06月04日

事件だらけ二刀流(オニカサゴ釣行記)

南伊勢町『海晴丸』にお世話になります。
IMGP0015

むらちゃんやA氏と違って 越県自粛を完全に守っておられた師匠マッキーさんと出撃です。
IMGP0014
船の釣り座が自粛休業中に綺麗になりました。

師匠の真似をして今回は二刀流に挑戦。頭のなかでは三日三晩シュミレーション、完璧なつもり、あとは体は動くかどうかだけ。のはず。

ロッドのセットングは 湾内航行中に
IMGP0017

IMGP0016

ここで事件(1)! 電源コードがない! バッテリーは2つ持ってきてるのに・・・・
150m超を手巻き?・・・絶対無理!
最もやってはいけないこと 呆然です。(認知が始まったか?)
途方に暮れていると、なんと 師匠が予備コードを、船長もコードをもっておられ まず無事回避(大汗)。

ドタバタしてるうちに船は湾口にさしかかり 結構なウネリでドタンバッタンしてきました。
波風もなく絶好な海況を予定していたのと いきなりのトラブルで 船酔い?らしき雰囲気。
マスクがイケないようです。
新鮮な空気を充分に吸い込んで(笑) ポイントへ着く頃には回復。事件(2)。

ポイントへ着いて シュミレーション通り まず 1本目を置き竿にします。 根がかりを回避するために若干棚を上げて。
さて 手持ち予定の2本目を・・・・? リールが・・・ハンドルが回りません。(事件3)
クラッチは切れるし 電動巻き上げはできます。
とりあえず 仕掛けを150mの海底へ送り込みます。 着底、ハンドルでの巻き上げができません。
電動で 棚を取ります。
コレでは二刀流は無理。 やっぱり下手クソが挑戦すべきではないとの神様からのお達しか。

いきなり 師匠は こんなことしているし
20200604_3060897
ジアイの雰囲気。そして魚が大きい。

むらちゃんの置き竿にアタリ。
調子の悪い方のロッドをロッドキーパーにおいて 合わせを入れ巻き上げるが生命反応はない。
調子が悪い方へ戻って 手持ちにした瞬間にアタリ。
こっちは 無事にかかって 結構な手応え。
オニカサゴ独特の何回かの大暴れにドキドキしながら 電動巻上げが自動停止するまでは何も問題なし。

そこからです。 ハンドルが回りませんので 5mも手で手繰ります。
いくら手釣りが好きと言っても 細いPEに150号の錘 結構なサイズの鬼さんが付いています。
濡れたPEは指に絡みつきクチャクチャ。最初の獲物は逃がしたしたくないし ややパニック(笑)

なんとか 良型の鬼さんゲット
20200604_3060898
はよかったんだけど

船べりにおいてあった150号のオモリが海中に落下した瞬間 嫌な音が!
グチャグチャに穂先にPEが絡まっていたようで 完全骨折(大泣) (事件4)

はい! 二刀流終了です(爆)

コイツと引き換えに
IMGP0018
竿が・・・・ 
コイツに刺されたより痛いかも(泣)

さて 朝のジアイは8時まで むらちゃんは3匹。すべて良型 満足です。

次のジアイは 10時頃から
IMGP0019
こんなデッカイのも召し捕って

密 状態
IMGP0022
8匹

物がいいから クーラーも華やか
IMGP0024

懲りずに また 二刀流に挑戦します。

帰宅後 待ちぶせA氏におすそ分け(謎)  でした。(笑)


murachanroom at 23:59|PermalinkComments(0)

2020年05月28日

ポンコツでした。

やっと 緊急なんとかが解除され 大好きなウタセエビを使った手釣り釣行です。

ホームになりつつある”素栄丸”で出撃です。
単独釣行の予定でしたが 師匠が万障繰り合わせて同道してくださいました。

今月いっぱいは 自粛モードなので 簡潔に

船中釣果
IMGP0013

調子の悪い 内湾でも きちっと釣果を揃える ”素くん”の技に感服。

むらちゃんは クロダイ2枚、ヒラメ1枚、マゴチ3本、メバル1、カサゴ5でした。

ジアイというジアイはなく 11時半から流し釣りでマゴチ狙い。
わりと得意にしていた釣りですが  素くんの技にコテンパン(爆)

ポンコツだったのは
IMGP0009
コイツ。

人間ドラグが不調で(自粛で油切れ?w)。
大鯛?に引っ張られて 6号ハリスがプッツン。6号を切られたのはショックが大きい〜わぁ〜
もう一丁、唯一のセイゴを目の前で ハリスをゆるめてさようなら〜

ポンコツは 自粛のせいではないような気もしますが・・・・・(大泣)



murachanroom at 18:36|PermalinkComments(0)

2020年05月21日

自粛6 ・・・もうできません

我慢が・・・・
IMGP0008
もうできません


murachanroom at 22:46|PermalinkComments(2)

2020年05月14日

自粛5

少しだけ 自粛1 の リベンジしました。
IMGP0004

murachanroom at 16:46|PermalinkComments(0)

2020年05月06日

自粛4

師匠と船長の釣果で華やかですが
7C6509F7-59B3-4BEA-9AA6-1D53E480E565
むらちゃんはまじめに自粛中

なんとか ”ただのバカ”は回避
IMGP0012


murachanroom at 18:55|PermalinkComments(2)

2020年05月04日

自粛3

夜のメバルもまじめに ”3つの密”を回避しているようでした。
IMGP0036

murachanroom at 11:33|PermalinkComments(0)

2020年04月30日

自粛2

お魚も11時まで自粛
image0

murachanroom at 16:45|PermalinkComments(0)