2017年05月22日

ナゲとヤク

最近 花を見に行く機会が多く、その際に 地植えができないのに 気に入った花を買ってくる。
むらちゃん妻にとっては コンクリートに囲まれた我が土地が残念に違いない。

藤を見に行った時に シャクナゲ と シャクヤク を買ってきた。
それが 今、立派に咲いている

DSC_0004

DSC_0008

どっちが シャクヤク で どっちが シャクナゲ なんだ?

魚で言えば サバ と カサゴ ぐらい 見た目も科も違うのだか 未だに区別がつかぬ。
ハッキリ言って 覚える気がないのだ(爆)。

名前なんかどうでもいいのだが 昨日購入したバラが咲くのも楽しみにしている。


murachanroom at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月21日

春の薔薇

春の薔薇を見に行ってきました。

DSC_0010

DSC_0011

DSC_0013

暑さにまだ慣れていないので 熱中症気味w。
花フェスタ記念公園』 意外と広くて クタクタ(爆)

ネット情報は開花5割 とのことだったが 充分。
DSC_0025

DSC_0024

DSC_0026

DSC_0029

DSC_0047

DSC_0037

カクテル とかという 変わった品種
DSC_0042
気に入ったので 買ってきました。

庭がないのに・・・・・
 鉢植えでなんとかなるのか?


murachanroom at 21:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月20日

いつ使うか分からんけど

新製品高性能(と謳う)リチウムイオンバッテリーの広告が 週刊つりニュースに4月中旬に載った。
高価なバッテリーの中ではわりとリーズナブルだったので ついついネットで購入。

広告が先行していて 製品が販売店まで未到着。「そんな状態でネット販売するな」と言いたかったが キャンセルが効かず、仕方なしに。
直ぐ届かないと 意外と冷めてしまって、今になっては "しまった感"たっぷり(爆)

それがやっと届いた。
BMO JAPAN リチウムイオンバッテリー11.6Ah)
DSC_0011

購入動機は スルメイカ釣りをこれ1台で何とかならぬか ?
車用バッテリーは充電が面倒なのと デカすぎるし格好が悪いw。

もう一つの動機は
DSC_0014
絶対にしないとは思うけど オニカサゴ釣りで 師匠のように "二刀流"をする時が来るかも と(笑)

しかしながら 最近 年波のせいか 釣行の後の疲労が半端ない(泣)。
そんな体力で スルメイカ釣り?!。 
落とし込み途中でバリバリと乗ってくる釣果情報になるまで 到底行けません(大爆)。

いつ使うか分からんものを買ってしまったということ。


murachanroom at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月19日

唯一の収穫

魚が釣れなくても 帰宅後の道具の後始末は全く一緒。捌く魚がなくて 楽って言っちゃぁ楽なんだけど、釣れた時と違って テンションがだだ下がり、しまいには怒れてくる(爆)。

そんな悪夢のような釣行のなかで 唯一の収穫。
DSCF4572
このコマセカゴの使い勝手が良かったこと。
サニー パカットカゴ

DSCF4573
パカット開くと シャベルになって コマセをすくうことができるので 一発。
スプーンやヘラで コマセカゴの入れにくい小さな窓から押し込まなくてもいい。

憂さ晴らしに これで バリバリとコマセ打ってイサキ釣りを堪能したいもんだ。


murachanroom at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月18日

きっと悪夢(アジ釣り?)

ご家庭の事情で大好きな釣りを我慢されていたSN氏が 超久しぶりに行けそうな日程と新直栄丸の予約の空きが一致して SN氏が予約。

それならばと むらちゃんとA氏も同行。

全ては主催のSN氏任せ。
それがまさかの 大山沖 イサキ・アジ・サバ狙いとは・・・
湾内大好きSN氏にしては 驚きの選択。

でも 結果は 夢、それも悪夢だったような気がする。

A氏なんか 4本のロッドを持込
DSCF4544
海水氷を2ブロック購入 で気合満点

DSCF4548
いい日の出

DSCF4550
このトイレは誰も使わず

イサキはきっとダメだからと 乗合船のHPを信じて 50ヒロ
DSCF4555

ポイントが狭いことは重々承知なので ギリギリに突っ込みます。
DSCF4563

が音信不通。隣の船も釣ってるところは殆ど見ませんが なぜか結果のHPの釣果は・・不思議・・・

DSCF4559
これだけアタリがないのに  SN氏は愚痴が出ません。
それに引き換え むらちゃんとA氏は ブツブツうるさい(爆)

それでも エライのはむらちゃん。
DSCF4551

DSCF4553

DSCF4554

本命2匹 と金魚はツ抜け(大爆)。船中これだけ。

10時半、我慢できずに 高松オオホリまで サバを探しに・・・

行っただけ。

新造船直栄丸で 大クルージングだけでした。

きっと 悪夢

SN氏が 可哀想過ぎる。


murachanroom at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月16日

PEラインの裏返し

消耗品の内、PEラインの値段は結構なもの。 タチウオ釣りやスルメイカ釣りのようにオマツリで高切れすると、極端にテンションが下がるものだ(笑)。

200mも300mもリールに巻いてあっても、実際良く使用して傷んでいる部分は 最初の100m未満。
なので なんとか簡単に裏返しができれば 今までの交換頻度が半分になるのでは と。

ネットで詮索すれば どっちにしろ ある程度は面倒くさい作業をしなくてはならぬが 『第一精工 高速リサイクラー』があれば 楽なような

どえらい値段が高いのかな と 例のごとく Amazonで見てみると  ふ〜ん

で。 昨日 ポチッ!
今日到着。
CIMG0525
相変わらず 速いです。

で、
早速 やってみました。
CIMG0529

CIMG0530

結構 楽しい(爆)。

糸巻き補正も 簡単にできるので便利かな


murachanroom at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月14日

睡蓮鉢

今年も咲きました。

ベランダの睡蓮鉢で。

2輪です。 
DSC_0001

DSC_0004
若干、色が違います。
2苗 入れたのかなぁ・・・ 記憶がありません(笑)

DSC_0005
マッキーさんち から お嫁(お婿)に来た白メダカ、元気です。


murachanroom at 09:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月12日

今シーズン初、うたせ釣行記

還暦を過ぎると 浮気も疲れます(爆)。

最も楽な釣り、家の前のポイント、大した波風なし、"動"の釣りではなく"静"の釣り。なんでこんなに疲れるんだろう、というぐらい。腰は痛いし、腕が上がらない、情けないなぁ〜
こんなことだと "動"の釣りのスルメイカ釣りに行くのは考えてしまう。
歳のせいなら しゃあないけれど、持病のせいだとチト心配。
採血の結果は来週の内科受診で・・・・

自分で釣ったのなら もっと美味いはずだが、船長の釣ったマダイ、腹ボテのメス、完全にのっこみのマダイ。
でも、美味かったぁ。

セイゴも 塩焼きで充分な脂があって美味しかったし、お裾分けしたネコちゃんからも絶賛され 気分は良い(笑)。

さて、釣行記です。

5時に目覚ます。
乗合船と違って ギリに港到着でいいので気が楽。
CIMG0523
基地で日の出です。

出港は浮気なので『大井港』
DSCF4522
かごや丸は休船?
スルメイカ釣りも人数が集まらないのか? ならば行くとしたら日曜日になるなぁ。

DSCF4524

いつもと景色が違います。
チッタタワーを逆アングルから眺めます
DSCF4527

トンビ漁礁に2丁アンカーで留まります。
DSCF4528
見える範囲に 本家『直栄丸』が見えます。

釣り始めて直ぐ かなり強い北西風が吹いてきました。が このポイントは強い東風以外は大丈夫です。
DSCF4530

片名の"家の前"と大して離れていないのに 潮の動きが全く違います。
大潮だというのに 速潮でも 錘10号でいけます(笑)。
クラゲも大したことはなく なんと釣り始めは錘6号。

いきなり 船長が セイゴ、アイナメ、と。
いつもの如くエンジンのかかりが悪いむらちゃんは・・・・
30分後に やっとマゴチ。でも50だったので 久しぶりに手に持った糸電話、気持ちいイイ信号でした。

潮が通してきて(と言っても10号がなびく程度)アタリが止まる。
船長曰く 「いつものパターン」
ということは 潮が緩むまでダメ?

昔、船長が若かった時にはよく乗った船だけに 会話は弾む。
仕掛けも 秘策「家の前仕掛け」を教えて頂き、早速実施。 確かに使い勝手はいいし、アタリのない時間に カサゴ連発(大笑)。

そして、9時、 ズンと指を抑えこむアタリで 40クロダイ。
9時半に ヒラメ。 
直後に ズン・ビュ〜ンとひったくるアタリ。
指の間の人間ドラグから 糸が出ていきます。 すわぁ 大マダカ?

実はこの少し前、船長が80はありそうな大マダカを掛け、取り込みタモ入れ寸前で むらちゃんとオマツリしてばらしていたので コイツかと。

しかし、 マダカなら フワフワとテンションが緩む時があるはず。
コイツは只々、強烈に引っ張って行くし、頭を振っているような・・・・大鯛か?
と思った瞬間、ビシビシ・・と引っ張られて ズズズプッチン。
アパートに潜られて切れました。

朝、船が座った時に 船長から 「島(築磯アパート)の中に入れたでね」と。要するに根がかりに気をつけなさい、ということ は頭のなかに入っていましたが ハリス4号(いつもは5号か6号のむらちゃん、船長は4号でやっていると聞いてわざわざ前日に直した」で 強引に浮かせる自信がなく ちょっと人間ドラグが緩み過ぎったか。 悔しかった〜& ヘタクソでした。

そして その1時間後、船長に喰ったのが 65マダイ。
船長曰く「切れていったのは コイツのオスかもね」

ああ 悔し!!

本命のセイゴ・マダカの顔を見ないまま 潮止まり11時半。
上り潮に向けて 釣り座をミヨシに変わり しばらくして 待望のエビを弾くアタリが出て 2連発で45セイゴを釣って 溜飲。

そして 終了間近に 50弱イシガレイ。
絶対 ヒラメだと思ったけど・・・ こんなカレイ 居るんですねぇ

13時前、底付近にクラゲ、これでは望みなしと撤収。

DSCF4533

DSCF4536

いつになったら プロと対等の勝負ができるのでしょう。
一生無理でしょうなぁ(笑)

少し離れただけで 海が違います。これほど楽しいと 浮気はやめら得そうにありません(爆)。





murachanroom at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月11日

浮気釣行は蜜の味(爆)

海王丸が門出して 本来なら乗船して海人くんを応援せにゃならんのに、初出船に乗船したH氏のように 心が大きくないので ゴメンです。

なにしろ 情報が悪すぎ(笑)
ところが 片名沖から大して離れていない 大井沖の『トンビ漁礁』では まぁまぁの釣果あるようだったので。

心が狭いむらちゃん、どうしても 手釣りがしたかったしで、 今回は『素栄丸』に浮気です。

トンビ漁礁での釣りは約25年ぶり。

叩き上げ船長『素くん』の腕は 年季が入ってさらにアップしてました。

船長と二人の釣果です。
釣果
この時期には珍しい『大鯛』まで 船長の仕掛けに喰いました。
その前に むらちゃんにも それらしき大物が掛かりましたが 漁礁に走られて プツン。

それでも むらちゃんの釣果、 セイゴ2本、クロダイ(大きい方w)1枚、マゴチ1本、ヒラメ1枚、超でかいイシガレイ1枚、カサゴ4匹

イシガレイ
DSCF4538
この大きさ(50cmチョイ切れ)には たまげました(笑)

カレイのようなヒラメです
DSCF4541
それでも 35cmは超えてます

昔を思い出しながらの会話を楽しみながら 久しぶりの手釣りです、楽しかったぁ〜

こんな蜜の味を味わっちゃうと 本家に戻れんようになってまう(爆)。

釣行記は 後日・・・


murachanroom at 16:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月07日

ぼたんまつり

正真正銘のGW最終日w。
きっと 高速道路はどこも渋滞だろう と 一日ゆっくりする予定だった。

昼前に 道路情報をネットでJARTICを確認すると なんとなんと どこも渋滞なし!。普段の日曜日よりも空いてる。
ならば 天気もいいし 出かけましょう と。

いなべ市農業公園の『ばたんまつり』へ。

情報は 散り始め
でも 綺麗でした。
DSC_0019

DSC_0023

DSC_0024

DSC_0015

DSC_0017
黄色なんかあるんだぁ

DSC_0033

DSC_0031

DSC_0034

DSC_0039


帰りに 「猿の恩返し 伝説」の
『鳴谷山 聖宝寺』へ
DSC_0043

ここは 紅葉で有名
DSC_0045

DSC_0049
池に映る "逆さ紅葉"がすばらしいらしいですが

御朱印を頂いた 住職によると 
DSC_0002
「大変な混雑なので・・・・今の時期のほうがゆっくりできます〜」と。


『鳴谷神社』へも
DSC_0050

DSC_0052

どこもかも 気持ち悪いぐらい空いてました。


murachanroom at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月05日

藤 ならどうだ

もっぱら むらちゃんち と 相性が悪いのが 富士、ぐるっと一周しても まともに富士山が見れない(笑)

ならば 藤 ならどうだ。 

おなじ ふじ でも アクセントが違えば・・・・

で、江南の 藤まつり ライトアップに出かけた。
DSC_0024

DSC_0002

DSC_0046

DSC_0020

DSC_0014

DSC_0005

DSC_0055

毎年の常連さん達から ガッカリとの嘆き。 今年は良くないらしい。
確かに 期待した『九尺藤』は 精々 三尺w。

どうやら この 『ふじ』 もダメらしい。

名物 木の芽田楽 
DSC_0026
頂きました。


GW終了です。
明日から また しっかり遊ぶために仕事です。


murachanroom at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月04日

おばあちゃんの芝桜

昼ごろから出かけられる日帰りプランはそんなに多くない。
下半身不随で寝たきりに近くなった愛犬の食事と排便を済まして11時半に出発です。

目的地は 郡上、せせらぎ街道の 『國田家の芝桜』。
おばあちゃんが育てた芝桜 を見に・・・・ 今回も めずらしく 娘Yも同行です。

昼ごはんは 一宮でラーメン。 道の駅『明宝』をひやかしてから

15時前に到着しました。
DSC_0010

DSC_0013

DSC_0016

DSC_0019

DSC_0032

DSC_0036

DSC_0038

DSC_0009

水芭蕉もありました。
DSC_0023
むらちゃん実物を初めてみました。

花桃も満開
DSC_0033

これには
DSC_0006
さすがに 手を出しませんでした(爆)。

夕方の郡上を散策して
CIMG0520
夕食をとってから ゆっくり帰宅です。


murachanroom at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

そうだ、水族館へ行こうw

今晩は マッキーさんと島の夜メバル釣りの予定でした。

GWは 3連休でウキウキ。朝早くに目が覚めて 久しぶりに書斎の整理と掃除。
各種 内職の跡が残る部屋を隅々まで綺麗に。

昼ごはんを食べてからは どうも落ちつかず 基地へ早く入ってのんびりしようと・・・・
メールをチェックすると マッキーさんから 「船長から『『昨夜は全くダメでした。』というメールが届きました』」と。

ボウズの危険?! そんなのは "へ"でもありません(笑)

13時半、家を出ました。 大高インター直前で マッキーさんから電話。
「船長が来るな」と言ってる(爆)。なるほど、よっぽどひどいのだろう。
で。マッキーさんの決断は 中止。
状況のいい時に行きましょう!。
しかし、なんとも親切な船長でしょう。勿論常連のマッキーさんの予約だからというのもありでしょうが・・・・
信頼できる船宿だということを再確認です。

さて、23号線をUターンして帰宅。
さぁどうしましょ!(笑)

むらちゃん妻を誘って そうだ、水族館へ行こうw。
最近 手作り水族館と 好評の
DSC_0001
へ。
15時に出発したので 渋滞は全くなし。
駐車場もすんなり

でも
DSC_0002
展示水槽が見えないほどの人・人・人

もっぱら興味が有るのは むらちゃんの釣り対象魚w
痩せたセイゴw
DSC_0003

小さなカサゴ
DSC_0004

最近、興味のある 中深海
DSC_0006
オニカサゴとウッカリはいましたが アカムツはいません。

高足カニも触ってきました。
DSC_0008

さぁ GW中の釣行計画はありません。

 明日から何をするかなぁ〜

murachanroom at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月01日

毎回の希望は無理w

GWの真っ最中ですが 今日明日は仕事です。

昨日の獲物が
名称未設定
夕食に

小さなアカムツだったので  三人の夕食には 炙りの刺し身が 一人三切れ、塩焼きが3Cm四方。
 オニカサゴの刺し身に アカムツとオニカサゴの粗煮。

めっちゃ美味いでイカン(爆)。

むらちゃん妻と娘Yは 声を揃えて 「毎回、魚はこれがいい」 って。
絶対無理なご要望・・・・

いろいろ 調べてみると むらちゃん釣行の前日には好釣果 だった様・・・・・
日ムラがあるようで A氏が得意な ジグのほうが安定釣果で分があるような・・・・
ってことは やっぱり絶対無理w

美味いものを食べさせると 常にこれと比較されるわけで 非常に辛いものが・・・・

昨日最後に 巻き上げで偶然に掛かったサバで 作ったシメ鯖 をアテに 杯を重ねて・・・・
これも美味いけどなぁ〜 と 悩む むらちゃんです(爆)



murachanroom at 20:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月30日

VIP待遇に感謝(アカムツ釣行記)

快晴微風の最高の天気に恵まれ 『かごや丸』で アカムツ釣りに行ってまいりました。

なんと お客さんは2名
DSCF4514
本来なら 最低出撃人数に達していないので 中止のはず。
粋な計らいで 出船していただけました。
たった2名の乗船なのに 中乗りでKちゃん乗ってくれました。正にVIP待遇(爆)。

この地区のアカムツ釣り、まだ未完成な部分?があって、船長も幾分手探りに状態。
船長が 正直に話してくださるので かえって信頼できます。
初体験のむらちゃんでは 何の参考にもならず 誠に申し訳なし(笑)。

5時半前 出港。
大山沖へ 1時間45分で到着。
DSCF4517
ベタ凪ぎ、数隻がアカムツ狙いで流しています。

支給エサは
DSCF4516
サンマ、カツオのハラモ、ホタルイカ。

水深は200m~300m
200号の錘との格闘なので 結構しんどい。

当たりが少ないのは覚悟の上 木っ端微塵に玉砕も覚悟していましたので 心には余裕が(大笑)。
1投目、 ユメカサゴ。
とりあえず ボウズ回避?w

一時間ほど経った 3投目、誘い下げで 僅かなアタリ、そっと聞き合わせで ・・・・
大した引きではないが オニカサゴと同様に 巻き上げ途中で 竿先を揺らします。
ドキドキ・・・・
DSCF4518
大きくはないですが 本命ゲット。 どえりゃぁ嬉しい!
なにより 喜ぶ船長(大爆)。

これなら 後2匹ぐらいは・・・・ そんな甘くありません。
トンとアタリがないまま 時間が過ぎ去ります。

10時過ぎ、落とし込んだ仕掛けが着底したと同時に 明確なアタリ。
今度は アワセと同時に重量感。
しかし 100m付近で軽くなって 一瞬バラしたか と思いましたが 40mでガンガンガン
?、 まるでオニカサゴ・・・・・
で、オニカサゴでした(笑)
DSCF4520
これはこれで嬉しい。

しかし、この後のアタリは 遠い遠い。 全くないに等しい。
むらちゃんより 頭の上の船長の嘆きのほうが大きい(大爆)。
ユメカサゴ2匹とマサバ1本を捕獲しただけで 納竿時間。

DSCF4521

たった1匹ですが されど1匹。
むらちゃんにしては でかした!

大塚氏 曰くの 「1日1尾釣れればOKの幻の魚」なので 満足してます。
ただ 再挑戦する勇気が・・・・・今のところありません(大笑)。


murachanroom at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)