村一番

「むら」LOVEなわたしが、“地の民”の根性と“むら”の生き残る道を考える

2018年2月11日(日祝)、雪が残る高島市畑(はた)にて、
君子さんの味噌造り体験があり、参加しました。

君子さんは畑の棚田のてっぺんに住んでおられる、キュートな名物おばあちゃんです。
来訪者を気さくに暖かく迎えてくださり、
ご自宅の立地から、TV番組などの訪問もよくあって、けっこう見かけます(笑
私も畑にお邪魔しだしてから、君子さんの笑顔にほんわかと癒やされています。
IMG_2970


この会は、畑集落にお住まいの はしもとさんが主催されました。
ご高齢の君子さんから味噌造りの技をしっかり教わろう、というもの。
はしもとさんは集落内の空き家を新たに借りられ、
「棚田ハウス」として民泊などの拠点として整備中。
その台所が今回の会場になりました。

この冬、初めて企画された味噌造り教室は合計5回開催。
はしもとさんのお知り合いなどにも関心高かったようで、
Facebookでイベント呼びかけがあってから、満員になるのが早かった〜!
無理を聞いていただいて参加できました。

大津市田上(たなかみ)地域には、この地特有のお漬物「菜の花漬け」があります。
「黄金漬け」とも言われる菜の花の古漬けで、花びらを活かした黄色が特徴です。
IMG_5028


すでに猛暑の予感があった2018年6月のこと。
夏を乗り切るために必須と、梅酒と梅シロップを漬けました。

2017年は「昔の梅酒があるし」と漬けなかったら、
夏場どうにも梅シロップが欲しくなり、後悔しました。
そして、これは毎年の行事としなければ、と思い直したのです。


青梅は6月の浜大津こだわり朝市で購入。
叶匠壽庵 寿長生(すない)の郷のとびきり大きくて色の良い青梅でした。


今年は赤子がおり、空いた時間にちゃちゃっとやるしかない。
梅シロップはボトルに2本。
とても適当な漬け方です。
IMG_6861


連日、そうとうに暑い日が続いています。


暑い1日を終えたぬるい空気の中、冷えたビールをぐーっと飲むのが夏の楽しみ。
だというのに、妊娠・出産・育児による1年近いノンアルコール生活のため、
「今日も暑かった〜!ビールビール!」という楽しみがありません(涙)

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_2768


2018.1.1 From Otsu-Kamitanakami !!

大晦日という感じがまったくしないのですが、
もう2017年も30分程度のようです。

いろいろ載せたいことはあるのにうまく時間が使えなかったなぁ〜。
年をまたいでも懲りずに紹介していきたいと思っていますが、とりあえず、
今年も今年中に載せておかないとその後載せにくそうな話題を写真館で!

6月10日にたっぷり漬けた「びわ酒」。
その後経過を見守っていたら、じょじょに浮いていた実が沈み始め、
半分くらいが沈んだのが11月初旬から中旬頃。
残った実も沈んでいったのが11月下旬ごろで、
だいたい6ヶ月は最低置かないといけないんだなぁと実体験でわかりました。

これは12月16日(土)の様子。
(周囲に物がいっぱいだけど 、見てやってください ///)
漬けた当初から、色合いもずいぶん変わりました。
IMG_6372

▼漬け込み当初の様子
魅惑の果実酒「びわ酒」漬けました
http://blog.livedoor.jp/muraiti/archives/52131429.html

2017年12月17日(日)、今年最後の浜大津こだわり朝市でした。
冷たい風がビュービューと吹き込み、なかなか堪える寒さの会場。
IMG_2672

お天気は良いので、琵琶湖はきれいですが・・・ おーさぶ。
写真の のぼりも強風にはためいております。


毎月第3日曜は浜大津こだわり朝市の日!
2017年11月19日(日)は浜大津こだわり朝市に行きました♪
この日も所用あり、早々に離脱。
お買い物に回って、ご挨拶してさよなら。うーん残念という滞在でした。

寒いけど、いいお天気で、浜大津スカイクロスはとてもいい雰囲気。
IMG_2558