村一番

「むら」LOVEなわたしが、“地の民”の根性と“むら”の生き残る道を考える

2017年6月17日(土)のこと。
年に何回か集まられる仲間のキャンプに混ぜてもらいました。
IMG_5677

慣れておられるのか、準備も分担されていて周到な段取り、
自分のほしいものは自分で持ってきて、チェアと食器類は各自というルールだそう。
当初の段取りいただいた方は荷物も多くて大変だったかと思いますが、合流がスムーズ!

私たちはお酒の搬入と、ビールサーバーの持参役だったので、到着は特に歓迎されました。

2017年7月8日(土)、inugaoさんのお呼びかけで、しみっちゃんさんと
某蔵元さんと、某蔵人さんとのお酒好きグループで京都・鞍馬口の「若水」に出かけました。

「若水」は鞍馬口の1番出口から30歩ぐらい。
ほんとすぐ!
お店に伺うのは数年ぶりです!

店主の作石さんは同い年で、もうかれこれ何年?8年?9年?ぐらいはお知り合い。
熟成、常温熟成、燗酒への傾倒深く、独立して「若水」を構えられる前までは、
町家のご自宅「鞍馬口ん家」で定期的にお酒の会をされていました。
朝市にもP箱を持ってお買い物(仕入れ?)に来てくださり、
みんなから「Pちゃん」とあだ名が付いたものでした。(なつかしい〜!


久しぶりに伺った「若水」。
この箸置きも、オープンのときに可愛らしくて愛でた覚えがあります。
IMG_5837


2017年7月16日(日)、浜大津こだわり朝市でした!
今月は、「七本鎗(しちほんやり)」冨田酒造さんをピックアップ!

人気の七本鎗各銘柄ですが、朝市では、1ヶ月以上前にお蔵まで利き酒に伺い、
そして朝市お酒ブース シャチョウ 小川酒店さんで寝かせていた秘蔵酒も確認、
満を持して、4種類のお酒が選ばれました。
IMG_5876

4種類のうち1つは、超レア!
「垂れ口直汲生原酒 玉栄 純米」 平成27年醸造? これは売り切りで、
本数少なめのため、「純米 吟吹雪」の1年ものが後半から登場という演出でした。
そして他は、
無農薬米を使った「純米 無有(むう)」火入れ経年もの、平成25年醸造と平成26年醸造。
「純米 80%精米」、愛称:エイティ の生酒。

2017年7月19日(水)、
湿気が抜けて、一気に真夏らしく、と思ったら今日は梅雨明けの発表があったそうですね。
ふと気づいたら先週末には発見できなかったセミの抜け殻がたくさんありました。
IMG_5895


2017年5月13日、野洲市須原 魚のゆりかご水田の田植えに行った帰り、
JAおうみ富士ファーマーズマーケット おうみんち に立ち寄ってバジル苗を買いました。

プランターに3本。
定番のスイートバジルを2本(右と真ん中)、
種類に富んだ品揃えの おうみんち。面白くって、1本だけ「ナポリターノ」という品種を購入。
IMG_5869

周囲がぎざぎざで、大ぶりの葉が付く品種(左)。
夏本番まで持たせられるかどうか、と不安になるほど、だいぶ楽しんでいます。



2017年6月11日(日)、畑の棚田での草刈りのあと、食事にでかける。

毎年、4月にお手伝いしているマキノ町海津 吉田酒造さんの「望桜亭」ですが(→)、
蕎麦を打ちに「マキノそば宿」という趣味を高めているおじさんグループがお越しです。
そこで、美味しい蕎麦情報をいただいたりするのですが、
ずっと前に教わっていたお蕎麦をようやく食べに行けました。


それは、「そば宿」のおじさんたちの師匠的存在が手がけるお蕎麦。

2017年6月11日(日)、畑の棚田へオーナー制「こだわりコース」の草刈りに行きました。
こだわりコースは7組のみ。
あと、草刈りが行事に入っているのはお酒オーナーさんたちだけなので、
田植えや稲刈りの大きな規模とは打って変わって静かな幕開けです。

しかも、慣れた方たちは1時間も2時間も早くにお着きになって、
涼しい内に作業を終えて、私たちが着いた10時頃にはもう帰途、という方も!
ほぼ自己責任での実施、イベント風味というよりも、本当の農作業に来たかのようであります。




京都の有名商店街「京都三条会商店街」で5月に行われている「地ビール祭京都」。
過去には、2011年に1度だけ行ったことがありました。
これまで、田植えと重なったりで逃していたのですが、今年は久しぶりに出かけました。

お酒仲間のinugaoさんはほぼ?毎年ご参加。
今回もご一緒でしたが、2011年もご一緒したのです。
このときは、三条商店街内の「三条大宮公園」に地ビールブースが並び、
商店街内には1ヶ所程度の出張ブースがあったぐらい。
閉まっているお店も多く、公園内のフードブースは速攻で売切れ。
外国の方も多くお越しで、多彩ににぎわう公園と静かな商店街・・・という記憶でした。


inugaoさんによると数年の間に「だいぶ変わった!」とのこと。
どんなかな〜とドキドキ。
前日には、実行委の主力であらせられる京都の地ビールバー「麦潤」さんで情報収集し、
万全の心構えで挑んだのです・・・ッ!


そしたら、ほんとにすごかった!!!!!!