村一番

「むら」LOVEなわたしが、“地の民”の根性と“むら”の生き残る道を考える

作家市で購入したお皿や平鉢を持って、いつもの居酒屋さんへ。
同額で買い取ってもらう約束をして、作家市で買い物してきています。
ここで使ってもらうように選んでこれるので、楽しみ倍増!

この日は器好きのおーちゃんさんもお誘いしてお披露目です…

買ってもらい出して3年目。
当初の年、サイズと形を気にしながらくまなく探していたときに、荒賀さんの器を見つけ、
ここのお料理や使い方のテイストに合う気がするなぁと毎年買ってきています。
IMG_3786


2016年5月22日(日)、今年も高島市畑(はた)の棚田オーナー制、田植えがありました!
こだわりコースのオーナーになって早、13年目。
長く続けて来られるのも、実施してくださる母体と、取り組まれる地元、
ご一緒してくれる友人の力があってこそです。


ぐーんと募集人数をしぼられるようになった近年、今年も少ない参加募集でしたが、
人であふれて大変な運営状況よりも、ちょっとゆったりと過ごせるいい規模感だと感じました。

開会の挨拶を畑の棚田保存会のひでおさんから。
DSCF3366


2016年5月15日(日)、浜大津こだわり朝市が好天の中行われました!
暖かいのですが、風が通って大変過ごしやすく、気持ちいい〜 空間でした。


朝市の小川酒店ブースにはお初の2蔵。
5年目 6造り目の長浜 佐藤酒造さん。
そして湖南の竹内酒造さん。
IMG_3815


洛中洛外図屏風の切手と多肉植物〜。
IMG_3766

地元のお祭りつつじ祭りに出店されている郵便局さんは特殊切手を山盛り
持ってきてくださるので、つい立ち寄って買ってしまいます。

数年前など、ムーミン切手を「街の郵便局にはもうないよ!」と売ってました(笑)



洛中洛外図屏風は切手趣味週間シリーズの2016年。すばらしい素敵。
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2016/h280420_t.html
多肉植物は2015年冬のグリーティング切手。
https://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2015/h271211_t.html

見るほどに、切手の収支構造というものが気になりますね・・

これまでから、母がお友達から聞いていた
「友人が酒造?の建物でお酒を出しているので、娘さんがお酒好きならぜひ」という情報。
連休初日、唐突にお伺いすることになり、行ってきました。
ドライバー、母。
父と私が飲める人。


元室生村、現在、宇陀市室生無山(むやま)

車でないとたどり着けないわが実家から、
車でないとたどり着けない無山まで、約20分。
集落の小高いところにどことなく滋賀県内でも見慣れたお蔵の煙突と大きな瓦屋根・・・
向かっていくと小さく看板が出ていました。
DSCF2920

まだ半信半疑(笑)

今年は行けないかな〜 と思っていたけれど
予定調整の結果、5月4日(水祝)午後から行ってこれました!

会場の陶芸の森に続く道は信号と駐車場入り待ちの車で渋滞・・・
後ろの時間も気になってハラハラしたけど、一番下の駐車場に滑り込めたのでスムーズに到着。

良いお天気で、とっても爽やかな作家市会場です〜♪
DSCF3018



2016年5月8日(日)、5月の朝市お酒決めに行ってきました。
またもや2蔵が登場する特別朝市です。
2蔵特集はめったになかったのですが、増えてきました。
2月のスペシャルと、4月の桜・桜、そしてついに5月も・・・!
もはや取り上げたいお蔵の数と月の数が合っていないんです。12以上あるんですよね。。


そんな2016年5月の朝市、今回はお初のお蔵
朝市初登場、「佐藤酒造」さんと「竹内酒造」さんの2蔵が登場!
佐藤酒造さんにおかれましては、2011年3月に新たに酒造免許を取得され5年目、
本当にお初の蔵なのです。
IMG_3778


晴れ渡ったG.W.前半の三連休最終日、
びわ湖ホール周辺で開催されていた「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016」(公式サイト→
に合わせて 湖岸のおまつり広場で実施された「なぎさカフェ」()に出店。
おなじみ朝市のメンバー、小川酒店と愉快な仲間たちで3種類の日本酒をショット売りしました。
IMG_3752
IMG_3749


DSCF3010

つつじ祭りの神野山散歩から帰途、
毎年同じようなルートで歩いていると、ちょっとずつ変化に気がつくもので、、

撮っていた写真で数年前→現在の様子がわかるものを探してみました。