村上博のバリアフリー奮闘記

熊本市議会初の車いす議員、村上博は生まれ育った地域で暮らし続けられる「バリアフリーなまちづくり」を通して、熊本を住みやすい街にするため毎日奮闘中! ここに、活動の様子を折々にお知らせします。

北国街道イン長浜

ワイズメンズクラブ西日本区大会が開催された長浜市は琵琶湖の北、湖北と呼ばれている。


琵琶湖一周180㎞、県庁所在市大津市まで車で一時間半、関西圏ながら名古屋までの方が近い、とぽてとファームの佐野さん。


佐野さん推薦の長浜の郷土料理「鮒寿司」


青カビチーズが食えたらイケルよ、と佐野さん。

なるほど好きな人にはたまらないクセがある発酵食品。


二切れ食べたが、イケルところまでは…遠かった。


大手門商店街は昔の風情タップリの街並み。

午前中しか回れなかったが、「鉄道記念館」、明治天皇行幸時の休憩所として三ヶ月の突貫工事で建築された「慶雲館」では“盆梅展”と日本庭園が有名。

魯山人が投宿した「安藤家」。
看板、フスマ、天井に魯山人らしい作品があちこちに。この安藤家の日本庭園も慶雲館の庭を作った庭師の助っ人が作ったそうだ。


アールヌーボー、アールデコのガラス工芸品を収集した成田美術館は女性館長が収集した個人の美術館。
煎茶と干菓子の接待に感激


後ろ髪引かれる気持ちを押さえて帰路に。やっぱり、最低でもあと一泊しないと

長浜はいいです


新大阪から熊本直行の予定を変更、博多駅で途中下車。目的は“石畳ロール”


お笑い芸人のU字工事が並んで買った今話題の「石畳ロール」を並ばずに買った。甘過ぎない生クリームの味は大人の味、絶妙


二泊三日、琵琶湖湖北の旅は想い出深い旅になった。

ぽてとファーム

昨年、滋賀県長浜市の佐野さんに熊本市大江公民館で講演をしてもらった。


佐野さんご自身が車いすの当事者で、東日本大震災ではいち早く物資を調達し、10日後には自ら運転する車で現地に入られた。


講演では現地の生々しい被害の様子と支援活動と障害者の状況について話してもらった。

ところで、長浜市で9日~10日の日程で開催されるワイズメンズクラブ西日本区大会に夫婦で参加する。


大河ドラマにはよく登場する歴史的に有名な交通の要衝だ。


しかし、普段は滅多に行く機会などない。ラッキーなことに佐野さんがいるし、障害者の人たちが働くぽてとファームもある。佐野さんはぽてとファームの代表理事だ。


せっかくの機会、だから一日早く出発し、佐野さんと会う計画を立てた。


一年ぶりの再会が楽しみだ。それからぽてとファームも案内してもらう予定。楽しみだ。

それにしても新幹線は速い。30分ほどで博多を過ぎた。


隣で歌の練習をしていた和枝さんがいつの間にか静かになった。お休みのようだ。


久しぶりの旅、仲良くを心がけながら、バリアフリーチェックも注意したい。再見

障害者カヌーフォーラム

連日竜巻の被害の様子が報道されているが、被害の凄まじさに驚くばかり。


お亡くなりになった高校生のご冥福をお祈りすると同時に被災者の皆さんへお見舞い申し上げます。


ところで、9月30日に第9回となる障害者カヌーフォーラムを開催する。


会場となる緑川乙女河原がある甲佐町にはこれまでも全面的にバックアップしてもらっている。


連休明けの5/7、甲佐町長に支援のお願いに行ってきた。


秋空の下、参加者の沢山の笑顔を思い描き、頑張ろう

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ