(その1)の上に(その2)が上書きされてしまったようで、ショックです。大ショックです。

ああ、もう一度、書くのか・・・


2011年5月21日、原発Emslandが定期検査に入ったことで、ドイツの原発17基(総出力20.5GW)のうち、4基(総出力5.4GW、全原発の26%にあたる出力)しか発電できない状況に陥りました。5月26日には、定期検査を終えた原発1基が稼動をはじめたのですが、6日間にわたって、近年のドイツでは経験したこともない急速な原発なしの事態を迎えました。

こうした事態を迎えたときに、日本語のメディアでは、「フランスの原発電力の輸入で賄っている」というメガネを通して報道がなされたようですが、多くの自称電力通、欧州通の方も、同じメガネでこうした事象をみていると感じていましたので、大変手間ではありましたが、各種の情報を取り寄せ、取りまとめることで、こうした議論に決着をつけたいと思います。

まずは、ドイツの電力事情にかかわる基礎情報です(それすら知らないで、ドイツ云々の議論をしてもらっては困るのですが、まあ、こういうのはサービスで):

・ドイツの年間電力消費量 604,000GWh(2010年)
・ドイツの5月の月間電力消費量 約40,000(ここ数年の平均値)
・ドイツの5月のある平日の1日の電力消費量 約1,400GWh
・それを賄うために必要な発電出力 50〜60GW(日中、というより朝晩のピーク時も考慮)

この数字は、(その2)以降でも、必要ですから覚えておいてくださいね。出典はBDEW:ドイツ電力・水道事業者連合(電事連のようなものです。以下の数字も同じ)。

そして、こうした電力需要を賄うために、どれだけのドイツには発電出力があるのかというと:

ドイツには、全出力で140GW160GW出力容量の発電施設があります:

・石炭火力:29.0GW

・褐炭火力:22.4GW

・原子力:20.5GW

・コージェネ:20.8GW

・ガスタービン:23.1GW

・風力:25.8GW

・水力:10.3GW

・その他、太陽光、廃棄物、石油、バイオマス、小型発電機などで数十GW


ということで、一般には、風がない、曇りや夜間、ゴミもない、渇水、温水需要がないなど、不安定な要素のある自然エネルギーやコージェネ、分散型の発電施設を除き、かつ安定供給できる発電所も、点検や補修など稼働率を考慮すると、控えめに見ても、ドイツには常時86〜87GW出力の発電施設があります。

また常識的には、一律にすべての自然エネルギー発電や分散型発電の発電を停止させることは想定しがたく、分散されているからこそ、そして前提条件が多様だからこそ、ある一定量の発電は常時行っています。ですから、こうした86GW出力の発電能力のうち、40〜45GW出力分だけ発電できると、ドイツでは電力の安定供給が行えることがわかります。

もちろん、人的なミス、テロによる集中攻撃、あるいは隕石による発電施設のピンポイント破壊などの事柄が発生しない限り、ドイツでは原発減少分15.1GWがなくとも、あるいは全原発が停止したとしても、まったく問題なく安定供給できるわけです。

また、各種の専門機関は、今の期間(あるいは同等に急速にドイツが脱原発した場合)の電力取引価格の上昇分から、電力料金への反映がどのようになるのかを研究しているところですが、月世帯負担がゼロ〜数千円と多様で、まだ統一した見解や数字は出てきていません。何度かこのブログでも繰り返しになりますが、中期的には、電力価格は安価に、安定した状況に向かうという見通しがあるからこそ、そして、なにもしなければ、高騰する原発新設費用、事故のリスク、化石燃料+ウラン費用などによって電力料金は不安定に高騰するという前提があるからこそ、ドイツは自然エネルギーへの大々的な転換をエネルギー政策の柱にしています。

はい、この数字だけでも、議論を終えても良いのですが、ドイツでは発電しようと思えば発電できる能力がありながら、今も、昨年も、フランスから一定量の電力を輸入超過していますから、その辺についても詳しく見てみましょう。

(続く)