2009年04月10日

よくある相談941・:・心臓弁膜症

853d05a9.JPG黄砂晴れ

スモッグ晴れ

どんど晴れといきたいが

裏の鈴鹿の山々が見えない

快晴のべた曇??

寝釈迦も「息苦しい、何とかしてよ」と

中国・北東アジアの浄化を祈る

アーオーウーエーイー






心臓弁膜症 

右心房→心室の調整 三尖弁

    右心室→肺動脈 肺動脈弁  左心室→大動脈 大動脈弁

    肺→左心房→左心室 僧帽弁(これが最も多い)

    右からウイルス、細菌、抗体等を抜く

   タイプは二つ 弁口狭窄と弁閉鎖不全


腸は「第二の脳」

 腸には脳に次いで多いおよそ1億個の神経細胞が存在します。そして腸の神経細胞は腸神経系という独立したネットワークを形成していることなどから、腸は「第二の脳」とも呼ばれています。

 その腸の神経細胞の一つ、センサー細胞は食べ物が入ってくるとセロトニンという物質を出します。腸にあるセロトニンは神経を介して腸の筋肉を動かし、「ぜんどう運動」を起こします。

 センサー細胞は食べ物の消化のしやすさにあわせてセロトニンを放出することで、消化・吸収がうまく行くようにコントロールしているのです。

 ところがストレスを受けると・・・

 脳は身を守るためストレスホルモンを出します。腸のセンサー細胞は、ストレスホルモンを受け取り続けていると異常を起こしてしまうことがあります。

 すると、セロトニンが大量放出され、腸の動きが活発になりすぎたり、不規則な収縮を起こしたりして下痢や便秘が引き起こされると考えられています。

 これが、敏感性腸症候群が起こるメカニズムの有力な説です。






この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/murakoujin/51894534