ゲーム的思考回路

ゲームについて考えたことをアウトプットして整理するブログ

【INSIDE】脱走する少年を描く横スクロールアクション

20160708192900_1

少年は何から逃げ、何と戦ったのか

PLAYDEAD作品
PLAYDEAD作品はLINBOが2011年に配信され、2Dパズルアクションでありながら示唆に富んだ作品として話題を集めました。LIMBOは以前から買っていたいたのですが積んでしまい、結果的にINSIDEをプレイしてからLINBOのプレイを決意した次第でした。結末には言及しませんが考察を含むのでちょっとネタバレ注意です、あしからずご承知おきください。

逃げる姿を描くことで生きるための闘争をまざまざと描く
LIMBOから5年の歳月を経て配信されたINSIDEは基本的なアクションはそのままですが、前作のようなファンタジーさがなくなり、背広を着た大人やオフィス什器、自動化された監視システムなど現代を想起させる描写が多いのが特徴です。奇しくもスタート地点はLIMBOと同じく森の中でした。

プレイしたおおよその感覚ですがINSIDEは『逃走~侵入~探索~破壊』という4つのチャプター構成です。最初は必死に逃げる姿が描かれていますが、むしろそのことで生に対する貪欲さが浮き彫りにされている気がします。今回はプレイ中に気になった2つモノをピックアップしたいと思います。
20160708195238_120160708201322_1
20160708202407_120160708223030_1

水中を泳ぎ回る長髪の子供
20160708214935_1
施設のなかを泳いでいると本人の身長をゆうに超す長い髪の子供が登場します。主人公めがけて泳いでくるホラーな子供です。よく見ると子供はへその緒がつながったままになっています。つまり産後適切な措置を施されずにそのまま水中へ捨てられたのではないでしょうか。最初、長い髪は時間の経過を表しているのか、女性であることを表しているのか、悩みましたが今は女性であると考えています。
20160708220340_1
長髪の子供は複数のエリアで登場するので何人もいるものと思われます。しかし、ある場所では主人公が捕まり「また殺されたー」と思いきや、長髪の子供が少年に息継ぎ無しでも泳ぎ続けられる能力を授けます。長髪の子供たちが本当に大人のエゴによる犠牲者だとしたら、いくつもの困難を乗り越えてきた少年に希望を見出したのかもしれません。これ以上捨てられる子供を増やさないために、あるいは大人への復讐を少年に託したのかもしれません。ここから世界観そのものが変わり始め、作中の大きなターニングポイントだと思っています。また、2枚目の画像は主人公の少年が中心に映ってるのですがへその緒がつながったように見えます。へその緒がつながった生まれたばかりの子供のそばには必ず母親がいます。長髪の子供が女性であると思ったのはこのシーンでした。

頭脳が機械とつながった大人たち
20160708221403_2
このエリアの画が一番衝撃的でした。画像だとよくわかりにくいので説明すると"上に"水が溜まっています。ボックス型の機械はロープで"上で沈んでいる"人間の首にくくられています。人間は隠れて機械化あるいは情報化した頭脳が出現している。自分の体を晒すことなくアカウントだけがはびこる現代のSNS社会を表しているのかも…?

自分でプレイして感じてみよう
いろいろと考察の余地があるPLAYDEAD作品ですが、個人的にINSIDEのほうが現実感がありますし様々な演出に衝撃を受けると思います。いくら説明されたところで感じ方は人それぞれです。 2~3時間ほどでクリアできるのでぜひ遊んでみてください。

【Stardew Valley】都会の喧騒を抜け出し自然豊かな自給自足へ

20160619221149_1

時間はいくらでもある。やりたいようにやっていこう。

Stardew Valleyを舞台に自給自足
ざっくりとあらすじを説明すると、主人公はjoja社であくせく働く社員だった。しかし、亡くなった祖父の手紙を見て、都会の喧騒を抜け出しStardew Valleyでの生活を決意した―――、という内容になっている。誰もが一度はあこがれるシチュエーションかもしれない。何もしなくてもゲームオーバーになることはないし気楽にいつまでも農作業や採掘、釣りなどを楽しめるので、あまり攻略を意識しすぎず四季の移り変わりを眺めながら新しい発見をしていくことがこの作品を楽しむコツかもしれません。
20160619222027_120160619222050_1
20160619221947_120160619221957_1

今後CS版への移植も予定されているということで、今回は1年目をプレイしてみて「知っておくと良いかなぁ」って自分なりに思ったことや序盤の進め方をいくつか書いていこうと思います。あくまでも自分でやってみた感触なので、全部をちゃんと知りたい方はwikiをご覧あれ。なお、日本語化やキャラ絵の差替などのMOD導入はこちらのサイトを参考にしました。


まずはリュックの購入を目指そう
ゲーム開始時のインベントリは12個しか持つことができないのでろくにアイテムの収集ができません。ペリカンタウン広場の北側にあるピエールのお店でリュックを買いましょう。最初は2000gかかりますがインベントリを24個に拡張すればだいぶ生活しやすくなります。36個に増やすのは2年目以降でもいいと思います。ちなみにピエールの店の入口左にカレンダーとクエスト依頼があります。クエストは掲示板の右下あたりを調べると反応します。
20160703214150_120160703214715_1

バンドルは最優先に収めよう
何日か経つと村長にコミュニティセンターを案内されます。そこにはジュニモと呼ばれる妖精(精霊?)が住み着いておりStardew Valleyの様々なアイテムを欲しがっています。アイテムを収めてバンドルをコンプリートすると収めたアイテム以上に価値のあるアイテムが手に入るうえ、カテゴリのバンドルすべてコンプリートすれば新しいマップに行けるようになったりするので売ったりせずにまずはバンドルを完成させましょう。バンドルに必要なアイテムはインベントリ画面からいつでも確認できます。
20160624203328_120160703130957_1 - コピー

余った体力で農場の木を切り倒してフィールドスナックを作ろう
体力を回復させるには何か食べる必要がありますが、自宅をアップグレードしなければ料理はできません。序盤はクラフティングで食べ物を用意しましょう。初期の農場には樹木がそこら中に伸びているので余った体力を使って伐採していきましょう。簡単には無くならないのでバンバン伐採しても大丈夫です。カエデ、松、オークがそれぞれカエデの種、まつぼっくり、どんぐりを落とすのでそれらでフィールドスナックをつくることができます。序盤は重要なエネルギー源になるでしょう。
20160619223334_120160703214030_1

洞窟の下層を目指そう
マップ北東に洞窟があります。何階まであるのかはあえて言いませんが、特定の階層にたどり着けば日々の作業を楽にしてくれる非常にありがたいアイテムが眠っています。5フロアごとにチェックポイントとなるエレベータが設置されているので1回5フロアを目安に進めていくといいでしょう。採掘していると体力を消耗するので食糧を忘れずに。モンスターに倒されるとアイテムをいくつか失ううえに、せっかく進めた階層を戻されてしまうので無理はしないようにしましょう。
20160621224527_120160624225446_1 - コピー

川、湖、海について
釣果のバンドルもあるのでそれぞれのエリアをメモしておきます。川の上流は湖扱いのようです。
20160703130939_1 - コピー

季節は1か月ごとに変化。季節に対応していない作物は1日で枯れてしまう。
季節は1か月ごとに移り変わります。季節が変わってしまうと昨日まで育っていた作物もあっという間に枯れてしまうので、種を買うときは説明を読んで実るまでの期間に注意しましょう。作物を育てるためにジョウロはなかなか手放せませんが、月末の合間を見て街の南東にあるクリントの鍛冶屋でジョウロをアップグレードしましょう。水やりの手間を省くと広範囲を効率的に作業できるようになります。
20160703131139_120160624210334_1

季節を楽しむ農場ライフを。
豆知識はとりあえず以上です。大抵のことはプレイしながら発見できるので気楽に生活を営みましょう。都会を離れて自然に根差した生活をしているStardew Valleyの人々は四季の移り変わりを楽しんでいます。プレイしつつもその精神は私たち日本人にも通じるところがあると感じました。春にやり残したことは来年の春にやればいいのです。ゲームオーバーなど気にせずのんびり農場ライフを楽しんではいかがでしょうか。
20160624204414_120160624204546_1

【Mirror's Edge Catalyst】ガラスの街をパルクールで駆け抜ける

20160619203352_2

一人称視点パルクールの金字塔。タマヒュン。

高層ビルが立ち並ぶガラスの街を駆け抜ける
本作は前作『ミラーズエッジ』の続編にあたる作品。高層ビルの階段を駆け上がり、フェンスを乗り越え、隣接するビルに飛び降りる、と前作のゲーム性をそのままに引き継いでいるので、もし前作をプレイ済みなら今作も同様に楽しめる。白をベースにした赤のスタイリッシュなコンセプトカラーも健在だ。常に高所を駆け回るので高所恐怖症の人には向かないのは前作と同様だが、今作は画質や音響も向上しているので高いところでも地上が見えるし突風が吹き荒れる音もよりリアルになった。
20160612141022_120160611124129_1

主人公「フェイス」の過去が明らかに
前作のムービーパートはアメコミ風の紙芝居もあったのだが、今作はすべてCGになった。フェイスの過去が明らかになり、幼少期のフェイスが登場するので意外と気になる人は少なくないのではないだろうか。街のシステムを掌握し監視しようとする「クルーガーセック」と呼ばれる企業との物語が描かれている。
20160611111428_120160612135418_1
20160612134030_120160612133929_1

オープンワールドのミッション制になり様々な追加要素が登場
前作は最初から最後まで用意されたコースをチャプターごとにプレイだったが、今作はミッション以外はフリーに街を移動できるようになった。その変更に合わせるようにファストトラベルが可能となり大量のサブミッションとコレクト要素が登場した。サブミッション等はすべてスルーしても問題はない。そして成長要素も登場し経験値をためてスキルを解放することができるようになった。スキルは「移動」「戦闘」「装備」のカテゴリに分かれているが、快適な走りを求めるなら「移動」を中心に解放していくといいだろう。最後に一つ、コースメイキングが可能になり、作成したコースは他のプレイヤーが走ることもできるようになった。
20160612132553_120160612134213_1

ランナービジョンにより初見でも快適にパルクール
今回最も評価したい点はランナービジョンと呼ばれるナビ機能の搭載だ。目的地を設定すればルートを赤く表示してくれるのでどこを飛び越えてばいいのか一目で分かるようになった。この機能のおかげで初めてのルートでも快適に走ることができる。とはいえ、ナビが示すルートは往々にして最短ルートとは限らないので最速タイムを出したいときはそれなりに研究が必要だ。やりこみ好きな人にもおすすめ。
20160612171815_120160612135900_1

Twitter プロフィール
ゲーム好きなら誰でも歓迎!好きな作品についてはツイプロを。このアカウントは主にPCゲームとお酒でできています。最近はビールからウィスキーに移りました。RainbowSix:Siege(PC)はいつでもやってます。MMO初心者ですがToSやってます。https://t.co/lNAQDmpbzc