ゲーム的思考回路

ゲームについて考えたことをアウトプットして整理するブログ

【Mirror's Edge】監視された街を駆けるパルクールゲーム

2016-02-15_00067



2016-02-12_00036もう5年前の作品ですが、これから新作の「Mirror's Edge Catalyst」に向けてプレイしました。一人称視点で壁を走りビルからビルへ飛び移るパルクールゲーム。地上数十メートルのパルクールはタマヒュンポイントがたくさん。敵に追われるシーンでは背後から銃撃される緊迫感を味わえるので映画の主人公になった気分。ちなみに主人公は「フェイス」と呼ばれる女性で、さながら攻殻機動隊の少佐のような信念の強さを持っている。

2016-02-12_00039隣のビルに飛び移ったりできるところは赤くハイライトされるので、初見でもつまずかずに駆け抜けることができる。さらに、敵の銃を奪って殲滅したりと戦闘アクションも用意されているのでアクション好きならオススメしたい。ところで高いところが苦手な人にはこの作品はどんな印象なんでしょう。


2016-02-14_000162016-02-15_00019
2016-02-12_000892016-02-12_00071



【Unravel】人に思いを寄せるアクションパズル

2016-02-12_00146



 2016-02-11_00186糸の主人公「ヤーニー」が冒険するアクションパズル。とある家族のなかで人知れず動き出した毛糸のヤーニーはその家族の思い出を辿る冒険に出発します。家族の思い出は森だったり山道だったり海だったり、そして別れだったり。毛糸でできたヤーニーは赤い毛糸を伸ばし続け、思い出を辿り絆を紡ぎます。たった何センチかの目線に立った世界は単なるアクションパズルではなく、地面を間近で見てた懐かしさを感じたり家族の思い出の品一つ一つに目が留まります。プレイしていると時折ヤーニーも感情をあらわにしたり、どこかを眺め始めたりします。綺麗な風景だけでなくヤーニーからも目が離せません。

 ゲームとしての難易度は決して高いわけではないですが、毛糸でぶら下がったりモノを引っ張ったり結びつけたりといった毛糸ならではのアクションがあります。ちょっとした閃きが必要。そしてこの作品の素晴らしいところの一つはグラフィックです。グラフィックが綺麗なゲームはたくさんありますが、この作品ならでは素晴らしさは、実際に私たちが昔見てきたような雑草をはじめとした様々な自然が冒険の世界にある。というところがいたく感動できたのだと思いました。
2016-02-11_002912016-02-11_00132
2016-02-11_004032016-02-11_00449


2016-02-09_00013 ステージをクリアしたら必ずアルバムを開きましょう、あることに気付くはずです。この作品は人に思いを寄せ、様々な感情を綴っていたように思います。最後まで胸に迫る内容でした。私たち人間も過去から現在、そして未来へを記憶や想いを紡ぎます。ヤーニーが物語の始めからずっと毛糸を垂らし続けていたのは、それを表現していたのかもしれません。


 最後に、ゲームの内容に直接は関係ないのですが、ゲームの冒頭に表示される開発者のメッセージ。ここまで作者の前向きな思いを込めたメッセージをダイレクトに載せるのは、表現としてのゲームに希望すら感じる内容だったし、こういう情熱はどんどん発信するべきだと思ったので抜粋します。全文は購入をば。

『「Unravel」は、この2年半の間、私たちが真心込めて開発してきたゲームです。その作品をやっと皆さんのもとにお届けでき、ここから嬉しく思います。大きな影響力を持ち得るゲームという作品は、私たちのような小さな開発スタジオにも、全世界の人々に向けてメッセージを発信するチャンスを与えてくれます。こうした考えから、愛、郷愁、壊れた絆の修復などをテーマとした「Unravel」が生まれました。みなさんはこの物語から何を感じるでしょうか。』


※おまけ
ヤーニーの作り方

2015年やったゲームまとめ

年末にTwitterで「」というハッシュタグをツイートしてコメントしたときのまとめです。一部を除いてすべてSteamより配信してます。


最も推したいFPS。

アルミ缶は拾いましょう。思いのほか泣ける。

リアルだけど弾は恐ろしくまっすぐ飛んでいきます。

プレイヤーは誰?

急所を突かなければそもそもダメージが入りません。実はまだクリアしてない。

移動が暇ならラジオを聞くことで紛らわせよう。

ラストは泣きそうになった。自然界では誰もが戦っているのだと。日本語あります。
記事を投稿してます → http://blog.livedoor.jp/muramasa1450/archives/1037893108.html

詳しくないけど、あんな数ピクセルで格好を表現できるってスゴいよね。

マネジメントアクション。
記事を投稿してます → http://blog.livedoor.jp/muramasa1450/archives/1043924997.html

女性キャラが魅力的。PC版はおっぱい見えます。良いゲームなのは間違いないのだがボリュームが大きくてまだクリアしてません。


交通渋滞に要注意。

2560×1440のグラフィック搭載。スクショチャンス満載。



基本無料とは思えないクオリティ。SteamではなくPmangより配信してます。
記事を投稿してます。スクショ多め。 → http://blog.livedoor.jp/muramasa1450/archives/1042338006.html

通常のRPGは1パーティvs1パーティだけど、この作品は5パーティvs5パーティの戦闘などもあります。状況次第で他のパーティを援護に向かわせたりします。
重ねて申し上げますが、グロ注意。
記事を投稿してます → http://blog.livedoor.jp/muramasa1450/archives/1038096628.html

一枚目はキャラメイクした主人公です。PC版はSteamではなくOriginより配信されてます。

Twitter プロフィール
ゲーム好きなら誰でも歓迎!好きな作品についてはツイプロを。このアカウントは主にPCゲームとお酒でできています。最近はビールからウィスキーに移りました。RainbowSix:Siege(PC)はいつでもやってます。MMO初心者ですがToSやってます。https://t.co/lNAQDmpbzc