幻想的で、昔読んだおとぎ話のようなゲームをしたいなら是非オススメしたい!CHILD OF LIGHTはSTEAMで$14.99で配信中、PSNでも配信中。

 水彩画のような背景とクレパスで描かれたようなキャラクターの立ち絵が特徴的で、「絵本を体感している」気がするくらい世界観が素晴らしい。ちなみにこの作品自体「おとぎ話に刺激を受けたRPGタイトル(steamストアページより)」らしい。

2014-08-01_000072014-08-03_00002

2014-08-08_000112014-08-06_00004

 敵はシンボルエンカウントになっていて、戦闘は比較的シンプルでアクティブタイムバトルシステムを採用している。キャストに入るとコマンドを決定してキャストが終了する(ラインの右端〉と行動する。ここでキャスト中の敵を攻撃すると「妨害」することができるが、逆に「妨害」されることもあるのでタイミングを見極めて戦略を立てないといけない。レベルが上がるとステータスが上昇しスキルポイントを獲得する。そのポイントの割り振り方で成長に方向性を付けることもできる。ちなみに難易度は高くはないと思う。戦闘のコツさえ掴めばレベル上げに割く時間は必要ないだろう。

2014-08-01_000162014-08-09_00011

2014-08-06_000132014-08-01_00017

 また、このゲームの特徴の一つは「ホタル」の存在。もちろんストーリーにも絡んでくる登場人物(?)なのだが、フィールドや戦闘に大いに活躍してくれる。steamの場合はマウス操作で画面上を自由に移動でき、クリックして光らせれば敵の目をくらませることができる。これはつまり、フィールド上ではシンボルエンカウントを避ける事ができるし、戦闘中なら敵の速度を遅くすることができる。

 余談だけどゲームの進行はキーボードだけで済むので、例えばにマウスを彼氏彼女ないしお子さんに渡して「ホタル」を操作してもらったりするのも一つの楽しみ方じゃないかなーと思ったりもした。

 さて、RPGならば当然キャラクター同士の会話も魅力の一つ。このゲームではおとぎ話らしい比喩表現がたくさん出てくる。個人的にこういう会話は好き。洒落たことをさらっと言えるようになりたい。

2014-08-05_000022014-08-06_00010

2014-08-01_00009

 CHILD OF LIGHTはおとぎ話ならではのあたたかみを持った作品であると同時に難易度も程よく優しいRPGだ。なのであまりゲームをしないという人にも、いわゆる「オタク」的なゲームではない、新たな一面を持ったゲームとしてエントリーして欲しい作品でもある。しかしその一方で、濃密なストーリーや深い戦略性を求めるプレイヤーには物足りなさを感じてしまうかもしれない

 とはいえそこは肩肘張らずに「LIGHT」な気持ちで楽しんでもらいたい。各所で流れるテーマ曲も心地いいのでぜひプレイしてみてネ!