2015-09-23_00001

廃墟好きへおすすめ、雰囲気満点。

一人称視点で廃墟を探索しながら脱出を目指す
本作はほとんど説明がなく主人公がベッドから目が覚めてゲームが始まる。人の気配がなくホラーテイストではあるものの、ホラー苦手な自分でも最後までクリア出来たので心臓の弱い方もご安心を。プレイ時間は2時間だったのでさっくり楽しめます。

水を入手→「花」を咲かせる→寝る→裏世界へ
ゲームの流れとしては、「花」に水をあげてからベッドで寝ることで「夜の世界」で目が覚める。夜の世界では起きている間に行くことができなかった通路が通れるようになっているので次のエリアに進むことができる。また夜の世界でしか入手できないヒントがあるので可能な限り探索しながら進んでいこう。読めない文字は決して文字化け等のバグではありません。
2015-09-23_000082015-09-23_00032

どの作品よりも優れた廃墟の描写
この作品も最も評価すべきポイントは、まるで廃墟にいるかのような映像美。解像度が2560×1440まで対応してるので大きなモニターでも繊細な映像を楽しむことができる。グラフィックも実に緻密で錆びた鉄骨、剥がれた壁紙、水垢だらけのシャワールーム、そしてそこに映える青い花が見事なギャップを演出している。BGMもピアノ音楽でノスタルジーな気分を醸している。
2015-09-23_000472015-09-23_000592015-09-23_000602015-09-23_00122
2015-09-23_000742015-09-23_001052015-10-03_000692015-10-03_00103