20160505182209_1

攻略するゲームではなく、ストーリーを"選べる"ドラマ作品
この作品は非常に綿密に考えられたストーリーで構成されているため、いわゆる「ゲームオーバー」がなく、プレイヤーが選んだ選択肢によって相応の結末を見ることができる。過去に戻れる能力を使ってそのとき選び直した選択肢も後になって悲劇に結びつくこともある。だからこの作品はぜひとも攻略情報など調べずに、選択を悩みぬいて自分が選んだ結末を迎えてほしい。ストーリー重視の作品が好きな人は絶対にオススメ。ゲーム性は低いのでクリアすることが目的ではなくストーリーを自分で決められるドラマと思ったほうがいいかも。

この作品はエピソード1~5に分かれて配信されているので、試しにエピーソード1を買って遊んでみてから最後まで買うかどうかを決めるのがいいと思う。とはいえ個人的にはやはり最後まで買うのをオススメしたい。


時間を戻せるアドベンチャーゲーム
主人公は写真家を目指すマックスという少女。彼女は旧友であるクロエを助けようとした際に過去に戻れる能力に目覚める。この能力によって会話の選択をやり直したり、瞬間移動を可能にし、様々な「良くないこと」を未然に防ぐことができるようになった。しかし、選択を正すために過去に戻っても、常にたどり着く未来は未知なのだ。ちなみに「マックス」は愛称であり本名は「マクシーン」。

20160430224905_120160430230217_1

20160501205818_120160430225311_1

アルカディア・ベイのアメリカンスクールという舞台
残念ながら経験がないので、「海外ドラマみたい!」というのが大まかな印象でした。壁の落書き、フットボール、パーティ、クラブ、クスリ、銃、いじめなどなど…。さすが海外だけあって個性豊かでみんながそれぞれ自分の意見・スタイルを持っている。ちなみにジャスティンの飄々とした雰囲気がお気に入り。

20160505183741_120160430224845_1

20160507200115_120160504212840_1

20160508141858_120160505190037_1

レイチェル・アンバー
登場人物のなかでカギとなる人物がレイチェル・アンバーという女性。彼女は物語の当初から行方不明の人物として学校内のあちこちに彼女の情報を求めるビラが貼られている。マックスは様々な出来事を通してレイチェル・アンバーの存在を気にかけるようになり真相を追いかける事になる。

20160510210608_120160510210612_1