title

戦うことだけがハッピーエンドじゃない

RPGの常識をことごとく打ち破った秀作
人間とモンスターの戦争に打ち勝った人間は地上で暮らし、モンスターは地下世界で暮らしていました。そこに落ちてしまった少年が本作の主人公です。基本的なシステムはRPGですが、敵の攻撃が斬新そのもので、「ハート」を操作してシューティングゲームのように敵の攻撃をかわします。モンスターごとに独特な攻撃パターンがあり、それが後の物語で悲しみを引き立てることもあるでしょう。ほかにもパズル要素があったり料理番組に出演させられたりデートに付き合わされたりと何かとモンスターに振り回される主人公ですが、目的は人間界とモンスター界を隔てる結界を破り、地上に戻ることです。BGMもヒーリングミュージックからアップテンポな戦闘曲まで、グラフィックから受ける印象よりもずっとハイクオリティでおススメです。
01-01amarec(20160924-131400)
amarec(20160924-183117)amarec(20160924-183311)
amarec(20160924-115638)amarec(20161001-174239)

モンスターを「見逃す」
このゲームはモンスターとの戦闘を停戦に持ち込んで終了させることができます。これはこの作品の最も特徴的な要素であり、物語の重要なキーともなります。戦闘中に一定の条件を満たすことでモンスターの名前が黄色く表示され「見逃す」ことができます。戦いたくないモンスターには「ACT」コマンドで戦意喪失させて見逃してあげましょう。ただし場合によってはこちらが「逃げる」ことも必要です。

amarec(20160924-101952)amarec(20160924-102001)

ハッピーエンドは絶対に見よう

仕様上、1周目でハッピーエンドを迎えられるのかは分かりませんが、たとえ何周かかったとしてもハッピーエンドはぜひ見るべきです。途中、人間とモンスターの戦いの意味を問われるシーンでは「目的のために相手を倒す」というRPGの根本に疑問を投げかけています。隔たりあっていた敵同士が互いを理解しようとする場面では思わず目頭が熱くなりました。戦うことだけがハッピーエンドじゃない、全く新しい作品です。
amarec(20161001-211557)amarec(20161002-105527)