2013年01月01日

とりあえず新年の御挨拶


皇紀2673年 

明けましておめでとうございます♪ 


本年は 我が国の政治が 良い方向に向かった中
上げ潮の機運でも幕開けとなりました 

私どもも変わらず 

理想国家 強国日本 

この実現を目指し 運動に邁進してまいりたいものです 

この拙い記事に訪問していただきました皆様 
旧年中は 御愛顧ありがとうございました 

本年もまた 

宜しく御願い致します♪



muramasa1961 at 16:54|PermalinkComments(6)TrackBack(0)わたしのこと 

2012年12月28日

今年の総括みたいなものww

皆様おばんですw 
年末追い込みの仕事も突破 
なんとか正月休みにまで達せました 
(年明けから また地獄モードなのは必須ですがww) 

ほぼ間違いなく 今年最後の更新になりますゆえ 
一年の私の総括など紹介してみたく思います 


今年の正月は 自身の職探しから始まりました・・・ 
昨秋 病に倒れましたとき ついでに職も失い 
まずは 自身の経済の復興から始まったわけです 
私も 手に職があるとはいえ 齢50を越え
この求職活動は 非常に困難を極めましたが・・・ 
幸い縁ありまして いま所属しております会社に拾っていただき 
病気の通院治療と並行しながらではありますが 
現在 我が家の経済も 復興の兆しが見えております 

今年前半は 仕事と治療に忙殺されておりましたが・・・ 
その中でも かつて私のライフワークでありました 
『行動保守活動の現状』を ゆっくり見聞できる時間も持てました 
外部からの視点 情報では その内部分裂と抗争のみが
大きくクローズアップされ 
あまり適切な活動とは言い難い様に見えました 

しかしながら 今年中旬以降・・・ 
我が国を取り巻く 諸外国の態度 行動が 
(言うまでもなく 支那 朝鮮がメインですがw)
我等 日本人の怒りを呼び 行動を呼び 
例の『日支 日韓断交運動』に発展したと 私には見えました

http://dankou.exblog.jp/ 

一般的には この行動 保守層からでさえ 
『過激に過ぎる』『品格がない』など酷評を頂いておりますが
私自身 このような行動が下品であるとは 外部から見ていたときでさえ 
微塵も思ってはおりませんでした 

この活動 かつて私が 私的な理由で袂を別った 
『旧 チーム関西』の皆様方が中心になって推進しておられ 
私自身 この活動の中に入るのに 正直に申しまして 
若干の抵抗と 葛藤があったことは事実です・・・ 

しかしながら 個人の思惑がどうあれ 
彼等 チーム関西の活動理念 行動の事実は 
『なんら間違いではない』というのが 以前からの私の考えでありましたし 
いまこの時 我が国を取り巻く状況に於いて 

視野狭窄と思われてもいいから 

いま声を挙げずして なんとする? 

そういう思いが強く 活動の復帰を決意し 
かつての同志の一人に打診 現場へと還らせていただいたことは 
以前の記事にあるとおりです 

以来 数回に及び街宣 デモ行進など 
その輪の中に入り 現在に至っております 

そうして活動を継続いたしますうち 世間では・・・ 
この年末に入り 衆院解散 総選挙に於いて 
再び かつての与党 自民党が圧勝し 
先日 『第二次安倍内閣』が誕生しましたことは 
皆様御存知のとおりです 

我が国の政治形態が 良い方向に 
大きく変革したとはいえ 
それで敵国(敢えて書きます)の情勢 我が国の内部が 
瞬間的に変貌するやけもなく 
逆に 私どもの行動 その継続が 内外に影響を与え 

国を最良に向かわせる起爆剤と為す 

それだけの行動力が 私どもには存在していると 
私は確信しておりますし 
そうせねばならぬとの信念を いまは持っております 

来年もまた・・・ 
この行動が 民衆の心理であるとの信念を持ち 
私に出来るかぎり 邁進してまいる所存 

皆様 本年は有り難うございました 

来年も宜しく御願い致します 

良い御年を♪ 




muramasa1961 at 17:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)わたしのこと | 行動保守活動

2012年12月18日

近況と雑感 衆院選の事など・・・・

皆様おはこんにちばんわww 

この不況下 残業がなく困っておる方々もおられる中 
申し訳なくも かなり多忙な仕事と 体調との相談の狭間 
護国活動に追随させていただいておるガルーダでございます。 


さて・・ 日本国民の皆様 皆が もはや知るところであります 
先日行われました 衆議院総選挙に於いて (我等としては)ほぼ予想どおり

自民党の圧勝 安倍新内閣の発足 となりましたわけですが・・・


すでに その結果を反映し 
幾多の反日勢力より ネガティブキャンペーンらしき言動が 
いくつか見られるように 私には感じられております・・・ 


私が 忘れられぬのは 3年前・・・ 
前回の衆院選に於いて 与党自民党が大敗し 
売国政党たる 民主党政権が誕生した経緯・・・・・ 

時の政府宰相 その他に対する 反日輩どもの いわれなき中傷 
特に 我が国の情報を司る マスメディアからのネガキャンは 
政治を知らぬ 知ろうともせぬ愚民どもを いとも簡単に洗脳し 
我が国の政治を 一気に売国へと転換せしむる発端となりました・・・ 

そこから今日までの3年と少々・・・ 
政治の迷走 売国ぶりと それに乗じた反日メディアの跳梁は 
今更私が語るまでもございません・・・ 


今回 与党民主党の迷走 失態ぶりも手伝い 
自民勝利にて 政権の奪還が成ったわけでありますが・・・ 
以前として マスゴミに代表される反日輩どもは 
我が国に 厳然として存在し 
再びの政治転換を目論み 舌なめずりをしております 

私ども 正しき認識の日本人に出来ますこと・・・・ 


正しき 国の在り方とは何なのか? 

国を 貶めるとは何なのか? 


それら 国の敵を しっかりと見据え 
毅然たる覚悟を持ち 闘うことであることは 
もはや御周知のとおりであります。 

もはや前回のごとく 国の舵取りを誤らせていてはなりません。 
国政が正常に戻った 今 この瞬間にも 
売国の徒は その魔手を手繰らせておるのです。 



そして・・・ その戦いのさ中 本日 
活動に関連する とある事件にて起訴されておりました 
同志の一人に 判決が降り 即日収監となった話を 
私は ついさきほど聞きました・・・ 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121218-00000542-san-soci


この同志は どうやら控訴し 争ってゆかれるそうです 
コレは減刑の為ではなく、運動に対する裁判闘争になる控訴だという事です。
あくまでも「強要」ではないという裁判闘争になると思われ 


この行動で判例を作ってしまうと、

他の人達が企業に対する申し入れがしにくくなる。


そういう思惑があられるのだと 私の戦友のひとりが語っておられました。 


この同志を支持 支援いたすのは 無論言うまでもありませんが 
残され それでも活動を継続してゆく私どもが 
なにより考えねばならぬこと・・・ 


同志が罪に問われたとて 

我等の心は折れず 

我等が反省し 顧みることは 

微塵も存在しない 


この 確固たる意志を持ち 粛々と活動を継続してゆく決意を 
私自身もまた 新にしておる昨今でございます。 





 




muramasa1961 at 19:34|PermalinkComments(1)TrackBack(0)行動保守活動 | 世間にモノ申す