2013年02月

2013年02月28日

それでは行ってきます。

11010047 いよいよ今日で暦上は苦手な冬とお別れです。今年は寒気団の働きが強くて3月に入ってもまだまだ油断はできません。それでも南の方から春の便りもちらほらと聞こえてきます。
 富田林駅前の改装工事もいよいよ終盤を迎えています。昔は駅前に堂々と建っていた「楠氏遺蹟里程標」なる石柱がこの工事で無くなってしまいました。
 富田林の駅前の名物で昔から慣れ親しんでいただけに無くなって寂しかったのですがこのたびまたその雄姿が復活しました。
 どこかで大事に保存されていたみたいです。この間ハイキングに行って来た楠公さんに関する数々の遺跡までの距離が書かれています。
 この工事と並行してかは知りませんが寺内町の電柱埋設工事も進んでいます。実は埋設工事DSC00732の主要部分が我が歯科医院の前に来る予定でその工事が3月初めに予定されています。
 それに合わせて旅行することにしたのですが工事が順調に進んでいるのかよくわかりません。
 明日から4日間はプーケットに行きます。トランクは結構大きいのですが中味はお茶ばかりで(タイのお茶は砂糖が入っているので甘くて飲めません。)ガラガラです。着替えは一つも無くすべて現地調達です。
 帰りのトランクは夏用のTシャツやサンダル、帽子、短パンなどで一杯になる予定です。
 向こうからコラムを書かせてもらおうかとも思いましたがパソコンの環境がわかりませんのでいつも通りあらかじめ予約投稿させて頂きます。
 旅行の様子はまた帰ってきたら報告させて頂きます。しばらくご迷惑をおかけします。では行ってきます。


muramotoshika2 at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月26日

海外で日本食が大ブームだそうです。

1921_1_1 最近テレビを見ていて驚くのが日本へ来ている外国人の多さとその日本通ぶりです。中国からは減ったようですが日本の魅力に魅せられいろんな地方の方が来られ来日外国人の数は増えています。
 たいていの人が上手にお箸を使いますし日本食が大好きです。ほとんどお米を食べない日本人も多い中でビックリさせられます。
 初めての来日にもかかわらず母国で勉強してきたのか難解な言語とされる日本語を話す事が出来る方もけっこうおられます。
 一昔前までは漬け物や納豆、生卵などを口にすることは無理だろうと思われていましたが日本に住んでいる外国人の一番好きな安くておいしい食べ物は卵かけ納豆ご飯だそうです。
 最近世界のローカルフードの人気順位が発表されましたが日本食はイタリア、フランスに続き3位に選ばれています。
 上位10位を見てみるとすべて海に面した国でやはり海の恵みが味に大きく影響するのだと思います。
 日本料理はうまみの文化です。昆布や鰹などからダシを取りそれを使って様々な料理を作ります。
78e945d7 日本に来た外国人がたこ焼きを食べて魚の味がすると言っていましたが我々はたこ焼きを食べてもそんなことは感じません。体に染み付いているということでしょうか?
 大豆に麹を加えて作った味噌や醤油も日本食を支えています。最近では海外のスーパーでも当たり前のように売られています。
 有名な食べ物が多いイタリアやスイスにも行きましたがやはり日本食が一番おいしいように思います。
 日本へ来たら本場の味を覚えてたくさんの方に日本の魅力を伝えて頂ければと思います。味だけではなく接客態度も好評価を受けています。
 週末からタイのプーケットに行きますが4日間ほどなので日本食は恋しくならないと思います。タイの食べ物は美味しくて日本食の次に好きです。それでも緊急時?に備えて念のためにダシのきいたカップ麺をトランクに入れておくつもりです。

muramotoshika2 at 06:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月25日

みなみかわち歴史ウォークに参加してきました。

DSC00719 天気晴朗なれど風寒しという感じの日曜日でしたが南海高野線「三日市町」駅から近鉄河内長野線「川西」駅まで全長15キロを歩いてきました。
 参加者は前回の暗がり峠とほぼ同じでしたが今回は小学生も参加して賑やかな一行となりました。
 スタートとなる駅を降りたらたくさんの参加者で受付は大混雑です。今回の歴史ウォークのサブタイトルは「大楠公ゆかりの地から古墳公園を歩く」となっています。コースは観心寺から千DSC00725早赤阪村の下赤坂城址を通るオール山道のコースです。
 この寒い中でお弁当を広げるのは辛いということで食べ物は買っていきませんでした。この時は駅前にあったお店が食べ物を買える最後のお店であったことを知る由もありませんでした。
 歩けども歩けども途中にお店は1軒も無くコース終盤の道の駅「かなん」でやっとパンにありつけました。
 古市から松原まで歩いた時は比較的平たんな道が続いたのですが今回はかなりこう配がきついです。途中で休憩もしたDSC00727いのですがただでさえ寒いのに山に登っていますから立ち止まると寒さが身に沁みてしまいます。
 いつもなら汗を一杯かいてペットボトルがみるみる減ってしまうのですが今回はほとんど口にしませんでした。
 歴史ウォークは一応今回で終わりですが次は「彦根城と竹生島」に青春18切符で行くことになりました。
 日頃女性ばかりに囲まれて生活しているので久しぶりのおっさんトークが出来て楽しかったです。 

muramotoshika2 at 04:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月23日

空飛ぶイカ撮影に成功。

いか2 ちょっと古いニュースになりますが北海道大学の研究グループがイカの大群が飛行する様子の撮影に成功したそうです。海の生き物で空を飛ぶと言えばトビウオが有名ですがイカも飛ぶとは知りませんでした。
 イカが空を飛ぶことは業界では有名だったそうで写真に撮られることはありましたが動画の撮影は初めてだそうです。
 飛ぶというのは自らの力で空中を飛行することでクジラやイルカのジャンプは飛ぶとは言わないそうです。
 アカイカの仲間の小型のイカ100匹が海中から飛び出しヒレの方を前にして体内のじょうろのような部分から水gamera_bairasu_516_20080201を噴射して加速しヒレや腕、保護膜を拡げてバランスを保ちそれらを畳んで着水したそうです。
 詳細なイカの部位の名称に付いてはよくわかりませんが小型のイカならたいてい飛ぶことができると言われています。
 「スルメイカ」と食べることが前提の名前が付いているこのイカも英名は「ジャパニーズ・フライング・スクイッド(日本の空飛ぶイカ)」という立派な名前が付いています。
 空飛ぶイカといえば大映ガメラシリーズの宇宙怪獣バイラスを思い浮かべますが高校生だった当時の私は「タコならともかく(たこ揚げで飛んでます。)イカが空を飛ぶわけないやろ。」とバカにしていました。大映さん、ごめんなさい。


muramotoshika2 at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月22日

文房具大好き人間です。

 4_frixionknock01字を書くのが大好きな私ですが最近ではボールペンを使うのはカルテを書くなど仕事の時に限られてきました。
 MDに曲を入れなくなってタイトルや曲名をシールに書いて貼ることも無くなったのでボールペンの使用頻度は格段に少なくなっていました。
 それまでは0.5ミリだ0.4ミリだと細いボールペンが出るたびに全色揃えて悦に入っていましたが最近はブルーレイディスクに書くことが多くなってサインペン派になっていました。
  書いた字をこすって消すことが出来るフリクションボールペンのことは知っていましたが今や主流になるほどの売れ行きになっているとは知りませんでした。 
 ボールペンで書いた文字が付属のプラスティックでこすると摩擦熱で消えて何度でも書き消しが可能な優れものです。
 60°の熱で消え−20°で復活するそうです。何かサスペンスの謎解きに使われそうな感じもします。
 それまでも熱で色が変化するインクはあっ001-20130130-01-04たそうですが温度の幅が狭くて通常の生活範囲の気温では使えずおもちゃを作るぐらいしか出来ませんでした。
 近頃この技術をコピー機に使って印刷済みの紙のインクを消す複合機が登場しました。
 紙の無駄使いを大幅に減らすことができる画期的商品で注目を集めています。
 製作会社のパイロットは創業者が船乗りの方だったのでこの社名になりました。
 当時は海外からの輸入品ばかりで日本から世界に誇れるものを輸出しようと万年筆の会社を起業されたということです。
 今では万年筆も漆を使った超高級品も発売されていて海外でも大人気だそうです。
 村本歯科の受付でも早速使ってみるつもりです。もちろんフリクションの方ですが。

muramotoshika2 at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

muramotoshika2

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました