2013年07月

2013年07月30日

日帰り南アルプスの旅

DSC01940 日曜日は日帰りのバス旅行で長野県南部にある南アルプスの富士見台高原まで行ってきました。つい最近まで申し込んでいた事すら忘れていたのですが奥さんに言われて思い出しました。
 中津にあるバス集合場所はたくさんの旅人で賑わっています。すぐ近くの淡路島観光のツアーからスカイツリーまで様々な場所へバスが出ています。
 あんなにたくさんの人をいくつもある旅行社がうまくさばけるものだと感心してしまいますが次々と満員のお客さんを乗せたバスが観光地に向けて発車して行きます。
 今日の目的は南アルプスの富士見台高原という山です。5時間ぐらいのハイキングと山登りだそうです。
 長野までの往復交通費にロープウェイ、リフトそれに昼食のお弁当が付いて7000円です。いつも良くある指定のお土産物屋さんへの寄り道(立ち寄ると旅行社にいくらかお金が入るらしいです。)もこのツアーにはありません。本当に利益があるのかと他人事ながら心配になってきます。
 目的地は高速の出口から5分くらいの場所にあり中津にあるバス集合場所も高速の入り口すぐ近くなので一般道はほとんど走りません。
DSC01970 こういう仕組みで日帰りで長野県まで往復出来る訳ですが大阪へ戻ってくるのは夜の9時で晩ご飯の設定はありません。というか食べる時間の設定がないのです。
 途中立ち寄るサービスエリアで食べるものを買ってバス内で食べるというサバイバルツアーでもあります。
 中国地方や関東では大雨が降っていたそうですが良いお天気の中バスは進んで行きます。途中、先週行ったばかりの彦根城を過ぎ目的地には11時過ぎに着きましたがこれまた今月初めに行った飯田のすぐ近くです。登山の前にお弁当を食べます。山にゴミを残さないという事で早めの昼食です。
 ロープウェイはなんと乗車時間が15分という今まで乗った中で最長でその後もリフトを使って目的地までどんどん高度を上げて行きます。
 リフトでは乗ると上からバーが降りてきました。バーには足を乗せるところもありゆったりと周りの景色を楽しむことが出来ました。 
 終点が近づくとバーをあげてくださいと書いています。奥さんと必死であげようとしたのですが上がりません。それもそのはず足を乗せたままでした。係の人に笑われたような気がします。
 いよいよハイキングの始まりです。歩きやすいというかアスファルトの舗装された道でちょっと楽しさが半減しまDSC01967した。
 途中の山小屋まではバスも走っていますがみんなあれは軟弱ものの乗るものだとばかにしていました。
 90分ほど歩いて山小屋に到着しました。ここからは1時間ほどの結構本格的な登山です。半分ぐらいの人がばてばてで私たちも山頂手前で引き返しました。山の斜面は一面笹野原で日の光を浴びて輝きとても奇麗です。
 山に登る前の説明で「この富士見台高原は深田久弥さんの日本百名山の22…」と言われたので「やったー。百名山に登れる。」とテンションが上がったのですが「22の百名山を展望出来る山です。」と言われガックリしました。
 山小屋まで降りてきたらそこから歩く人は半分以下で大半の人が疲れてバスを利用することになりました。この時にバスのありがたみを実感しました。さっきはバカにしてすいませんでした。
 あのバスの料金は帰りを倍額に設定していても結構需要があると思います。
 大阪への帰り道は日曜日で夏休みという事もあり大渋滞に巻き込まれてしまいました。とても長いけれども充実した一日でした。
  

muramotoshika2 at 05:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月29日

いよいよ日本の柿谷へ。

130728_jpn_kor_yas_015-500x750 昨日は西日本が豪雨に見舞われ各地で大きな被害が出ているなかそうとも知らず日帰りバス旅行で南アルプスにハイキングに行ってきました。
 内容は明日書かせて頂きますが帰りが大渋滞で深夜になったため午後8時から始まる東アジアカップ対韓国戦の経過は携帯でしか知ることが出来ませんでした。
 セレッソの試合は普段なら帰ってからゆっくりと再生して見るのですが今回は柿谷選手の活躍が気になって必死に携帯で途中経過を見ていました。
 私のガラケーでもワンセグでテレビ中継を見ることが出来たはずなのですが買って以来使ったことがないのでやり方がわかりません。
 先制点を挙げたことは知ることが出来たのでこれでブラジル行きは固いなと思っていました。
 家に帰って眠い目をこすりながら後半戦を見ていたらなんと柿谷選手が決勝ゴールをあげています。深夜にもかかわらず思わず大声を上げて拍手をしてしまいました。
 この活躍で今まで彼のことを知らなかったサッカーファン(そんな人たちがいること自体私には信じられないことですが)にもその存在を知らしめたと思います。
 42ef3b2fこれから始まる後半戦のJリーグでの活躍が楽しみです。3試合(実際に出場したのは2試合)で3得点をマークし大会得点王にも選ばれました。
 その決定力が高く評価されていますがセレッソを応援する身としては彼に一番足りないのが決定力です。その技術力、テクニックでゴール前での決定的場面は数多く作るのですが得点はやっと二桁です。
 この大会で彼の能力にさらに磨きがかかりセレッソ初優勝に向けて大活躍をしてくれると期待しています。
 来年開催されるワールドカップが北アメリカかオセアニアなら見に行きたいとも思うのですがその二つを足した距離にあるブラジルはさすがに遠すぎます。
 往復で4日かかるそうですから南米行きはマチュピチュ観光までとっておきたいと思います。ワールドカップとセットで販売されると考えてしまいますが。
 
 

muramotoshika2 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月27日

セレッソの試合が地上波で全国中継されました。

130620_yanmer 昨日、セレッソ対マンユー(マンチェスターユナイテッド)の試合が長居で開催されました。マンユーはイングランドプレミアリーグの強豪で世界でも群を抜いて圧倒的な人気があります。
 長居スタジアムは超満員でしたがどちらかというとマンユーサポーターの方が多かったのではないかと思います。ピンクと赤のユニホームが混在し超派手なスタンド風景になっていました。
 私は年間予約席を買っているので優先的にチケットが買えたのですがそれでも購入申し込みの時期が遅すぎてアウェイのゴール裏の自由席しか申し込めませんでした。
 これだと早い時間に会場に着かないと端っこの席しか座ることが出来ません。またこの時期は東アジアカップと重なっているので柿谷選手は出ないだろうと思い切符は購入しませんでした。
20137270021974va4 予想通りセレッソから代表に三選手が選ばれ飛車角抜きの今まで見たことのないチーム編成になってしまいました。
 それでも大好きなセレッソの試合ですから画面に齧りついて観戦しました。イングランドのチームにとってはこのうだるような暑さの中での試合は過酷過ぎたのかもしれませんがセレッソは意外と善戦し2-2の引き分けに終わりました。
 最後の最後で点を取られるのは最近のセレッソのお家芸ですが日本にというか世界に恥を晒すような結果にならなくて良かったです。
 セレッソの2点目の南野選手の得点はスーパーゴールでした。彼はまだ高校出たての18歳ですがこれで海外から注目されそうな気がします。また心配の種が増えました。

muramotoshika2 at 04:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月26日

新兵器を購入しました。

DSC01880 歯を削った時の粉じんや飛散する水を患者さんの口の近くで吸引するエアバキュームという装置があります。
 従来の口の中に筒を入れて水を吸うタイプではなく口の外で使います。単独ではなく両者を併用して診療します。
 歯を削る以外にも入れ歯を削ったりプラスチックで作った仮歯を削る時も使います。この器械で空中に飛散する削りかすを集めるのです。
 しかし削った時に色々な方向に飛散するためうまく吸う事が出来ず半分ぐらいは床に落ちてしまいます。
 すぐに掃除すればいいのですが時間がないときなどは床が汚れたまま次の患者さんを迎えねばならずどうしたものかと思案していました。
 この間歯科用品を展示するデンタルショーに行った時に優れものを発見しました。「クリアマウスプラス」という道具で今の器械の先に取り付けて使うようになっています。
 プラスチックのボックス形式になっていて両側から手を入れ削る事が出来ます。吸引口からではなく箱の底部全体で吸引するようになっているため削りかすを床に落とすことがあまりありません。
 ちょっと離して削らないといけないので眼鏡なしで診療している私にとっては目が慣れるのに時間がかかりましたが今ではこれなしには診療出来ないほど惚れ込んでいます。
 結構いい値段だったのですがこれからずっと使う事を考えると十分に元が取れると思います。床の掃除も簡単になるのでスタッフにも大好評です。 

muramotoshika2 at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月25日

じいちゃんハルカスへ。

DSC01921 昨日、超久しぶりに両親を電車に乗せて阿倍野まで行ってきました。10年ほど前まではフルムーン切符で一緒に旅行していたのですが最近は車以外では滅多に外出しなくなりました。
 父親は来年が年男で96歳になります。足下がおぼつかなくなっているのでホームセンターで車いすを買ってきました。透析を受けていて身体障害者一級ですが頭はしっかりしています。
 障害者手帳を持っているから電車は付き添いを含めて割引になることもしっかりわかっていました。喜志の駅はエレベーターが付いていますし電車の乗降には駅員さんが板を渡してくれます。
 阿倍野橋に向かう時はちょうど一番前の車両の運転手席の後ろが車いす用のスペースになっていました。
 小学生の頃、運転席の後ろに齧りつき父親から運転台にある色いろな計器の説明を受けていましたが、それから50年経って自分が父親の後ろに立つようになっていました。いささか万感の思いがあります。
 母親も父が外出できなくなったため電車に乗るのは本当に久しぶりで楽しそうでした。
 駅の改札口も車いすが通れるように大きな作りになっています。阿倍野橋の駅では改札を出てまっすぐ進むと百貨店に入りすぐに車いす用のエレベーターがあります。
 13階で食事をしようと思ったのですが11時過ぎだというのにどこのお店も長蛇の列です。夏休みということもあると思いますがハルカス人気はまだまだ健在です。
DSC01747 何とか食事を済ませ今度は外からハルカスを見ることにしました。天王寺と反対側に出ました。
 ここには岸本ビルという建物があり最近新しく建て替わりました。私の好きなモンベルも入ったおしゃれなビルになっています。
 昔はこの建物は近鉄百貨店と4階ぐらいで渡り廊下で繋がっていて近畿日本鉄道の診療所が入っていました。
 中高生の頃、体の具合の悪い時は父親に連れられよく来ていました。近鉄の選手にもここで会った記憶があります。当時は新聞やテレビに近鉄の選手は滅多に出ませんでしたから私が握手を求めるとビックリしていました。
 眩しそうにハルカスを見上げて満足げな父親でしたがキューズモールあたりに来ると昔の面影が全くないためあまり興味がなさそうでした。
 子どもの頃に父親に連れられ森ノ宮の日生球場に行く時は必ずこのあたりの中華食堂で豚マン二つを食べていました。野球を見るよりもこっちの方が楽しみだったような気がします。
 新しくなった歩道橋にも連れて行きたかったのですがエレベーターの設置場所が分からずバリアフリーになったとはいえ車いすではまだまだ行ける範囲に制限があると実感しました。 
 帰りの車内で退屈するといけないので駅に置いてあった近鉄の最新特急「しまかぜ」のパンフレットを父親に渡しました。
 小さな字でも眼鏡なしで平気な父親は熱心に読んでいました。今度はこれに乗りたいと言い出だしそうだったので思わず伊勢まで車いすで行けるかと途中の経路を考えてしまいました。

muramotoshika2 at 04:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

muramotoshika2

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました