2015年10月

2015年10月31日

ハロウィン  その3 おまけ 仮装のグループ

 まん皆さんはマンウィズアミッションという音楽バンドをご存知でしょうか?オオカミのかぶり物(本人たちは人間とオオカミのハイブリッドと言っていますが。)をした5人組でいま大変な人気です。
 仮装バンド?と言えば日本では聖飢魔Ⅱが有名ですし海外ではキッスが一世を風靡しました。
 その他にも紙袋やモニター?を被ったりしているグループもあります。
 ただ聖飢魔Ⅱやキッスは顔の形が何となくわかりますがマンの方は完全に顔が見えないので正体が全くわかりません。
 本人確認が出来ませんから所得の申告をどうしているのかも気になるところですが有名になっても顔を指さないのは凄いことだと思います。
まんひ マスクをしたままで歌うと声がこもるのではないかと思いますしカラオケ演奏を使って口パク(口パクしているかさえもわかりませんが。)していてもわからないのではと思ってしまいます。
 グループ内で話が噛み合なくならないよう人間と会話が出来るオオカミ人間を一人に設定しているのは中々素晴らしいアイデアだと思います。
 子どもが怖がらないのかと思いますが沢山の子どもに囲まれるとボコボコにされるそうで完全なユルキャラ扱いです。
 私は元々ハードロックが好きなのでノリノリな曲も多く好きなバンドの一つなのですが残念ながらコンサートのチケットはあっという間にソールドアウトだそうです。
 
 
  

muramotoshika2 at 04:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月30日

ハロウィン  その2  かぼちゃ

ハロウィン_かぼちゃ 実りの秋を迎えたくさんの種類の野菜が店頭に並んでいます。
 私はハロウィンを代表する野菜であるカボチャをはじめサツマイモや栗など秋の味覚には苦手のものが多いです。
 子どもの頃はカボチャはおかずの代表選手でサツマイモはおやつの中心で蒸かしていつも出てきていました。
 というかお菓子がなかなか買えないので無理矢理お腹を膨らませるために食べていたという感じです。
 両者のあのモッサリとした食感がちょっと苦手で今でもこれは続いています。
ハロ 栗も栗きんとんのあの甘ったるさともっさり感が口に合いません。
 サツマイモといえば焼き芋が定番ですがジャガイモを焼いた方が数段好きです。
 これだけサツマイモとカボチャが嫌いと言っているのに我が家の味噌汁の具にはよく使われます。
 最近は苦情を言わず黙々と食べているので忘れられているのかも知れません。
 カボチャや栗、サツマイモはよくケーキにも使われています。私がケーキ嫌いなのもこのせいかも知れません。 

muramotoshika2 at 05:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月29日

ハロウィン  その1   仮装

trick-or-treaters 今年も10月31日の恒例行事となったハロウィンが近づいてきました。
 富田林に住んでいるとハロウィンの盛り上がりはいまいち実感出来ませんがスーパーなどでは様々な関連グッズが売られ花屋さんもハロウィン仕様になっています。
 もうハロウィンの起源は何かとか関係なしに盛り上がっています。
 仮装するのも定番ですが魔女とお化けが一番人気を争っているそうです。
 私の普段の歯科医の格好も扮装と言えばそうですしこの間の祭りでは全身お祭りの格好をしていました。
 人間、服装が変われば気分も盛り上がるしみんなで同じ格好をしていると一体感が生まれまimageす。
 お祭りがその典型ですがサッカーの応援でも選手と同じユニホームを着ているとテンションが上がり応援にも力が入ります。
 本格的な仮装は高校時代に経験したことがあります。学園祭でビキニの水着を着て御化粧もして女装しました。
 この時に変な趣味に目覚めなくてよかったと思っています。
 写真のお化けグッズはリンゴとマシュマロで簡単に作れます.歯の形が全部同じなのは歯科医として許せませんが簡単に出来て唇で挟むと結構雰囲気が出ます。
 後片付けも食べてしまえばいいので簡単です。是非お試しください。
 
  

muramotoshika2 at 04:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月27日

この時期になると思い出します。

R0018604 日曜日には近畿地方にも「木枯らし一番」が吹いたそうです。この日は弱いチームのサッカー観戦に行っていたのですが寒さが身に沁みました。
 毎年10月中旬から11月にかけて吹く風速8m以上の北風をそう呼ぶそうですが木枯らしと言われると冬が近づいてきたなあと実感します。
 田んぼも稲刈りが終わり収穫の秋を迎えていますが学生の頃はこの時期に農繁期を迎えて大忙しでした。
 稲からモミを外す脱穀機や風力で種の選別を行う唐箕(とうみ)は大活躍でした。
 下の写真の脱穀機は通称カーコンといって足でペダルを踏んで出っ張った金具の付のうぐいた筒を回転させそこに刈り取った稲を当ててモミを外します。
 カーコンの俗称はその作業の時に出る器械の音からきています。
 手が機械に巻き込まれたら大変なことになりますが安全装置などは付いていませんでした。
 下の写真の唐箕は上から集めたモミを入れて右側の回転ドラムを手で廻し風力で軽いほこりなどを吹き飛ばして重い種だけが下に落ちる仕組みです。
 ゴマや大豆などの選別の時にも使っていました。
 これらの器械を使うのはどちらかというとまだ楽しい作業でした。
のう そこに至るまでのの稲刈りや刈った稲を束ねて田んぼに組み立てた木枠に干すために並べる作業は苦行以外の何者でもありませんでした。
 それでも泥の中で格闘する田植えに比べると数段マシではありましたが。
 今は田植えから脱穀まですべて高性能の器械がやってくれます。昔の重労働からは解放されましたがその収入に比べると割の合わない仕事であることは昔も今も変わらないと思います。
 皆さん、しっかりとお米を食べて日本の稲作文化を絶やさないようお願いします。
  

muramotoshika2 at 02:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月26日

65周年を迎えました。

image 土曜日の夕方から難波にあるスイスホテル南海大阪で富田林歯科医師会設立65周年懇親会が行われました。
 5年前に行われた前回は私が担当責任者だったので準備で大変でしたが今回はゆっくりと参加することが出来ました。
 今年で開業して33年目ですのでちょうど歯科医師会の歴史の中で半分在籍したことになります。
 堅苦しい式典ののちビュッフェ形式の食事会となり宴もたけなわとなってビンゴ大会が始まりました。
 予算の関係で芸人さんなどを呼べなかったのでその分ちょっぴり景品は豪華になりました。
 ビンゴ大会の1位の賞品はいま流行りの掃除機ルンバで皆さん持っているのかと思いきや全員の熱い視線が注がれました。
 私は中盤ごろにやっとビンゴを完成し一輪ざしの花器を頂きました。
 最後にビンゴカードをいったん元に戻し裏ビンゴ大会が始まりました。
image ビンゴゲームと同じように数字を順に出していき該当する数字が出ない人がもらえるというシステムです。
 私は6つ連続で数字が当たらず(運がいいのか悪いのかわかりませんが)見事スイスホテルの昼食券をゲットすることが出来ました。
 普段あまり会うことのない新入会員の先生とも話すことが出来て有意義な時間を過ごすことが出来ました。 
 午後8時半過ぎに散会となりましたが夜早い私は眠気には勝てず二次会に向かう先生たちとお別れして早々に帰宅させて頂きました。

muramotoshika2 at 06:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

muramotoshika2

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました