2016年12月

2016年12月31日

いよいよ大晦日です。

DSC01843 今年も無事12月31日を迎えることができました。気がつかないうちに毎年体のあちこちがだんだんと弱ってきているのだと思います。
 しかし、できるだけ子供たちには迷惑をかけないでこれからの日々を過ごしていきたいです。
 来年は65歳を迎えるのでいよいよ待望の年金が給付されます。
 開業したころは65歳を過ぎたら悠々自適で利子でも生活できるだろうと思っていましたが現実は甘くはありませんでした。
 一国一城の主になる夢もありましたが結局は借家住まいで終わりそうです。でもそのおかげで無駄な出費もしなくてすみました。
resize 年金暮らしを考えたこともありましたが年金そのものが少ないし貯金が日に日に減っていくのは心配です。
 今の仕事はやりがいもあり皆さんに喜んでもらっていると信じて体が丈夫なうちは続けたいと思っています。
 気持ちだけはメチャメチャ若いので周りの人たちに迷惑をかけっぱなしですがストレスのない生活を送るのが私の信条ですのでお許しいただきたいです。
 来年はスタッフが総代わりします。これを機会にまた新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいきたいと思っています。
 それでは皆様よいお年をお迎えください。 

muramotoshika2 at 09:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月30日

おせち料理あれこれ

osechi_image04b おせち料理は最近既製品を買う人も増えているそうですが日本人でおせち料理を食べる人は70%だそうです。
 多いか少ないかは意見の分かれるところですが私にとってはおせちのないお正月は考えられません。
 クリスマスケーキ商戦では250億円のお金が動くそうですがおせち料理では580億円だそうですからまだまだ捨てたものではないかもしれません。
 お正月にはお屠蘇とお雑煮も頂きますが我が家ではお酒が飲めないのでお屠蘇は飲んだことがほとんどありません。
 これらの三品は食べる順番があるそうです。
 最初はお屠蘇です。お屠蘇は新年初めて口にして体を清める目的があるのだそうです。
n059 屠蘇散といわれる生薬の入ったティーバッグのようなものをお酒に入れて作るそうで長寿祈願の目的もあるといわれています。
 次に食べるのがお雑煮のお餅です。お餅は食の頂点に立ち神様の魂が宿っているとされています。
 3番目がおせちですが三つ肴といわれる数の子と黒豆そして田作り(ごまめ)をまず頂きます。昔から神様に奉納されていた食材でそのお下がりをいただくのだそうです。
 私の大好物は中に卵が丸々入った梅焼きです。普段はうずら卵が入った小さなものしか売っていないのですがお正月だけ鶏の卵の入ったビッグサイズが発売されます。
 関西独特のものだそうですが余りに好きすぎて普段でもちょくちょく買って食べています。
 
 
 
 

muramotoshika2 at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月29日

暮れの行事あれこれ

oomisoka004 いよいよ今年もあと3日です。大掃除もしなければなりませんが今日29日は9(苦)のつく日なので避けたほうがいいそうです。
 31日は大みそかでバタバタするのでこれも良くないそうですから結局残るのは明日30日しかなさそうです。
 年越し蕎麦は大みそかの夜に食べます。長い蕎麦のように家族の幸福が長く続くことを願って食べるのですが年を越してから食べると縁起が悪いそうです。
 除夜の鐘は108回撞かれますが年内が107回で最後の108回目は年を越してから撞かれます。
 除夜の鐘が鳴っているからと安心して食べていると年を越してしまいますのでご注意ください。
  

muramotoshika2 at 04:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月28日

都道府県人気ランキング

caption 今年も都道府県人気ランキングが発表されました。1位は北海道で2位は京都だそうです。大阪も7位に入って健闘しています。
 気になるのは下位ですがワースト3位は群馬県、2位は栃木県そして1位は茨城県だそうで関東の北部三県が並んでいます。
 群馬には温泉が沢山あり栃木県には世界遺産日光があります。なぜ下位に低迷しているのかわかりませんが一番納得のいかないのが茨城県です。関西では茨城を未だに「いばらぎ」と発音する人も多く確かに認知度は低いかもしれません。 
 場所を聞いても3県の並びがわからない人が多いといわれています。
img6 私は今まで茨城県には8回ほど訪れています。J2の水戸の本拠地で今年も偕楽園の梅が奇麗な頃に行きました。
 最初に行ったのは日立電鉄が廃線になる時でそのあと鹿島鉄道が無くなるときにもお邪魔しました。
 アントラーズの試合も見に行きましたし「ひたちなか海浜鉄道」にも乗りにいきました。この鉄道に乗ると終点からバスであの四季折々の花々が楽しめる有名な「ひたちなか海浜公園」に行くことも出来ます。
 途中の那珂湊駅近くの魚港は海産物の宝庫で美味しい昼食が頂けます。対岸に架かる橋を渡ればサメの飼育で有名な「大洗水族館」もあります。
2012-05-17_130347 水族館からは100円バスでアニメ「ガールズ&パンツアー」の聖地大洗駅にも行くことができそこから鹿島臨海鉄道で水戸に戻れます。
 水戸からは水郡線で日本三大瀑布の「袋田の滝」にも行けますし水戸市内には水戸城址や変わった形で有名な水戸芸術タワーもあります。
 今では品川から特急で1時間ぐらいで行けるのですがもっと観光客が増えてもいい所だと思います。
 まだ行ったことのない方は関東北部3県ツアーに行かれることをお勧めします。
  

muramotoshika2 at 03:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月27日

札幌ドームをなぜ出て行くの?

shutterstock_140653546 歳も押し迫り村本歯科も今日の午前中で今年の診療を終えることになりました。
 8年近く勤めてくれていた衛生士の芝上さんも本日をもちまして退職となりました。
 長い間本当にありがとうございました。夜の忘年会で最後となりますが新年から寂しくなってしまいそうです。
 さてプロ野球パリーグの日本一球団日本ハムファイターズが新球場を建設するため候補地の調査を進めているそうです。
 日本でも有数の全天候型の立派な札幌ドームがあるのにと思うのですが様々な理由があるそうです。
 札幌ドームは札幌市が運営する第3セクターでファイターズとは「大家」と「店子」の関係にあります。
 現在の球場使用料は1試合1500万円で年間約9億円です。ドームがコンサートやイベントを開催するたびに日本ハム側が資金を出して野球関係の施設を撤去しなければなりません。
 domeまたドーム内のトレーニング施設もすべて片付けなければならないそうです。
 ふだんの警備費や清掃代も球団持ちで基本使用料とは別に年間15億円払わなければいけないそうです。
 また札幌ドームは見やすい反面、階段が急でトイレや売店に足を運ぶのが大変だと言われています。
 私は野球仕様の時とサッカー仕様のときと2回見に行きましたが確かにちょっと階段が大阪球場並みにしんどかった気はしました。
 もちろん日本ハム球団は札幌ドームがあることが札幌移転の大きな要因になったと思います。
 サッカーの方は運営が厳しいため野球ほど賃料は払っていないらしいですが球場側としてもファイターズに出て行かれたらドームは負の遺産にしかならないと思います。
 コンサート開催といっても北海道でドームを満員に出来るの嵐をはじめとするジャニーズ系かエグザイルぐらいです。
 交通の便はすこぶるいいのでこのまま使わないのは何とももったいないです。両者とももう少し歩み寄って話し合ってはどうでしょうか? 

muramotoshika2 at 05:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
月別アーカイブ
最新コメント
プロフィール

muramotoshika2

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました