秋だ!読書だ!ツーリングだ!ハイキングだ!
あとたまにマジックでしょう(ものすごい温度差…)

…と真夏に十分使い損ねたネタをむりやり別の季節まで突っ込むのはやめて、9月末に発売が始まったイクサランのブースター4パック購入の2回目です。イクサランはここまでの所、目玉となるレアが数種類の恐竜に集中し、レアのバランスは今一な気がしますが(前スタンダードのギデオンは見なかったことにして)、今回も面白カードが何か出るでしょうか。

まずは、前回は出ず今回出た面白そうなコモンの抜粋からです。

強迫 襲撃 風と共に 押し潰す梢 風を跨ぐ者

かつての定番カード、強迫がスタンダードに帰ってきました。襲撃はインスタント版格闘。汎用的なカード名なので今後もたびたび収録されるようになるのかもしれません。
他にかつてのISD《幽体の飛行》の同型再販で+2/+2修整と飛行付与という強性能オーラの風と共に、飛行クリーチャーかエンチャントを破壊できるサイドボード向けカードの押し潰す梢も便利そう。風を跨ぐ者の5マナ3/3瞬速飛行はM13《フェアリーの侵略者》と同じですね。


アンコモンは12枚です。

風雲艦隊の放火魔 結集する咆哮 無情な略奪 創発的成長 帝国のエアロサウルス 見張りによる消散 凶兆艦隊の船長 猛竜の幼生 深根の水域 誘惑の財宝 輝く報復 薄暮まといの空渡り

凶兆艦隊の船長など前回と被ったものが3種類。それ以外では、海賊を出しているとあの《マナ漏出》を上回る性能になる見張りによる消散、1/1の幼生を倒すと激昂で3/3トークンが出てくる猛竜の幼生がいいですね。5マナ4/4+αのイケメンオーク、風雲艦隊の放火魔も手に入りました。

レアは5枚です。
今回、久しぶりのフォイルレアも出ました!


アングラスの匪賊

赤7マナ4/4の人間の海賊で、味方のダメージが全部倍になる。以上!
ザ・大ざっぱ!一応JOU《双子神の指図》というエンチャントもあったので確かに赤の能力ではありますが、これ7マナなのか…見事にグレートザッパーすぎるこのコストと能力。ちょっと普通は使わんよなあ…


太陽鳥の祈祷   FOIL

フォイルレアはこれでした!!けど…あのー、何というかこう、少し目を離して遠くからこれを眺めたときの全体的な第一印象が、カードの下半分に限界までぎっしり詰め込まれたルール文章を持つ6マナのエンチャント…もう全部読まなくてもお馬鹿レアの予感しかしない…
でもフォイルだから光に当てるとキラキラして綺麗ですよ(←現実逃避)
仕方ないので一応頑張って全部ルール文章を読みますと、要するに「後続の呪文が全て続唱のようなものを持つ」と書いてあります。しかし出てすぐ仕事しない6マナはやっぱり重そう。これもどうやって使うのか…


氷河の城砦

M10ランドがまだ出ました!けど…できれば別の色の土地が良かった(贅沢言い過ぎ)
過去セットの収録も含めて、これで私の手持ちの氷河の城砦は6枚になりました。仕方ないので、我が家カジュアルでエスパードラゴン(白青黒)対白青コントロールでもやってみますか。せっかく買った龍王オジュタイは、まだ一度も使ってないので…


ティロナーリの肌変わり

3パックで赤いレアが3枚目!攻撃するたび、攻撃している他の仲間のコピーになれる人間のシャーマンです。自分が3マナなので、活躍するには4マナ相当以上の仲間をコピーするか、または特殊な能力持ちをコピーする必要がありそう。なんとなく恐竜デッキで使いたい第一印象ですけれども、他の部族の方が相性のいい相方が見つかるのかしらん?


原野を目覚めさせる者

最後はこれ。「それは土地でもある。」という一文を見ると、なんとなーくゼンディカーを思い出してしまいます。ルール文章は確かに「覚醒X」を繰り返し使えるかのような内容ですが、4マナ3/3の本体が最近の緑にしてはちょっと大人しいかな。破壊不能な土地、AKH《大瀑布》と組んで何かできれば、あるいは?


うーん、今回はせっかくのフォイルレアも含めて構築戦では今一使いどころに困りそうな物ばかりやーん!!
別にシングル価格帯の良い物を当てたい、とは全然思ってないのですけど、そうは言ってももうちょっとは構築で実用になりそうな物が何かほしかった。次回どうするかなあ、悩みどころです。