この週末、「Magic: The Gathering Arena」がクローズドβからオープンβに移行しました。前前から気になっていたMTGアリーナ、私もこのタイミングで始めてみました。いやー、新鮮でいいですね!!

mtgarena
とりあえずとっつきを始めるだけなら、Magic Onlineよりも格段に簡単でした。
私がやった手順を簡単にご紹介します。
  1. まず、MTGアリーナのホームページから、「DOWNLOAD NOW」のボタンを押してソフトをインストールします。
  2. 初回起動すると、表示名(ニックネーム)、生年月日、国、メールアドレス、パスワードを入力する画面が出ます。メールアドレスはIDとして使われます。メールソフトで返信などの登録作業は不要です。
  3. いきなりチュートリアルが始まります。全て英語です。COM対戦の途中で色々なアドバイスが出て、特に戦闘に関連する操作(攻撃とブロックの指定方法、インスタントの使い方)を説明してくれます。あくまで画面操作法の説明だけで、MTGルールに関する説明はありません(しかも全部英語だし)
  4. チュートリアルの最後、5戦目はMTG多元宇宙をまたにかける悪役の鑑、ニコル・ボーラスが直々に相手をしてくれます。ボーラス先生のトレードカラー、青黒赤の3色の呪文を使ってきますが、敵の攻撃をブロックする・しないの判断がちゃんとできれば割と簡単に勝利できます。ボーラスに勝つと、アバターという、自分の分身となる画像を、ギデオンやジェイス達、MTGの常連キャラ12人の中から選べます。アバターは後から変えられます。
  5. 初めてメイン画面が表示されますが、まだ幾つかのメニューが閉鎖されています。青い火の玉のようなものが現れて、右下の「Play」ボタンを押せ、というので、5色のあらかじめ用意されたデッキから好きな物を選んで「Play」を押すと60枚デッキでのシングル対戦が始まります。ここからは(当たり前ですが)勝つことも負けることもあります。
  6. ゲームをやめるには右上の歯車のようなアイコンから「Exit Game」を選びます。
  7. 何戦かすると、閉鎖されていたメニューが全て表示されます。青い火の玉が(英語で)「さようなら。グッドラック、プレインズウォーカー!」の言葉を残して消えていきます。これで導入は完了です。
ゲームを始めると、最初に持っているカードは5色の初期デッキのカードだけですが、それ以外に「Wild Card」という、指定されたレアリティの好きなカードと交換できるものがもらえています。神話レアは1枚、レアは2枚、他にアンコモンとコモンの枠もあります。これは最初から交換しちゃった方が絶対戦力UPになりますよね。早速私も色々やってみようと思います。