「テーロス還魂記」の公式プレビューは後半期間に入りました。発売が1月24日ですから、日程を逆算するといつの間にかかなり終盤になってきているはず。引き続き、公式カードギャラリーに載った一覧から素人的に面白そうなカードを見ています。

《鍛冶で鍛えられしアナックス》…「アナックス」、どこかで聞いた覚えが…と10秒ほど考えてしまいました。そうでした、《アナックスとサイミーディ》の旦那さんの方でしたね。そしてカード画像を見てもう一つ、今ごろ気がつきました。クリーチャータイプ「亜神」は初でしょうか?既に《太陽に祝福されしダクソス》で出ていたのを見落としていました。 マジックで亜神といえば、シャドウムーア+イーブンタイドの「亜神サイクル」を思い出します。 SHM《復讐の亜神》をはじめ、信心5を稼ぐあいつらがもしテーロスにいたらと思うと震えるやらなにやらですが、そこまでは大きくない3マナアンコモンのアナックス、自分か味方が死亡するたびサテュロストークンを出す陰鬱なんだか黒緑なんだか、あまり赤っぽくない能力がつきました。


《灰のフェニックス》…脱出という能力が墓地から復活する物なので、脱出するフェニックスも今回当然入っていると思ってました。3マナ2/2飛行速攻の基本性能はM12《チャンドラのフェニックス》と同じ。チャンフェニに比べ復活条件がかなり重い代わり、3/3になって戦場に戻れます。3マナ+2/+0の自己強化も息切れしがちな赤の濃いデッキには地味ながら嬉しいおまけかも。

《イリーシア木立のドライアド》…うっ、頭が…緑3マナ2/4で追加の土地がプレイできるレアのクリーチャー・エンチャントと言えば、前回のテーロス・ブロックで屈指の活躍を見せた強カード、BNG《クルフィックスの狩猟者》を思い出します。当時の公式コラムで「ライブラリーの上を見せたままプレイする強カードの蔓延はマジックの面白さを減じる」と反省のあったアノ能力は消えたものの、代わりに付いたのがなんと「あなたの土地は全ての基本土地タイプである」という、あのSHM《虹色の前兆》と同じ一文です。うーんなんだろうこれ。多色で行くのか単色を押すのか、このセットだからこそ一層面白そうなカードです。


《ハイドラの成長》…あっ、なるほどハイドラだわ。ありそうでなかった、M12《始源のハイドラ》が持っていたカウンターが倍倍ゲームで増えていくアレを付与する緑3マナのオーラ。こういう雑にばんばんやるカードは大好きですよ!

《魚態形成》…うおっ(←言いたかっただけ)


《鬱陶しいカモメ》…3マナ2/2飛行瞬速。《風のドレイク》の上位互換じゃないですか。クリーチャーが全般に強くなった最近だと、ドレイクの上位互換はWAR《エイヴンの永遠衆》など他にもいるとはいえ、なるほど今回も鬱陶しい。これじゃ「カモメはカモメ」とは言えますまいて(中島みゆきの名曲)

《死の国への引き込み》…黒への信心が2以上あれば2マナで使えるインスタント確定除去。信心1でも《殺害》なわけで、スタンダード有数の超強い除去になるのは間違いありません。ただ「墓地に落ちてから本番」みたいな奴も結構多そうなので、どこまでやりよるかはどうでしょう。まずは《残忍な騎士》と使い分けかな。

《運命的結末》…あんまり火力っぽくないカード名ですけど、3マナ3点に占術1がついたインスタント基本火力。《殺戮の火》の一徹モードを失った代わり占術1というトレードオフですね。今の環境だとまだまだ一徹の方が強そうですけど、多色のデッキならこっちかも。

《第1回イロアス競技会》…マジックとは思えないカード名。これ何のゲームだっけという、章能力を4つ持つ英雄譚。いや、見れば見るほどオリンピックですよね。最初に戦場…じゃなかった競技場に出て、2番目のカウンターで順調に実力を伸ばし、3番目のアドバンテージでライバルを突き放して、4番目で金メダル。今年はオリンピックイヤーですし、フレーバー的には最高ですよね。ちなみに「金」トークンはBNG《金箔付け》など以来、久しぶりの登場になります。


《自然の怒りのタイタン、ウーロ》…うわー、なんかグルグルする系の奴だ。3マナ3ライフ1ドローに土地が追加で出せて、墓地に他に5枚仕込んでおけば4マナでもう1回やってから6/6が出る。なんかもー、このカラーリングやイラストとかを眺めていると、かつての「シディシウィップ」みたいなデッキを思い出します。シディシウィップは対戦でボコボコにされた思ひ出しかありませんよ。私には使いこなせません(使う前から逃げ腰)