1回目2回目の続きです。ファットスタックのもう一つ作るライブラリー、土地以外のお勧めカードに触れていきたいと思います。こんな感じのカードを入れていきましょう…
…行きましょう。




私の好きなカード達です!
って、なんでこう、似たようなテイストの絵なんですかね…(適当だからです!!)

実際、この4つのカジュアルフォーマットの中で、ファットスタックが一番、入れるカードが「普通のリミテッドと同じでいい」ように思います。中心となるのは、ごく普通の2~3マナのシングルシンボルのコモン。これにマナカーブに沿って、軽いカードや重いカードを適当に入れていきます。

土地が5色に散る関係上、多色カードは使いづらいため、「魔除け」サイクルのように1枚で複数の使い方ができるカードや、かなり強いカードだけに絞るのが良いと思います。またタワーマジック同様、ダブルシンボル以上のカードも邪魔になりがちです。

バランスがうまく取れそうなら、各時代を代表するコモンやアンコモンを突っ込んでも面白いです。



あと、全プレイヤーがライブラリーを共有するカジュアルルールでは全て共通なことに、独特の働きをするため必ず入れておきたいのが《捕海》系のインスタントです。対戦相手のターンに使えば相手のクリーチャーを「乗っ取る」ことができます。《捕海》の仲間には《万全》、《座礁》、《アゾリウスの魔除け》などがあります。



というわけで、押し入れに余っている適当な10円カードの束で遊べるのがファットスタックの良い所だと思います。カードを入れ替えながら色々試すのも面白いですよ。