押入れに眠っている適当なカードの束を使って追加の出費なく屋内で遊べるカジュアルフォーマットのご紹介、2つめは「キューブレット」を行きたいと思います。これは「タワーマジック」の亜種ともいえるほどよく似ていて、公式初出は2014年末のこの記事だと思います。
タワーマジックのルールに関してはこちらのWikiに書きましたけれども、それを介さず1からルールを簡単に書くと次のようになります。
  • 土地以外の適当なカードの束を持ち寄ってライブラリーとする。
  • 2人対戦。ライブラリーを共有し、墓地は別々。マリガンはしない。
  • プレイヤーは各ターン、土地を出す代わりに手札の任意のカードを裏向きに出してよい。それはタップして好きな色マナを出せる、基本でない土地になる。
根本のルールはこれだけ。これ以外に、ルール上は必須ではないらしいですけれども、次のような自主制限(つまり「縛り」)を掛けている方が欧米には多いようです。
  • 必ず100枚ちょうどのカードを使い、同じカードは2枚以上入れない
  • 単色カードを各色14枚×5種類、2色カードを3枚×10種類で100枚。無色や3色以上のカードは禁止
  • PWカードも禁止
この一見不必要な(!?!?)縛りに従うことで、自分だけのオリジナル「キューブ」、つまりなんとなーく自分で「〇〇マスターズ」を編集している感覚を持てるのが別の楽しみとして大きいです。私は従ってないけど(おーい!!)

あと、ルール的な面でいうと、《コーの空漁師》などで土地を手札に戻す場合、裏向きの土地から戻したい土地を自分で選べるのか、無作為(選べない)のか、という話があります。我が家では「自分で選べる」ルールを採用しています。

キューブレットは、今回の4種類のルールの中で最も異質的なカード選びができる(せざるを得ないとも云ふ)フォーマットです。次回はそのあたり、触れていきたいと思います。