「今、ここ、私」の感奮ブログ~ムラーノがいく~

名南経営コンサルティング 村野文洋 公式ブログ

日経新聞はじめ、各種記事で、ゼリア新薬工業の新入社員が自殺され、その遺族が同社と研修を請け負った会社、講師を提訴したと報じています。研修を業務として行っている私どもとしても、他人事ではないので、気になる内容です。
2017-03-27-08-21-28今回、研修を請け負ったビジネスグランドワークス社は、東京に本社を構え、関西にも拠点があるる会社で、創業13年ほどの会社のようです。http://www.bgw.co.jp/
事業の内容は、教育研修を中心として、各種コンサルティングを展開しており、社員数などはHPからはわかりませんが、自己革新、行動革新を強みとしているということで、いわゆる自己啓発セミナーや感受性トレーニングという系統の研修を行っているような印象があります。
大きな声を出させられたり、罵声を浴びせられたというコメントが出ていましたが、こういったことは、自己啓発系や感受性トレーニングなどでは、自分の殻を破るために取り入れられる手法として一般的です。自衛隊のような雰囲気ともありますが、入社時の研修や管理者になる前にこういった厳しい研修を用意し、派遣している会社は多くあります。研修の効果については、人それぞれでしょうが、非日常的な空間の中で、自分を追い込み、殻を破るという経験を通じて、自己を革新するという点では、一定の効果は期待できます。

ただ、常に諸刃の部分もあり、受講者のタイプによっては、精神的に追い詰められてしまうこともあるでしょうし、講師の進め方によっても、受講生に過度なストレスを与えてしまうことは想像できます。
ビジネスグランドワークス社以外にも、同様の研修を展開している会社はいくつも存在します。そういった研修の評判はやはりまちまちで、経営者が受講し、その研修に惚れ込んで、全社員を研修に派遣している会社もありますし、いまの時代に合わないと、毛嫌いする人も多くいます。

今回のケースが、研修と直接的な因果関係がどの程度あったのかは、現時点では定かではありませんが、研修を行うにあたって、より一層、安全配慮義務というものを意識する必要を感じました。一方で、ストレスがかかることばかりに目が行き、当たり障りのない研修になってしまっても、効果は半減してしまう場合もあります。その人にとっての気づきが大きく、そして効果が最大化される内容をどのように実現させるのか、問われているような気がしました。

昨日は、昔、同じ職場で働いていた後輩の会社の周年行事にお誘いいただき、参加して来ました。多数の来賓の方も参加され、盛大な会でした。経営者として頑張っている姿を日頃から、見ているだけに、余計に感慨深いものがありました。特に、決して見せるための会ではなく、手作り感一杯で、精一杯に取り組む姿は非常に好感が持てました。
経営者としてスピード感を考えると、じれったい時もあるのでしょうが、社員さんとともに進んでいこうと決め、突き進む姿に、後輩ながら、尊敬の念で見ています。

昨年末、弊社の元代表による社内講話があり、その中で「メルカリ」について触れていました。成長のスピードもさることながら、広範囲の人がその手軽さと実際に使った便利さにリピーターとなり、今後はその活動領域も広がってくるであろうという話があり、百聞は一見に如かず、ということで、名前は知っていたものの、利用したことがなかったので、その後すぐにメルカリに登録をして、いろいろと販売、購入を試してみましたので、今回はその体験から感じたことをご紹介したいと思います。
https://www.mercari.com/jp/

実際に販売するにあたって、何を販売しようか?と考えていたところ、本棚に入りきらなくなり、古本屋さんに販売に行こうかと思いストックしておいた書籍が段ボール箱にあり、その中の本で、商品の状態の良いものをピックアップし、著者ごとにまとめて販売品としてアップしてみました。
それ以外には、ずいぶん前に、実家の部屋を整理していた時に、小学生の頃に集めていた「牛乳キャップ」が出てきて、なつかしさから持ち帰ったものの、タンスの肥やしになっていたので、こちらもいくつかピックアップしてアップしてみました。結果として、掲載してから3カ月ほどが経過する中で、書籍に関してはすべて買い手が見つかり、牛乳キャップに関しては、2種類ほどは買い手が見つかり、お届けすることができました。
思っていたよりも、売れるもんなんだなぁ、という感想を持ったと同時に、いろいろなものがやり取りされていく中で、フリーマーケットの仕組みについても、色々と気づかされることが多くありました。
まずは、お金のやり取りに関して。
実は総額、数千円の販売実績となったものの、実際にはお金としては一度も受け取っていません。メルカリからは販売金額の10%が手数料として差し引かれた上で、その差額を「売上実績」として通達されます。アプリの中の売上には、その金額が積み重なっていきますが、実際に売上金額は振込申請をしなければ支払われることはありません。少額の場合は、振込手数料がかかりますので、一定金額になるまでは待とうという心理が働きます。その過程で、ポイントの付与や5%割引などの案内が届き、その案内につられて、手持ちの「売上金額」を使って、他の商品を購入してしまう、という流れになっていきます。
結局、気が付くと売上金額は消費されていき、振込手数料のかからない金額基準から遠ざかっていく…という形になるのです。加えて、この売上に関しても有効期限があり、貯まるまで待っていると、期限が切れてしまう、ということにもなりかねません。そうなると、お金で回収するよりも、商品と引き換えた方が特になるのでは、という心理が働くのか、図書カードや商品券など金券の販売がかなり目立ちます。ポイントにも有効期限があり、ポイントを使わないと損した気分になる、という心理を引き出しているのでしょう。結果として、メルカリの中での流通量を増やす効果につながっているのではないかと感じました。

さて、これらはしっかりとした調査や分析をした内容ではなく、あくまでも一人のユーザーとして利用した中で感じたことですので、実際の意図とは違う部分もあるのでしょう。それでも、やはり体験から学ぶことは気づきも大きいと改めて感じました。
メルカリに関しては、ここ最近は、問題点も指摘されていますが、多くの利用者の支持を集めていることも事実です。こういうネットの商売は、人や商品が集まるところに、さらに人が集まるという構造があります。一方、利用者が増えると、意図した使われ方でない利用が増えたり、犯罪の温床になることも出てくるでしょう。そういった問題に対して、どう対応していくかが、長きにわたって成長していけるかの分かれ道なのかも知れません。

このページのトップヘ