今朝の日経新聞のスポーツ欄に、カズこと三浦和良選手の50歳でなお現役で活躍し、今なおファンを増やしている理由らしきものを解説する記事がありました。そこには、ストイックなまでに自分の生活を管理し、少しでも良いと思うことは、貪欲に取り入れる姿があります。そこまで、どうして自分を追い込むことができるのか?
その答えは「好きだから」「意欲が尽きないから」と。
目的的に生きることができれば、人はがんばれる。そんなことを痛感します。

その横には、カブスの上原選手の無失点の記事も。

若い力が台頭する中、ベテランの活躍に刺激を受けます。