studio-murasaki official blog

イラストレーターMURASAKIのオフィシャルブログ

浮世絵クラッシュ

MURALの盛夏コレクション用に、90年代にステージ上で死闘を繰り広げた2人のダンスホールレゲエアーティストを浮世絵風に描いてみました。
djc8


MURALの企画会議で「和柄がキテるんですよ。レゲエネタでそんな感じの作れないですかねえ?」って提案がありました。

元々浮世絵は好きなので、さっそくアトリエにある資料本を眺めながらイメージ出し。

第一人者の葛飾北斎は風景画と同様に人物画も多くの作品があるし、90年代のダンスホールレゲエのギラギラした衣装は、武将の甲冑に通じるところが絵的にはあるかなーと思い、人物モチーフで作っていこうと思いました。

で、イメージする“対決構図”にハマるようなサンプリングネタでDIGったのが「文昌星図」と「赤壁の曹操図」。
djc4


伝説の2大アーティストの数ある衣装の中から、認知度も高く色的にも画面映えし、かつ双方の対比がつくようなスタイリングを選んで絵におこしました。
djc9


背景はジャマイカ的な要素を超日本的なタッチで描いて、彩色はオリジナルをじっくり研究。浮世絵独特のザラついてくすんだ風合いも表現できるように試行錯誤してなんとか完成。


iPhoneケースとTシャツになって6/11(土)リリースされます。
http://mural.jp
djc5


djc6


djc7



ポップアップストア出展作品

4/29〜5/5に大阪アメリカ村のストリートウェアショップ『DISSIDENT』内で開催される『MIGHTY JAM ROCKポップアップストア』へ出展する作品が完成しました。

《ちっちゃなおっさん》
180mm x 140mm キャンバスにアクリル絵具,ポスカ
各15,000円(税抜き価格)
MJR_mini

_MJR_mini

《旅するおっさん》
257mm x 182mm イラストボードにコピック
各30,000円(税抜き価格)
MJR_copic

_MJR_copic

《背景CAMOのおっさん》
455mm x 380mm キャンバスにアクリル絵具
75,000円(税抜き価格)
MJR_b_camo

《衣装CAMOのおっさん》
455mm x 380mm キャンバスにアクリル絵具
75,000円(税抜き価格)
MJR_c_camo

_MJR_b_camo


現物をご覧いただくと、よりいっそう手塗り感が伝わるかと。
チェックよろしくお願い致します〜。

マイジャのポップアップストア

間もなくはじまるゴールデンウィーク期間中、大阪アメリカ村のストリートウェアショップ『DISSIDENT』内にMIGHTY JAM ROCKのポップアップストアが限定でオープンします。
jpg-large

お馴染みのグッズはじめ、今回あらたにリリースするTシャツやiPhoneケースもあったり。
20160412_1275090

20160412_1275089

ボクも手描きの原画を展示販売させてもらうことになりまして、今せっせと制作中。
hp

何点作れるかわかりませんが頑張っております。

The Artists @ 新宿タカシマヤ 終了

約3週に渡って新宿タカシマヤで開催されたポップアップショップ『The Artists』での展示が昨日で終了しました。
st1


最初の週末は普通の接客、2週目3週目の週末は公開制作をさせて頂きました。
st2

(画像はご来場いただいたヒトミさんより拝借)

非常に地味〜な作業でしたが多くの方に見て頂き、この2週間ですっかり「枝の人」としてイメージも定着。公開制作最終日に予定通り(←珍しい)完成。
st3

木や枝で絵を構成する『TWIGS』スタイルは自分の持ちネタの1つとして今後も続けていこうと思います。あとヘプバーンモチーフの『ANN』シリーズもね。


開催前は百貨店というアウェイな場所でどーなることかと思いましたが、日頃出会えないような方達とのお話しはとても楽しく勉強になりました。

公開制作の時に、ご自身のヘプバーンのお思い出を語って下さったお婆様が、後日レアなフィルム型のシオリを持って再び会場を訪れて下さったそうです。大変申し訳ないことにその日ボクは不在だったのですが、この素敵なシオリと素敵な出会いはこの先も宝として大事にしていきたいと思います。
st4

ご来場くださった皆様、サポートしてくださった皆様ありがとうございました。

再びタカシマヤーマン

先週に引き続き4月9日(土)10日(日)も新宿タカシマヤ4階のポップアップショップ『The Artists』でドローイング画の公開制作をやらせて頂きます。

前回はドローイングスタイル『TWIGS』で作ったTシャツを着てたんですが、今回はモチーフにしているオードリー・ヘプバーンのステンシルTシャツを着てやります。
annt2s

倉庫に眠っていたインディーズ時代のMURALのTシャツボディサンプルにスプレーを噴いて急遽作ったモノ。当時は米国製PRO CLUBのボディを使ってました。
pct

サイズXLで超デカいんすけど、1周まわってアリな時代が戻ってきて良かった。
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ