rtstb2






自分の絵を“アニメ風”って意識するようになったのは、2001年の初STBがやはりデカい。当時、ジャパニメーションなる言葉が先導(?)したアニメブームがアメリカにあったんだったけかな?なんかその流れの中VPレコードでの会議で、
「じゃ、今年はアニメっぽいんで行く?」
「よっしゃ決まりね。でもそっち系の絵描くヤツって独特やん?」
「だね〜。暗いっていうかさ〜。ダンスホールとかイケんの?」
「オーマイガッ!....確かに...。」
と、まあ、こんな感じのヤリトリしつつ、デスクの上の資料をチェックしてたそうな。

その中に日本が誇るフリーマガジン『RIDDIM』があって、それを手にしたスタッフの一人が、「コレ!こいつ描けてるやん!」と開いたページが、オレがジャケ描かせてもらった、RED SPIDER「Sky Is The Limit」の広告ページ。「すぐにコージ(24x7八幡氏)に連絡してコイツを探せ!」ってなって、先に書いた[八幡さん]→[カエルスタジオ麻苧くん]→[オレ]っていう流れで電話もらった。

「いや〜思ったより簡単にコンタクト取れてよかった!麻苧くんに『この人と連絡取れるかな?』って聞いたら『イケるんちゃいます?種子島に居てますよ。』って(笑)『タ、タネガシマ〜???』ってなったけど(笑)」って言う言葉に続いて、オファーまでの経緯を、八幡さんは上のように語ってくれた。


ん?...オレ、アニメ系なのか....?

今でこそ、アニメもオタクも市民権を得て、レゲエやヒップホップの“男は男らしくっ!”な価値観の業界でも認知されているけど、当時はまだまだ未知の領域というか、「コレってアリなん?」な世界だったんで、アニメからの影響も受けているけど、そこと自分のスタイルをガッチリ繋げるのは少々抵抗があったんすよね。けど、「へー、外国人から見るとそう見えんだ。じゃ、ま、いっか。」と海外評価に弱い昭和人間のオレはあっさりこの括りを受入れたのだ。

翌年は、アニメ系というタッチはそのままに、さらにVP内で練り上げられたコンセプトに基づいた具体的な発注で「サーキット編」は完成した。
rtstb3








通常ジャケ依頼では「完全おまかせスタイル」と「コンセプトあり構成おまかせスタイル」の大きくわけて2つの進め方を取らせてもらっている。VPは後者。指定されたテーマやシチュエーションの中で考えていくのだけど、その時勝負になるのは「いかにリクエスト条件を満たしながら期待を越えるか」って事。ブッ飛び過ぎてもダメだし、普通にまとまってもオモシロくない。描くモノがCD、レコードっていう商品だから、買い手の人まで伝わらないとイケない上に、手にするのは人種も文化も多様な世界の人。

正直難しい。だからからこそ、燃えるのだ。




STB3年連続行けるか!?と薄ら期待をしていた夏に思わぬ別オファーが来た。VPと米国メジャーレーベルから世界デビューを控えたELEPHANT MANのプロモーショングッズ。コレについても詳しく書くと長くなるんで、それはまた別の機会に。なんしか、この年はこのエリーグッズをやらせて頂き、STBは無し。


ここから、秋になるとその年のSTBのジャケを、レコ屋の時代のそれと近い感覚で見る事になった。
「なんとしても、またSTBやりたい。」毎年秋になると、そう思っていた。

そんな思いをもちつつ、十数年振りにNYに行く機会にめぐまれた2007年2月、はじめてQUEENSのVPレコードオフィスに足を運んだ。5年も経っているのに会長、社長、スタッフ、みんなが大歓迎してくれて、「過去の栄光」もしっかり額に入れて飾ってくれててメチャ感激した。実はその時も「新しい何か」を期待する声をチラッと聞いた。


そして、その数ヶ月後のマンハッタンであのポスター(第一章にアップした写真)に遭遇したわけ。
「こんな所にも貼られるんだ....。ニューヨーカーはじめ、世界からの観光客の目に入るんだ....。」って実際、自分の目でそれ見てそこに自分の絵のポスターが貼られた事を想像して興奮もした。と同時に、5年出来ていない自分が敗北感に包まれたのも確か。


STBをやる事が、いかに自分の絵を多くの人に見てもらえるかを再認識し、思いも強くなった反面、進化の迷宮へも深く深く進んで行く。考え過ぎってヤツね。一方国内での仕事にも進化の必要性は迫っていた。そこでオレの取った路線は、繊細な線と細かい配色のアニーメション風から、ザックリとしたコントラスト強めのハードタッチのアメリカン・コミック色の強化。毎年描かせてもらっているMighty Jam Rock関連はコレで進めた。そして、MJRのシングル、アルバム、Highest MOUNTAINと一通り描き終えた横浜レゲエ祭会場で、八幡さんから予想もしていなかった一言を掛けられる。

「今年のSTBなんだけどさ〜、どう?お願いできたりする?」









あ〜、長げ〜。しかもマジ目スギ〜。肩凝るぜ、まったく。
けど、始めちゃったんで、しばらくこのノリで続けます〜。

今日は東京秋晴れですな。天気予報見なかったから、昨日ドンヨリ空模様の中洗濯しちゃったよ。近所ではオレだけっす。ほとんど乾いてたけど、くやしいからまた外に吊ったった。