8月2日、MIGHTY JAM ROCKの13枚目のアルバム、その名もズバリ『XIII(サーティーン)』がリリースされます。

半年ほど前のMJRミーティングで「13っていう数字なんで、ちょっとダークというか、ホラーというか、今までとはちょっと違ったテイストのジャケもいいかもですね」とJTBからご意見いただいて、その方向でアイデアを練っていきました。

ホラー映画のポスターや、オカルト系のレトロなイラストとかをチェックしていったんですが、やはりCDジャケで店頭に並んだ時の「つかみ」としては、ちょっと沈むというか人目の引きとしては弱めになってしまうんで、さてどーしたもんか…と考えている時に目に入ったのが、ちょっと懐かしめのスケートボードに描かれたデッキアート。

そこからヒントを得て“コミカルでキャッチーだけど毒のあるイラスト”をコンセプトにラフを描いてみました。それがこちら。
13thrgh

JTBに見てもらったところ、すぐに「バッチリす!」と返事を頂いたので、この世界観に磨きをかけていきました。色はパキッと派手に、影の部分は点描で表現するなどタッチもサンプリング、さらにこれまで固定にしていたロゴも今回は“それ風”にリメイク。
そして完成したのがこちら。
13thomote

裏ジャケももちろんコレ系でマイジャのおっさんも今までで一番ワルい感じに。
13thura

収録された13曲はジャケのコワい感じではなく、夏全開のポジティブチューンから社会の問題ブッた斬るハードコアチューンまで、今回もバラエティーに富んだ内容の進化系マイジャ節でファンにはたまらんす。

コレをガッツリ聴き込んで、ハイエストで盛上がりましょー!ヾ(≧∇≦*)/