いやー、ツイッターの他にフェイスブックも何となくはじめちゃったもんだから、2ヶ月放置してました。でもやっぱ、しっかり記事書くにはブログが一番かなーと思い久々に開いてみたのですが、そう思わせてくれたのは、今日の午前中に観てたメジャーリーグのワールドシリーズ。

ちょっと前から「ボストン レッドソックスの守護神:上原」の話題はそれとなく耳に入ってきてました。そして俄然興味を持ったのは、もう一人の日本人投手 田沢選手が入場テーマ曲にあの「もぐらの唄」を使っているというニュース。

“負けてたまるか”のド根性ソングは、レゲエ人はもちろん多くのアスリートからも人気が高いとは聞いてました。けどまさかメジャーリーグの球場までそれが飛び火するとはね〜。それについては、ボストン近郊在住のフリーランス・スポーツライター、一村 順子さんによる“『もぐらの唄』に託されたレッドソックス 田沢純一の熱き思い。”に詳しく書かれています。

そんなレッドソックスが、あれよあれよという間にワールドシリーズで世界一を競うことになっていて、しかも大手をかけた大一番をやっているというのを、今朝のんびりコーヒーを飲みながら「さーボチボチ仕事はじめよかね〜」なんて思ってる矢先に知りました。

すでにレッドソックス大量リード。
これは優勝するかも。なんて思いながらチラチラ観ていたら、あの田沢選手もスタンバってるではないですか!「もぐらの唄」がかかるとは聞いてましたが、実際そのシーンに出くわした事がないので、コレは今季最後のチャンスかもー!!と思っていたら2アウト満塁の大ピンチでキターーー!田沢ーーー!そして投球練習の時にかかったー!♪ヤガヤガヨ〜!!!

結果2球でピンチを切り抜け大役を果たしたわけですが、もー感動ですよ。
このピンチ乗り切ってレッドソックスの優勝を確信した時に「あ!そや!」と、ある事を思いついて作業開始。なんとか優勝決定のその瞬間までに完成さそう思ったら、守護神上原がビシッ!バシッ!とソッコーでバッターなぎ倒しレッドソックスが世界一になったのでした!優勝の瞬間は逃したけど、こんな大舞台に「もぐらの唄」を連れて行ってくれた田沢選手に感謝を込めてコレをポストしました。
BostonRedSox

このユニフォーム着せたら、もぐらが田沢選手に見えてきました(^^)