純粋とは矛盾色

―Necronomicon rule book―

幸せとは何かを探していた。
最高の幸せを追求し、自らの幸せを探求し続けた。 
人と同じことをすれば腹が立ち、人と違うことをすれば角が立つ。
特別になろうと私欲に働けば、抑止を以って常人の行動なのだと気づかされる。
故に、自らを幸せにすることに意味はなく、他人を幸せにすることに意義を見つけ出す。

他人に乗り移る呪い事は自らの存在を薄め、描いた作品を腐らせる。
幾千にして腐敗。誰かに恨まれる人生でも構わない。
キャラを殺し、自分を殺し、最悪の結末で物語が終わろうと、
己の私欲をかけた場所を守り続ける。


私には、正義としての素質があったのだ。


『純粋とは矛盾色 村崎色の手記より抜粋 Necronomicon rule book』 

エムシー販売店、総支配人の村崎色です。

”エムシー販売店同人誌第四弾、『グノーグレイヴ『下剤―状態変化Ⅰ―』”の告知をさせていただきます。

      始まり絵

 
エムシー販売店、同人誌第弾作品――、

グノーグレイヴ『下剤―状態変化Ⅰ―』

◆story◆
『エムシー販売店』の商品は購入した者に様々な能力を付与する不思議な道具である。
『下剤』を飲んでトイレに閉じこもった少年、磐井寛海は、排出物と供に魂もアンダーグラウンドへ落ちていく。アンダーグラウンド(以降『地下』)視界は真っ暗だが地上と直結しており、地上のやり取り、人物が同じように行動し生活している不思議空間だった。『地下』の人物の影響が地上に反映されることに気付いた寛海は『地下』の人物を改変し、地上の人物を遊び始めたのだった。

◆学園道具モノTSF化オリジナル作品◆
・漫画とCG集を組み合わせたオールカラー作品!


◆シーン紹介◆
シーン1 OP――『下剤』の説明、クラスメイトと『同』化
シーン2 学園一の美少女を『義妹』化。調教教育する。
シーン3 姉好きの男子生徒と姉の姿を『入れ替え』。視察する。
シーン4 好きな子の身体を『乗っ取り』。オナニー。
シーン5 嫌いな女子生徒を『地下』に連れていき『人形』化、誰にも気付かれないまま『地下』でセックス。
シーン6 『地下』に住む自分の身体を『女体』化しての至高のセックス。 

 今作の作画は前作と同じく、たむポ~サ先生です。
 
◆その他◆
・おなじみ、『DLsite』、『DMM』、『DiGiket』にて販売を致します。
・販売価格は1200円(仮)です。
・販売日は6月11日を予定しております。
※支店によって販売日が若干ずれる可能性がございます。


 本当は6月6日にしようかと思っておりましたが、あと10日しかないんですよね。告知が遅くなってしまったために、告知から二週間もたせようと思います。 逆に申しますと、発売まで既に二週間きっております。
 
 今回は各シーンごとに楽しめる短編形式での作品になっております。
 長編としても短編としても十二分に楽しめるに仕上がっております。
 『状態変―TSF―化』の効果に相応しい、多く場面の女体化をご用意いたしました自信作です。

 次回で告知は最終回となります。どうぞ、今作もよろしくお願いいたします!

 エムシー販売店、総支配人の村崎色です。
 前回の同人誌、『飲み薬―憑依―』をご購入くださった皆様には厚く御礼申し上げます。そして、初めて足を運んでくださった皆様、大変有り難うございます。
 『飲み薬―憑依―』の興奮も冷めやらない間に、今回も引き続き、たむポ~サ様との強力タッグを組み、一冊のTSF同人誌が発売されることを宣言いたします。

”エムシー販売店同人誌第四弾、『グノーグレイヴ『下剤―状態変化Ⅰ―』”

      一人称視点

 既に色塗りにまで着手しており、今作の完成は間近でございます。
 期待に胸膨らむTSF作品が早く完成するよう、丁寧に仕上げていきたいと思います。
 発売日、金額、お求めのショップ、詳細も随時更新します。
 同人誌の最新情報は、DLsiteブログの方でも進めて参ります。

 続報を心待ちにして下さい。

 美代子に覆いかぶさり上に跨った悟郎は両足を持って思い切り引いた。美代子の身体は簡単に持ち上がり、強制的に丸くなりまんぐり返しをする形になっていた。

「ふふ・・・」

      お姉さまの宴

 美代子の穿いている桃色のパンツを目の前に見ながら、濡れている秘部を弄り始める。

「ん・・・っ!!」

 秘部から感じる甘い刺激に思わず美代子が声を荒げる。親友ののぞみが自分の秘部を弄るなんてありえないと思っていた美代子だっただけに、突然の出来事に驚いていた。

「のぞみ。これって・・・」
「さぁ。楽しみましょう」

 心臓が高鳴る美代子。のぞみの誘いにいけないと分かっているのに、動けない自分がいる。先程、悟郎にかけられた催眠によって、この部屋にいるだけで気持ちよくなっているせいである。常時発情の美代子は、悟郎に脇を舐められるだけで発狂する声を上げていた。

「ああ。のぞみ・・・っ!あん・・・っ」
「ふふ・・・。美代子の声とっても可愛いわ」
「はぁ・・はぁ・・のぞみぃ~」

 高校生時代の制服をお互いに着て、ベッドの上で縺れる二人の身体が甘い汗を掻きはじめる。悟郎は浮かぶ汗を舌で掬い舐めながら、美代子の胸を執拗にもみし抱く。

「はぁんっ!?」

 悟郎の行為を簡単に受け入れる美代子。気持ちよさそうに喘ぎ、感じるままに吐息を震わせ身体に快感を蓄積していく。

「あっ、あっ。のぞみ。そんなにされると!!」

 悟郎のことをのぞみと呼びながら、期待するように悟郎の行動を覗いていた。悟郎が美代子のショーツを脱がして直接膣口を舌で舐めあげる。

「ふあぁあ!!」

 舌の先を硬くして、濡れた秘部をレロレロと掬い出す。悟郎の口の中に美代子の愛液の味は広がる。

「美代子のクリ〇リスとても敏感ね。私、いつも美代子のことを思って触ってたのよ」
「言わなくていい~」
「私の指で感じてイっちゃっていいのよ」
「だ、ダメよのぞみ。ふあぁあ!それ以上・・・あっ!されちゃ・・・あぁ!あああぁ!」

 悟郎の指で膣を掻き混ぜる。美代子の愛液でベトベトになった指を見ながらさらに行為を進めていく。

「すごいマン汁・・・。もっと出して舐めさせて頂戴・・・」
「のぞみ・・激し・・・あんっ!あ・・ああ・・」
「ん・・んちゅぅ・・・チュパチュパ」
「あんっ・・そこぉ・・・ひやぅぅ!だめぇ、きもちいい・・・。なにも考えられなくなっちゃう・・・あっ・・・あぁ・・」

 美代子がブルブルと身を震わせる。そして、我慢できずに愛液を噴きだしていた。潮吹きである。悟郎の顔にも美代子のお汁が満遍なく飛んできていた。

      アヘ顔

「美代子の愛液がこんなに・・・ふふっ。すごい潮吹き」
「はぁ・・はぁ・・」

 イったばかりの美代子のクリ〇リスにソフトに舌で愛撫する。その都度美代子はビクンビクンと身体を震わせていた。すぐに身体は快感に疼いているのだ。美代子のイった姿を見た悟郎もまた逸物を勃起させているのだった。



 続きを読む

「梨奈!ご飯できたわよ。はやく降りてきなさい!」

 妃梨奈―きさきりな―は母親の声に返事をしてゲームを終える。ごく普通のオンラインゲーム、『マリーゴールド』だ。最初にプレイヤーは姫となり、魔王にさらわれながらも勇者を手助けする役を演じるか、はたまた勇者となり魔王を倒し姫を救い出す役を演じるかの選択ができる。そしてそれがこのゲーム最大の売りなのである。
 このゲームは男性だけじゃなく、女性まで多くのプレイヤーを取り込むことに成功したゲームなのだ。女性は姫役となり、魔王に襲われる心配がなく回復役に徹すればいいという初心者用であり、対して勇者役は魔王と対決するため、シビアな操作性を試される上級者用キャラであり、多くの男性女性が魔王を倒した後で達成感を味わえるゲームなのである。
 男女共同で魔王を倒したことで、間に愛が芽生え、結婚した例まで報告されているのだ。そう、『マリーゴールド』は今や婚活の役目まで果たすオンラインゲームなのである。
 しかし、その都度何度も倒され、やられる魔王。
 男女の絆のために何度も殺される魔王。 
 人間の都合のために生まれ、そして魔王の屍の上に真実の愛を語る男女たち。

 嫉妬、絶望、悲しみ――
 そのすべてが魔王を復讐へ突き動かす。

「・・・・・・」

      リナ、プリンセス(中二)

 梨奈は電源を切り、 『マリーゴールド』を終わらせる。おもむろに席を立ちあがり部屋を出ていこうとしたが、部屋に立てかけていた姿見を見つけると、ゆっくりと鏡の前に立った。
 長時間のゲームのやりすぎで顔がむくんでいるが、それでも若さと幼さの残った小顔ときめ細かな白い肌を露出した服装が似合う今時の子供の姿が鏡には映っていた。

「彼女がリィナ・プリンセスか。ククク・・・。プリンセスとも言えない、幼稚な器だ」

 梨奈が自分の姿を見ながらぼそりとつぶやく。しかし、その高音とは裏腹に卑劣な言葉を自らの身体に吐き捨てる。

「顔は整ってはいるが・・・対して面白くもない身体だ。しかし、せっかく手に入れた現世の器なのだ。俺の手で調教すればすぐに好みの器に変わるだろう」

 男口調で自分の胸を容赦なく揉み始める梨奈。しかし、彼女の意識は魔王と入れ替わった際に『マリーゴールド』の世界に幽閉されてしまった。現在、現実世界にいる梨奈は身体は梨奈のものでありながら、意識は魔王―アスタロト―に支配されている。
 魔王が現世に召喚されたのだ。

「どれ、早速弄ってみるとするか」

 魔王は梨奈の身体でベッドにいくと、おもむろに衣服を脱ぎ始めたのだった。


 
続きを読む

 電話を終えてしばらくすると、水橋美代子が言われた通りに悟郎の部屋にやってきた。美代子はこの部屋が悟郎の部屋だとも、そして招き入れた部屋の主が悟郎だとも思っていない。

「ようこそ、いらっしゃい。美代子さん」
「びっくりしたわよ。のぞみが本当にこんなすぐ近くにいたなんてね」

 美代子には電話を切った後でも悟郎の姿が上原のぞみに見えるように錯覚させていた。美代子が悟郎に気を許したこともないので、普段と違い友達感覚で気軽に接してくる様子を見せるのは初めてだった。

「それにしても、ちょっと部屋が片付いてないんじゃない?」
「そうかなぁ?」
「一人暮らしなんだから誰も助けてはくれないわよ?だからと言って部屋を汚したままだと落ち着かないでしょう?」

 美代子は率先して悟郎の部屋の掃除を始めたのだ。雑誌をまとめ、菓子類の空き袋やペットボトルを分別して片付けていく。
 さり気無くみせるデキる女を見せつけられ、普段の私生活でも美代子の真面目な性格は変わらないということを印象付ける。当然、美代子にとってはのぞみのためを想っての出来心のつもりである。

「まったく、明日も仕事なんだから夜遅くに疲れさせないでよね」
「ふふっ。ごめんなさいね~(くひゅ。後々は定期的に掃除しにやってくるメイドとして扱ってやろうかな)」

 悟郎は再び『MCフォン』を取り出して美代子に電話をかける。突然なった携帯電話に慌てて画面を開き、『上原のぞみ』の名前を見て思わず笑っていた。

「なんで電話かけてるのよ。直接言えばいいじゃない」
「いいから出ろよ(いいじゃない。とりあえず出て)」
「はいはい。・・・もしもし」

 スピーカーからも聞こえる美代子の声に対して、自分の声を直接美代子の脳に届かせてやる。

『この部屋は水橋さんにとってとても居心地がいい。自分の部屋以上に気持ちが楽になってしまう。だから、また来たくなってしまう。自然とこの部屋に足を運んでしまうよ』

 美代子が電話から命令を聞いていく。染み渡るようになにも言わない、なにも見ない時間がしばらく続き、隈なく指令が浸透したら元の様子に戻っていった。

「急にどうしたのよ、一人暮らしでもはじめて?親と何かあった?」
「ううん。別に無いよ?」
「じゃあ、コレとか?」

 彼氏でもできた?と言わんばかりに親指を立てて茶化そうとしていた。
 しばらく美代子に付き合うように女子トークで盛り上がる。

「どう、この部屋。変じゃない?」
「すごくいいじゃない。私、とても気に入ったわ」
「そうかな~」
「ええ。トイレとお風呂が別なのも素敵だし、 キッチンは全部IH対応でガスを使わなくて安心じゃない。それでいて家賃だって安いじゃない!」

 先程の催眠が効いているのか、構造が同じはずのキッチンやトイレを絶賛する美代子。

「私が先に見つければよかったわ。超最良物件じゃない」
「だったら、この部屋を私と美代子の共同で使わない?」
「えっ、いいの!ほんとうに?そんなこと言ったら私、毎日足を運んじゃうかもよ?」
「いいわよ、その代わり家賃も折半ね。共同で使うんだから当然よね?」

 悟郎は美代子に家賃を貢がせるつもりだ。一人で払う家賃を二人で払わせればそれだけ毎月浮いた金ができあがるという寸法だ。しかし、美代子にしてみれば自分も同じく家賃を払っているにもかかわらず、のぞみ(悟郎)の家賃まで半分持てば生活が如何に苦しくなるかなど周知の事実だ。

「ええ!?家賃払わないといけないの?それはぁ・・・ええ~」

 催眠の中にも関わらず、お金が絡む話に苦悶の表情を浮かべる。やはり、お金を払うのは気が引けるみたいだ。あまりに行き過ぎれば催眠が解けるかもしれないと思った悟郎はそのくらいに留まらせた。

「うん。別にいいのよ。そんなに使わないと思うから冗談で流してしまって構わないのよ」
「そ、そうよね。私にはちゃんと自分のマンションがあるんだしね」 
「そうよ。ちゃんと帰らないといけないわよね~」

 ほっとした様子の美代子。しかし、悟郎は必ず美代子に家賃を半分持ってもたせるつもりだ。

「(遅かれ早かれこの家に住むようになるんだしね。同棲生活が楽しみだね、水橋さん)」

続きを読む

 山中悟郎の勤務している会社は大手の一流会社だ。一流会社だけあり仕事の量も半端ないが、大手は下請けに仕事を流してしまえるという裏技もあるので、定時を迎えてそのまま残業する者たちと、仕事を終える者たちとは半分半分の割合で綺麗に別れるのである。
 悟郎は30代後半にして定時に仕事を終える者の部類に分かれる。30代と言えばまだ仕事では中堅の立場であり、現場監督や司令官、班長の役職に就かなければいけない年齢でもある。にもかかわらず、悟郎は上の役職になることはせず、平社員として平然と居座り、残業する後輩を尻目に定時に堂々と帰宅しているのだ。
 お察しの通り、悟郎は会社では”使えない”部類の人間であり、課長や部長の道はとっくに閉ざされているのである。
 会社でただ居てもらうだけでいい、という烙印を押されているので、仕事の量は少なく、ミスは上司がとってくれるので気が楽である。平然と涼しい顔で帰宅する悟郎に社員たちの表情は険しい。

「お疲れ、きみ達ぃ。どぅ、今夜一杯?」
「ごめんなさい~。今日は予定がありますので~」
「残念だなぁ。また声かけるから今度は開けといてよ~」

      笑顔になってないぞ

 笑顔で悟郎の言葉をやんわり断る女子社員たち。しかし、心の中は悟郎と話すこと事態に反吐がでそうになっていた。

「ほんっとにもう~。勘弁してくれほしいもんよ」

 水橋美代子はすぐに女子トイレで愚痴をこぼしていた。

「義理で一回お付き合いしてあげただけなのに、あんなに調子に乗られたんじゃたまったもんじゃないわ。だいたい顔が気持ち悪いしぃ。全体に脂ぎってるしぃ。ああ、やだ、ぞくっとする」

 トイレでゴキブリをみたような表情でつぶやく。他の男子がいるところでは言えない女子トイレは鬱憤のたまり場でもあった。

「キモイ上に話も「オレが」「オレが」ってつまらない自慢話ばっかし。家帰って鏡見てみなよって言いたくなるわよね?」

 同期で仲の良い上原のぞみが美代子を慰めるように悟郎の話に賛同していた。敵を一人見つけたときの女性の団結力は固い。
 
「あぁ、気持ち悪い。思い出すだけでも鳥肌たっちゃうわ」
「彼氏でもいれば慰めてもらえるのにね、美代子は頑張り過ぎよ」
「なよなよしてる人って嫌いなの。ほんと、男の人って頼りないったらありゃしない。今日だって新人の子がミスして私に責任を押し付けて――」
「ああ、わかった。これから飲みにいく?飲んで忘れよう?ね?」
「そうしようかしら。もう、我慢できないことありすぎよ、この会社、ブツブツ…」

 のぞみと供に女子トイレを出た美代子は悟郎がいないことで安心していたのか、気張った声をあげてしまっていた。女子トイレから出ていった二人の後ろ姿を、忘れ物を取りに戻ってきた悟郎が拳を震わせていたのだった。
 美代子達が帰ったあとで一人家路についた悟郎は、ベッドの上に座り込むとがっくりと肩をおとす。独身の一人暮らしらしい狭い部屋。一際目立つ自作のパソコンが逆にヲタクの印象を強める印象を醸し出す。
 美代子達の会話を聞いた悟郎はショックで今夜は何もする気が起きない。テレビをみて気を紛らすのも面倒だった。
 そんな悟郎の目に入ってきたのは、深夜に放送していたテレビショッピングで紹介されていた『電話』だった。放送された翌日、悟郎は頼んだ覚えもないにも関わらず、紹介されていた携帯『電話』がポストの中に投函されていたのだ。


『きみが欲しいと読み取ったので、見事当選させちゃいました』


「マジかよ・・・」

 少女の字で描かれた手紙と供に送られてきた『MCフォン』。説明書を眺めてすぐにその機能を理解した悟郎は、パソコンの前でなにやら昔の画像フォルダーを開き始めた。

      美しい過去

 ここに一枚の写真がある。それは、他の誰でもない、水橋美代子と上原のぞみの二人だ。年齢もまだ彼女たちが若い、高校生時代の写真である。
 そう、悟郎と二人の年齢はかけ離れてはいない。むしろ同じ年だ。写真部だった悟郎が保存していた奇跡の一枚であった。彼女たちは当時悟郎のことなど知る由はない。クラスメイトでもなければ二人と何の接点もなかったのである。この写真は悟郎が隠し撮りした写真である。まさか二人が同じ会社に入社し、悟郎と再び再開するとは彼女たちは夢にも思っていないだろう。

      ニヤリ

「先輩だから優しくしてやればつけ上がりやがって。今に見てろよ、このアマ」

 美代子に対する愛情は捻れ、復讐という形になって現れる。悟郎は同じ学校の同じ卒業生ということでもらった卒業アルバムを開くと、上原のぞみの自宅番号を調べて、電話をかけ始めた。

 しばらく続くコール音。ガチャっと電話が取られて、次に聞こえてきたのは低くて渋い男性の声だった。

「もしもし」
「もしもし、あのですね・・・」
「あん?だれじゃい?」
「あの、私、上原のぞみさんと同じ会社の山中というものです」
「あん?だったらのぞみの携帯にかければいいだろ?」

 のぞみの父親だろうか、その声から男性の電話に疑心暗鬼な様子を伺える。会社の上司とはいえ彼氏ではなく、携帯ではなくこのご時世家電にかけてくる相手に詐欺ではないかと疑いを持っているかのよな喧嘩口調だ。すでに険悪な雰囲気。悟郎も年相応に怖がったが、こういうときこそ、『MCフォン』の実績を確かめるしかないと開き直った。
 
 電話に付いた催眠ボタンを押しながら、電話越しに声を出していく。 
 
『あなたは僕の声を聞いて気分がよくなる。声で分かる好青年をイメージして僕のことをとても気に入ってしまう』

 ボタンを押している間は自分の声は直接相手の脳に響き渡る。声でしかやり取りできない『電話』で最大限に催眠を聞いてしまうのだから、その効果は露骨に表れた。

「おおぅ。山中くんって言ったかぁ。美也子の友達かね!」

 突然、父親の声が柔らかくなった。大船に乗ったかのように広々と聞き渡る威勢のいい声に、催眠は効いているみたいだ。

「ええ、そうです」
「おお、山中くん。君みたいな人から電話をもらえるとは嬉しいよ。ちょっと待ちなさい。すぐにのぞみを呼んでこよう」

 すっかり機嫌を良くした父親である。まるで、のぞみを結婚させようとしているかのように躍起になっていた。

「おーい、のぞみー。山中さんから電話だぞ」

 のぞみは自分の部屋で父親の呼ぶ大声を聞く。のぞみは美代子との飲みを終わらせて自宅に帰っていた。

「はやく降りてこい。山中さんが待ってるぞ」

 しばらくたっても降りてこないのか、父親が叱責してようやく電話が変わった。

「あ・・・、もしもし?」
「もしもし、夜番遅くに申し訳ございません。山中悟郎です」
「やっぱり・・・。なんなのよ、家に電話なんかかけてきてどういうつもり?」

 父親と同じように、のぞみも機嫌が悪そうな声だ。父親のように詐欺を疑っているわけではなく、相手が分かっている上で機嫌が悪いのだから、間違いなくのぞみは悟郎からの電話に対して嫌気が差しているのだろう。
 加えてお酒が入っているのもあるのだろう、社内では八方美人であるのぞみの声から不機嫌さを窺い知れるのは珍しいことでもあった。 

「(これは早速、使わなければいけないな・・・)」

 悟郎は『MCフォン』に常備している催眠ボタンを押しながら、のぞみの脳に直接声を届かせた。

『君は僕に電話をもらってとってもうれしい。僕の言うことを聞くともっと嬉しくなってしまう。僕の声を聞く度に幸せな気分になれるよ』

      そのまんま!!

 催眠をかけてボタンを話す。これで、のぞみも元に戻ったはずだ。

「え?あ・・・、山中さん!お電話ありがとう。私とってもうれしいわ」

 次の瞬間、のぞみの通話の声はとてもやさしい声に変わっていた。MCフォンの性能は本物だった。悟郎は次第に興奮していた。
 
「こんな時間になんの用かしら?」
「僕たちって同じ年なのに全然連絡してこなかったよね?」
「同じ年だったんだ!意外~。全然知らなかった!」

 衝撃事実が走る。しかし、考えても見れば高校時代の同級生なのだからもう十年以上前の話になる。忘れていても不思議じゃない。
 のぞみに悪気はないだろう。むしろ、素直に話しているだけ催眠は効いているのだろう。

「だからさ、もっと僕と話しあっても良いと思うんだよ。お酒の付き合いや合コンを呼んでくれてもいいんじゃない?」
「え~やぁ~それはそれ。これはこれ・・・」

 物凄いはぐらかそうとしているのが癪に障る。いくら催眠をかけていても、それだけ毛嫌いしている相手だということだと渋々頷く。

「上原さんは僕の言うことを聞くと嬉しいよね?もっと僕と話したいよね?」
「そうよ。今とってもいい気分なの~」
「だったら、僕と連絡取り合おうよ。何時でも連絡してきていいからさ?番号教えて。メモするから」
「うん・・・。わかったわ。言うわよ、いい?」

 言い聞かせるように連絡を自然に教えてもらう。教えてもらった番号をメモに残す。
 のぞみの連絡先をゲット。

「あ、あと、水橋さんの番号も教えてもらっていい?」
「美代子の?」
「そうだよ。同じ年だし、僕が知らないって言うのもおかしな話じゃないか。大丈夫。僕の方から水橋さんには連絡入れておくから。きっと彼女も僕から電話を貰えば今の上原さんみたいに喜んでくれると思うんだ」

 のぞみの今の状態と同じになれると言えば、気持ちよくなっている本人が一番伝わるだろう。嬉しいという感情が込み上げてきているのぞみは、親友の美代子にも同じような気持ちにさせてあげたいという同情心が働くだろう。特に最も気苦労している美代子を気遣えば、自然と答えは決まるはずだ。

「そうよね。美代子だってきっと喜ぶと思うはずだわ。・・・わかった。番号教えるね。いい?」
「いいよぉ~」

 悟郎は電話越しに笑みを浮かべた。二人の番号を無事にゲットできたのだった。

「ありがとう。それじゃあまた電話するね」
「うん・・・。また明日ね、山中さん」
 
 電話する前と後で対応がガラリと変わってしまった。のぞみに明日会うのが楽しみだ。
 しかし、今日はまだ終わらない。
 次は早速番号をゲットした、美代子に電話を繋ぐことにした。



 





続きを読む

 佐渡明美は自分の部屋で物思いにふけっていた。
 美津絵は本気であんなことを言っていたのだろうか。
 あんなに嫌っていた水田のことを恋人にするなどということなどありうるのだろうか。
 おかしい、絶対に何かがおかしい。このままにしておいてはいけない。
 最近何か変わったことはなかったか、徹底的に調べなくちゃ…。あ?
 真剣な考察が甘美な感覚にじゃまされて前にすすまなくなる。

「あ、ふうん…。なんで?」

 とっても気持ちがいい。
 しばらくしてやっと明美は自分が知らぬ間にオナニーをしていることに気付く。
 人差し指と中指がスカートの上から股間を摩擦する。片方の手も服の上から乳首をもてあそぶ。

「はあ、あ、あ、あん、きもちいい…。はあ、はぁ…。」

 自分が何を考えていたかも忘れてオナニーにのめりこんでいく明美。
 何故か、あっというまに高まりが訪れてしまう。

「あ、あううう、いくぅん…。」

 服の上から、こすっただけで信じられないほど気持ちよくイけてしまった。

「も、もっと…。」

 もはや快感のとりことなった明美はさらなる気持ちよさを求めて服を脱ぎ始めブラジャーとパンティーだけの姿になる。


 明美の携帯が鳴ったのは10分ほど前のことだ。
 美津絵から明美たちの電話番号を手に入れた水田はさっそく佐渡明美の携帯に電話を入れたのだった。
 明美は自分の部屋にいた。

「もしもし…?」
「あ、水田です。」
「水田さん?え?」

 突然の水田からの直接の電話に一瞬、絶句する。いろいろと聞かなければならないことはあるのだが、こういきなりでは対処の仕様がない。
 水田は彼女に答えるヒマをあたえず、赤いボタンを押すと暗示を吹き込み始める。

「あなたは水田さんと砂川さんのことを考えていましたね。二人のことを考えれば考えるほど君の身体はとても敏感になっていく。そして、手が勝手に敏感なところをまさぐってとても気持ちよくなってくる。何よりも魅惑的な感覚にあなたは心を奪われてしまう。そう、あなたはひたすら気持ちよさを追い求めるだけの女になってしまいます。感じやすくなったあなたの身体はあっというまにイってしまう。とても気持ちよくイってしまう。でもあなたはまだ物足りない。下着姿になって下着の上からおま○こや乳首を刺激してみましょう。もう信じられないくらいの気持ちよさを味わうことが出来る。もう、何もいらないというほどの快感と幸福感を味わえますよ。もう病み付きだ。そして、十分にイったら、この番号に電話します。かならずメモリーしておいてください。電話するともっと気持ちいいことが君を待っている。この電話があったことをあなたは忘れてしまう。でも今言ったことは必ずそうなる。必ずそうなる。では。」


「……はあああぅん…。また、またイクぅぅん…。」

 あれから2時間、ベッドの上でその白く豊満な身体をくねらせ明美はイきつづけていた。
 パンティーは愛液でぐしゃぐしゃになり、ブラジャーも汗でじっとりとなっていたが、下着ごしにあたえられる刺激は決して麻痺することはなく、いくらでも彼女を高みに上らせるのだった。
 十数回エクスタシーに達した後、彼女は携帯を手に取りどこかへ電話をかけた。
 意識はすでに朦朧としているのか、その目には人の意志といったものは感じられない。

「もし…もし…。」
「ああ、明美ちゃん。もう十分に楽しみましたか?」
「は…い…、でも、もっと…。」
「そう、もっと気持ちよくなりたいねえ。じゃ、もっと気持ちよさそうなものを思い浮かべながらオナニーしてみよう。」
「キモチヨサソウな…もの?」
「たとえば、そう。でっかいちん○。とっても大きなちん○をくわえている自分を想像してみて。ほらとっても気持ちよくなってきた。」

 水田の言葉に従い目を閉じ、口をおおきくあけ、ちん○をくわえ込んだ自分を想像しながらあえぎ始める明美。

「はあ、ああ、うくぅ…。」

 水田はMCフォンの赤いボタンを押すとさらにつづける。

「ちん○をくわえているところを想像しながらのオナニーは、限界を超えた気持ちよさだ。あなたはもう、毎日これなしでは耐えられなくなるぐらい気に入ってしまう。そしてくわえているうちにこれは水田さんのちん○と思えてきてしまう。なめれば、なめるほどそう思えてくる。やがてそれは確信にかわってくるよ。」
「はんも、れろ、れろ、おいひい、れろ、はうん…。きもひいい…。」

 明美の大きく開いた口の中で舌が激しく動いている。
 彼女だけにしか見えない巨大な男根を舐めることでふるえるほどの恍惚が身体全体にしみわたってくる。

「はあ、あへみ、ひあわへ、ひあわへええ…。あくぅ!」

 いままでをさらに超えるエクスタシー。身体だけでなく心ごとイく快感に打ち震える。
 水田の暗示はおわらない。

「そして、あなたは想像しているちん○が本当に水田さんのものかどうしても確かめたくなってくるよ。それにはどうしたらいいだろう。水田さんにオナニーで愛液がたっぷりしみこんだパンティーと君の香りを沢山吸ったブラジャーをプレゼントしたらきっと確かめさせてくれる、そうに違いないと君は思いつく。明日会社へいったらきっと確かめよう。もう、そうしたくてたまらない。かならずそうなる。じゃ最後にもう一回とても気持ちよくなってから元の状態に戻るよ。1,2,3!!」
「あくうううー!!!!」

 明美はベッドに倒れこんだ。
 数分後、目を覚ました明美は携帯を持ちながら下着姿で眠り込んでいたことに気付き、一人で赤面する。

「やん、私、何してたのかしら。」

 水田の電話はすでに切れていた。彼女はもちろん水田から電話があったことなどぜんぜん覚えていない。

「うわ。パンティーがびしょびしょになってる。着替えなきゃ。ブラジャーも。プレゼントしなきゃいけないから、大切にね。なにかいい箱ないかしら…。」

 明美はパンティーとブラジャーを脱いで全裸になると、脱いだ下着を丁寧におりたたむ。かわいい箱をみつけて下着を入れ、きれいにリボンがけをするとうれしそうに笑った。

「明日はこれで、ぜったい真実をつきとめてやるんだから。」

 美津絵の変化の謎の追及が水田のちん○の追求へと彼女の頭のなかですりかえられてしまった。
 友情のため、自分のため、是が非でも水田のちん○をひっぱりだし、自分の口で試さなければ。
 今、彼女は本気でそう思っている。


 次の日、大切な「プレゼント」をしっかりともって出社した明美は、美津絵が外出した隙を見計らってデスクに座っている水田に接近する。

「あの…、水田さん。」
「はい?なにかな。佐渡さん。」

 心の中では来た来たとほくそえんでいるのだがもちろん表情にはださない。

「ちょっと、美津絵…砂川さんのことで、話があるんです。私と一緒にきていただけませんか?」
「あ、ああ…。いいけど…。」

 明美にみちびかれるまま、ビルの屋上へとやってくる。この時間帯には、まず人はこない。

「で?何?話って。」
「私、どうしても確かめたくて、その、水田さんのち…。」
「え?なんだって?」
「水田さんのちん○を見せて欲しいんです。ただとはいいません。これ、差し上げます。」

 両手でさっと水田に「プレゼント」を差し出す。
 はじめて告白したときのようにドキドキと胸が鼓動する。
 水田は受け取ると箱を眺める。それだけでも何故か明美はとてもうれしくなり、心の中で「やった!」と声をあげる。
 水田は箱をあけ、しっとりと濡れたパンティーとよれよれになってしまったブラジャーをとりだす。
 
「ほお…。」

 そしてうれしそうに匂いをかいだ。
 それを見るだけで明美は胸がきゅんとなり、身体が興奮してくる。水田がそういう風に暗示をかけておいたのだ。
 水田がくんくん匂いをかぎつづけていると、明美もだんだんたまらなくなってくる。

「あ、ねえ水田さん。見せていただけますか。水田さんのち…ん○。見たいの。どうしても。お願い。」
「くんくん、ああ、いいにおい…。え?あ、そうだなあ。これに佐渡さんの体温つきパンティーがついたら見せてあげてもいいかなあ。」

 明美の顔に歓喜の表情が浮かぶ。ものすごい速さで今はいているパンティーを引きおろし水田に渡す。

「おほおお、あったかい。すりすり。いいなあ。明美くんの体温…。」
「ああん、たまんない。見せて、早くうう。」
「よしよし、ほら、どっこいしょ。」

 ズボンとパンツをおろし、その大きなイチモツを明美の目の前にさらす。
 すでに半分勃起した状態だ。

「あ、ああ…。」

 明美が感動にうちふるえる。自分が想像していたあのちん○と寸分たがわぬ水田のちん○。

「す、て、き…。」

 うっとりと目をほそめ、おそるおそる両手をさしだしさわってみる。
 口が自然に大きく開く。

「おおきい…。」

 とてもうれしそうに口いっぱいにそのちん○を吸い込んでいく。

「じゅっぽ、るろるろ、じゅっぽ…。」

 明美は首を前後に振り始める。激しい鼻息の音。

「おおおお、きもちいい。ああ、舌がからみつくうう…。」

 水田も大満足だ。
 仁王立ちになった水田の股間に明美が顔をうずめている。すでにフェラチオは口だけで行い、あいた両手は自分の乳首とクリ○リスをこすり付けている。

「はふ、はふ、はふん…。」

 かなり興奮していることが水田にもつたわってくる。
 明美は目を閉じて前後左右にくねくねと首を動かす。

「お、う、うう、で、でるう。ぴゅぴゅっ!」

 予想以上の気持ちよさに水田は瞬殺されてしまった。

「はぐ、は…。じゅ、じゅるる…。こっくん…。」

 明美はおいしそうに水田の精液を吸い取ると飲み込んでしまう。

「あ、あ、あ…。」

 自分の体の中に水田の精液が吸い込まれていく。それと同時に強烈な感動がわきあがってくる。

「うれ…しい…、しあわせぇぇ…。あ、うく、いく、う、うう、う…。はぁぁぁ…。」

 身体を何かとてもやわらかいものでつつまれたような、すーっと意識が遠のくような静かだがとても気持ちのいい絶頂に明美は身をまかせる。
 水田の精液をのみこんでオーガズムに達した後、目をあけたまま陶然としてよこたわっている明美。
 目からはうれし涙がながれている。この震えるような幸せと快感をじっくりとかみしめながら。
 水田はそのうしろにすばやくまわりこみスカートをめくりあげると、いきなり挿入する。
 水田の得意技、射精後即挿入。

「ひいいいいいー!!」

 突然の挿入の驚き。しかし、頭より先に身体があっさりとそれをうけいれてしまう。

 ぐい。と、まず大きく突き入れる。

「ひいいん。お、おっきいのが…そ、そんな奥まで、はいってるうぅ!」

 そして大きく引く。身体の中身が全部吸いだされてしまうかのようなその「引き」に明美の身体がぶるぶると震える。

「気持ち…いい…。こん、なの、はじ…めてぇ…。」

 身体がふわふわ浮いているようだと明美はおもった。そしてそんな平和を打ち砕くように規則的に、どすん、どすんと超弩級の快感が股間にうちこまれる。

 「ああ…、すごい、もっと、もっとぉー。」

 腰を自ら振って水田をもとめる自分を明美はなにも不自然だとは思っていない。
 こんなに気持ちいいことのためなら何だってしちゃう。明美の中でもうそれは当然のこととなってしまった。
 オレのちん○にモノをいわせればどんな女だって落ちるぜ-水田は明美を落としたことで完全に自信を取り戻した。
 明美の中でふたたび発射したあと、その大きなイチモツをすっぽんとひきぬいた水田は明美をそっと抱き寄せキスをする。

「もう明美はオレのものだよ。」
「う、うれしい。すきぃ。」

 明美にしがみつかれて水田もうれしくてたまらない。
 こうして二人目もやすやすと落ちた。


「マー君。はい、あーんして。」
「ぱく。うん、おいしい!」
「あはぁん。」

 いつものように水田は美津絵と昼食をとっている。
 今日からは、もうひとり-明美がそれにくわわっている。明美は美津絵と反対側にすわって何も言わずあつい視線を水田におくっている。
 やがて、そっと水田の手を両手ではさむとうっとりとした目でほおずりしはじめる。

「はあ、マサユキさんの手…。」

 手をそのままゆっくりと自分の胸元へそして、服の中へと差し込んでいく。
 ブラジャーはつけていない。「今日の分」はもう水田にプレゼントしてしまったからだ。
 水田の手が乳首の先にふれると明美は「はああああ…」とせつないため息をついて目を閉じる。
 水田は自ら手を動かすことはしていない。明美が自分でぐいぐい押し付けるのにまかせたままだ。
 そして水田は明美の、そのやわらかい乳房となんともいえない消え入りそうな、あえぎ声を楽しんでいる。
 そんな3人の様子を不安そうに眺めている美紅。
 水田は美紅に視線を向けることなく美紅の様子を観察しながら考える。
 3人目はどうやって落としてやろうか、と。




続きを読む

「ねえねえ、君たち今晩、ヒマ?食べに行かない?おいしいとこ見つけたんだ。どう?」

 中堅商事会社の人事部に勤める水田正之は今日も懲りもせず同じ部につとめる3人娘に声をかけていた。

「は、はあ、わたしは、今日はちょっと用事がありますので…。」

 3人のリーダー格ともいえる砂川美津絵は一応の作り笑顔でなんとか当たり障りなくごまかそうとしている。

「あ、そう、じゃ佐渡君は?」
「わたくしもぉ、そのお…、私もちょっとぉ。今晩はお友達とパーティーの約束が…。もうしわけございません。」

 やや派手でボーイッシュな美津絵とは対照的に上品でおっとりした佐渡明美だが、嫌なものは嫌らしい。

「じゃ、真行寺君。どう?どう?普通に行けば2万円ぐらい払うところをおごるって言ってんだよ。」
「すいませーん。水田さんと私二人きりで行くのはちょっと…。先輩たちと一緒に行くなら、別にいいんですけどぉ…。」

 入社1年目の真行寺美紅は、ぽーっとした天然系。あまり前に前にとしゃしゃり出てくるタイプでもないが決して気が弱いというわけでもない。

「そっか、残念だなあ。じゃあ、また今度ね。」
「え、ええ。機会があれば。ね。」3人ともホッと胸をなでおろす。

 あまりのしつこい誘いに断りかねて、4人で一緒に食事をしたのが先月のこと。
 いやいや行ったにもかかわらず、水田一人が合コンのりでおおはしゃぎし、3人は散々な思いをしたのだが、それから味をしめたのか、ことあるごとに誘いをかけてくるようになった。
 とりあえず、なんとかここまでは断ってきたのだが、これからも続くかと思うと3人ともうんざりしてしまっている。

「ったくもう。勘弁してくれってんだよなー。」

 美津絵の気勢があがる。
 水田にさんざん誘われた気分直しに3人で飲みに来ているのだ。

「そうよねえ。義理で一回お付き合いして差し上げただけなのに、あんなに調子に乗られたんじゃねえ。だいたい顔が気持ち悪いしぃ。全体に脂ぎってるしぃ…。ああ、やあだ、ぞっとするわぁ…。」

 トイレでゴキブリをみたような表情で明美がつぶやく。その上品な顔立ちからはちょっと想像しにくい悪態がおっとりとした口調で次々と口をついて出る。

「だよね。チビ、デブ、ハゲと3拍子そろってる上に話も「オレが」「オレが」ってつまらない自慢話ばっかし。家帰って鏡見てみなよ、って言いたいわよねえ。美紅はどうお?」
「いやですうう。イケてないにもほどがありますうう。気持ち悪いー。おもいだすだけでも鳥肌たっちゃうう。」
「おおい、お前がいちばんきついよ。」

 美津絵のつっこみに3人は笑いあう。


 彼女たちは水田をこきおろしておおいに鬱憤をはらしていたのだが、その時斜め後方にすわっている男の肩がブルブルと震えていることにはまったく気付かなかった。
 彼女たちに断られた水田がストーカーよろしく、あとをつけてきたのだが、ここまでひどく言われるとは彼も思ってはいなかったようだ。
 オレも男としてはそれなりのものだと彼は自負していた。
 風俗へ行っても女の扱いはうまい方だ。その大きなイチモツは彼の自慢でもあったしみんな驚いてくれた。
 決して男前とはいえないが、自分には女を引き寄せる力があると信じていた彼にとって3人娘の、それもとくに純真そうな美紅のひとことは強烈にこたえた。
 彼はこの3人には思い入れが強かっただけにダメージが大きい。

 学生時代、水泳で鍛えたという砂川美津絵は体育会系らしくすこしぶっきらぼうであるが水田はそんなところも結構気に入っている。
 なんといってもショートカットがよく似合う美形だし、チアリーダー張りのメリハリのある締まったボディがそそるのだ。

 佐渡明美も決して派手な美人タイプではないが、これまた捨てがたい。
 少し垂れた目とおっとりした感じが見ているだけで心が癒される。いっぺんでいいからその膝枕で眠って見たいと思わせる。
 あまり露出はしていないが、その白く長い美脚と意外にボリュームのあるバストを水田は決して見逃してはいない。

 真行寺美紅は、もう一つポイントがずれた娘だ。
 「はあー、そうなんですかぁー。」と気の抜けた返事をするたびに相手がガクっとコケてしまいそうになる。
 しかし、どんなに怒っていても彼女の前では、ほほ笑まずにはいられない。
 何よりも顔がかわいい。人形のような見事なストレートの長髪と無邪気な瞳に魅了される。
 また、こう見えて実は結構、毒をもった性格なのだが、そういったところも水田にはたまらない。
 その小柄な身体をギュッと抱きしめて見たいと何度も夢想した。

 3人のうち、誰とでもいい、つきあって出来れば結婚まで持ち込めれば…。
 30を迎えてまだ素人童貞である彼は本気で結婚のことを考え始めていたのだ。
 同僚である3人のうちの一人を落とすことは決して高いハードルではないと彼は考えていた。
 本気を出せば女なんて簡単におとせる。そんな自信がガラガラと音を立てて崩れ去っていく。


 3人娘が帰ったあとでそーっと店をでて、ふらふらした足取りでなんとか家にたどり着いた。
 独身男性の一人暮らし。狭い部屋にAV機器だけはやたらと豪華なものが置いてある。
 ベッドの上に座り込むとがっくりと肩をおとす。
 もうテレビをみて気を紛らすぐらいのことしか出来はしない。とはいえ内容などはまるで頭にはいってこない。
 最近入ったばかりのケーブルテレビのチャンネルをただ替えて行くだけだ。
 数え切れないほどのチャンネルがあるので、ピッピッと画面を切り替えていくだけでも結構時間が掛かる。
 リモコンを押すのにも疲れて、ちょうど止まったところがショッピングのチャンネルだった。

「さあー、次もすごい商品が出てきますよう!!」

 真ん中にやたらと派手なスーツをきた威勢のいい中年男がひとりと左右に司会者らしき男女のタレントが映っている。
 真ん中の男が説明して両脇のタレントが驚いて見せるということになっているのだろう。

「はい!次、これ見てください。わかりますか。」
「えっと、携帯電話のようですけど。」
「そう!これが以前ご紹介して大評判だったMCフォンの新製品!!」

 おおおーっと効果音のどよめきの声があがる。

「ああ、あのMCフォンですか。あれ、オレも欲しかったんだよなあ。」
「私も電話かけたんだけど、もう売り切れちゃったって。」
「そうでしょう。このマインドコントロール社のMCフォンは作るのに非常に精密な技術を要するのでどうしても数に限りがあるんです。その代わり、機能はものすごい。」
「これって、相手に電話をかけるだけで思い通りに出来ちゃうんですよねえ。」
「そう、今回、操る能力がさらに強くなって新デザインで新発売。」
「ねえねえ、でも本当に誰でも操れるの?わたし、こんなので絶対操られないわよ。」

 女性タレントが挑発的な言葉をなげかける。まあ、台本どおりの進行なのだろうが。

「おやおや、じゃあ試して見ましょう。」案の定、挑戦を受けて立つ中年男。
「キミカさん、ちょっとスカートめくって見せてください。」
「なーに、言うんですか。そんなことできるわけないじゃない。」オーバーに女性タレントがこたえる。
「そうですよねえ。普通はたのまれてもそんなことしませんよねえ。ところが!!」
「え?」
「これを使えば、そんなこと簡単に出来ちゃう。」
「ほんとうですかああ?」うたがわしげに司会の二人が声を上げる。かなりわざとらしい。
「じゃ、これで電話をかけてみますよ。ぴ、ぴ、ぴ、と」
「あら、私の携帯が鳴ってるわ。はい、もしもし。」
「はい、この携帯からキミカさんの携帯に今つながりました。ここまでは、普通の携帯電話と同じです。もしもし、聞こえますか。」
「はい、よく聞こえます。」
「じゃ、これからさっそく操って見ますね。みなさん、この電話のここんとこ、ここをよーく見てください。カメラさん、私の手もとをアップにして。わかりますか、ここに赤いボタンがあるでしょう。」
「はい、確かに携帯の横のところに赤いボタンがあります。こんなの普通ついてませんよね。」と男性タレントが相槌を打つ。
「これが、このMCフォンの特別なところ。これを押しながらしゃべると、その言葉どおりに相手が操られちゃう。いいですか、これがMCフォンの最大の特徴!じゃ、押しながらしゃべっちゃいますよ。」

 中年男は赤いボタンをグッと親指で押すと話しはじめる。

「キミカさん、あなたはスカートをめくって私にパンツをみせたくてしょうがなくなる。私にパンツをみせるととってもうれしい。わかりましたね。」

 男は押していたボタンから手を離す。

「今、話した言葉はキミカさんの耳には入ってないんです。直接、脳のなかに入っちゃうんですね。キミカさん、私が今、何を話したか覚えてますか?」
「え、なあにい?」

 と答えた女性タレントはすでにスカートをめくりあげて男のほうを向きパンティーを見せびらかしてうれしそうにほほ笑んでいる。

「ありゃ、キミカさん、なんでパンツなんか見せてるの?」
「だあってー、見せてるとなんだかうれしくなっちゃうんだもん。だめ?」
「いや、いいですよ。やあ、なかなかいいもんだ。」大きな拍手と喚声。
「いやあ、たいしたもんだ。こりゃ、びっくりしたわ。」男性タレントが不自然なまでに驚いてみせる。
「もう、そろそろ解いてあげましょうかね。元に戻すときはさっきと同じように、赤いボタンを押しながら電話で『解除します』っていったら操りが解けちゃうんです。」男は女性タレントの暗示を解いてやる。
「あ、あらあ、私なんでパンティー見せてんの、やだああ、はずかしいい!!」笑い声の効果音。
「すごい、すごい、こりゃあ僕も一つ欲しくなっちゃったなあ。でも、お値段が、ねえ。」
「そうよねえ。こんなにすごいんだもの、ちょっとやそっとの値段じゃないわよねきっと。」

 操られたショックからあっさりと立ち直った女性タレントがしらじらしく不安そうな顔で値段の心配をする。

「いえいえ。いいですか、このすごい機能のMCフォンと携帯ケース、そしてこの素敵なストラップまでついて、なんと、よく聞いてくださいよ、なんと98万8千円!!」
「やすいわ!!」「やすい!!」くちぐちに「やすい、やすい」とささやき声の聞こえる効果音。
「そんなに安いんだったら僕、いますぐ買っちゃいます。それ、ください。」
「まあまあ、そんなにあせらないの。もうしわけないんだけど、さっきも言った通り、数に限りがあります。応募が多いときは抽選になりますんでね。お申し込みはお早めに。今から受け付けます。画面に出てる番号に電話してね。」

 気が付くと水田は受話器を取り上げてその番号をプッシュしていた。


 果たして本当に多数の応募があり抽選があったのかどうかはわからないが、ともかく水田はMCフォンを手に入れることが出来た。
 不思議なことだがもういちどあのショッピングチャンネルをみようといくらチャンネルを探してもみつからない。番組表にもそんな番組はのってはいない。
 まあ、MCフォンが実際に自分のところに届いたのだから水田にとって、そんなことはもうどうでもよかった。
 なけなしの貯金をはたいて買ったMCフォン、手に入れたら早速試したくなるのが人情だ。
 箱からとりだして携帯の電源を入れる水田。さあ、かけるぞと意気込んで、自分は女の子の電話番号など一つも知らないということに気が付いた。
 とりあえず、電話番号をあつめるところから地道にはじめなければならない。


 かけるあては今のところはないのだが、水田はMCフォンを持って出社する。
 人事部に勤める身なのだから、社員の電話番号ぐらい簡単にわかりそうなものだが、プライバシー重視の昨今はそういった情報に関するガードは固く人事部員といえどもなかなか知ることは出来ない。
 無理をすれば見られないこともないが、バレれば間違いなく首が飛ぶ。そこまでのリスクを犯すつもりもない。
 何かいい方法はないものかとぼんやり職場をながめる。
 書類を持って忙しく動き回る男性社員や、電話の応対にいそがしい女子社員たち。

「あ、そうか。その手があった。」

 欲が絡むと知恵が出る。
 この人事部では直接外からかかってきた電話は女子社員がとることになっている。
 そしてそのほとんどはあの3人娘のうちだれかがとっている。
 外線からかければ彼女たちのうちの一人が出てくるというわけだ。
 とりあえずだれでも一人釣り上げればあとは芋づる式に手に入る。
 自分の思いつきにひとりニヤつく水田。
 そっと席をぬけだすと、トイレに入りMCフォンで人事部直通の番号をプッシュする。

「はい、毎度ありがとうございます。南西商事人事部の砂川でございます。」
「もしもし、水田だけど。」

 その声を聞いたとたん、美津絵はイヤそうに眉をひそめる。

「え?水田さん?なんで水田さんがで…。」

 水田は間髪をいれずMCフォンの赤いボタンを押し、暗示を吹き込み始める。

「君は僕が電話していることを不思議に思わない。そして電話を切ると君は自分の携帯番号を書いたメモを僕の机の上においておく。おいてしまうと君はそのことを忘れてしまう。これからは僕を見ても、僕に話しかけられてもイヤな感じはしなくなる。それどころかなんだかうれしくなってしまうよ。僕にとっても好意をもってしまう。」

 と、こんどは赤いボタンを離してしゃべりかける。

「やあ、ごめんごめん、なんか間違えちゃったみたい。いそがしいのに、悪いね。」
「いいえ、いいんですよ。うふ。それより早く席に戻ってきてくださいね。」

 さっきとはうってかわって美津絵はやさしい声でうれしそうに受け答えをする。
 美津絵は電話が切られると、たのしそうに鼻歌をうたいながらメモに何かをさらさらっと書いたかとおもうと水田のデスクの上に置く。
 再び自分の机に戻ると何事もなかったかのように、仕事をつづける。
 水田が部屋にもどってくると、美津絵がにっこり笑って他の人に気づかれぬよう小さく手を振ってくる。
 水田が会釈を返すとうれしそうにはにかんだ。
 昨日までは自分に対し一番冷たく当たっていた美津絵の変貌に水田は正直舌を巻き、MCフォンの威力に感心する。
 机の上のメモを確認すると手帳にはさむ。
 これで美津絵は手に入れたも同然だ。ゆっくりと料理の仕方を考えてから電話をしてやろう。
 そう考えるとおもわずニヤリと笑みが漏れてしまう。
 ニヤニヤ笑いながら座っている水田を明美や美紅たちは気味悪そうに横目で見ている。


 帰宅した水田は部屋でくつろぎながら、美津絵をどう操るかをあれこれ考えたすえ、MCフォンを手にした。
 あらかじめ登録した美津絵の番号を選択して電話をかける。
 5回ほどのコール音のあと美津絵が出る。

「もしもし?」
「あ、もしもし、水田ですけど。」

 水田が何故自分のところに電話することができたのか美津絵にはわからなかったが、水田から電話がかかってきたこと自体は悪い気分ではなく、あかるく答える。

「あら、水田さん。うふふ。あれ、でも水田さんに番号教えてましたっけ?」
「まあ、いいじゃないか、それより…。」

 水田は赤いボタンをおす。

「あなたは、僕にお弁当をつくってあげたくてしかたなくなる。とっても自分の作ったお弁当を水田さんに食べて欲しい。そしてその弁当を僕が食べるととってもうれしくなります。僕が一口食べるごとに、もっともっとうれしくなってエクスタシーを感じてくる。必ずそうなります。電話を切ると電話があったことは忘れてしまう。そしてすぐにお弁当を作る用意をはじめます。それでは。」

 水田が電話を切る。とりあえず今回はこれだけだが、ゆっくりじわじわと落としていく計画だ。
 一方美津絵はボーっとした顔で携帯を切る。
 はっと我に返ると、

「あん、いそがなくっちゃ。まず材料の買出しね。」

 いそいそと弁当作りの用意をはじめるのだった。



続きを読む

 司会の男性と少女のやりとりが続いていく。彼らの調子でわけのわからない商品がつぎつぎと紹介されていく。

『続いて、商品番号004番。【いつでも三角木馬】』
『完全に調教器具じゃねえか!どうやってポケットから出したんだよ!?皆さんも乗らないでいいぞぉぉ!!』

      馬乗り

 男性のボケが間に合っていない。司会同士の進行が時間を重ねるごとに合わなくなってきている。男性の疲労感が半端ないのだ。見ている方が辛くなってくるほどだ。
  
「グダグダだな。やっぱりもうひと眠りするかな・・・」

 悟郎が手を伸ばしテレビのスイッチを切ろうとした時――。

『あー。ちょっと待って!これが最後だからスイッチ切っちゃダメだよ』

 テレビの中の少女が悟郎に語りかける。

「あれ?今、俺に言った・・・?」

 そう思ってテレビを見ると、少女は何事もなかったように進行していた。

「そんなわけないよな。相手はカメラの前で喋ってるんだから俺に言ったわけないか」 

 テレビだし録画だっていう可能性もある。少女にとって悟郎の存在など知る由もない、はずである。しかし、分かっているけど悟郎は結局テレビを最後まで見てしまうのだった。
 最後の商品を少女はポケットから出した。 
 
『はい、では本日最後の商品です。これはすごいですよー』
『あー。やっと終わるのか』

 男性がふっとため息をついた。

『えー、いったい何なんですかねぇ?』男性がわざとらしく問いかけた。
『フフフ・・・これです』

 少女が取り出したのは、携帯電話だった。ガラパゴス携帯だ。
 
『え?携帯電話・・・?』
『そうですよー。珍しいでしょう?』
『いやぁ、全然』
『シンプル、スリム、コンパクトのSSC揃った最新けいた――』
『古い―――!!!今時時代錯誤も甚だしい化石商品かよぉぉぉ!!!』

 男性が叫んでいた。気持ちは分からないでもなかった。

『いやぁ~。当時から軽く十年は経ってるからねぇ。まさか電話が一家に一台から一人一台に変わる時代が来るなんてね。IT進化は目まぐるしいよ』
『完全におばちゃんの言う台詞になってるじゃねえか?』
『十年も変われば当時の作品も変わらないといけないと思うんだ。だから十年の時を超えて、ボクちんが全部ぶっ壊してあげる♪』
『やめて!!作品を大事にして、お願い!!!(読者から)怒られる、(作者からも)怒られる!!!』
 
 正雄が泣きそうになっている。少女の暴走が冷めていった。 

『つまり時代の進歩の先駆けとして作った商品でして、これはただの携帯電話ではないのですよ』
『・・・そうなのですか?』
『はいなのです』
『・・・口調を元に戻せ』
『はい。この携帯はエムシー販売店がその技術を結集して開発した『MCフォン』なんです。 これで『電話』をかければ受信した人を操ることが出来るんです』
「人を操る・・・」

 魅惑的な台詞を聞いた悟郎が食い入るようにテレビを眺めていた。
 
『本当に人を操ったりできるんですかあ?』
『ロリより証拠。やって見せましょう』

 わざとらしい口調で男性が訪ねると、力強く少女は電話をかけ始めた。
 どこかに電話するらしい。『MCフォン』で電話をかけた少女が耳に当てた。

 PPPPP…とすぐ近くで携帯電話が鳴った。女性アナの加藤華の携帯電話が鳴っていた。 

『えっ、私の携帯が鳴ってる?誰からだろう?アドレスに入ってない番号からなんですが・・・』

      重要な連絡ですね

『ボクがかけてるんですよ。とってみてください。さもないと後が怖いよ?』

 少女がさらりと笑顔で恐ろしいことを言っている。加藤が電話を受け取った。
 
『もしもし』
『もしもし。聞こえますか?』
『はい、普段と同じ音量で、とてもよく聞こえます』
『それじゃあ他社と比較にならないだろう』

 正雄がダメ出しを入れていた。このグダグダ感に成れている悟郎がいた。
 しかし、ここからだ。少女の眼が妖しく嗤った。

『あなたは急にムラムラしてきます。セックスがしたくてたまらなくなります』

 少女の発する言葉に加藤は身悶え、下半身をくねらせ始める。テレビの前に出るアナの仕事をしているだけあり、加藤の容姿は抜群に良い。全国の男性からも人気もあるほどの彼女が、いまテレビの前で悶えているのだ。

『ああ・・・あはぁ・・ん・・・んぁぁ』
「マジかよ・・・」
『セックスしたくてたまらない。声に出ちゃうよ?』
『はあぁ・・・セックス、したいわ・・・』

 加藤の口からセックスという言葉が漏れる。悟郎の胸が飛びあがった。

『今からテレビにいる観客の誰かとセックスしましょう。はい、選んでください』

 加藤は携帯電話を耳に当てたまま、ふらふらとした足取りで観客の中に潜っていく。その様子はテレビに映し出される。そして、加藤は一人の男性を連れて戻ってきた。

      眼があっただと?!

『おいおい、本当にやらしてもらえるのかい?』 

 いかにも中年の男性でまさか自分が選ばれるとは思ってもいない様子だった。 人気絶頂の加藤とやれるのならば願ったり叶ったりの状態である。

『ええ、私とセックスしましょう』
『くすっ』

 少女は加藤の様子に小さく笑う。そして、『MCフォン』を静かに切った。




 
続きを読む

↑このページのトップヘ