2018年09月17日

ハーフジーニーは、一人前のヒーロー!

先日購入した「シャンティ」ですが、先ほど無事クリアしました。
達成率も100%だったので、トロフィー「ハーフジーニーは一人前のヒーロー!」も一緒にゲット。
目抜き通りのレストラン近くの「ハートの器」と、マーメイドの滝の「ハーピーの爪」以外は全て自力で見つけたので・・・まあ十分でしょうw
さて、次は新しいモードにチャレンジしようかな?

それにしても、マーメイドの滝の偽物の人魚として缶詰にされかかっている女の子たちが・・・何か妙にカワイイ♪
ていうかこのステージギミックが面白くて一番好きだわw
あと、町でクネクネしながら助けを求めている女の子も好きw
・・・っていうか総じてこのゲームのキャラはツッコミどころ満載www

murasakitsutomu at 23:22|PermalinkComments(0) ゲーム 

「サーバル」

アケミク日記。

本日、コンテスト上級をクリア。
称号「サーバル」をゲットしました。
これにてコンテスト完走です。
・・・で、「サーバル」って何のことかわからなくて調べたら大型のネコ科の肉食獣のことなんですね。

コンテスト完走記念にミクの新モジュール「グラデーションリゾート」(1000VP)を購入。
これでミクのモジュールはあと1種のみとなりました。

murasakitsutomu at 23:15|PermalinkComments(0) 初音ミク 

2018年09月16日

ウィクロスパーティー in COMG!見附店・2018年9月

いつもの場所でのウィクパです。
先月はちょうど夏コミと重なって参加できなかったので、7月以来になりますね。
・・というか、その代わりに参加した新発田では参加者ゼロだったので、実質プレイするのも7月以来になりますw
何だかやるたびにルールの細かい部分をちょっと忘れているなぁw

今回は俺を含めて参加者は3人。
カーニバルとピルルク使いの人でした。
初戦のカーニバルにはしぶとく粘って負けましたが、2戦目のピルルクには・・・何と勝利しました!!!
うぉぉぉ〜、これで通算3勝目 (;´Д`)
今年初の勝利だ・・・!
相手のピルルクは、こちらの手札を捨てさせるみたいな戦法が得意なデッキで相当厄介w
(デッキ相性が悪かったのか、カーニバルの人はかなり早く勝負がついていた orz
俺もライフクロス0枚でしぶとく粘りましたが、ここで俺自身も初めて見た相手の「ピルルクTEROS」のカタルシスの能力が発動!
早い話が、ドローフェイズ時に4枚カードが引ける代わりに自分のターンエンド時(この場合は俺の)に無色カードを1枚捨てないとライフクロスを1枚失う・・・という非常にめんどくさい能力w
要はルリグアタック&ターンエンド時と2枚サーバントがないと確実に俺の負けになるという、まさに背水の陣。
・・・ただ俺のデッキ、サーバント枚数はスターターの時のままなので数はあるw
そのうえラストの「フォーカラーマイアズマ」でのサーバント回収で粘ったおかげで相手は盤面にシグニを置く手がなくなってしまったようで、最後は直接殴って勝負がつきました。
(「ピルルクTEROS」の能力で、相手プレイヤーの手札が0枚だとルリグでダメージを与えられない。
なんかすごい上手い具合に俺の有利な方向に向かったけど、仮に再戦しても同じようにはいかないだろうなぁ。
でも・・・やっぱ勝って気持ちがいいわ♪
充実した1戦でした。

最終戦績は全員1勝1敗なので、コングラ争奪戦はジャンケンにて決めることに。
運よく俺は勝つことができ、2枚目の「いっしょにあーや!」をゲット。
・・・ただ、参加賞のパーティーパックは4枚貰いましたが、ホロは1枚も出ませんでした orz



murasakitsutomu at 21:25|PermalinkComments(0) ウィクロス 

2018年09月15日

「カチューム」

アケミク日記。

本日、コンテスト中級をクリア。
称号「カチューム」をゲットしました。
・・・これって何のことかと思ったら、一見カチューシャに見える飾りのついたヘアバンドのことらしいですね。

murasakitsutomu at 15:28|PermalinkComments(0) 初音ミク 

2018年09月14日

シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション

新しく購入したゲームです。
(通販で届いたのは昨日。
5月下旬に発売されたゲームで、GW前後くらいに行きつけのショップで流れていたPVに魅かれ、ずっと気になっていたものを今回ようやく購入しました。
まあ、単に「DBFZ」をトロコンするまでは他のゲームに手を付けない・・・という「縛り」を自分に課していたのが遅くなった原因ですがw

このゲームはいわゆる洋ゲーなのですが、大分日本寄りのデザインでキャラクターがとても可愛いです。
主人公のハーフジーニー(魔人と人間のハーフ)の少女・シャンティがホントにめっちゃ可愛い♪
ジャンルは2Dアクションなのですが、グラフィックをうまく3D に落とし込んでいるようで、非常に滑らかに動きます。
そして何といっても、主人公のシャンティが可愛い!(2度目w
魔法で動物に変身して多彩なアクションができるのですが、サルになってもカニになってもコウモリになっても像になっても・・・もう兎に角可愛い!!!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

・・・もうさっきから可愛いしか書いてませんが、ゲームとしても非常に良く出来ています。
やり込み要素もかなりあるので、じっくりプレイしたい人にもおススメ。
とりあえず当分はこれで遊べる♪
何かまた面白い要素を見つけたら、記事にしたいと思っています。





murasakitsutomu at 16:38|PermalinkComments(0) ゲーム 

2018年09月12日

ジガ-ZIGA-

週刊少年ジャンプに掲載されていた怪獣漫画です。
残念ながら不人気のためか打ち切られてしまい、先日最終巻である第2巻が発売されました。
この第2巻では、本誌に掲載された最終回の後の描き下ろしエピソードがもう1話分載っており、主人公のコウたちのその後を見ることができます。

・・・まあその辺は買った人だけのお楽しみということで♪
個人的にこのマンガ、ものすごく好きだったのですが・・・まあ人気出なかったのなら仕方ないですね (;´Д`)
これから本格的に獣騎たちとの全面戦争が始まる・・・ってところで終わっちゃったからなぁ。
ぶっちゃけ今年始まったジャンプマンガで最も期待していた作品なので、是非とも「最終的な結末」まで描き切ってほしかった。
・・・まあ、そのへんは俺たちファンの妄想で補うとします。

それにしても、ネット界隈では「命令者ちゃん」が大人気ですね!
確かにこの娘、強気な性格でありながらふいに慌てふためいたりとどことなくヘタレな感じが何だかたまらなく可愛いです♪
この作品の実質的なヒロインなだけありますね。
(逆にコウのガールフレンドの星羅ちゃん、実は生きていた・・・とかそういうことはやっぱりなくて、第1話で本当に死亡していたというのがショッキングでしたわ orz
それと、なし崩し的にコウに協力する形で「祖国」を裏切った獣騎・ランダがかなり好き。
ブツクサ文句言ってくるのに結局は手を貸しちゃうツンデレな彼がいい味出してます。
これらのキャラがもうちょっとテンポよく早く登場していたら、連載はまだ続いていたかなぁ・・・。

murasakitsutomu at 14:00|PermalinkComments(0) アニメ・マンガ 

「ザッハトルテ」

アケミク日記。

本日から、「第三十四回指定曲コンテスト」が始まりました。
(最近のコンテストって「指定曲」ばっかですねw
いつものように初級を3曲プレイ。
金ボーダーに届いたので、称号「ザッハトルテ」をゲットしました。

「ザッハトルテ」って単語は昔プレイしたアケマスの伊織コミュで覚えたのですが、そのせいかいつも「ダックワーズ」とごっちゃになりますw
・・・どっちがチョコ菓子でどっちが焼き菓子だっけ?


murasakitsutomu at 13:35|PermalinkComments(0) 初音ミク 

2018年09月11日

巴マミの平凡な日常・第5巻

この前に「おりこ☆マギカ」を読んだときに・・・そういや「巴マミの平凡な日常」の最新刊っていつ出るんだろうって思って調べたら、すでに5月末に発売されていましたw
善は急げってことで一昨日に購入。
アラサーマミさんの日常も、これで早5巻目です。

今回も、マンションの自室にクモが出たり、スマホに買い替えたり、自動車の免許更新に行ったり、クインテットがインディペンデンス(独立)宣言したり、正社員になったり・・・。
相変わらず濃い(?)日常でしたw
個人的に第40話の、自室の窓ガラスを割らないようにするためだけにほむらに頼んで同じ1か月を42回もループする話がバカバカしくて好きw
こんなしょうもない理由で見滝原が滅びそうになっているとか・・・ (;´Д`)
っていうかまどかと何回も遊べるいい機会だとしても、窓ガラスのための時間逆行に42回も付き合うほむらもなかなかすげぇと思うw
そもそもこんな面倒なことしなくても、最初から窓ガラスだけ時間逆行すれば早かったのでは?
(何だかジョジョのクレイジーダイヤモンド並の便利さだよねコレ。

そんな感じですが、アラサーマミさんはまだまだ続きますw
「マギレコ」もいいけど、こっちもアニメ化してくれないかなぁ・・・。


murasakitsutomu at 12:50|PermalinkComments(0) アニメ・マンガ 

2018年09月10日

「オラトリオ」

アケミク日記。

本日、「キップル・インダストリー」(EX)でエクセレント評価を出したら、称号が「オラトリオ」になりました。
(「オラトリオ」=「聖譚曲」の意。
久々の実績称号だなぁ・・・。


murasakitsutomu at 19:35|PermalinkComments(0) 初音ミク 

2018年09月08日

[新約]魔法少女おりこ☆マギカ sadness prayer・第3巻〜第4巻

積みコミックス消化日記。
大分前に読んだ、「まどマギ」のスピンオフ作品「おりこ☆マギカ」のリブート版です。
前回の第2巻を読んだのは2年以上前(?)になるので、正直言って細かい部分をかなり忘れていたのですが、まあその辺は読み返していって徐々に思い出しましたw
少なくとも、無印版と同じく「誰もが幸せになれるハッピーエンド」には天地がひっくり返ってもならないのは分かっていたことだし・・・。

今回もまた、陰惨なエピソードのオンパレードです。
細かく書くのは割合しますが、キリカも・・・そして織莉子もあまりにも多くの人を手にかけすぎた。
たとえそれが世界を救うためであっても、許されることではないでしょうな。
結末は・・・無印版とそう変わりないです。
ほむらの体験した数多の時間軸のなかの一つと考えると・・・結末はまあ御察しなワケですが (;´Д`)
でもこの作品で一番救われるべきだったのは、織莉子自身でしょう。
子供の頃からあらゆる重圧に耐え、本当の自分を押し殺してそれを見失ってまで「鹿目まどかを殺す」という目的に執着したのですから。
そして幸か不幸か、それを支える呉キリカの存在が彼女をまた狂わせた・・・。
この二人の関係は、俺が今まで見た中で「最高にして最悪、究極の共依存」に他ならない。
ただ、物語の最後の最後で自身が見つけた一番大切なものを(アルティメット)まどかに報告し、そして彼女に謝罪するシーンがあったことで、真の意味で織莉子の魂は救われたのだと思っています。
・・・それに気付くのがもうちょっと早ければ、ね。

このリブート版「おりマギ」もこれでお終い。
こういう陰惨ながらも読みごたえのある「まどマギ」スピンオフコミックは本当に面白い。
機会があったら、他のタイトルに手を付けてみるのもいいかもしれないな。
そしてムラ黒江先生、お疲れ様でした♪

今回のツッコミ。
修道女にガンマンっぽい姿の魔法少女・真澄千花。
結構可愛かったのに、2度目の登場で「出オチ」と言わんばかりにあっさり殺されてかわいそう (TДT)
そして第1巻でキリカに殺された魔法少女・浅子小巻の妹・小糸は、魔法少女の願いで事の顛末を全て知ったのね。
彼女はこの先、織莉子と同じ「魔法少女」という人間の枠から外れた存在になったことで、答えを見つけることができるのだろうか?
まあ、その物語が語られる日はもう恐らくは・・・。




murasakitsutomu at 05:50|PermalinkComments(0) アニメ・マンガ 
月別アーカイブ
楽天市場