2014年10月17日

エボラ出血熱

お久しブリーフ!
ダンディ坂野です(σ゚∀゚)σゲッツ

なんせ一人親ともなるとまとまった時間が取れないのと、
twitterの利用によりネタを小出しして解消できるようになったので、
ブログは完全放置していました。
誠に申し訳ありません。

前記事見てみると為替の介入のことが書かれていて、
それが3年前。
その間にアベノミクスの大相場を挟んでいるので、本当に遠い昔の出来事のように思えてなりません。

さて、今回いろんな妄想を経て急に筆を取りたくなった
エボラ出血熱について。
西アフリカを起点として発症し、現在では感染者約9000人・死亡者約4500人、これといったワクチンも治療薬もなく、つまり一度感染してしまうと自力で治すしかなく致死率50%以上をほこる猛毒的なウイルスです。


この原因により世界中のマーケットが混沌・混乱状態に陥り(欧州不安・米景気後退観測が重なったのもありますが)、防護服関連等の銘柄以外は日経含めて全面安の様相を呈している直近の事情となってるわけですよね。

エボラウイルスは患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となる。死亡した患者からも感染する。
とのことで、空気感染または1週間程度の潜伏期間中には移らないというのがせめてもの救いではあるのですが、どうしてどうしてここまでの人類存続危機とまで言われるまでの被害になってしまっているのか・・・

当たり前の話ですが、世界のありとあらゆる投資先といのは世界中の人口とそれに裏付けられたGDP等の経済指標が増え続けるという前提条件の下に成り立っています。

世界人口


だからこの大前提が崩れ去ってしまえば、株・不動産・商品などなどあらゆる投資案件の価値が下がるということで現在の大暴落を招いているのが現状のわけです。
(如いて挙げてみるとすればパンデミックを回避するために無人島や田舎の土地が一時的に上がるとか。
あと現状でエボラウイルスに対抗する手段としては抗体を持った元感染者の血液が有効らしいので、ブラックマーケットでそんなんが売買されるようなことがあれば価格は鰻上りかも!HIVのリスクの方が怖いけどw)

さて、不思議なことに世界の50%以上の人口を誇るアジアでまだ初の感染者が出てないわけですが、
これはさすがに遅かれ早かれ・・・
僕たち私たちの日本でも残念ながら近い未来に悲しい現実が待っているのは間違いありません。

ただ、原発の時もそうでしたが日本人って世界の中でも稀に見る超悲観的ネガティブ慎重思考を持つ人種であると思うので、一時的に日経はそれによって下がるのかもしれませんが、
日本人が元々から持つマインド自体がエボラウィルスに対する
抗体となり機能するんじゃないかと僕は期待しています。

というのも、とにかくこのエボラは隔離してシャットアウトさえすればそれ以上の拡大はないとされているので、
過剰な程のネガティブな報道をするマスメディアそしてそれに洗脳される国民のことを考えると、
かわいそうですけど初期症状が出た人は公の場にはとてもじゃないけどいられないような雰囲気にされてしまうと思うんですよ。
そしてそれに抵抗することなく受け入れ自ら隔離を望むという風潮も生まれるでしょう。
日本人はモラルレベルが高いので。

さらには日本はマスク大国
風邪をひいてる人がするべきもののはずが、風邪をひいてない人までが予防のためにしている。
飛沫感染を防ぐためにはこれは確実に有効でしょう。

さて肝心のマーケットの話ですが、日経平均や個別チャートの動き自体は2007年の7・8月のサブプライム問題表面化前の暴落の時に僕は似ているんじゃないかと思っています。
なので、辛いですけど拡大を続けるエボラウィルスをこのまま駆除できなければ行きつく先はリーマンショックの再来なのかもと。

現状では300〜400円安を繰り返しながらアク抜けすることなく下がってますけど、あの時と同じ展開をイメージするのであればやはり最後のトドメで700円ほどの急落があり、売りが一旦出尽くさないと再上昇は見込みにくいのかなと。

まあ、エボラだけに限って言えばアゼアスを筆頭としたエボラ対策関連のチャートが行き過ぎているので、
病原菌に対する何かしらの吉報的な好材料が出て、これらの関連銘柄がS安祭り。
それと共に日経平均もリバウンドするっていう展開を思い浮かべてしまうわけですけど。
てか、人類存続のためにもそうなって欲しいわけですが・・・

全然話変わりますけど、今回の件でパンデミックなんかを想定してしまうと、
こういったアクシデント的な案件に対してはやっぱ個々のリスク管理において独身って最強だなとは思いました。

子供が家にウイルスを持ってくることもなければ、外部環境をシャットアウトして家に閉じこもる際の食料なんかも少なくて済む。

エボラに限らず他のアクシデントにおいても、とりわけ金銭面において子供が事故を起こして賠償金を払わされるとか、何かの弱点を掴まれて奥さんにばらすぞと脅されることもない(浮気とは限りませんw)。

そういった意味ではやはり独身は強いです。

ただしかしながら、それ以上の得るものがあるので僕は再婚したいし家庭を持ちたい!
自分の存在価値が誰かに認められ必要とされてこそ人生なので。

フランスの哲学者デカルトは、「我思う、ゆえに我あり」と言うけれども、
僕は「他思う、ゆえに我あり」と言っておきます。

って、久しぶりに書いたらすごい着地地点に辿り着いてしまったw

ほんと厳しい相場状況が続いていますが皆さん生きてまた会いましょう!


あと、これに賛同される方は是非ともよろしくお願いします!
国境なき医師団
日本赤十字社


murasy1222 at 04:49|この記事のURLComments(11)

2011年11月01日

介入に黄昏て

またですよ。また。
何度やってもうまくならない。
何度やっても後悔ばかり。

為替市場最強のボーナスステージとわかっているだけに、逃した時の悔しさは通常の数十倍ぐらいありそうです。

今回は乗れないだけならまだしも、売りで踏まれてますからね^^
インヴァスト証券のトレード24グランプリで、ずっとサポーター内のトップを保ち長期政権を作ってきていましたが、今日だけで見事に蹴落とされてしまうでしょう。

この売りポジションがあったせいで介入直後の判断が鈍ったというのもあります。
時間の節目である00分や30分に来ずに、何故か25分という時間帯に突如上がったせいで「なんちゃって介入か?」と疑ってしまったというのもあります。

でも、本当の今回の失敗の原因は「予習不足」なんですよね。
日々の努力を怠っていたせいで、貧相な結果になってしまいました。

というのも僕には「マル秘介入ノート」なるものがあって、介入時はどのように動くかかの戦略が練られているのですが、これだけマーケットの中に介入ムードが漂っていたのにもかかわらず全く目を通してなかったんです。

で、結果としてはそのノートに記された内容通りにやっておけば爆益であったであろうし、実際に11時ぐらいになって一気にそのノートに目を通した後の動きと言うのは綺麗に利益になりました。

以前に記事に書きましたが、やはり介入が起こる時は東証タイムでありますし、日経はマイナス時でありますし、マーケットに何かしらの悲壮感めいたものが漂っています。

今日はザラバ途中でドル円が急落した時に「もしかしたらありそうだな」なんて考えながらも、株取引の方に没頭してしまってノートを見ないわ、
インヴァスト証券の口座の売りポジションを解消しないわで、一体何を感じ取っていたのか自分でも悲しくなります。

ほんとこういう介入時で取れるボラティリティに比べたら、現在の株なんてほったらかしにしておいても何ら問題ないレベルなのに・・・

で、さらに追い討ちをかけるように予習不足だったのが
主要輸出企業の「為替想定レート」

結局、何のために日銀が東証タイムを使って円売り介入を行うかと言うと、それは輸出企業の担当者に為替のヘッジをかけさせるからというわけですよ。

ということは日銀の狙いは彼らの持つ平均為替想定レートにわるわけで、それを事前に把握しておかなければ、どこにターゲットプライスがあるかわからないのです。

今回に関しては決算期の真っ只中ということで主要企業の想定レートはそこまで出揃ってなかったわけですが、今のところの今期予想の大体の平均額は78円。
そして第2Qでの全体の平均額が80円。

ってことで、おおよそその真ん中の79円ぐらいまで押し上げるのではないか?なんて予想ができたはずなんですよね。
事前に予習さえできていれば。

ほんとこれに乗れるだけで一年分の生活費が出る可能性もあるわけで、それにしてはいかに自分が怠慢であったということを認識させられてしまい、ただただ悔やむばかりであります。
(しかも83円〜76円までナンピンしていた長期口座のドル円を先日切ったばかりですし・・・)

その点ではイケイケ為替ギャルことkiyoちゃんは入念に介入に対するシミュレーションをしていたようで、それをそのまま爆益に変えるのはさすがとしか言いようがありません。

今までの概念としてFXってずっと2007年までの円安スワップトレードの時期が最も稼ぎやすかったのだと認識していましたが、こういうイベントがあることを考えると円高の時期もそれなりに面白いチャンスに巡りあえますよね。

次はまたいつになるかはわかりませんが、とにかくこの悔しさや感覚を頭に残しておいて、必ず次回に繋げる様にしたいと思います。



24hour_468x60




インヴァスト証券・・・武者修行中も参加中!リアルトレード24グランプリを11月30日まで開催中。上位者には賞金がでます!気になるスプレッドは驚愕のドル円0.8銭!こんな機会はめったにないのでお早めに!このブログから口座開設+取引をされた方には
2000円のキャッシュバックあり!




インヴァスト証券


人気blogランキング斬り!!!





2011年10月30日

24時間トレードバトルロワイヤル

僕の大好きな企画の第二段が行われます。

24時間トレードバトルロワイヤル

2011年11月1日11時11分11秒より24時間のガチンコバトル。

今回の出場者は前回の三空さんVS具だっぺさんのエントリを上回り、4名の勇者たちがそれぞれの実際の資産を使って当日の収支を争います。

出場者は三空さん
      AKIさん
      よずさん
      ニコちゃん

僕もよく知っているのですが、いずれの方も既に億乗せを達成している強者ばかりですね。
今回の舞台はFXでの対決となるわけですが、まさにオールスターの夢の競演と言っても過言ではないと思います。

僕はこういうお祭りは大好きなので、当日はチャットでの参加をさせてもらいます。
もちろんできる限りの時間を彼らと共にして、同じ気持ちになってトレードもしたいですね。



24hour_468x60

インヴァスト証券・・・武者修行中も参加中!リアルトレード24グランプリを11月30日まで開催中。上位者には賞金がでます!気になるスプレッドは驚愕のドル円0.8銭!こんな機会はめったにないのでお早めに!このブログから口座開設+取引をされた方には
2000円のキャッシュバックあり!




インヴァスト証券


人気blogランキング斬り!!!


MATRIX TRADER

外為ファイネスト【MT4】

ディールFX



murasy1222 at 23:10|この記事のURLComments(1)
義援金活動
Twitter
NYダウ指数先物取引


話題のCFD!!!
CMC Markets Japan なら
NYダウや日経225先物や金・原油など
指数先物取引ができます♪
まずはデモ取引から
始めてみてください♪

僕は主に大証の2.5倍である
レバレッジ50倍で
日経225先物を取引します。
少ない証拠金でたくさん枚数が持てるのでおススメです!

2007年6月より
100万スタート!
現在1,390,595円