2014年10月17日

エボラ出血熱

お久しブリーフ!
ダンディ坂野です(σ゚∀゚)σゲッツ

なんせ一人親ともなるとまとまった時間が取れないのと、
twitterの利用によりネタを小出しして解消できるようになったので、
ブログは完全放置していました。
誠に申し訳ありません。

前記事見てみると為替の介入のことが書かれていて、
それが3年前。
その間にアベノミクスの大相場を挟んでいるので、本当に遠い昔の出来事のように思えてなりません。

さて、今回いろんな妄想を経て急に筆を取りたくなった
エボラ出血熱について。
西アフリカを起点として発症し、現在では感染者約9000人・死亡者約4500人、これといったワクチンも治療薬もなく、つまり一度感染してしまうと自力で治すしかなく致死率50%以上をほこる猛毒的なウイルスです。


この原因により世界中のマーケットが混沌・混乱状態に陥り(欧州不安・米景気後退観測が重なったのもありますが)、防護服関連等の銘柄以外は日経含めて全面安の様相を呈している直近の事情となってるわけですよね。

エボラウイルスは患者の血液、分泌物、排泄物や唾液などの飛沫が感染源となる。死亡した患者からも感染する。
とのことで、空気感染または1週間程度の潜伏期間中には移らないというのがせめてもの救いではあるのですが、どうしてどうしてここまでの人類存続危機とまで言われるまでの被害になってしまっているのか・・・

当たり前の話ですが、世界のありとあらゆる投資先といのは世界中の人口とそれに裏付けられたGDP等の経済指標が増え続けるという前提条件の下に成り立っています。

世界人口


だからこの大前提が崩れ去ってしまえば、株・不動産・商品などなどあらゆる投資案件の価値が下がるということで現在の大暴落を招いているのが現状のわけです。
(如いて挙げてみるとすればパンデミックを回避するために無人島や田舎の土地が一時的に上がるとか。
あと現状でエボラウイルスに対抗する手段としては抗体を持った元感染者の血液が有効らしいので、ブラックマーケットでそんなんが売買されるようなことがあれば価格は鰻上りかも!HIVのリスクの方が怖いけどw)

さて、不思議なことに世界の50%以上の人口を誇るアジアでまだ初の感染者が出てないわけですが、
これはさすがに遅かれ早かれ・・・
僕たち私たちの日本でも残念ながら近い未来に悲しい現実が待っているのは間違いありません。

ただ、原発の時もそうでしたが日本人って世界の中でも稀に見る超悲観的ネガティブ慎重思考を持つ人種であると思うので、一時的に日経はそれによって下がるのかもしれませんが、
日本人が元々から持つマインド自体がエボラウィルスに対する
抗体となり機能するんじゃないかと僕は期待しています。

というのも、とにかくこのエボラは隔離してシャットアウトさえすればそれ以上の拡大はないとされているので、
過剰な程のネガティブな報道をするマスメディアそしてそれに洗脳される国民のことを考えると、
かわいそうですけど初期症状が出た人は公の場にはとてもじゃないけどいられないような雰囲気にされてしまうと思うんですよ。
そしてそれに抵抗することなく受け入れ自ら隔離を望むという風潮も生まれるでしょう。
日本人はモラルレベルが高いので。

さらには日本はマスク大国
風邪をひいてる人がするべきもののはずが、風邪をひいてない人までが予防のためにしている。
飛沫感染を防ぐためにはこれは確実に有効でしょう。

さて肝心のマーケットの話ですが、日経平均や個別チャートの動き自体は2007年の7・8月のサブプライム問題表面化前の暴落の時に僕は似ているんじゃないかと思っています。
なので、辛いですけど拡大を続けるエボラウィルスをこのまま駆除できなければ行きつく先はリーマンショックの再来なのかもと。

現状では300〜400円安を繰り返しながらアク抜けすることなく下がってますけど、あの時と同じ展開をイメージするのであればやはり最後のトドメで700円ほどの急落があり、売りが一旦出尽くさないと再上昇は見込みにくいのかなと。

まあ、エボラだけに限って言えばアゼアスを筆頭としたエボラ対策関連のチャートが行き過ぎているので、
病原菌に対する何かしらの吉報的な好材料が出て、これらの関連銘柄がS安祭り。
それと共に日経平均もリバウンドするっていう展開を思い浮かべてしまうわけですけど。
てか、人類存続のためにもそうなって欲しいわけですが・・・

全然話変わりますけど、今回の件でパンデミックなんかを想定してしまうと、
こういったアクシデント的な案件に対してはやっぱ個々のリスク管理において独身って最強だなとは思いました。

子供が家にウイルスを持ってくることもなければ、外部環境をシャットアウトして家に閉じこもる際の食料なんかも少なくて済む。

エボラに限らず他のアクシデントにおいても、とりわけ金銭面において子供が事故を起こして賠償金を払わされるとか、何かの弱点を掴まれて奥さんにばらすぞと脅されることもない(浮気とは限りませんw)。

そういった意味ではやはり独身は強いです。

ただしかしながら、それ以上の得るものがあるので僕は再婚したいし家庭を持ちたい!
自分の存在価値が誰かに認められ必要とされてこそ人生なので。

フランスの哲学者デカルトは、「我思う、ゆえに我あり」と言うけれども、
僕は「他思う、ゆえに我あり」と言っておきます。

って、久しぶりに書いたらすごい着地地点に辿り着いてしまったw

ほんと厳しい相場状況が続いていますが皆さん生きてまた会いましょう!


あと、これに賛同される方は是非ともよろしくお願いします!
国境なき医師団
日本赤十字社


murasy1222 at 04:49|この記事のURLComments(12)

2014年01月03日

年間取引損益

2013年

 1月16勝 3敗 +135254487
 2月14勝 5敗 +93369895
 3月15勝 5敗 +188334169
 4月18勝 3敗 +556180295
 5月14勝 7敗 +401096289
 6月10勝10敗 −690719633
 7月14勝 8敗 −83044282
 8月11勝11敗 −111623135
 9月13勝 6敗 +170122412
10月10勝12敗 −117918828
11月 8勝12敗 −86976772
12月10勝10敗 +100936604

年初戦闘力
142,882,940円

出金
116940679

年間収支トータル(株のみ・税引き前・手数料込み)
+545511501

現在の戦闘力(株メイン+先物のみ、カブトモより)

合計 571,453,762円也


2013年02月12日

年間取引損益

2012年

 1月10勝 9敗 −5888739
 2月12勝 9敗 +10119384
 3月10勝11敗 +7520777
 4月 9勝11敗 −3256383
 5月10勝11敗 −28743297
 6月13勝 8敗 +24938144
 7月 7勝15敗 −26867151
 8月12勝11敗 +687887
 9月10勝 7敗 +8155310
10月15勝 7敗 +14815477
11月13勝 8敗 +14599168
12月13勝 6敗 +28468295

M+105820029
K−31734465
E−5231324
Z−4415407
G+3497529
S+3719678
SW供342238
SW掘368155
H+2315569
仕手−3144383
K氏−1696242
有事−15273830
N+3583854
OP−1365117
FX
FX(H)

年初戦闘力
111,858,807円

出金
10024739

年間収支トータル(株のみ・税引き前・手数料込み)
+41,048,872

現在の戦闘力(株メイン+先物のみ、カブトモより)

合計 142,882,940円也





遅れましたが去年の成績です。
(FXについては確定申告時にまとめる予定)

ちなみに今年はもう既に去年の利益を上回り、極めて順調に稼げています。
ありがたい限りです。

前記事の諸事情について全然書けていませんが、
要は「離婚」しました。
現在はシングルファーザーとして、
実家の助けを得ながら一人で子供を育てています。

トレーダーにおける結婚、離婚、育児等についてはいろいろと書きたいことがあるので、
また時間がある時にでもまとめます。

いつも無駄足を踏ませてしまって申し訳ありません。



義援金活動
Twitter
NYダウ指数先物取引


話題のCFD!!!
CMC Markets Japan なら
NYダウや日経225先物や金・原油など
指数先物取引ができます♪
まずはデモ取引から
始めてみてください♪

僕は主に大証の2.5倍である
レバレッジ50倍で
日経225先物を取引します。
少ない証拠金でたくさん枚数が持てるのでおススメです!

2007年6月より
100万スタート!
現在1,390,595円