空を見上げて
トップページ » 2009年09月
2009年09月

石川遼くんについて

女子に比べ、長く人気の低迷が続いていた日本男子ゴルフ界に待望の新星が現れ
ました

皆さんご存知、石川遼くんです

遼くん







遼くんの人気によって、完全に日本男子ゴルフ界は完全に息を吹き返しました。
と言っても、人気で言えば、遼くんの1人勝ちですが。

遼くんはスーパースターの要素をことごとく兼ね備えています。

ー磴して頭角を現した。なんといっても若い!(まだ18歳!
▲襯奪スがいい(簡単に言うとカッコいい)

遼くん












A屬笋で、人格に好感が持てる(受け答えもしっかりしていて、若さゆえの稚
拙さがない
ぅ乾襯佞瞭睛討ダイナミックで、人を惹きつける

アメリカのタイガーウッズが現れたときと状況は似ています。

折角出てきたスーパースターなので、大きく育っていってほしいものです


マスコミやファンの動向を見ていると、あまりにも遼くんに人気が偏重しており、
すごく特別扱いされています。
これでは遼くんがいくらまじめな人格であっても、特別扱いされることに慣れて
しまうと知らずのうちに天狗になってしまい、もてはやされるのが当たり前だと
思う人間になってしまうと思います

かつて、女子ゴルフの宮里藍ちゃんがそうだったと思います。

彼女は十代のころからもてはやされ、人気絶頂のときにアメリカツアーに参戦し
ました。
ところが向うでは実力が全ての世界。藍ちゃんの日本での人気は関係ありません
自分の実力だけで勝負し、勝てる者だけがスターになれる世界です。
藍ちゃんは長く挫折を味わうことになりましたが、そんな中でも今年優勝し、人
間的にもかなり大きく成長したと思います

遼くんも今後大きな挫折をする局面が必ず出てくると思いますが、人間的にも大
きく成長していって、日本発の世界のスーパースターに育ってほしいと願います

murata_kousanmurata_kousan  at 16:36 この記事をクリップ! 

第1回素人のど自慢大会

10月25日にバザールタウン丸の内2009を開催いたします

初の秋開催となりますが、今回も大抽選会やDJショー、110番動物園・園長さんの講演、
フードコーナーにお子様ゲームコーナーなどなど・・・盛りだくさんの内容を予定しております

その中でも、今回のメイン企画は13:30〜の、
素人のど自慢大会です


ただ今、出場者大募集中です

歌うことが好きな方人前に出るのが好きな方
自薦他薦は問いません
1人でもグループでも、お子様もご年配の方も
アニメソングでも、演歌でも、洋楽でも、
みなさんお誘いあわせのうえ
お気軽にご参加下さい


なんと優勝の方には、商品券30,000円分が
しかもパフォーマンス賞、特別賞とそれぞれ素敵な賞品があります

ご興味のある方は、
 0120-0748-50
まで、ぜひお問い合わせ下さい



その場で,審査していただける一般審査員も同時募集しておりますので、
ぜひバザールタウン当日はステージ前へ集合していただきたいと思います


バザールタウン丸の内2009の詳細は追って告知していきます
お楽しみに〜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜






murata_kousanmurata_kousan  at 12:09 この記事をクリップ! 

自然と暮らす

先月開催した「クリエイター意見交換会」に参加していただいた白砂伸夫先生のご自宅へ、
先日ご訪問させていただく機会がありました

白砂先生は、神戸国際大学の教授をされており、ランドスケープデザイナーとして
活躍されております。
そして、なんと長崎のハウステンボスアドバイザーもされています
岐阜の花フェスタで世界一のバラ園を手がけられたという事もあり、
ご自宅のお庭を拝見させていただくのが大変楽しみでした


S01
 自然に囲まれた閑静な立地にあるお住まい
 白漆喰が印象的な和風な佇まいです。



早速、奥へ案内していただきお庭を拝見
何種類もの花が綺麗に咲いており、素適なお庭を堪能させて頂きました

S02S07





S05S08





S14S10
猫ちゃんもお庭が
お気に入りのようです





S06
 そんな素敵なお庭を眺めながら、
 デッキテラスでいただくお茶は格別です
 


S03
 テラスから見える風景は、遮るものが何もなく、
 美しい景色が広がっています




S12
 室内も拝見させていただくと、
 そこは和モダンでお洒落な空間が



S11
 窓枠がまるで額のように庭の景色を切り取っています
 自然に溶け込んでいるような不思議な感覚です。




「自然をデザインする」
ランドスケープデザイナーならではの自然と景色を上手く取り込んだ素晴らしい建物でした

まるで時間が止まったような、そんな穏やかな一時を過ごさせていただきました

長時間に渡り、貴重なお話をお聞かせいただき、誠にありがとうございました

S15

murata_kousanmurata_kousan  at 17:32 この記事をクリップ! 

■資格□

みなさんは何か資格をお持ちですか?

国家資格・公的資格・民間資格・・・この中でもいろいろな資格があります

この前、駅でこのようなチラシを目にしました


びわ湖検定



なんと『びわ湖検定』です









問題は滋賀県の事について、文化、歴史や自然といったあらゆるジャンルから
問題は出されるようです


滋賀県で、何十年も暮らしていますが、いまいち滋賀についての知識に欠けているような気がします


しかも生まれも・育ちも・仕事までしているので・・・もっと滋賀について勉強しなくてはと思いました

勉強というよりはクイズを解く感じで学ぼうと思います

みなさんも何かおもしろい検定を見つけて、是非チャレンジしてみてください

murata_kousanmurata_kousan  at 13:55 この記事をクリップ! 

交通安全週間

秋の交通安全運動が始まりました


大勢のジャンパーを来た人・警察官・怪しい着ぐるみが

秋の交通安全をうったえていました

交通安全運動







交通安全週間は特に運転の気持ちがひきしまります

この期間だけ交通ルールを守るものではないのですが・・・


時々このように呼びかけてもらえると再認識ができてとてもいいように思えます


皆様も車の運転にはお気をつけください

あの着ぐるみが何の動物だったのかいまだに気になります・・・



murata_kousanmurata_kousan  at 15:24 この記事をクリップ! 

ピンチ   〜何事も早めの対応が大切

先日夏休みを利用して信州に家族旅行に行ってきました。

ラベンダー畑   (穂高ラベンダー畑)












信州ではいろんな観光地をめぐり、おいしい蕎麦や川魚に舌鼓をうち、非常に充実した旅行になりましたが、思わぬ落とし穴がありました。

IMG_3657(いかだ遊び)






 ハッチ                                                                           (須坂動物園の人気者 テレビでおなじみのハッチ)  








そば(戸隠のそば)






観光地をめぐり最終長野の善光寺から白馬のホテルに戻る途中、ガソリンのランプが点灯し、ホテルまでの距離が約80km程度あったのですが、大きな国道を走るので、途中でガソリンスタンドに寄れば問題ないと軽い気持ちで向かっていました。

しかし行けども行けどもなかなかガソリンスタンドが見つからず、また発見したとしても夜7時を過ぎた時間帯であっても閉店しているガソリンスタンドしかありません。

こんなに早く閉まるのかと心は非常に焦っていたのですが、家族に不安を抱かさぬように省エネ走行で慎重にドライブし、何とか20時すぎに白馬村まで到着した。
家族に安堵感が広がったのもつかの間、白馬村でも3軒のガソリンスタンドはすべて閉店(すべて19時に閉店)。
白馬村から山の頂上のホテルまで10kmの距離があり、辿り着くだけのガソリンはすでに残っていなかった。

最寄で営業中のガソリンスタンドがあるかを確認したところ約30km離れた場所に1店舗あるだけで万事休す。

残された道は車をどこかに駐車し、タクシーでホテルに向かい翌朝に車をピックアアップする方法が確実であると判断した。

白馬駅のタクシー運転手に事情を説明したところ、駅のロータリーに1晩ぐらいなら駐車しても問題ないということを教えてもらい、家族とともに荷物を抱えタクシーに乗り換えて無事ホテルに到着。

ようやく家族にも本当の笑顔が戻りました。

自分の中ではどんなエリアでもガソリンスタンドがこんなに早く閉店するとは想像もできなかった。何事も早め早めに余裕をもっての対応、準備が必要であると思いさせられるいい教訓となりました。

家族に不安を抱かせた反省として翌朝ホテルから白馬駅までの山道10kmをランニングして車を取りに行きました。前日ホテルまで送ってくれたタクシーの運転手に白馬駅で見つかり必死で走って汗だくの私を見つけて目が点に・・・。

今回の旅行でいろんな観光地をめぐり楽しかったのですが、ガス欠事件が何より心に残るいい想い出となりました。
      

murata_kousanmurata_kousan  at 18:01 この記事をクリップ! 

秋の住まいるフェアを開催しました!

9月13日(日)に恒例の『秋の住まいるフェア』を開催しました

前日は大雨でしたが、この日は晴天
雨男と言われ続けた弊社部長は、めでたく汚名返上です

イベント開始時刻と同時には、たくさんのお客様が来場くださいました

住まいるフェア1

キッチンやユニットバスの展示車も来て、最新設備をじっくりご覧いただきました
他にもこの日限りの特価商品販売や住まいのお悩み相談、太陽光発電相談コーナーもあり、いろんなご相談をいただきました

住まいるフェア3住まいるフェア2

フードコーナーもあります
天気が良いので、ソフトクリーム屋さんの前にはたくさんの方が並ばれてます
住まいるフェア5

それよりももっと長いこの長蛇の列は・・・
住まいるフェア6
   
         
  
         

         

今回の目玉!焼きたてバームクーヘンです
目の前で一層一層焼きあがるのを見るのも楽しんでいただけました
住まいるフェア7-2住まいるフェア7-3住まいるフェア7
ふわっふわっのバームクヘン!美味しい♪と好評でした


同時に、テープカッター作り教室や畳コースター作り教室も開催しました
お父さんやお母さんに手伝ってもらいながら、一生懸命作る姿が微笑ましかったです

住まいるフェア4






住まいるフェア8住まいるフェア8-2住まいるフェア8-4

たくさんのご来場、誠にありがとうございました
次回もお客様に喜ばれるような企画、満足していただけるようなご提案をして、
地域の皆様とのつながりが生まれるきっかけづくりの場となればと考えております


murata_kousanmurata_kousan  at 15:59 この記事をクリップ! 

住み継ぐ

先日、リフォーム工事をさせて頂きましたN様邸をご紹介をさせて頂きます。
お父様が建てられた、純和風のご自慢の家を改装して住み継がれるという事で、弊社にご依頼を頂きました。



間取りの使い勝手が悪いので、壁・柱を解体〜
土壁をめくるとやはり竹小舞が使われておりました。
竹小舞とは
竹を細かく編んで土を塗る、昔からの伝統的な工法です。
この工法は先人の知恵といいますか、蓄熱・調湿・防音などの効果があります。
解体すると、すさまじいホコリが発生しましたが、流石にいい仕事がしてあります。

しかし、残念ながら竹小舞は手間・コストがかかる為に主流ではなくなり、又、耐震性能が今の基準には合わない関係で、昨今はほとんど使われまておりません。

n9n10











n30n31












ビフォーアフターの紹介

キッチン
おしゃれなキッチンに!
n1N11A












リビングの壁・天井を白で統一する事で、広く・明るい部屋になりました。
n5N15










2階物置き部屋を洋室に!
お孫さんが泊まるスペースも確保です。
N20N14











トレイ・洗面室もスッキリおしゃれに!(お掃除も楽ちん仕様です。)
N24N25














全体的な和の雰囲気はそのまま残し、主要な部屋だけ使いやすいように改築致しました。
お父様の自慢の家の雰囲気は残しながら、新たに住み継がれます。
お孫さんの代まで住み継がれたら素敵ですね
N26












玄関扉も白木洗いをし、新品同様の扉に生き返りました!
N18N19













早速、ご親戚ご一同が集まられたようで、あまりの変わりように皆様ビックリされてたようです。N様より、「満足してます!いろいろとして頂いてありがとうございました!」と、嬉しいお言葉を頂きました。
こちらこそ弊社にお任せ頂きまして誠にありがとうございました!
これからも末永くよろしくお願い致します!











murata_kousanmurata_kousan  at 12:11 この記事をクリップ! 

秋の住まいるフェアを開催します

近江八幡市丸の内町 ハウジングギャラリーにて、
9月13日(日)に恒例の「秋の住まいるフェア」を開催致します

住まいるフェア

イベント内容は、

 ・焼きたてバームクーヘンやソフトクリーム

 ・テープカッター作り教室や畳コースター作り教室

 ・最新のユニットバス・システムキッチン展示車

 ・その日限りの特価商品販売

 ・耐震相談、リフォーム相談、太陽光発電相談・・・などなど


クイズラリーDEプレゼント抽選会に参加されると素敵な商品が当たります


ご家族やご近所の方、お友達をお誘い合わせの上、ご来場下さい
お待ちしてます




murata_kousanmurata_kousan  at 16:28 この記事をクリップ! 

創立記念日に想う

昭和41年9月6日に村田興産株式会社が設立されて
43年目の創立記念日を無事に迎えることができました

丸の内住宅地の造成工事に着手した昭和48年には、
第一次石油危機が勃発して建設資材が取り合いになり
確保するのに苦労しました
昭和50年に長期プライムレートが9.9%と金融が逼迫し、
住宅ローンがつけられず、全国信託銀行連合会に頼み込んで
今では考えられない、「金利11%」の提携ローンをつけて
第一期の分譲を開始した事もよき想い出です


昭和62年から平成2年にかけて、日本中が有頂天になった
バブルの発生とその崩壊等この43年間には色々の出来事が
ありましたが、無事に今日を迎えられたのも、
土地価格が右肩上がりであったことと、目先の利益に惑わされずに
常に自分の心に問いかけて良心を大切にしてきた事が、
困難に直面した時に社員を始め周囲の皆様方に助けられた結果
だと感謝しています。


これからも「人知らずとも我が良心これを知る」の気持ちを
大切にして皆様から愛される会社であり続けたいと願っております!


社長

murata_kousanmurata_kousan  at 08:00 この記事をクリップ!