空を見上げて
トップページ » 2011年07月
2011年07月

節電の夏の必需品vol2〜オリジナル手ぬぐい〜

先週は数日、涼しい日もありましたが、
相変わらず暑い日々が続いています。

以前のブログで、節電の夏の必需品vol1〜オリジナルうちわ〜
を紹介しましたが、そんな暑さ対策にオリジナル手ぬぐいを
作りました



デザインは、前回に引き続き、建築未来研究所の北川さん
お忙しい中、何度も修正していただき、完成したデザインがこちら。

手ぬぐい







なんとも和風な柄に見えますが・・・実際は何をモチーフに
しているかわかりますか??





そして、出来上がったものがこちら★

手ぬぐい2






箱いっぱい届きました


実物は、藍色です。
(長さはこの倍あります。こちら、半分に折ったもの。)


手ぬぐい3








早速、「住まいのアンケート」にご協力いただいた
村田機械グループの社員さんにお礼の品としてお送りしました



冷たい水で冷やして首に巻いてみたり、汗をぬぐってみたり・・・(!?)
それぞれの使い方で、暑さ対策に使用していただければと
思っております。

murata_kousanmurata_kousan  at 08:00 この記事をクリップ! 

みどりの家、完成!!

先日、以前記事にさせていただいた「みどりの世界」の家が無事
竣工致しました。壁が緑でいったいどうなるのか?
とご心配頂きましたが、いい雰囲気に仕上がりました。
K16         














お施主様のご好意により、一日完成見学会を開催させて頂きました!
K7K12














やはり見学に来られた方が驚かれるのは、緑の壁!!
K11K17
   






















緑というのは、目にいいと言われるだけあって、何だか落ち着く空間を演出してくれます!
ただ、クロスというよりも板に近く凸凹がないために、施工難易度が相当高い!!
クロス屋さんご苦労様でした。



施工頂きました、各業者さんのお陰で無事
竣工する事ができました。
ありがとうございます。
K21K20














K6K5














K3K4











K23K24


















今回、参加型の家づくりをして頂きましたお施主様、色々とご協力頂きまして
誠にありがとうございました。
子供さん達も引越しが待ち遠しいですね


murata_kousanmurata_kousan  at 07:21 この記事をクリップ! 

借換えのタイミングは・・・?

夏の賞与も支給され、住宅ローンの返済のある方々は
「ローン返済、少なくならないかな・・・?」と
考える時期ではないでしょうか?


住宅ローンの借換えをして、今後の返済にメリットが
出る方はこんな方なのです


.蹇璽鷸長發1,000 万円以上ある方

⊆擺垢┯紊龍睛差が1.0% 以上ある方

J嶌儡間残が10 年以上ある方


いくら金利が安い時代とはいえ、どんな方でもメリットが
出るわけではなく、また、「メリットでないかも・・・?」と
思ってる方でも借換えで返済が少なくなることも


7月に行った村田機械グループの社員さん向けの
ローン相談会が、家計の再見直しのきっかけに
なればなぁと思います。


ローン相談会














ローン相談会、次回は冬を予定しております!

murata_kousanmurata_kousan  at 07:00 この記事をクリップ! 

現場監督高橋さん〜お久しぶりです〜

本当に久々に登場の現場監督高橋さん

ちょうど梅雨が明けましたので、
お客様の要望で、屋根の点検に伺いました

屋根やさんも高橋さんもしっかりとヘルメット着用

1









実際にお客様が屋根に上がることは危険ですので、
高橋さんが、デジカメでパシャリ、パシャリ

3








屋根の状況を写真でお客様にみていただきました

実際の屋根の状況をお客様が見られてびっくりされてました

今更ながらデジカメってすごく便利ですよね

これからは、台風の季節ですので、屋根や外壁の状態がご不安な方はお気軽にご相談ください

現場監督高橋さんとともに出動いたします



murata_kousanmurata_kousan  at 08:22 この記事をクリップ! 

またまた、地鎮祭

先日に引き続き、地鎮祭がありました

1









この日は、少し雨が降ってましたが、地鎮祭の間はピタッとやみました

涼しく心地よい環境で地鎮祭が進行していきました

お施主様も連日の暑い日々の環境でなくてよかったとホット一安心

お施主様のお母様と姉妹の方にも参加していただき、ありがとうございました

2









ご主人様のご期待に応えられるように
最後まで、しっかりと工事させていただきます



murata_kousanmurata_kousan  at 08:22 この記事をクリップ! 

太陽光発電のおもしろさ

先日、太陽光発電パネルの展示会をムラテックメカトロニクスin竜王で開催しました

太陽光太陽光3









太陽光の利用はとってもエコなことです

最近は、パネルの種類もいろいろありまして・・・

簡単に、単結晶パネルと多結晶パネルというものに分類されます




単結晶パネルの方が、光の当たる面積が少なくてもより多く発電ができるのが特徴です

動画のとおり、同じ面積での光の当たり具合では、多結晶よりクルクルと回ってます


しかし、コスト面でいくと多結晶の方が安いため、どのようなものを選べばよいのか
非常に悩むと思います
また、各メーカーでも特徴があり、おもしろくもあります

皆様も地球に優しい太陽光発電家庭に優しい太陽光発電を一度検討してみてはいかがでしょうか



murata_kousanmurata_kousan  at 08:17 この記事をクリップ! 

はじめましてt!!

ガーデンブロックのモデルハウスです

1















今年は初めての夏を迎えました
目の前のお庭の芝生がきれいに緑になってとても心地よいです 

けれども暑すぎます

家の前のクローバや雑草をきれいに抜いてもらって気分が少しすっきりとしましたが・・・


それにしても黒板のスヌーピーは涼しそうですね・・・(2階の落書きコーナー)

スヌーピー








そうそう
『私、かわいいだけでは、ないのです』

ママだけでなく、 パパちびっこの夢をいっぱいつめこんだ家なのです

どのような家なのか?は、私自身がクールビズ・・・ではなく、少し中身を変えてわかりやすく皆様にお伝えできるように準備中でございます

まだ、私を見に来ていない方はその時に是非とも足を運んでください

新しいお披露目の日時は、改めてお知らせさせていただきます



murata_kousanmurata_kousan  at 07:46 この記事をクリップ! 

地鎮祭

先日、晴天の中、地鎮祭を行いました

1









いい天気すぎまして、お施主様も神主さんも汗びっしょりになってましたが

お子様も暑い中、がんばってお手伝いされてました

本当にありがとうございます

3








最後には、お施主様と現場監督が固い握手を交わしてました

これから建築チーム一丸でしっかりと工事させていただきます

5



murata_kousanmurata_kousan  at 17:13 この記事をクリップ! 

小道の先には何が....  『ローザンベリー多和田』見学記

先日、オープンを前にした
滋賀県米原市の体験型観光農園『ローザンベリー多和田』の見学の機会を頂きました
1











この農園は、オーナーの大澤恵理子さんが
自然や農業、安全な食物などの情報発信による
農業の活性化と農業に従事する若い人材の育成を目的として
2003年より取り組んでこられたもので
大澤さんの夢やロマンや熱い思いがひしひしと感じられます

※詳しくはhpをご覧下さい。(絵本調のトップページは必見です)
http://www.rb-tawada.com/index.html
その中でも私が気に入ったのが大きな池の廻りの庭園です
2









レンガ積のゲートの先には何があるのだろう...
3








曲がりくねったデッキの道の先には何があるのだろう・・・
4








刈り込まれた芝生の先には何があるのだろう・・・
5






雑然としたブッシュの奥には何があるのだろう・・・


そしてそして、その先の土管の中にあったものは....
6






好奇心と冒険心がそそられ、知らず知らずの間に池を一周していました

大澤さんの遊び心もぎっしり詰まった
『ローザンベリー多和田』は9月17日(土)オープン
是非とも体感下さい



murata_kousanmurata_kousan  at 15:50 この記事をクリップ! 

「抱くとは、手で包むこと」

街づくりコーディネーターの高雄さんより7月のブログ投稿です


******

 抱く〜抱くとは、身も、心も、手で包み込むこと。〜


確かに。
みなさん、気づいていましたか?
手へんに、包むと書いて、「抱く」なのです

daku1sling


←1枚布のスリングです。



先日、抱っこ教室に行ってきました
スリングという1枚の布を使った、抱っこ教室です。
その教室で、「抱っこの仕方」「いい抱っことは」について、考えさせられました。

手で、包み込む。
当たり前のことなのに、気づかず、子どもを抱っこしてきました
泣いているから…抱っこ、用事をしたいから…抱っこしてきたような気がします。
(母親として反省してます)

私は出産する直前まで仕事、出産後も早く仕事復帰したいと考えていました。
実際、すぐに仕事を再開しました。焦っていたんだと思います。


そんな私にとっての抱っこは、子どもを落ち着かせる手段。
子どもを管理する手段だったのかもしれません。
泣いている赤ちゃんは、抱っこすると、泣き止みます。
赤ちゃんを抱っこすれば、家事や仕事など用事ができます。

抱っこして、家事。
抱っこして、買い物。
抱っこして、仕事。

それは、子ども優先というよりも、自分の思いを優先するための手段だったのかもしれません。
子どものためといいながら、自分のためだったのです。
「ごめんね。ちゃんと抱っこしてあげられなくて」と深く反省し、最近10歳の息子を抱っこしています。
daku05










私もスリングを使って、赤ちゃんを抱っこしてみました

あれ?
しんどくない。大変じゃない。
とっても嬉しい楽しい
5kgくらいの赤ちゃんをずっと抱っこしていても、しんどくありません。

「このまま運動会で、玉入れできるね」って言っていたお母さんもいらっしゃいました
daku01







スリングで赤ちゃんを抱っこした瞬間。
みんなの笑顔がぱっと明るくなりました。とっても嬉しそう
わが子を抱える、わが子を包み込む。身も、心も、包み込む。
そのことが、どれだけお母さんと赤ちゃんを幸せにすることか。
幸せオーラ全開でした
daku03





スリングでの抱っこは、まさに手で包み込む、抱っこ。
赤ちゃんとの距離がとっても近くて、お互いの表情がよく見えます。
お母さんと赤ちゃんが、身も、心も、ひとつになります。
ずっと抱っこしていたいくらい、幸せな抱っこです。

おかしいですね?
抱っこは、たいへん。抱っこは、しんどいはずなんですけど。
思い込みだったのかもしれません
img-japan2img-japan1







昔の日本の抱っこ紐は、もともとは1本の紐。
紐で、赤ちゃんをお母さんの体に固定して、農作業などをこなしていました。

それから、抱っこ紐もどんどん進化、便利になっていきました。
子どもが紐から落ちないように、足を入れる部位が登場したり、
リュックサックのような抱っこ器具が出たり、
ウエストポーチの上に赤ちゃんを座らせる抱っこ器具が出たり、
背骨が曲がらないように、背骨矯正板付の抱っこ器具が出たり。
今では、多機能抱っこ器具がいっぱいです。
それなのに、抱っこはしんどい…なんですね


私、思いました。
もしかしたら、私たちは便利さと引き換えに、
大切なものを手渡してしまったのではないかと…。

大切なもの。それは、「ふれあい」です。
心と心がふれあう。
笑顔と笑顔がふれあう。
そんな、心があったかくなるふれあいです


抱っこ紐の進化によって、便利になりましたが、
お母さんと赤ちゃんの距離は確実に離れました

器具を使うことによって、手で包み込むことではなく、「運ぶ」だったり、「固定」だったり。まるでモノのよう。
体は一体であっても、心は、離れてしまったような気がします。
だからいくら便利になっても、心が感じるのは「しんどい」だったのかもしれません。


そう考えると、同じことが全てに言えると思います。
衣食住、全て便利になりました。
自動車も、仕事も、何もかも便利になりました

だけど、それだけ幸せになっていますか?
私たちは昔に、何もなかった頃に比べて、幸せですか?

家族の団欒とか、心を込めて作ったお料理とか、
友人たちとの語らいやふれあいの時間とか、ともに何かを創造する時間とか、
助け合ったり、支えあったり、喜び合ったり、分かち合ったり、感謝したり。

なんだかそういうものが、失われていっているような…。
便利になったのに、心はいつも忙しいような。
そんな気がしてなりません。

たかが抱っこ紐なのかもしれません。
しかし、赤ちゃんを抱くという、一番シンプルで、大切な行為そのものさえも軽んじていた事実に、私自身に、驚いたのです

一度知ってしまった、便利さを捨てることはできないけれど、
便利さだけを追求するのではなく、その中の本質を見失わないように、
大切なものに目を向けていこうと気づかされた抱っこ教室でした


そして、もうひとつ。
人を幸せにするものは、人を笑顔にするものなんだなと
お母さんたちのぱーっと広がる笑顔を見ていて思いました


※お世話になったスリング抱っこ教室は、
Sling Lifeアドバイザー協会の代表辻先生です。
http://slinglifeadviser.nomaki.jp/


murata_kousanmurata_kousan  at 10:00 この記事をクリップ!