空を見上げて
トップページ » 2012年09月
2012年09月

やって来そうで来ない

こんにちは

ここ最近で涼しくなってきてだいぶ過ごしやすくなりましたね

弊社の京都事務所でも今週に入ってからは
エアコンを付けずに過ごせるようになりました!

朝晩が涼しいので、もうすっかり秋かなと思えば…
昼間は日差しが強く

ここ数日の弊社会議室の温度も朝出社した頃と
BlogPaint





日中では

BlogPaint






約10℃ほど差があります

温度差があると体調も崩しやすくなるので気をつけたいですね

先週末頃から朝の会議室の温度は
窓を閉め切った状態でもずっと25℃前後の状態で
入ったときに涼しいと感じます

先月に行った屋根の断熱工事の効果が出ているのでしょうか
新設したルーフシェードは夏に室温を下げるだけでなく、
冬には室内の熱を逃がさず、保温効果があるとのことです

冬にもどれくらい効果があるか検証していきたいです
私は寒がりなので暖かく過ごせると嬉しいです

最近外を歩いていると風が強いと感じることが多いです

いま発生している2つの台風と関係しているかどうか分かりませんが、
台風17号の方は10月初め頃に近畿地方も影響を受ける恐れがあるらしいので
注意しなければいけないですね

秋は食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋等…
いろいろなすごし方が出来ますが、

秋が来たと思えばあっという間に冬になってしまいそうなので、
今年は秋にしか出来ないことをしっかりしたいなと思います



murata_kousanmurata_kousan  at 08:00 この記事をクリップ! 

完成見学会 〜リフォーム相談会も同時開催〜

先日、丸の内町で、新築の完成見学会を行いました

お施主様のご好意により、2日間開催

オープンハウス









部屋の中はとても風がとおり、奥様がこだわった収納場所もバッチリ

オープンハウス2









今回は、リフォーム相談もどうぞということで、

2日間ともに、新築検討者の方だけでなく、リフォームのご相談もいただきました

リフォームのご相談が増えているのも、消費税の関係でしょう


来月も完成見学会を予定しておりますので、新築ご検討の方・リフォームご検討の方、是非とも足を運んでいただければと思います

次回完成見学会:10月20日(土) 21日(日)
13:00〜17:00





murata_kousanmurata_kousan  at 13:51 この記事をクリップ! 

インターンシップ    〜未来の明るい人生に向かって〜

先日インターンシップとして受け入れました学生2名から就業経験の感想が届きましたのでご紹介させていただきます

【百合学院高等学校Iさんより】

‖偲超住困燃悗鵑世海函6縮をもったこと。
 まず、役割が「総務・経理」「仲介」「広告企画チーム」管理・リース」「建築・分譲」の
5つに分かれており、この三日間では主に「仲介」「建築・分譲」を学ばせていただきました。
実際に売却に出ているマンションに行き、どれくらいの値段をお客様は望んでいるのかとか、それに合わせて見積もったりと難しそうな作業でした。中古の家でも駅が近かったり、立地場所によっては、新築の家より値段が高くなってくるそうです。本当に難しいことばかりで頭がいっぱいでした。
村田興産さんで行なっている分譲事業「おうちサロン」という街づくり。意見交換会に参加させていただきました。貴重な体験ができてよかったです。
インターンシップを体験したことで礼儀とか改めてしっかりしようと思いました。

会社の印象
最初のイメージは、かたいイメージがあったのですが、全然そんなことはなくて
とてもアットホームな場所で楽しかったです。
みなさん優しくて、緊張せずに体験できました。
三日間のスケジュールも現場に行けたりしてとても充実していました。

4響
インターンシップの三日間、最初は自分自身どうなるかと不安でいっぱいでしたが、事業所の方々が何も分からない私に色々とサポートしてくださり、なんとか行動ができました。
翌日からは、自分自身で行動ができるようにしようと心がけていましたが、実際に何か具体的なことをしようとなると、何をしていいのか分からず、ま尾紹だまだだなと改めて実感することが多くありました。
この三日間で、「相手のために何をすればよいのか」「今どうするべきか」をじっくりと考え、そして行動にうつすということが少しはできたと思います。
将来の夢である「建築」に関わる仕事へと近づくには、まだまだたくさんの勉強が必要だとも思いました。
将来に向けて今、勉強を始めたところです。


【百合学院高等学校Wさんより】

‖偲超住困燃悗鵑世海函6縮をもったこと。
「おうちサロン」のサロンと庭がつながっていて広い所や5つの家庭で1つの庭を共有する所に興味をもちました。


会社の印象
少人数でアットホームな感じをうけました。実際に活動する中でも親切に話しかけてくださったり、仕事を与えてくださったりととても和やかな雰囲気でした。

4響
三日間の短い間にチラシを折ったり駐車カードの仕分けや受付などの作業をさせていただいたり、モデルハウスや建築現場の見学などもさせていただいてすごく勉強になりました。
すごく楽しい三日間でした。ありがとうございました。



【村田興産から】


不動産業、建設業は高校生にとって日常の生活の中でかかわる機会もほとんどなく、イメージしにくい仕事であったと思います。

その???の頭の中での3日間ですが、真面目に仕事に取り組み、不動産・建築業を必死で学ぼうとする前向きな姿勢は私たちも大いに刺激を受けました。

このインターンシップがお二人のこれからの明るい人生で少しでも何らかの影響やきっかけを与えることができたのであればうれしく思います。

是非世の中の役に立つ社会人・成人になるように大きく育ってもらいたい.

またお近くに来られた際はいつでも会社にお立ち寄りください。

社員一同お待ちしております。


003




murata_kousanmurata_kousan  at 19:58 この記事をクリップ! 

学会誌におうちサロン登場!

街づくりコーディネーターのタカオさんから9月のブログ寄稿を頂きました


******

1こども環境学会学会誌(表紙)
















こども環境学会の学会誌(2012年8月号)に
私が書いた「おうちサロン」の記事が取り上げられました

人を活かし、街を元気にする「おうちサロン」
〜主婦がつくった、新しい住まいと暮らし方〜

(滋賀県近江八幡市丸の内町)

2高雄さんレポート
















 「丸の内町のこと、おうちサロンのこと、主婦プロのことを伝えたい。」 
その気持ちだけで、初めて学会誌に投稿したのです。


まさか採用されるとは思ってもみませんでした。
本当にびっくりそして感動しました

学会といえば、大学の先生とか研究者の先生たちが発表する場。
専門家たちのもので、私のような一般の人はその知恵にふれることが目的のように思っていました。
だから、学会誌は雲の上の存在で、私とは無縁の世界だと思っていました。

しかし、「おうちサロン」が5月に完成したとき、
どうしても、伝えたくなりました

それはきっと、東京で学会の先生方や会員の皆さんにおうちサロンのことを、
私が熱く語っていたからだと思うのです
「おうちサロンのことを、報告したい」---それが動機でした。

初めての学会参加。学会誌への投稿。発表。
何も分からないままに、悩みながらも、なんとか間に合わせて書きました
最初の審査では、先生方から辛らつな意見が多々。

----それが嬉しかったのです
どんな内容であっても、私の原稿を読んで、意見をくださったことがとても嬉しかった。
そして、応援してくださる先生との出会いがありました

「主婦プロやおうちサロンの活動は、こども環境にふさわしい情報です。ページのことは考えずに、自由に思いを書いてください」

その先生のサポートのもと、何度も何度も原稿を書き直し、仕上げました

「丸の内町のような、地味でコツコツとした小さな街づくりは、確実であり、普及の可能性があります。」

丸の内町の街のことを理解してくれたことも嬉しくって、やる気がでました。
応援してくれる、理解してくれる人がいると思うと、力が沸いてくるものですね

しかし、ずっと絶好調で、うまくいったわけでもなく
「お先真っ暗…なんでこんなことしてるの?」って苦しんたり、
「私には力がない。無理だったんだ」って落ち込んだり。
そんな感情のアップダウンを繰り返しながらも最後には、

「あきらめたくない。私は、自分をあきらめたくない。
もう、逃げたくないのー!」



人生をかけた、自分との壮絶な戦いになっていました(笑)。

●最終結果は、学会で発表。
待つこと、約2ヶ月。
「やるだけやったから、悔いはない」と言いながらも、内心不安でした。
そわそわしていました
無縁だと思っていたのに、挑戦したら無縁ではいられなくなっていたんですね。
発行日以降は、毎日ポストを確認する私。落ち着きありません

学会誌到着
すぐに開けたらいいものの、怖くてあけられないものです。
意外と小心者です。度胸ありません

夜、ひとりで部屋にこもる
そして、封筒をあけ、学会誌を見てみると、表紙に名前がありました。
「やったー!!」

学会誌を両手に持って、ぴょんぴょん飛び跳ねていた私。
「見て!見て!!名前がのってたの!」って子供のように喜んでいました


嬉しかったのは、
最後まであきらめなかったこと。
そして、それが評価されたこと。




学会誌というある意味専門家の皆さんの世界に、
主婦であり、街づくりコーディネーターという私の記事が登場したこと自体、驚きです
そのような新しいことができたのも、応援してくれる人たちがいたからです
ひとりじゃ、さっさとあきらめてました・・・。ワタシ。


私、今回このような経験をして思いました。
自分とは無縁だと思っていたのは、自分がそう思い込んでいたから。

扉をたたけば、一生懸命頑張っていれば、
見ていてくれる人がいる。応援してくれる人がいる。必ずいる。
扉をあけるのも、その先に進むのも自分自身

だから、私はこれからも伝えたいチャレンジしたい
自分には無理だとか、できないとか、そういう理由を探すのではなくて、やってみて、頑張ってみて、できる方法を、動きながら探したい。



大きく見せる必要はなく、
そのままの等身大の自分でいいから、一生懸命に向かうこと。
その積み重ねが力になるのだと思う

今回のチャレンジで、大きく成長したような気がします
このような機会をありがとうございました




murata_kousanmurata_kousan  at 14:02 この記事をクリップ! 

近江八幡市丸の内町が学会誌に登場

公益社団法人こども環境学会が、今年8月に発行した『こども環境学研究Vol.8,
No.2』に

1こども環境学会学会誌(表紙)
















街づくりコーディネーター高雄良子さんの、
近江八幡市丸の内町「私のおうちサロン」に関するレポートが掲載されました
2高雄さんレポート

















同学会は、こども達が明るい地球の未来を築いていけるよう、
様々な学問分野が連携し、「こどものための環境づくり」をめざして設立された
学会で
【公益社団法人こども環境学会】
http://www.children-environment.org/
研究者や大学講師からの発信が中心の学会誌に
個人で活動されている高雄良子さんのレポートが掲載されるというのは非常に稀
な事です

こども環境の専門家の皆様から高い関心を頂いた事を身にしみて受け止め
引き続き、未来の日本を担う子供達のための環境づくりに取組んでいけたらと考
えております
3丸の内ガーデンブロック

murata_kousanmurata_kousan  at 08:58 この記事をクリップ! 

完成見学会を開催します! 〜子育てママがつくったラク家事動線の家〜

お施主様のご厚意により2日間限定午後のみ『完成見学会』を開催いたします

  ■ 日時:平成24年9月22日(土)・9月23日(日) PM1:00〜PM5:00
  ■ 場所:近江八幡市丸の内町にて

現在小さなお子さんの子育て真っ最中のご夫婦がつくられたお住まいです

見どころポイントは・・・

 キッチン・洗面・浴室が一直線に並んで動きやすいラクラク家事動線
 リビングとつながる和室に収納たっぷりなクローゼット
 光や風を取り込むために工夫された窓


リフォーム相談会も同時開催します!
最新の水廻り設備をこの機会にご自身の目で実際にご覧ください

 ↓ 詳細や地図はこちらをクリックしてください
完成見学会チラシ

是非ご家族おそろいでご来場ください

murata_kousanmurata_kousan  at 09:00 この記事をクリップ! 

エコキャップ

弊社ではエコキャップを収集しています
昨年は6月と12月にエコキャップ推進協会に送付し、
現在の送付実績は16,160個です!

エコキャップ推進協会に送付すると、
途上国へのワクチン代として寄付されたり、
震災復興支援に使われています。

日頃から丸の内の住民の皆様にも協力していただいており
今年の6月にあったバザールタウン丸の内では
たくさんの方がエコキャップを持参してイベントに参加してくださりました

皆様のご協力のおかげで現在、村田興産事務所には
6000個以上のエコキャップがあります

001









普通の段ボールでは1箱で収まらないくらいです!

いま事務所にあるエコキャップを
間もなく回収業者に送付予定です
送付してしばらくすると、エコキャップ受領書が届き、
エコキャップ推進委員会のホームページにも回収実績が掲載されるので、
実績が出たら、このブログでお知らせしたいと思います

引き続きエコキャップ収集にご協力いただければ幸いです
よろしくお願いいたします!



murata_kousanmurata_kousan  at 14:07 この記事をクリップ! 

『もしドラ』  〜意見交換パート2〜

経済学者ドラッカーのマネジメント論で高校野球に旋風をまき起こした
女子マネージャーの活躍を描き、ベストセラーとなった
1











「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
それにあやかり
約40年が経過した丸の内町の、今後の取組みについての意見交換会に
2名の女子高校生に参加いただきました
23









大学教授や新聞記者や設計士等の名だたるメンバーに交じり
聞いた事も無いような専門用語を一生懸命に理解しようとする姿勢に

「わたしのおうちサロン」の時は主役であった主婦プロの皆さんも
4








ン十年前の女子高生であった頃の自分の姿に重ね合わせたのか
子供を見守るような温かい視線だったのが印象的でした

社会に出るのはまだ少し先の事ですが、この意見交換への参加が
「自分がやりたい事」「就きたい仕事」を決めるうえでの
ひとつの参考となってくれたら嬉しいです
5

murata_kousanmurata_kousan  at 08:20 この記事をクリップ! 

売りたいとき、どこに相談?

9月上旬に、村田機械グループの従業員向けに
『不動産売却相談会』を開催致しました。

売却相談会












家や土地を売りたいなと思ったときに、一体どこに
相談したら良いんだろう?とお悩みの従業員も多いハズ!

不動産屋に行くのは敷居が高くても、グループ会社なら
気軽に相談ができますよね☆

「まだ、売るとは決めてないんだけど・・・」という
ご相談をいただくと、気軽に相談してもらえるようになった
んだなぁと嬉しくなります


相談会のとき以外でも、いつでもご相談いただけるので、
気軽に相談してくれる従業員が増えればいいなぁと思います。

murata_kousanmurata_kousan  at 08:00 この記事をクリップ! 

整理収納のお悩みは・・・

・忙しくて家を片付ける時間がない、ずっと散らかったままの状態が続いている。
・モノがすぐに取り出せる、すっきりとした生活がしたい。
・整理収納が苦手でモノが捨てられない。


みなさんは上記のようなお悩みはないでしょうか
9月30日(日)にこんなお悩みを解消する講座を開催いたします

収納アドバイザーの資格を持つ主婦プロの宮田公美乃さんを講師にお迎えし、
整理収納に関する目からウロコの知識を教えて頂きます

実際に私も「またいつか着るかも?」「これは○○の時に使えそう」等と
思いながら捨てられないモノがあったりするので
これを機会にスッキリと整理整頓したいなと楽しみにしています

講座ではモデルハウスのキッチンを使ってキッチン周りの収納なども
レクチャーして頂けるので家事の作業効率化や時間短縮なども期待できます


詳細は下記をクリック
120930整理収納講座








お問い合わせは丸の内ハウジングギャラリー
0120-0748-50までお願いいたします




murata_kousanmurata_kousan  at 08:31 この記事をクリップ!