空を見上げて
トップページ » 2016年11月
2016年11月

税制のご紹介

こんにちは矢野です。


不動産において税制や補助金の知識は重要です

金額が大きいため、建築や土地を売買する際も、
その知識があれば、税が控除になったり、補助金がもらえたり
することが出来る場合もあります

これらの制度は何よりも自主申告しないと適用されないことが大半です。
ですので私自身も勉強しつつ、ここで発信していきます



今回お伝えするのは、
空き家の譲渡所得における3,000万円の特別控除」です。
これは本年度の税制改正により出来た制度で、簡単にご説明します。




この税制は、相続した土地が空き家で放置されることを抑制し、
積極的な土地の運用を促進するため、相続した土地を売却した時の譲渡所得から、
3,000万円を特別に控除するというものです。



この控除は被相続人が住んでいた住宅を相続した土地におけるものです。

この控除を受けるための要件としては、

○相続日から3年を経過する日の年の12月31日までに譲渡した場合
○昭和56年5月31日以前に建築された家屋である場合
○譲渡価額が1億円以下である場合


等があります。
その他細かい要件もありますので、詳細内容につきましては
下記国土交通省のホームページよりご確認ください。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000030.html




このような税制等の相談にもしっかり答えることが早く出来るように
今後も努力していきます





murata_kousanmurata_kousan  at 19:10 この記事をクリップ! 

徹底したこだわり

こんにちは矢野です。


突然ですが、よく高層ビルについている↓の赤いランプ



Shinjuku20040421_cropped



これはなぜついているかご存知ですか?






これは「航空障害灯」というもので、飛行機の衝突を避けるために、
高さ60m以上の建物には設置を義務づけられているものです






そしてある遊園地は、これをどうしてもつけたくないということで、
あるアトラクションの高さを59mにしたという話があります


どこかご存知でしょうか?












それは東京ディズニーリゾートです!



東京ディズニーシーにある「タワー・オブ・テラー」というアトラクションの高さが59m、
そして東京ディズニーランドの有名な「シンデレラ城」は51mです




なぜつけたくないかと言うと、夢の国の建物にあの赤い灯はそぐわないからとのことです




その他にも遊園地内の非日常の世界からは、遊園地外の日常の景色が見えないように
配慮されているとのことです





些細なことかもしれませんが、細部にまで徹底してこだわる企業努力が見て取れます
このお話を知った時感銘を受けましたので、ここでご紹介させて頂きました



murata_kousanmurata_kousan  at 14:27 この記事をクリップ! 

トイレリフォーム 〜超節約〜

公共下水の切り替えにともない、トイレの便器を取替えました

従来の約半分の6リットルで流します

上下水道代の節約になりますし、ウォシュレットを使えばトイレットペーパーの節約にも

なりますね

さらに新しいトイレには汚れが付きにくい機能や便器がフチなし形状になっているのでお手入れがラクラクです


工事は2時間ほどで終わるので、お手軽なリフォームです

DSCF1889




before








DSCF2034






after

murata_kousanmurata_kousan  at 09:00 この記事をクリップ! 

建物の主体性

こんにちは矢野です。


先日、日建グループが主催されている
「NSRIフォーラム 関西特別講演会」というものに参加させて頂きました




IMG_4359




講演は『京都ぎらい』で2016年新書大賞を受賞された井上章一先生が講師でいらっしゃり、
『都市と建築からうかがえる日本の姿』というテーマでご講演頂きました


印象に残ったのは、日本人は強い主体性を持たない性格ではあるが、
街並み(建築物)に関して日本人は個々で強い主体性をもっているとお話されたことです。




Setagaya_south



↑これはよく見る日本の街並み





Roma_dall'aereo



↑これはイタリアのローマの街並み



確かにローマは個々の建物が街並みと調和されていますが、
日本の建物は個々で自由に建築されているのが分かります



建物の主体性がどのようであるかなど考えたことがなかったので、
非常に面白く感じました




普段は何気なく見ている景色や当たり前のことも、着眼点を変えれば
新たな考えや発見があるのかもしれません




既成事実や当たり前にとらわれず、
柔軟な発想力をこれからも養っていきたいです




murata_kousanmurata_kousan  at 18:46 この記事をクリップ! 

更衣室をリニューアルしました!

この度、本社女子更衣室をリニューアルいたしました

DSC_0056















といっても、そんなたいそうなことではないのですが

着替えスペースのためにひいてあるカーペットがボロボロになってきたため、
カーペットを交換しました

ロッカー移動及び敷き詰め作業は、建築部及び女子社員のご協力により
無事終了

昨年、応接室を貼り換えた際のカーペットの余りを使用しましたので
費用はタダ ただしそのためまだら模様です。。

ですが、滑りにくくなりましたので以前より快適になりました


murata_kousanmurata_kousan  at 17:45 この記事をクリップ! 

休日を満喫しました

昨日の休日は滋賀県長浜市にある鶏足寺(けいそくじ)に紅葉を見にいってきました

よく晴れていたのですが風がとても強く・・・
琵琶湖は白波が立って海のようでした
IMG_5246

ですが昨日はよく晴れた祝日
紅葉の見ごろもピークで予想通りの混雑ぶりでした
京都の観光地に比べたら断然マシだと思いますが・・・
鶏足寺は最近から話題になっている紅葉の名所だそうです
とくに石段に積もるモミジが有名みたいですね。↓↓
IMG_5265FullSizeRender-2

週末ドライブがてらに湖北まで足をのばしてみてはいかがでしょうか
FullSizeRender-3FullSizeRender-4

観光情報サイトです
http://kitabiwako.jp/spot/spot_967/

murata_kousanmurata_kousan  at 11:11 この記事をクリップ! 

キッチンリフォーム

マンションのキッチンの取り替え工事をしました

見た目はまだ使えそうですが、食器洗浄機の排水の不具合もあったので

思いっ切ってキッチン一式を新しくされました

before


DSCF1929














after

IMG_4492




















IMG_4496











天板は人造大理石にし、パネルも明るい色にされたので、キッチンスペース全体が

明るくなりました

収納は開き戸から引戸に変わりましたので、収納の効率がアップし使いやすくなりますね


murata_kousanmurata_kousan  at 10:00 この記事をクリップ! 

村田機械 本社にてナイター相談会を開催致しました

11/17に村田機械本社にてナイター住宅相談会を開催致しました

IMG_0534














IMG_0535

















今回は、ナイター相談会と同時に『不動産相続と空き家の住宅相談会』を
予約制で開催させて頂きました
相続のご相談や空き家のご相談は年々増加傾向にあります

IMG_0536












住宅のことといえば新築の購入やリフォームと考えがちですが、
土地や家にまつわる事柄は意外に多いと思います
村田興産では空き家や相続のご相談にも随時ご相談に乗らせていただきますので
お気軽にお問合せ下さい

これからも時代の変化やニーズに沿った相談会を開催していきたいと思います

murata_kousanmurata_kousan  at 09:00 この記事をクリップ! 

エコリフォーム補助金開始!キャンペーン始まります!

リフォームを検討中の方に朗報です

エコリフォームの補助金が始まりました

断熱材や省エネ機能設備、窓などのリフォームをした場合に補助金が受けられます

補助金は無くなり次第終了なので、ご検討中の方はお早めにご相談ください

詳しくは当社スタッフまでお問い合わせください

あわせてキャンペーンも開催致します

補助金が受けられるリフォーム事例を載せておりますのでぜひご覧ください
今年最後のキャンペーンとなりますこちらもお早めに

チラシ_omote1114-02チラシ_ura1114-02

クリックいただくと大きいチラシをご覧いただけます








murata_kousanmurata_kousan  at 16:08 この記事をクリップ! 

結束力の素晴らしさ                 〜博多陥没事故

11月8日に取引銀行の会合で博多を訪れました。

偶然にもその日の早朝に博多駅近くで陥没事故が発生。

博多へ向かう新幹線内で陥没事故があったとニュースを聞き、そんなに大きな事故になっているとは思わずに昼前に到着しました。

IMG_8131IMG_8139










しかし、博多駅は、停電で薄暗く、エスカレーターも動かない状況で職員が足元を懐中電灯で照らすなかで博多駅を出ました。

IMG_8133
















博多駅や周辺の店舗・デパート等の多くは停電により営業を休止している状況で大変混乱していました。

IMG_8140













陥没した場所は博多駅から約100m程度の場所でビジネス街のど真ん中の大きな幹線道路の交差点。
IMG_8380                       











(事故現場近くから博多駅。真ん中正面の建物が博多駅)

京都で言うと烏丸七条辺りの交差点というイメージ。

普段は非常に車の交通量が多く、ビジネスマンや観光客が行き交う場所でした。
IMG_8362













その中心部分の道路が使えず、停電などによる損害も含めて福岡の経済も大きな損失になったと思います。

あのような大きな陥没とライフラインが分断されたにもかかわらず、けが人が一人もいなかったことが一番よかったが、何より事故後に1週間で通行が可能になったことが驚きです


長さ約30m、幅約27m、深さ約15と巨大な穴の埋め戻しと下水管などのライフラインの復旧と道路の整備を1週間で完成させるのは容易ではないと思いました。

IMG_8367IMG_8365










福岡市長のリーダーシップと日本の技術力の素晴らしさ、早く開通させるという目標に向かってみんなで協力する力の凄さに感動しました

この事故の対応を見ていて、目標をしっかり示すリーダーシップと力を結集すれば大きな力になる結束力の大切さを感じとることができました

建築や街づくりを行う会社として仕事を進める上で事故が起こらないように様々な想定をしながら細心の注意をするべきだとも考えさせられました


murata_kousanmurata_kousan  at 11:19 この記事をクリップ!