空を見上げて
トップページ » 2021年03月
2021年03月

丸の内ハウジングギャラリー移転のお知らせ

丸の内ハウジングギャラリーは下記へ事務所を移転し
4月1日より業務を開始することになりました!

移転し、新しくなりました事務所は追って写真をアップさせていただきます
新しい住所は下記の通りです。

〒523-0063
滋賀県近江八幡市十王町339-6-103

旧事務所から国道477号線を十王町の交差点へ向かっていくとございます。
歩いて2分ほどのところになります。
「丸の内ハウジングギャラリー」の名称や電話番号は変更ございません。

今後ともよろしくお願いいたします。

新築・建替、リフォームのことならお気軽にご相談ください!
************************************
村田興産株式会社 丸の内ハウジングギャラリー
 〒523-0063 滋賀県近江八幡市十王町339-6-103
 フリーダイヤル:0120-0748-50
 TEL:0748-36-6411 FAX:0748-36-6466
 http://www.jikka.jp/
 営業/10:00〜16:00 定休日/火水
************************************


murata_kousanmurata_kousan  at 10:00 この記事をクリップ! 

春の花壇

今年はもう桜も満開で、暖かくなってきましたね

本社前の花壇です
無題2










無題1無題










無題4無題3










パンジーが色とりどり、きれいに咲いております
明るい気分でお出迎えしたいですね

murata_kousanmurata_kousan  at 11:33 この記事をクリップ! 

新しい団地リノベーションのかたち

みなさんは団地と聞くとどのような印象をお持ちでしょうか
『古い』など、どちらかというとマイナスな点が先に思い浮かぶかもしれませんが、
団地ならではのゆとりのある間取りをリノベーションすることで
新たな価値を生み出す取り組みが行われています

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、
無印良品とURで『MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト』というものが
2012年より行われています

プロジェクトは
『古くなった住まいも愛着を持って長く丁寧に住みつないでいくことが、
これからの日本の暮らしのスタンダードになってほしいとう願いが込められ、
新しい地域コミュニティのかたちや、団地の再生についても考えていく』という
コンセプトで取り組まれています

首都圏・関西圏を中心に現在では50団地でこのプロジェクトが行われており、
1000戸突破しています
京都にも2カ所、大阪には10カ所ありました

リノベーションされた部屋は昔の団地という感じはまったくなく、
プロジェクトのサイトには実際に入居されている方のお部屋や
インタビューなどが掲載されており、シンプルなデザインの部屋が
住む方によってオリジナル溢れる部屋になっていました
実際に住まれているのは若い方が多いように思いました

リノベーションという形で古いものを大切に生かすというのは
住宅においてもこれからの基本的な考えになるように思います。
一般的にはまだまだ新しいものという意識はあるとは思いますが、
古いものを大切にするという考えが広く浸透していけば良いなと思いました

馴染みのない若い世代の方も無印というブランドを通して興味を持たれたり、
身近に感じる機会もあると思うので今後も注目したい取り組みです。

370642

murata_kousanmurata_kousan  at 09:00 この記事をクリップ! 

サブスクリプションの拡大

最近よく耳にするサブスクリプションという言葉ですが、
実際にどういったサービスなのか、ご存知でしょうか。

サブスク(サブスクリプション)とは、製品やサービスを一定期間ごとに
一定の金額(利用料)で提供するという新しいビジネスモデルの
事を指し示す言葉で、動画配信サイトや音楽サービスのサブスクを
使用される事が多いです

しかし、現代では音楽以外にも、毎月自宅にお花が届くお花のサブスク、
マスクのサブスク、お酒、香水、絵本、と
多岐にわたってサービスが展開されています

家具のサブスクも存在しており家具を月額500円から、
自由に期間を選んで利用できます

それぞれのライフスタイルの変化に合わせて、
"必要なとき、必要な分だけ選ぶ"という考えが、
現代の日本で拡大していくのでしょうか。
今後のサブスクリプションの動きに注目です


8388_color


murata_kousanmurata_kousan  at 12:00 この記事をクリップ! 

シトラスリボンプロジェクト

先日、リフォームのお客様から『シトラスリボンプロジェクト』
のキーホルダーをいただきました

早速、携帯電話に装着

20210228_163853








このプロジェクトは、コロナ禍で生まれた差別や偏見を耳にした愛媛県の有志が作られました

シンボルカラーは愛媛の柑橘をイメージしたシトラスカラー
地域・家・職場や学校の3つの場所を輪で結ぶデザインになっています

みんなが笑顔で「ただいま」「おかえり」と言い合える輪を広げていくプロジェクトです。

情報を正しく理解して、思いやりも持った行動をとるように心がけようと思います。



murata_kousanmurata_kousan  at 10:00 この記事をクリップ! 

瓦屋根の修繕工事

屋根瓦の傷んでいる部分の修繕を行いました

割れている瓦は新しい瓦に取り替えました

IMG_1632(1)IMG_1633(1)











こちらは、棟瓦の一部が脱落してしまっていました。

棟瓦before










新しい瓦を積みなおし

さらに瓦がズレないようにズレ止めを行いました

棟瓦after











部分的に漆喰が落ちているところは新しく漆喰を打ち直しました

IMG_1636(1)









屋根は家を守る大事な部分になりますので、定期的な点検と修繕をおススメします

murata_kousanmurata_kousan  at 10:00 この記事をクリップ! 

おうちでお花見

春の恒例行事といえば、お花見です。
桜の開花が気になる所ですが
コロナウイルスや花粉の影響でまだまだ外出を控える方も
多いかと思います。

そのような中で、「おうちお花見」が話題になっています!

おうちお花見とは、その名の通り、桜を直接見に行くのではなく、
お花見の映像を家で楽しむという試みです

桜の見ごろが近づきますと、全国の桜の名所に
設置されているライブカメラの映像で
リアルタイムな桜の様子が映し出されるようになります。

地域情報サイトや観光施設等が開設しているYouTubeチャンネルや
各サイト上で公開しているので、「○○(お花見スポット名) ライブ映像」で
検索すると、その様子が確認できます。

また、百貨店の一部では、「おうちお花見」をテーマに、家で盛り付けて
楽しめるお弁当や、リモートパーティーのおつまみにおすすめの
“映える”ワンハンドフードなどの販売が行われ、家でも楽しめる
お花見の食事を提案しています


ohanami_shitsunai_indoor



















もし、お花見はしたいけれど外出は控えたいという方がおられましたら
今春は「おうちお花見」を楽しむのも良いかもしれません





murata_kousanmurata_kousan  at 13:00 この記事をクリップ! 

新しくノベルティを作成しました

次年度の住宅相談体制リニューアルに向けて新たに
ノベルティとして『スマホスタンド』を作成しました

スマホスタンド1














会社のデスクに置いて頂いたり、在宅勤務時にも使って頂けるものになっています

ロゴも入っています

ロゴ





今回、作成したスタンドは廃棄されてしまうゴムの木を使っており、
資材の有効活用として注目されている、地球にやさしいエコ素材です

次年度の住宅相談関係で有効に活用していきたいと思います

murata_kousanmurata_kousan  at 09:00 この記事をクリップ! 

Panasonicショールームにいってきました

先日Panasonicのショールームにいってきました。

キッチン、お風呂、洗面化粧台、トイレと一つ一つ丁寧にご案内頂きました。
実際に目で見て触って確認するのが一番だと改めて感じました。

トイレのアラウーノもコロナ後に後継品が発売され、
今まではトイレの自動洗浄が便座のフタが閉じる前に洗浄開始
だったところ、「便座のフタが閉じたあとに自動洗浄される」という
機能になったとのことでした。

生活の変化にあわせて水廻りも変わっていきますね。
大変勉強になりました。


IMG_0656IMG_0661

murata_kousanmurata_kousan  at 10:14 この記事をクリップ!