空を見上げて
トップページ » 6月30日に食べるもの

6月30日に食べるもの

今年は梅雨入りが遅いですが、暑くなってきましたね

この時期、京都の和菓子屋さんの店頭に並ぶお菓子があります
それがこちら、水無月です
th








白いういろうの上に小豆を乗せ、三角形に切り分けたお菓子です

京都では6月30日に、この水無月を食べる風習があります。

子供の頃から疑問もなく食べていたのですが、
京都出身ではない方と話していて、実は京都独自の風習なのだと知りました

今では全国でも多少広まっているようです。

なぜ、この日にこのお菓子なのか、由来を調べてみました

6月30日は一年のちょうど半分が終わる日です
この日に、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する
「夏越祓(なごしのはらえ)」という神事が行われます

小豆には悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を
表しているといわれています

これを食べて無病息災を願ったわけですね

今年も食べて暑い夏を乗り切りたいと思います

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星