空を見上げて
トップページ » ひな祭りに向けて

ひな祭りに向けて

少し先の話かと思われる方も多いかと思いますが、
桃の節句に飾られるひな人形、実はそろそろ
飾り始めるのが良いとされています

1年を春夏秋冬の季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、
二十四節気という季節を表す言葉があるのですが、
2月18日頃から始まる、雨水(うすい)の時期にお雛様を飾るとよいと言われています。


雨水とは、空から降るものが雪から雨に変わり、
氷が溶けて水になる、という意味です。草木が芽生える頃で、
昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
また、水は命を象徴する源とも言えます。こうした事もあり、雨水の日に
おひな様を飾り始める事は、良縁につながるといわれています


出し始める時期をいつも決めていなかったので
これを機に、行事の習慣を見直してみます


hinamatsuri_odairi_ohina



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星