空を見上げて
トップページ » コロナ禍でのSNSの動き

コロナ禍でのSNSの動き

コロナ禍の現代において、以前よりもスマートフォンの
使用頻度が増えたと思う事はありませんか?

企業の調査によると、新型コロナの影響で外出自粛が求められる中、
SNSで趣味・好きなことに関する情報収集や、世の中のニュースのチェック、
友達との会話のために使用する人が増加している傾向にあります。

その為、今まで以上にSNSが社会にもたらす影響が
大きくなってきています


コロナ禍において、どのような目的でSNSを利用するシーンが
増えましたか?という質問を企業が行ったところ、
以下の回答が得られました。

あんけーと


インスタグラムと、他のSNSを比較すると、
「買い物情報を調べるために(Instagramを)使う時間が増えた」と回答した人が
多い結果となっているため、食品や衣料品などはインスタグラムを
使用した広告が盛んになってきています


企業によるサービスの口コミも、SNSを中心に
チェックされる事が多くなってきている為、
興産においても、インスタグラム運営の際には
気を引き締めて行う必要があるように思います



引用サイト
https://smmlab.jp/article/research-data-about-instagram-users/

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星