空を見上げて
トップページ » 【SDGsを知ろう!】温室効果ガスの減少

【SDGsを知ろう!】温室効果ガスの減少

先般、2020年度の国内の温室効果ガス排出量の取りまとめが発表されました
(環境省より資料抜粋、クリックで拡大します)

20220426












2020年度の国内の温室効果ガスの総排出量は、11億5,000万トン
(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度から5.1%減少しました

減少は7年連続で、算定を始めて以来、最も少なくなりました

再生可能エネルギーの導入や省エネ対策などが進んだこともありますが

前年度からの減少要因としては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に
起因する製造業の生産量の減少、旅客及び貨物輸送量の減少等に伴うエネルギー
消費量の減少等が挙げられています。

やはり人間の活動は、かなりCO2を排出するということですね
経済活動が再開していけば、またあまり減らなくなるのでしょうか

政府は、2030年度までに2013年度と比べて46%の排出削減を目標に掲げています

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星