最近、若い男性たちの草食化が問題になっています。統計を見ても歴然として現れている傾向ですが、そのような若者たちはどのように考えているのかを考察してみましょう。

 

"恋人を欲しいと思わない"青年がもつ"恋人を欲しいと思わない"理由を分析し,恋愛不要理由による分類する研究がありました(髙坂康雅2013)。大学生1532名を対象に,現在の恋愛状況を尋ねたところ,307名が恋人を欲しいと思っていいませんでした。実に、20%、5人に1人が恋愛をしたいと思っていないというのです。恋愛不要理由について分析を行いました。その結果は次のとおりです。

 

1.       恋愛による負担の回避「恋愛など面倒だ」

2.       恋愛に対する自信のなさ「異性と付き合う自信がない」

3.       充実した現実生活「恋愛より○○ほうが楽しい」

4.       恋愛の意義のわからなさ「なぜ恋愛する必要があるのかわからない」

5.       過去の恋愛のひきずり「失恋が忘れられない」

6.       楽観的恋愛予期「なんとかなるだろう」

 

風俗もあり擬似恋愛も簡単に体験することができます。恋愛ゲームなどのバーチャル体験をすることもでき、アダルトビデオなどはWebで簡単に見られます。現実の恋愛には、出会いからセックスに至るまで、様々な障害があり、時にはリスクも伴います。このようなことから、恋愛に消極的になっていることが読み取れます。

 

そんな男性に対処する場合は、あなた自身がリーダーになって、男性をコントロールしていく必要があります。