本能のままヤル murder666の品のない人生~裏裏裏~

「本能のまま生きる」なんと素晴らしい響き!murder666の本能をぶちまけます! A級B級C級グルメ、海外旅行、スロットなど 気になる事をちょっと官能的に書きつづる B級エンターテイメント!!!

    「本能のまま生きる」なんと素晴らしい響き!murder666の本能をぶちまけます! A級B級C級グルメ、海外旅行、スロットなど 気になる事をちょっと官能的に書きつづる B級エンターテイメント!!!

    カテゴリ: 三軒茶屋

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1540894393193
    ちわっす!

    三軒茶屋にある「こうすけ」って言う並ばないけど名店にやって来ました。
    1540895092238
    醤油の魔術師と思えるくらい、醤油系のラーメンが絶品なんですが、ちょいと変わったメニューもあるんです。
    1540894133914
    「らぱす」や「ココミルカレーらーめん」などあります。
    しかし今回、試して見たかったのが「みそらーめん」です。
    醤油の魔術師が作る「みそ」は逝ったいどんなラーメンなのか?
    満を持してポチってみました。

    ほっほー!野菜スープもあるのね。
    1540894207439
    1540894223625
    ここの店員さんは食事はほぼラーメンということで、自分でも食べたくなる体に優しいラーメンを作っているとか。
    確かに毎日ラーメンだけでは栄養が偏ります。
    野菜スープはそんなところから生まれたんじゃないでしょうか。

    待つこと4分で着ドン!
    1540894393193
    見た目ではピリからの様相だな。
    そしてトッピングはチャーシュー、のり、わかめ、ネギ、刻みたまねぎ、かいわれ。
    まずはスープから逝く。みその香りがたまらない!
    1540894406387
    うめーーーーーーーーーーーーーーーーー!
    濃厚ってわけじゃないが、みその存在感がすごい!
    赤味噌やいろんなみそを入れてあるようで、あっさりなのに主張してくる感じだ。
    そしてかすかな魚介風味と旨味が!
    「魚介醤油らーめん」がこの店にはあるが、それがベースになっているのか!

    麺はとんこつラーメンのような細麺。
    1540894469312
    ツルツルっといつもどおり旨い!
    この細麺は醤油にも合うし、つけ麺にも合うし、みそにも合う。

    薬味は店のセンスが問われると思っている。
    この店はまず、刻みたまねぎ。水にさらし辛味をおさえてある。
    醤油系のラーメンにもついてくるが、このみそにもバッチリだ!
    1540894509244

    そしてかいわれ!何気にネギよりも優秀な薬味だと思っている。
    1540894535765
    ほんの少しピリっとした辛味と独特の風味が実にいい!
    醤油系ラーメンに激合うが、みそもなかなか!
    麺とスープがキュッとしまる感じだ。

    チャーシューもここの売りの一つ。
    1540894745287
    味がしっかりしみていて、柔らかすぎなく程よい弾力。
    このチャーシューを「まずい」という人はそうはいないだろう。

    ザ・完食!
    1540895043073
    うまかったぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
    「まったりみそ(魚介風味)」って言葉がぴったりの激ウマスープだったな
    スープもほぼ飲み干すほどの旨さだった。
    不思議なのが、水を一滴も飲まなかったこと。
    とがった部分もなく、次から次に逝きたくなるんだよな!
    改めてレベルの高さを知ったぜ!

    ゴチです!

    一日一回ぼちっとヨロシコリ!


    にほんブログ村

    B級グルメランキング

    食べログ グルメブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1533462570496
    ちわっす!

    先日、喜多方ラーメンを喰ったが、またまたあっさり醤油ラーメンが喰いたくなってしまった。
    ラーメン無双で何のヘンテツもないラーメンを喰うかね。

    一番安~い「醤油ラーメン」をポチり。
    1533462096147
    しかも「大盛無料」なので遠慮なしで大盛で!
    なぜこの店に来たかって?
    それはニンニクチップがあるからですよ!
    1533462389110
    安~い醤油ラーメンにニンニクチップはいいとり合わせだからね。

    待つこと5分で着ドン!
    1533462570496
    どーーですか!至って普通な見た目の醤油ラーメン!
    スープもシンプル!
    透明感といえば高級感もあるだろうが。
    ズズズ!
    1533462585908
    旨し!ホッとする味だ。それ以上もそれ以下もない。
    あえて言うならば、嫌いな人が少ない味だろう。
    麺も加水率高めのよくある麺。
    1533462610846
    旨し!日高屋の麺に似ているが、硬めに茹でられシコッている。
    1533462699483
    シンプルなだけに食感が変わっただけでも旨さの感じ方が違うのがわかる。
    この手の麺は個人的にはデフォよりも硬めの方が旨いと思う。
    さあ、ニンニクタイム!
    1533462755134
    これだけのニンニクチップ。普通だったら100円位してもおかしくないんじゃないか。
    そこにラー油をちょいたらし。
    リフトするとニンニクが必ず着いてくる!
    1533462786717
    旨し!旨し!旨し!
    噛むとパリッ!そしてニンニクのいい風味とこってり具合いがいい。
    しばらく経つとニンニクチップがフニャッてくる。
    1533462828478
    醤油スープが浸み浸みになったニンニクチップも捨てがたい。
    ホクホクになってうまいぞ!
    チャーシューにもがっつりまとわりついてきた。
    1533463198080
    うおーーー!これはビールが欲しくなる味だな!
    ツマミとして立派に成立しているじゃないか!
    ザ・完食!
    1533463377112
    うまかったぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
    やっぱニンニクチップは大正義だな!

    ゴチです!
    一日一回ぼちっとヨロシコリ!


    にほんブログ村

    B級グルメランキング

    食べログ グルメブログランキング
     

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1534251334869
    ちわっす!

    野郎ラーメンの前を通ったら魅力的な一品が!
    1534250607557
    竹岡式か!
    でもチト高いな。
    とりあえず入って見にくい食券機をぽちぽちしていると、「味噌バターコーン」なるものがあったので、思わずポチってしまった。
    こちらもお高い1080円でございます。
    1534250712349
    カウンターにつき、野菜は「焼き」か「茹で」が選べるようで「焼き」をチョイス。

    待つこと6分で着ドン!
    1534251334869
    デケーーーーーー!
    1534251343915
    野菜の山が高いぜ!そして絵にかいたようなバターとコーン。
    これは旨そうだ!
    いきなり麺が逝けない設計だ。
    この山を崩すには野菜を減らすしかない。
    糸のように切られた唐がらしと共に野菜を逝く。
    1534251367441
    旨し!焼いた野菜が香ばしい!
    1534251405248
    これまで茹でばかり食べてきたが、焼きもいいな!
    ほんのり味も付いていて、いわゆる薄めの野菜炒めだ。
    野菜をかき分けスープ!野菜をかき分ける作業って二郎系でしか味わえないよな。
    1534251433106
    うめーーーーーーーーーーーーーーー!
    過剰な期待をしていませんでしたが、正統派でコッテリめのスープだ。
    これはご飯欲しくなるな~!
    味噌バターコーンって、バターを溶かすタイミングが分からないよな。
    1534251579466
    とりあえず溶かして逝ってみるか。
    1534251649367
    うほほほほほ!思わず笑みがこぼれる味だ!
    バターの風味に支配されますが、それでこそ味噌バターだと思う。
    味噌は塩分濃いめの方だが、さらに塩分があるバターが加わると、塩分が増すはずなのに円やかになる。不思議な関係だよなあ。
    続いて麺。通常の野郎ラーメンと替わらない。ズズズっと!
    1534251706547
    旨し!野郎特有の小麦ミッチリ加水率低めの味のある麺!とにかく小麦の味がするんだよここの麺は!
    一度体験して欲しい。
    野郎といえば卓上のニンニク入れ放題だ!
    1534251842642
    かなりの確率で中国産だろう。
    1534251924223
    うっほおおおお口の中が焼ける!
    野郎のニンニクって他店に比べ強烈なような気がする。
    最後にコーンが残っちゃうのは「あるある」だよな。
    1534252204599
    ザ・完食!
    1534252383709
    うまかったぜーーーーーーーーーーーーーー!
    たま~にこんなのもいいな!

    ゴチです!
    一日一回ぼちっとヨロシコリ!


    にほんブログ村

    B級グルメランキング

    食べログ グルメブログランキング

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1533371627527
    ちわっす!

    以前、激安の殿堂「せい家」で喰った塩とんこつラーメンが旨かったので再訪してみた。

    がしかし!
    この日は荒々しかった。
    1533371627527
    ね、盛り付けからして荒いっしょ。
    1533371654768
    全体的に雑な味だったな~。
    1533371690768
    でも、ニンニクや何やら入れて堪能したわけですが。
    1533371799656
    1533371822276
    1533372453731
    せい家にもブレがあるのか。
    ワシの胃が疲れているのか。
    頑張れせい家!
    一日一回ぼちっとヨロシコリ!


    にほんブログ村

    B級グルメランキング

    食べログ グルメブログランキング


      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1531045726601
    ちわっす!

    地元三軒茶屋で誇れるラーメンの名店があります。
    BlogPaint
    臥龍です。
    軍鶏白湯のラーメンが売りでツマミも充実し、酒も旨い。
    中に入るとカウンターのみ。
    外国人客が来店していたのに驚かされました。
    BlogPaint

    お冷やを入れるコップはステンレス製。
    1531045015578
    些細なところにこだわっているところに好感が持てます。
    ざっとメニューを見ていきましょうか。
    1531044973101
    1531044987813
    ワシは「鶏チャーシュー麺」をオーダーしました。
    厨房はシンプルでらーめん一杯ごとにスープを温めるスタイル。
    1531045021897
    店主は一見強面。旨そうな一杯をいかにも作りそうな感じです。
    BlogPaint

    待つこと7分で着ドン!
    1531045726601
    オーイエス!何の飾りっ毛もない見た目が逆に旨そう!
    麺は細めのストレート。早速ズズズ。
    1531045756900
    うめーーーーーーーーーーーーーーー!
    何という鶏の旨味!これが軍鶏白湯か!
    あくまで自然。自然の味だ。
    麺は加水率が高めでスープと絡みやすいタイプ。それでも固めに茹でられておりプツンとした歯応えもあって小麦感もある。
    1531045792438
    動物系のスープながら、体の中がきれいになっていくような感覚になる不思議なスープだ。
    独特なのがネギの切り方。
    1531045820196
    ネギといえば薬味だが、麺と絡まると存在感がアップする。ネギが甘い!食感が良い!
    薬味ではなくて具だ。
    そしてメンマも柔らかいもの。
    1531045865779
    はんなりとした味わいでスープを邪魔しない。
    そしてチャーシューは二種類。まずは「むね」か。
    1531045931019
    しっとり柔らかく旨し!
    さらに「もも」。何気に鶏もものチャーシューって初めてかもしれん。
    1531046043084
    力強えーーーーーーーーーー!
    脂身がしっかり入っていて激うめえぞ!酒のツマミとしても絶対いいと思うぞ!

    そしてなんといってもスープのすごさ!
    極上の鶏を液体にしたような、それでいて鶏の臭みは全くない、
    鶏のいいところだけを集めて抽出したような一杯だ。
    1531046166395
    ザ・完食!
    1531046331190
    うまかったぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
    ここまで来ると鶏の芸術品だ!
    間違いなく鶏白湯のワシ・オブ・ザ・イヤーだ!
    みんなにおすすめできる一品です!

    ゴチです!
    一日一回ぼちっとヨロシコリ!


    にほんブログ村

    B級グルメランキング

    食べログ グルメブログランキング

    このページのトップヘ