管理人が選ぶ2018年特選記事です!
283: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)17:45:50 ID:QAM
ネトゲで仲良くなった人がいる
恋愛とかではなく男同士の話ができるいいやつ
通話NGなのでチャットのみ(これは珍しい話じゃない)
顔も見たことがないのにおかしな話だけど心底信頼して
結構個人情報漏らしたし、家族にも言えないような悩みも打ち明けた

あるとき会社の上司に殴られて怪我して被害届出したら懲戒解雇になった
上司にはおとがめなし
こちらにはICレコーダーもあるのに一蹴された
上司は執行猶予付きの判決が出た
それなのに怪我の治療費や慰謝料請求したのはバックれられた
給与差し押さえしなきゃいけないから弁護士入れたかったけど
怪我の治療中で仕事探せる状態じゃなくて金がないと落ち込んでた
その友人に愚痴ったら、金なら貸してやるから戦えと鼓舞されて
口座情報を教えろと言われた
どうせ冗談だろうと思ったら300万円が入金されてて
びっくりして連絡したら「訴訟費用と当面の生活費」とさらっと言われた
振り込み人が女性名だったのでびっくりしたけど深くは聞けなかった
その金で弁護士入れて裁判して給与差し押さえやった
逃げられそうになったけど執念燃やして付きまとったら
最終的にあっちがノイローゼになって白旗あげてこちらの勝ち

それを友人に報告したらとても喜んでくれた
300万を返済したいし礼を言いたいから会ってくれと頼んだ
それまでも何度も会いたいと言って断られてたけど
ネカマなのがバレるから嫌なんだろうと思ってた
そのときは祝勝会がしたいと粘ってようやく会ってくれることになった

待ち合わせ場所に行ったら兄貴がいた
同じ屋根の下に暮らしてたけど俺が高校の頃から喧嘩ばかりで
まともに話したこともないのに
俺と仲直りしたくて俺がやってるゲームを調べてゲーム内で接触してきて
友達になって、そのときに俺の窮状を聞いていてもたっても
いられなくなったらしい
振り込みの女性名は、自分だとバレたくなくて会社の同僚に頼み込んだとか

なんとなくその頃から兄と仲直りできて、昨日兄の結婚式だった
相手は例の会社の同僚で、俺の件がきっかけで親交深めたらしい
クソ兄貴め幸せになれ


284: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)18:00:23 ID:cDH
>>283
すげーいい兄貴じゃん。きっかけが欲しくて自分からゲーム始めて歩み寄って他人のフリして金まで貸してくれるってなかなか出来んよ
そりゃあ女も惚れるわwおめでとうございます

285: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)18:11:43 ID:weT
今まで一度も振込したことないんだろうか?
振込人の名前は好きに書けるんだけど

286: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)18:34:42 ID:QAM
>>284
ありがとさん
何度も大喧嘩した仲だけど結局身内の情ってすごいなって思った
というか俺がガキすぎたのかもしれん

>>285
俺はネットかATMからしか振り込んだことねぇから知らん

296: 名無しさん@おーぷん 2018/09/02(日)19:02:23 ID:Zyd
ええと・・・マジレスすると、窓口での現金150万振り込みなら、銀行によっては
身分証明書提示求められるぞ

当ブログおススメ記事!
間男は嫁の同僚、宿泊研修出張で酔ったうえで関係、托卵は気付いていたが出産させた
私はモサいデブ喪女、痩せたくてランニングと自転車を日課にしてたら人生変わった
夫はキレると物を壊してしまう。やめてくれと言ったら、物や人に当たれないのなら自傷行為するしかないと言われた
大学時代、ちょっと変わったAという男が居たが普通に接していた。このAが勘助でトンデモナイ事になった
彼氏が構ってくれないからAと浮気してしまった。彼氏と別れる事になったんだけど、話し合いしたら全然普通で私に未練がないみたいでもやもやする
同業で会社を経営している叔父から後を継がないかと言われた。経営するのは無理だと思ったから断ったのだが、年商聞いた旦那が目の色変えて勧めてきた
36歳童貞がたった1日で出会い→食事デート→告白→初合体→プロポーズを達成した
幼稚園の頃、私が作った色水が原因で男の子が死んだかも知れない。確かに私達に酷い事をした子だが、因果応報と言うには代償が大きい
普段温厚な夫だが、約束事を守らないなどを指摘すると過去の不満を持ち出して来て逆ギレする、その1
「俺と言う名の箱」(SF短編集・電子書籍)
 大手出版社編集者が、「心揺さぶられる話が多く、読後感が実に良い」と評した作品。
あらすじ
 身寄りの無い俺と沙耶は孤独な者が身を寄せ合うように惹かれ合っていった。ようやく幸せになれると思ったのに俺が病に侵される。沙耶の願いもあり、俺は人工頭脳の箱となったが、これで良かったのだろうか? 沙耶はまだ若い。俺の事を忘れて誰かと結婚すれば子供を持ち幸せになれる筈。
 俺は沙耶の為にある選択をする事になった。(表題作、「俺と言う名の箱」)
 様々な理由で人工頭脳の箱となった人とその家族らの愛と憎しみ、悲しみを綴ったSF短編集。
↓販売サイトのリンクです↓
楽天KOBO1話のみ収録お試し無料版