45: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)22:52:07 ID:epu.xn.jf
いじめられる理由ってなんでしょうか?

自分の思うように(人に迷惑をかけないことは意識しつつ)していたらいじめられました
『協調性がないのが悪い』と言われたので、相手に合わせることを優先するように生活してみると、今度は『自分がないことが悪い』と言われました
バランスを何度も取るよう努力しました、ネットでも意見を何度か聞きました
どこも共通しているのが、『原因はあなたにあるから直しなさい』という方向性で、相手がいうこと全て直すように努めてきました

でもいじめは無くなりません、むしろ求めるものがどんどん過激かつ狡猾になります
はじめのうちは
みんなに合わせない、流行に疎い、受け答えがズレてる、だから嫌がらせをしてもかまわない

それらを意識したら
オシャレが変、名前が変(カタカナ入り)など

そして最終的には
テストでいい点を取るから

テストの点とったのカンニングしてた(のを見たと複数人証言)
疑いは晴れましたが、疑われるようなことはするなと言われました(してないのですが)

といった感じでハードルだけが高くなっていきます
どこまでやればいじめられる原因ってなくなるんでしょうか


47: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)23:55:02 ID:beR.do.iz
>>45
思うに、いじめの理由はいじめをする側にあるんじゃないかな
いじめっこが先に何らかの理由で人を攻撃したい→苛められそうな人を見つける→いじめ
何で、いじめられっ子側がどんなに改善を図ろうがはっきり言って無意味だと思うね

48: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)23:59:54 ID:SgJ.fr.cg
>>45
何をしても無駄。と思うなら、人の顔色なんか気にしないで自分を信じて。
学生のうちは辛いと思うけど乗りきって欲しい。
いじめる人間に問題があるのであってあなたが悪いわけじゃない。

54: 名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)07:47:36 ID:87k.4z.dj
>>45
基本的にはまず好かれてないと
誰のどんなアドバイスを受け入れても無駄だし
何をやっても改善されはしないんじゃないかなと思う

どうしたら、っていうならコミュニケーション術やファッションセンスやマナーを一から習い直して
一度その環境から抜け出してみる、とか…?
それで解決するかはわからないけど
いじめてこない人と結び付きを深くする方がよいとは思うんだけど…

110: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)19:11:22 ID:oCP.qt.vg
>>45
死んでやらない限り満足しないよ、虐めっ子ってそういうものだから
その内フ○ラしろとか尻をほらせろとか性的な要求もされるんじゃない?

46: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)23:33:16 ID:OHq.zn.xm
いじめに理由がないことはよくあります。
なんとなくや、暇だから。といったものもあれば、顔がムカつく。挙動が気に食わない。など。
一度いじめられる立場になった人がいじめられなくなるには、たくさんのエネルギーやきっかけが必要だと思います。
1番てっとりばやいのはその土地から離れることではないでしょうか?

まとめ記事の場外戦!「夫婦問題SOS」の管理人が記事を読んで感じた事を書き綴るブログ「生活系まとめブログの中の人」。↓のリンクをクリックして
「生活系まとめブログの中の人」

当ブログお勧め記事!
・スマホ依存症の夫にブチ切れ、床に叩きつけてフライパンでめちゃくちゃに叩き潰した。これほど怒りが溜まっているとは思わなくて、自分に驚いた
共稼ぎの嫁にボーナスや年収聞かれたけど教えたくない。俺の稼ぎを当てにされたない
去年初めて夫より年収が多くなったら、夫婦間の空気が変わった。夫は残業してきた私に皮肉を言うようになり、とうとう不妊治療しようと言い出した
義実家のリフォーム代を全部うちが出したとママ友に話したらすごい叩かれた。搾取されてる、いい金づるみたいなことまくし立てられて困惑
飲み会で2次会3次会にしつこく誘ってくる人って何なの? 盛り上がっている人達だけで行けばいいじゃない? 一人でも帰したら負けみたいなルールがあるの?
旦那はかなりぽっちゃり。最近旦那の友達が近所に引越ししてきて親しくしていたんだけど、その友達の嫁が旦那の体型をいじりだした。直接の友達でもないのにイライラする
DVが原因で離婚したバツイチの妻と4年前に結婚。連れ子の教育方針や俺との子供を望まない等の意見が合わず離婚を考えている
(PR)俺は愛する妻の為に、死後人工頭脳の箱となった。愛する妻を想う「俺」の決断が涙を誘う。電子書籍SF短編集「俺と言う名の箱」お勧めです!
是非、記事に対する感想をコメント欄までお願いします。あなたのご意見お聞かせください!